[一件落着]サイプレス弦楽四重奏団のベートーヴェン:中期弦楽四重奏曲集のノイズの件

ノイズが入ると報告したサイプレス弦楽四重奏団のベートーヴェン:中期弦楽四重奏曲集ですが,Cypress String Quartetの公式Webサイトのコンタクトのアドレスにノイズの件を連絡し,代替品を送ってくれると連絡をいただいていましたが,先日無事届き,問題の箇所でノイズがないことを確認しました。

私の場合,直接掛け合って無事修正品を入手できましたが,Amazon.co.jp経由で修正品が入手できるのかどうかは,そこまで追求しなかったので結局わからずじまいでした。もし購入された方でそれが欠陥品だった方で,Amazon.co.jpに交換を申し出て再入手したものも欠陥品だった場合は,最終手段としてCypress String QuartetのWebサイトのコンタクトから連絡するという手段があることをお知らせしておきたいと思います。

バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番,パルティータ第2番,他(アンティエ・ヴァイトハース)

antje_weithaas1_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番,パルティータ第2番
イザイ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番,第2番
アンティエ・ヴァイトハース Antje Weithaas (Violin)
X 2012, Köln, Deutschlandfunk Kammermusiksaal
8553320 (P)(C)2014 Avi-Service for music (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
CD試聴記」からの転載記事です。

音楽の流れが極めてスムーズで,和音の響きも大変美しく,フレージングもきめ細やかにコントロールされています。 卓越した技術と表現力で完成度の高い音楽に仕上げています。 主張の強い演奏ではありませんが,誇張のない自然さが魅力の素晴らしい演奏だと思います。

録音ですが,残響はやや多めで,音色を損なっていて,音楽性にあまり寄与していません。 それでも高域の伸び感はあり,まあ何とか我慢の範囲内ではあるのですが, 中低域の充実感がなく,実在感が希薄で質感に乏しいこぢんまりとした録音になってしまっています。 悪くはないものの,美しい音色を活かす透明感のある録音でないのが本当に残念でなりません。

ヴァイトハース氏は,アルカント四重奏団の第1ヴァイオリン奏者。 バッハとイザイの無伴奏曲を収める三部作の第1弾とのこと。 完結が楽しみです。

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集(ベルチャ四重奏団) 2012年ウィーンライヴ

belcea_quartet_beethoven_complete_string_quartets_live_blu-ray.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集
ベルチャ四重奏団 Belcea Quartet
2012年 ウィーン・コンツェルトハウス
EuroArts 2072664 (輸入盤) ※Blu-ray Disc 4枚組
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsHMV Onlineicon
ベルチャ四重奏団は2011年から2012年にかけてセッションで全集を録音していますが,これはそれを受けて行われた全曲演奏会のライヴ収録ビデオです。第13番は大フーガを終楽章とする演奏と,新たに作曲され差し替えられた終楽章の演奏と,2種類の演奏が収録されています。

セッションと同時期の演奏なので,ほぼ同じ印象を受けるます。ライヴでもこの完成度を保っているのはさすがです。甘さを徹底して排除した極めてキレの良いダイナミックな現代的演奏ですね。

録音はやや多めに残響が取り入れられていますが,ウェットになることなく楽器音をしっかりと捉えています。しかしやや音が硬く伸びがありません。悪くはないのですが,すっきりしない録音です。

映像の方はカメラワークは悪くないと思いますが,ステージが暗く映像も全体に暗く地味です。これは全く好みの問題なのですが,私としてはもう少し明るい映像で録ってくれた方が楽しめたかなと思います。演奏には集中できるかもしれませんが。

ブラームス:交響曲全集(ギュンター・ヴァント指揮/北ドイツ放送交響楽団)

wand_ndr_so_brahms_complete_symphonies_1990-2_live.jpg
ブラームス:交響曲全集
ギュンター・ヴァント指揮/北ドイツ放送交響楽団
Feb. 14, 1990 Köln, Philharmonie(No.1), Nov. 29, Dec. 1, 1992, Musikhalle Hamburg(No.2), Feb. 14, 1990, Köln, Philharmonie(No.3), Dec. 17, 1990, Musikhalle Hamburg(No.4)
PH14046 (P)1990,92 (C)2014 Profil Medien (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsHMV Onlineicon

ギュンター・ヴァントの録音(RCA)は残響過多でモワモワしていて聴き苦しいという印象があるのですが,このProfilの録音は残響がかなり多いものの,音色としてはバランスが取れていて聴きやすいです。ただ,この響きでこの音色というのは逆に少し違和感もあります。イコライジングして音色を整えたのかもしれません。

オーディオ的には悪くはありませんが,良くもありません。演奏,サウンドのスケール感と比べると,録音としてはあまりにもこぢんまりとまとまりすぎで,解像感,分離感もなくもどかしさを感じます。音色が多少聴きやすいという以外にあまり良い点はありませんでした。

ライヴ録音で,第3番以外は拍手が入ります。4曲の中では第2番が比較的良好でした。

今回は録音のコメントのみで失礼します。

タグ: [交響曲] 

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番,第16番(クァルテット・エクセルシオ)

quartet_excelsior_beethoven_string_quartets_no12_no16.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番,第16番
クァルテット・エクセルシオ Quartet Excelsior
2014年5月14-15日 サン・エール相模原
LIVE NOTES WWCC-7771 (P)2014 NAMI RECORDS (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
これもまた日本人の超真面目さ,美徳がそのまま音楽になったような演奏ですね。まるでお手本。突出した特徴はありません。ですが,とても調和の取れた,バランス感覚に優れた,控えめながらもニュアンス豊か,弦楽四重奏としてとても完成度の高い出来だと思います。アンサンブルも優秀です。弦楽四重奏団としての個性は私にはほとんど感じられませんでしたが,それ自体がこの四重奏団の美点であると思います。

録音ですが,残響感がほとんどないにもかかわらず,音色はややくすみ気味でややすっきり感がなく冴えません。少しオフマイクなのかもしれません。悪くはありませんが,中途半端な感じが否めません。もう一歩楽器に寄ってクリアにヌケ良く録音して欲しいものです。

ベートーヴェンはこの調子で録音を続けて欲しいです。期待しています。でも録音は改善を強く望みます。

バッハ:ヴァイオリン協奏曲集(ジョシュア・ベル/アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ)

joshua_bell_asmf_bach_violin_concertos.jpg
バッハ:ヴァイオリン協奏曲集
ジョシュア・ベル Joshua Bell (Violin)
アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
April 28 & 29, 2014, Air Studios, London, UK
88843087792 (P)(C)2014 Sony Music (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ふふふっ...これは面白い録音ですねぇ。ソロのヴァイオリンだけ後で別のスタジオで録音して重ねたような感じがしますね。完全に浮いています。クラシックの録音で求められる自然さは全くありません。でも極めて明瞭で細部にわたって良く聴き取れますし,ソロを堪能するにはもってこいです。この録音,お薦めは出来ませんが私は結構好きです。オーケストラの方も人工的な残響感はあるものの,音は明瞭で曇りがなく聴きやすいです。

ベルの演奏もキレがあるととも表情豊かで遊び心もあって楽しめました。併録曲として,無伴奏ヴァイオリンのChaconneとGavotte en Rondeauのオーケストラ伴奏版,管弦楽組曲のAirが収められています。Chaconneは無理矢理伴奏を付けたようであまりしっくりきませんでした。

バッハのヴァイオリン協奏曲はバロック音楽の中でもモダン楽器奏者がよく録音してくれる貴重な楽曲で,良い演奏も多いのが嬉しいですね。

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集(オーギュスタン・デュメイ(Vn)/ルイ・ロルティ(P))

dumay_lortie_brahms_violin_sonatas.jpg
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集
オーギュスタン・デュメイ Augustin Dumay (Violin)
ルイ・ロルティ Luis Lortie (Piano)
Teldex Studio, Berlin, 27-28 March & 2-3 April 2014
ONYX 4133 (P)(C)2014 Augustin Dumay (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
デュメイのブラームスといえば1991年にピリスとの録音が有名ですね(持っているはず...だけど未聴(^^;)。これは23年後の新録音です。デュメイのあの甘美でねちっこい演奏は苦手だし,ブラームスに合うとも思えなかったのですが...(じゃあなぜ買ったんだ?(^^;),演奏を聴いてやっぱりそう思うのですが,それでもこれは素晴らしい演奏ですね。ブラームスの音楽を完全に自分の世界に引き込み最大限の表現を試みています。洗練された美しさを保ちつつも時に激しく情熱をほとばしらせる。こんなに大胆でダイナミックなブラームスは久しぶりに聴きました。さすがです。でもこういう演奏なので好みは分かれるでしょうね。

録音ですが,ヴァイオリンが少し遠めで,残響というか,わずかな響きが楽器音にまとわりついて音色に影響を与えクリアさを損なっているのが気にはなるのですが,音色の美しさや質感,音の伸び,きめの細かさは保たれていて印象は悪くありません。オーディオ的な品質も良好です。個人的にはもちろんもっとクリアにヌケ良く録って欲しかったのですが,これならまあ良しとします。ちょっとオマケの四つ星半です。

バッハ:ゴルトベルク変奏曲(ギター独奏編曲版)(マルコ・サルチート)

marco_salcito_bach_goldberg_variations_guitar.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲(ギター独奏編曲版)
マルコ・サルチート Marco Salcito (Guitar)
P.I.M.S. Studios di Vasto, March 2014
CDS 7699/1-2 (P)(C)2014 DYNAMIC (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
演奏者自身の編曲によるギター独奏版。ギター1本でここまで出来るのか!と本当に驚きの演奏です。音域や運指上の都合で音型が変えられたり,リズムが若干崩れたりするところがあるのは仕方ないにしても,多声部の動きがギターの演奏であることを忘れさせるくらい違和感がなく緻密に再現されています。さらにギターらしい装飾を加える余裕さえ見せています(いや,余裕はないかな...(^^;)。

リピートも最後のAria da capo以外は省略されておらず,1時間50分にもわたる長大な演奏にも関わらず,テンポが遅いと感じるところも冗長だと感じるところもなく,全く退屈することなく聴き通すことが出来ました。私がギター編曲版が好きであるということもありますが,編曲にも演奏にも優れ,私が漠然と抱いていたギターという楽器の限界を完全に打ち破る驚きの連続の演奏であった,ということが大きいと思います。

録音ですが,残響がほとんどなく,ギターの音を誇張なく色づけなく極めて自然に捉えており,聴きやすい好録音でした。優秀録音というわけではありませんし,特徴のある録音でもない,どちらかといえば地味な印象の録音ですが,こういうのが良いのです。

素晴らしい演奏が好録音で残されたことに感謝!

リピート有無は以下の通り。完璧です。

Aria ○○
Var.01 ○○ Var.02 ○○ Var.03 ○○
Var.04 ○○ Var.05 ○○ Var.06 ○○
Var.07 ○○ Var.08 ○○ Var.09 ○○
Var.10 ○○ Var.11 ○○ Var.12 ○○
Var.13 ○○ Var.14 ○○ Var.15 ○○
Var.16 ○○ Var.17 ○○ Var.18 ○○
Var.19 ○○ Var.20 ○○ Var.21 ○○
Var.22 ○○ Var.23 ○○ Var.24 ○○
Var.25 ○○ Var.26 ○○ Var.27 ○○
Var.28 ○○ Var.29 ○○ Var.30 ○○
Aria da capo ××

演奏時間 1時間50分

[続報]残念ながら欠陥商品でした(涙)...サイプレス弦楽四重奏団のベートーヴェン:中期弦楽四重奏曲集

ノイズが入ると報告したサイプレス弦楽四重奏団のベートーヴェン:中期弦楽四重奏曲集ですが,Cypress String Quartetの公式Webサイトのコンタクトのアドレスにノイズの件を連絡したところ,欠陥については認識をしていて,代替品を出荷する過程にある,との返信をいただきました。また,代替品を私に送ってくれるということでした。

もう諦めていたのですが,掛け合ってみて正解でした。代替品が届くのを楽しみに待ちたいと思います。

さらに続報あり

残念ながら欠陥商品でした(涙)...サイプレス弦楽四重奏団のベートーヴェン:中期弦楽四重奏曲集

cypress_quartet_beethoven_middle_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:中期弦楽四重奏曲集
サイプレス弦楽四重奏団 Cypress String Quartet
2012-2014年録音
AVIE AV2318 (P)(C)2014 Cypress String Quartet (輸入盤)
11月29日のエントリーでDisc 3のTrack 6 4:22あたりでノイズが出ると報告したこのディスクですが,その後Amazon.co.jpに返品交換をお願いしました。そしてその交換品が入ってきたのですが,まったく残念なことに,同じ場所で同じノイズが発生します。つまり,異常なノイズが正常な音として記録されている,ということです。

静かなフレーズのところでいきなりものすごいノイズが発生しますので,冗談ではなく本当に心臓に良くありません。しゃっくりは間違いなく止まるでしょう。カーオーディオで運転しながら聴いていたら危険です。残念ながら欠陥商品です。この一瞬のために全てが台無しです。本当にもったいないことです。

続報あり