ヘッドホン beyerdynamic T90 Jubilee 周波数特性&レビュー

beyerdynamic_t90_jubilee.jpg
ヘッドホン beyerdynamic T90 Jubilee

オープン・ダイナミック型,インピーダンス250Ω,ケーブル片だし3m 6.3mmストレートプラグ(ミニプラグ変換付き)
参考: メーカーサイトAmazon.co.jp

2014年発売,beyerdynamic社創業90周年記念リミテッドモデル,全世界1,000台,日本国内200台限定(^^;。

ヘッドホン・イヤホン 周波数特性 測定結果にも掲載しました。
久しぶりに新しい測定結果の掲載です。昨年,大手量販店でいろいろと試聴をして目を付けていた機種です。その後も何度か店頭で試聴してきました。私の場合,最初の印象が良くても使い込んでいくうちにそのモデルのクセがわかってきて,それが気になって使わなくなってしまうということが良くあります。ですので,特に高級機に手を出すのには本当に勇気がいります。今回もその心配はあったのですが,とりあえず自分の試聴の結果を信じて思い切って入手しました。

周波数特性の測定結果です。

beyerdynamic_t90_jubilee_lch_20150131_512.png
図1 beyerdynamic T90 Jubilee 周波数特性
■SPL ■SPL[1] ■2nd D ■3rd D ■Impedance ■Impedance[2]
[1]人工耳アダプターなし / [2]非装着状態 / 測定環境


おぉ,これまた独特のすごい周波数特性ですねぇ。試聴しているときから基本はフラットで高域で少し持ち上がっているだろうとある程度は予想していたのですが,ここまで高域が持ち上がっていたとは!

音質に関する感想ですが,高域のレベルが高いのは確かですが,うるさ過ぎたり刺激的すぎたりすることはなく,極めてヌケがよくシャキッとしています。持ち上がっている帯域が,うるさくなる帯域よりも高いためではないかと思いますし,どちらかといえば解像感の高さに寄与していると思います。ただ,相対的に中低域は大人しく,特に中域はだいぶ薄いという印象です。物足りないと思うこともありますが,スリムで引き締まっていているので,悪い印象ではありません。

音の広がりも十分にあり,圧迫感が少なく,頭の中で鳴っている感じも少ないです。このあたりはリファレンス機としているSennheiseのHD580と比べても優れています。

側圧も弱めで,大型のベロアのイヤーパッドの装着感も良好です。重量も思ったよりも軽いので楽です。

一方で,ヘッドバンドの長さの調節が固く動かしづらいのと,ケーブルは若干固めで柔軟性に欠けるのは残念な点です。取り替え可能であれば良かったのですが,直結されているのでそれが出来ないというのも...

低域の迫力や中域の充実感を求める方には物足りないかもしれませんが,このヌケの良さ,音の輝き,音の広がりは格別で,シャキッとそしてすっきりした音質が私は気に入りました。ケーブルの固さに難はありますが本体の質感も及第点,とりあえず手に入れて良かったと満足できるモデルでした。

タグ: [ヘッドホン] 

バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(藤原真理)

mari_fujiwara2_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
藤原真理 Mari Fujiwara (Cello)
2011年12月19-20日,2012年1月23-24日,2月12日,2013年4月4-5日,11月8日 武蔵野市民文化会館 小ホール
NYCC-27275-6 (P)(C)2014 Naxos Japan (国内盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
CD試聴記」からの転載記事です。

藤原真理氏ほぼ30年ぶりの2回目の録音(1回目は1982-84年の録音)。

温かく滋味豊か,それでいてなおかつ音楽がとても弾んでいます。 肩肘張らず力を抜いて思うままに自由に楽しんで弾いておられるように感じます。 技術的にはぎりぎりまで,隅々まで追い込んではいませんので,私としては少しその点が不満として残るのですが, だからこそこのような楽しげな音楽に仕上がっているのかな,とも思います。

録音ですが,指板をたたく音までしっかりと入るような録音で,ボディ感がたっぷりあるところは良いのですが, 飽和感・圧迫感があって音に伸びがなくモゴモゴしていますし,また歪みっぽい音割れのような雑味があるのはいただけません。 機材に問題があったんじゃないかと思ってしまいます。 う~ん...

タグ: [器楽曲]  [チェロ] 

ヘッドホンの測定で使用する人工耳アダプターを改良しました

ほぼ1年前からヘッドホンの周波数特性を測定して公開していますが(→こちらです),その測定に使用する人工耳アダプターについては2014年1月20の記事「ヘッドホンの測定で人工耳アダプターを製作して試す」で紹介をしていました。

この人工耳アダプターは,先の記事でも紹介した,IEC60318-1という国際規格のものを参考にしています。

iec_60318-1_ear.jpg
図1 IEC 60318-1 Ear Simurator


この図1の窪みになっているVOLUME V1の部分を模したものが1年前に製作した人工耳アダプターですが,今回,もう少し似せようということで改良を加えました。この国際規格に沿った測定器としては,例えばBrüel & Kjær社のType 4153という測定器があります(→Brüel & Kjær Japanのページ)。ヘッドホンを測定する際には黒い部分の下にプレートを挟んでヘッドホンを載せられるようにします。今回の人工耳アダプターはこの時の形を模しました。図2のような形をしています。

mic5_artificial_ear_adapter_c1.jpg
図2 製作した改良版の人工耳アダプター


実際に測定に使ってみると,以前のアダプターに比べて3kHz~6kHzあたりが数dB音圧が高くなる傾向にあります(ただしヘッドホンの形状に依存するようです)。なお,規格に沿った本物の測定器は,実際に耳の特性に近づけるために測定器内に空間が設けられたりして音響インピーダンスを合わせるようにしているようです。さすがにここまでは出来ません(^^;。

いつもの通り,私のリファレンス機であるSennheiser HD580とHD25-1 IIの測定結果を示します。

mic4_sennheiser_hd580_c.jpg
図3 Sennheiser HD580の測定の様子


sennheiser_hd580_lch_20150124_512.png
図3 Sennheiser HD580 周波数特性
■SPL ■SPL[1] ■2nd D ■3rd D ■Impedance ■Impedance[2]
[1]人工耳アダプターなし / [2]非装着状態 / 測定環境


sennheiser_hd25-1_II_lch_20150124_512.png
図4 Sennheiser HD25-1 II 周波数特性
■SPL ■SPL[1] ■2nd D ■3rd D ■Impedance ■Impedance[2]
[1]人工耳アダプターなし / [2]非装着状態 / 測定環境


今後はこの改良型の人工耳アダプターを使って測定をしていきたいと思います。今まで測定したものについても時間があれば測定をし直してデータを入れ替えていく予定です。使用機材と構成のページも更新しました。

なお,この機会にグラフも変更しました。今までは音圧レベルの表示は実は1kHzでだいたい100dBくらいになるようにしていたのですが,新しい測定から1mW入力時の音圧レベルをそのまま表示するようにしました。これで能率も比較できると思います。1mWといってもインピーダンスにより電圧が変わりますのでご注意ください(たとえばHD580は300Ωなので約0.55V@1kHz,HD25-1 IIは70Ωなので約0.26V@1kHzとしています)。なお,図中の“2nd D”, “3rd D”はそれぞれ2次歪,3次歪を示しています。

タグ: [ヘッドホン] 

ブラームス:交響曲全集(小林研一郎指揮/日本フィルハーモニー交響楽団)

kenichiro_kobayashi_jpso_brahms_symphony_no1.jpg
ブラームス:交響曲第1番,ハンガリー舞曲第5番
1999年4月23日(No.1),8月22日(ハンガリー舞曲) サントリーホール(ライヴ収録)
AVCL-84013 (P)1999 Octavia Records (C)2014 Avex Classics (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
kenichiro_kobayashi_jpso_brahms_symphony_no2.jpg
ブラームス:交響曲第2番
1999年4月22日 サントリーホール (ライヴ収録)
AVCL-84014 (P)1999 Octavia Records (C)2014 Avex Classics (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
kenichiro_kobayashi_jpso_brahms_symphonies_no3_no4.jpg
ブラームス:交響曲第3番,第4番
1999年12月9日,10日 サントリーホール (ライヴ収録)
AVCL-84015 (P)2000 Octavia Records (C)2014 Avex Classics (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
小林研一郎指揮/日本フィルハーモニー交響楽団

邦人演奏家・オーケストラを主体とした「avex-CLASSICS 究極のベスト100」から。それにしてもこれは指揮者の唸り声がひどすぎます。音楽への集中力がこの唸り声で思いっきり削がれてしまいます。私はただ純粋にブラームスの音楽を楽しみたいだけなのに。実演を聴くならともかく... 単純にブラームスの交響曲を聴きたい方に対して,そして,小林研一郎さんの熱烈なファンでない限り,このディスクはお薦めしません。私は途中で聴くのを断念しました。

録音ですが,ライヴ録音としてはかなり良好です。残響は控えめで楽器音が明瞭に,そして質感豊に録られています。優秀録音ではないかもしれませんが,まずまずの好録音です。

せっかく録音が良いのに...残念でなりません。第1楽章提示部のリピート省略も残念です。

第1番 14:42/9:48/4:45/18:06 提示部リピート省略
第2番 16:26/11:11/5:26/10:23 提示部リピート省略
第3番 11:15/9:00/6:47/8:59 提示部リピート省略
第4番 13:38/11:51/6:33/11:12

ベートーヴェン:交響曲全集(小澤征爾指揮/サイトウ・キネン・オーケストラ)

seiji_ozawa_sko_beethoven_symphonies_no1_no2_no6_no7.jpg
ベートーヴェン:交響曲第1番,第2番,第6番「田園」,第7番
1993年9月(No.7),1998年9月(No.6),1999年9月(No.1),2000年9月(No.2) 長野県松本文化会館
UCCD-4877/8 (P)1994,1999,2000,2001 Decca (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
seiji_ozawa_sko_beethoven_symphonies_no3_no4_no8.jpg
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」,第4番,第8番
ベートーヴェン:レオノーレ序曲第1番,エグモント序曲,他
1997年4月 ウィーン,ムジークフェライン(No.3,エグモント),2001年9月(No.4, No.8,レオノーレ)
UCCD-4879/80 (P)1998,2001,2002 Decca (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
seiji_ozawa_sko_beethoven_symphonies_no5_no9.jpg
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」,第9番「合唱」
ベートーヴェン:レオノーレ序曲第2番,第3番
1998年9月(レオノーレNo.3),1999年9月(レオノーレNo.2),2000年9月(No.5),2002年9月(No.9) 長野県松本文化会館
UCCD-4881/2 (P)1999,2000,2001,2002 Decca (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
小澤征爾指揮/サイトウ・キネン・オーケストラ

この1月に発売された「小澤征爾 名盤2CDコレクション」(→HMV Onlineicon)からベートーヴェンの交響曲全集を入手しました。セッション録音とライヴ録音が入り交じっています。また,1993年から2002年という長期にわたる録音を集めて構成されています。全集というふうに捉えると寄せ集め感は否めませんが,オーケストラの性格上仕方ないですね。

実は言うと,サイトウ・キネン・オーケストラはあまり好きな団体ではなく興味もほとんどありませんでした。精鋭を集めているとはいえ,寄せ集めのお祭りオーケストラのイメージがあったからです。常設のオーケストラとして歴史を積み重ねてきた団体のような演奏が出来るはずがない。もちろんこれは何も知らない私の単なる偏見でしかありません(ごめんなさい)。そして,その偏見の全てが払拭されたわけではありませんが,この演奏に触れて少しその思いは変わってきました。

オーケストラのカラーはやはり私には見えてこないのですが,良い意味でノーマルで,力強くキリッと引き締まった演奏は私が期待するベートーヴェンの音楽の姿にかなり近く,何の抵抗も違和感もなく音楽に没入していけるのです。月並みな言い方ですが,まさに日本人の真面目さと技術力が結集した演奏と言えるのではないかと。

録音ですが,多少のばらつきはあるものの,近年のメジャーレーベルの標準的な録音という印象です。適度に残響があり,かといって,サウンドの締まりも失っていない。ただし,高域のヌケは全体に今ひとつであり,楽器の質感も感じ取りにくく,悪くはないもののやっぱり好録音とまではいかないよなぁ,というのが正直なところです。

タグ: [交響曲] 

ベートーヴェン:交響曲第4番,第7番(小澤征爾指揮/水戸室内管弦楽団)

seiji_ozawa_mco_beethoven_symphonies_no4_no7.jpg
ベートーヴェン:交響曲第4番,第7番
小澤征爾指揮/水戸室内管弦楽団
2014年1月17日,5月25日 水戸芸術館コンサートホールATM
UCCD-1413 (P)2014 NHK (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ライヴ録音で,演奏後の熱狂的な拍手まで記録されています。室内管弦楽団とは思えない,力強く迫力のある演奏,スケールの大きなサウンドが圧巻なのですが,一音一音にまで意志が感じられるほどに緻密に組み立てられているところがまた素晴らしいのです。さすがです。ミニ・サイトウ・キネンと呼ばれることもあるとのことで,こういう呼び方は好きではないのですが,なるほど思います。

あえて一言だけ言うと,方向性がサイトウ・キネンと似すぎている気もするので,室内管弦楽団ならではの,そして現代的な新鮮な驚きに満ちたものがあればなお良いのになぁ,と思ったりもします(決して奇を衒った演奏を期待しているわけではありませんので...念のため)。まあ,素人の戯れ言です...お許しを。

録音ですが,残響感は少なめで適度な部類だと思うのですが,音に透明感,伸び,輝きがなく圧迫感(飽和感)があって精彩がありません。何だか今ひとつ冴えない普通の録音です。見通しも良くないですし,楽器の質感も捉えきれていません。室内管弦楽団の良さを活かす録音ではないように思います。本当に惜しいです。

全集として完結を期待しますが,録音は改善を望みます。

タグ: [交響曲] 

ブラームス:交響曲全集(飯森範親指揮/日本センチュリー交響楽団)

iimori_jcso_brahms_complete_symphonies.jpg
ブラームス:交響曲全集
飯森範親指揮/日本センチュリー交響楽団
2014年4月17-19日 大阪 ザ・シンフォニーホール
Exton OVCL-00554 (P)(C)2014 Octavia Records (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
正統路線を極めたような素晴らしい演奏ですね。頭の中で鳴り響く理想の姿が現実の音となって実現されたような,指揮者やオーケストラの存在感が希薄で純粋にブラームスの音楽だけがそこにあるような,そんなふうに私には聴こえます。聴き比べという観点ではあまり面白くないかもしれませんが,何度も聴きたくなるのは結局こういう演奏なのだと思います。期待を大きく上回る好演奏でした。オーケストラも上手く,コントロールも行き届き,音色の美しさも特筆できます。日本のオーケストラの水準の高さを改めて認識しました。

録音ですが,残響は結構あるのですが,直接音的な音の芯があり,また,楽器音の輪郭が比較的明瞭で,帯域バランス,音の伸びも悪くなく,残響が多いにもかかわらず印象の良い録音でした。もちろん残響が抑えられていればもっと良かったのに,と思いますが,これならまあ許容できます。

今後の録音にも大いに期待します。(録音はもう少し残響控えめでお願いしたいですが)

第1番 16:34/8:58/4:43/17:13 提示部リピートあり
第2番 21:03/9:36/5:22/9:25 提示部リピートあり
第3番 12:45/7:56/6:16/8:16 提示部リピートあり
第4番 12:53/10:43/6:18/10:05

ベートーヴェン:交響曲第5番,第7番/第2番,第8番(ジョン・エリオット・ガーディナー指揮/オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク)

gardiner_orr_beethoven_symphonies_no5_no7.jpg
ベートーヴェン:交響曲第5番,第7番
2011年11月16日 ニューヨーク,カーネギー・ホール
SDG 717 (P)(C)2012 Monteverdi Productions (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
gardiner_orr_beethoven_symphonies_no2_no8.jpg
ベートーヴェン:交響曲第2番,第8番
2013年11月30日 ロンドン,カドガン・ホール
SDG 721 (P)(C)2014 Monteverdi Productions (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsHMV Onlineicon
ジョン・エリオット・ガーディナー指揮
オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク

どちらもコンサートをライヴ収録したものです。第2番・第8番は演奏後の熱狂的な拍手まで収録されています。ガーディナーは同じオーケストラで1990年代前半にArchivレーベルに全集を録音していて,1994年度のレコード・アカデミー賞の大賞などを受賞していました。今回の録音は約20年ぶりのシリーズになると思われます。

それにしても,この推進力・躍動感溢れる演奏は本当に素晴らしいですね。最初聴いたときには乱暴でやかましく暴走気味,速いけど上滑りして落ち着きがないように感じられたのでしばらく放置していたのですが,聴き直してみると,まあそういう面はやっぱりあるにしても(乱暴ではなくきっちり統率されていましたが),それを上回る魅力があることに気がつきました。いつも言うことですが,ピリオド楽器が苦手な私としては,これがモダン楽器の演奏だったらなぁ,と思ってしまいます(^^;。

録音ですが,それぞれ会場が異なりますが,音の傾向は似ています。しかし,先に録音された第7番,第5番の方は,響きによる雑味,濁りがひどくて良くありません。後の第2番,第8番はそれに比べるとずっとマシですが,残響感はほとんどないものの,ややオフマイクでホールの初期反射音の成分が多く,ホールの雰囲気は捉えているものの,音の濁り,くすみがあって明瞭感,音の透明感が損なわれています。これは本当に惜しい録音です。

続編があるものと思いますが,ぜひもっとクリアーで透明感があり,楽器の質感を豊かに捉えた好録音で録って欲しいものですね。

タグ: [交響曲] 

アコースティック・クラシックス(リチャード・トンプソン)

richard_thompson_acoustic_classics.jpg
アコースティック・クラシックス Acoustic Classics
リチャード・トンプソン Richard Thompson
2014年9月発売
BSWCD002 (P)(C)Beeswing Records (輸入盤)
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
リチャード・トンプソンは英国出身のフォーク・ロック・ミュージシャン。彼自身の作品を,ほぼ全曲アコースティック・ギターの弾き語りでセルフカヴァーしたものです。

恥ずかしながら私は彼のことをつい最近まで名前すら認識がありませんでした。ケルティック・ハーピストのメイヴ・ギルクライストが彼の“Beeswing”という曲をハープの弾き語りで歌ったYouTube動画で知り,作者自身の演奏を聴いてみたいと思って入手しました。

渋い。味わい深いギターと歌声。そしてそれが素晴らしく格好いい。これは本当に良い音楽を見つけたと嬉しくなりました。

こうやって私の音楽鑑賞はつながり広がっていく...

彼の“Beeswing”をYouTube動画で。

タグ: [YouTube] 

Israel from Confetti Man - Turtle Island Quartet

Turtle Island Quartetの新譜“Confetti Man”が発売されたようです。国内の通販サイトではまだ扱っていないようでしたので,早速Amazon.comへ注文。その中から“Israel”という曲のビデオがアップされていましたので,いつものように紹介します。中央の二人のデヴィッド・バラクリシュナン(Vn)とマーク・サマー(Vc)以外のメンバーがまた交代していますね...



アルバムの中では,“PATTERN LANGUAGE-JULIE-O CONCERT ETUDE #1”という,今ではクラシックのチェリストも取り上げるアンコールピースとして定着したマーク・サマー作曲のチェロ独奏曲“Julie-O”をベースとした練習曲?も含まれているようなので,これが一番楽しみだったりします。

タグ: [YouTube] 

ヴィーナス・アンド・マース(ポール・マッカートニー&ウイングス)

paul_maccartney_and_wings_venus_and_mars.jpg
ヴィーナス・アンド・マース Venus And Mars
ポール・マッカートニー&ウイングス Paul McCartney & Wings
1975年作品
Hear Music 7235650 (P)(C)2014 (輸入盤)
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
私は熱心なポール・マッカートニー・ファンではないのですが,LP時代にバンド・オン・ザ・ランと並んで,というよりむしろこちらの方を熱心に聴いていたので,リマスター盤でのCD復刻を本当に心待ちにしていました。なかなか発売されず「なぜだ?!」残念に思っていたところ,昨年の11月にやっと発売されました。

久しぶりに聴き,熱心に聴いていた頃を懐かしく思い出しました。今聴いてもこのアルバムはやっぱり最高です。(ということを言いたいがためだけに記事にしました(^^;)

友人によると,ポール・マッカートニーの作品の中ではラム(RAM)がマニアックに凝っていて最高傑作だということでした。このアルバムは全く聴いたことないので次はこれを聴いてみようと思っています(実はもう注文して受け取り待ち状態...)。

チャイコフスキー:弦楽セレナーデ,他(LSO弦楽アンサンブル)

lso_string_ensemble_tchaikovsky_serenade_in_c.jpg
チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48
バルトーク:ディベルティメント Sz.113
ロマン・シモヴィチ(リーダー)/LSO弦楽アンサンブル
2013年10月27日 ロンドン,バービカン・ホール
LSO0752 (P)(C)2014 London Symphony Orchestra (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
主にチャイコフスキーについてのコメントです。大きな編成の弦楽器の豊潤な魅力ある音色が堪能できる充実感のある演奏で,ダイナミックで表情豊かであり,同曲が持つ普遍的な魅力が伝わってくる好演奏です。どちらかといえばオーソドックスで,アンサンブル力を含め突出したところはなく,無難にまとめているという感じはありますが。どういうスタンスでこの演奏に接するかで評価は分かれるかなと思いますが,私は好きな方ですね。

録音ですが,弦楽器の艶やかな音色をLSO Liveらしく残響を抑え気味にドライに捉えた好録音です。全体としてまとまりすぎず,溶け合いすぎず,個々の奏者のそれぞれの音色が感じられそうな微妙な質感が弦楽オーケストラの録音として良いと思います。トップ奏者のブレスがやや(かなり?)大きめに入っているのはご愛敬ということで。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

本ブログは開設から約5年半になりました。昨年もとても多くの皆様からアクセスをいただきました。本当に有り難うございます。

毎年,年の初めには「今年こそはもっとアクティブに」と気持ちを新たにするのですが,一方で継続することの大変さも感じております。気負わずに今年もマイペースで続けていきたいと思っておりますので,今後ともよろしくお願い申し上げます。