ブラームス:交響曲第2番,悲劇的序曲,大学祝典序曲(パーヴォ・ヤルヴィ指揮/ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン)

paavo_jarvi_deutsche_kammerphilharmonie_berlin_brahms_symphony_no2.jpg
ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73
ブラームス:悲劇的序曲作品81,大学祝典序曲作品80
パーヴォ・ヤルヴィ指揮/ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
2015年3月30日-4月1日(交響曲第2番),2016年3月26-27日(序曲),ヴィースバーデン,クアハウス
SICC 10239 (P)(C)2016 The Deutsche Kammerphilharmonie Bremen (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

パーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カンマーフィルのブラームスとなればもうこれは聴くしかありませんよね。全集録音の第1弾ということです。明るく若々しく躍動感に溢れた演奏は期待通り。見通しの良さ,キレの良さ,音の立ち上がりのスピード感は中規模の編成ならではですね。たっぷりと鳴り響くブラームスも良いですが,特に第2番はこういう演奏も良いと思います。

さて肝心の録音なのですが...う~ん,微妙です。ダイナミックレンジが広く,強奏部でも歪み感,飽和感が全くない余裕の鳴り感も良いと思いますし,音の滑らかさも上々です。楽器の分離感もそこそこあって,これといった欠点がありませんし,いまどきの優秀録音という感じがします。しかし,なぜかサウンドそのものにあまり魅力を感じないのです。マイク位置が少し遠めなのか,個々の楽器の質感が希薄で,また,スカッと音が抜けていないためかも知れませんし,生々しさに欠け,作り物のような感じがするためかもしれません。

同顔合わせのベートーヴェンやシューマンも同じような傾向だったように思います。私にとってはこの演奏の魅力を,この録音が半減させているように感じます。悪くはないんですけどね。もっとこの演奏の魅力を最大限に伝えてくれる録音が出来るんじゃないかと思うのです。

今後の全集化に向けたリリースに大いに期待する一方で,やっぱりこの録音なんだろうなぁと思うとなんだかやりきれない気持ちになります。

タグ: [交響曲] 

ベートーヴェン:交響曲第7番,マーラー:交響曲第7番「夜の歌」,モーツァルト:交響曲第40番,第41番「ジュピター」(ペーター・シュタンゲル指揮/タッシェン・フィルハーモニー)

peter_stangel_die_taschenphilharmonie_beethoven_symphony_no7.jpg
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92
ペーター・シュタンゲル指揮/タッシェン・フィルハーモニー
20. and 22.10.2014, Munich, Germany
ETP003 (P)(C)2015 edition taschenphilharmonie (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Amazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

peter_stangel_die_taschenphilharmonie_mahler_symphony_no7.jpg
マーラー:交響曲第7番「夜の歌」
ペーター・シュタンゲル指揮/タッシェン・フィルハーモニー
19. and 20.1.2013, Munich, Germany
ETP004 (P)(C)2015 edition taschenphilharmonie (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

peter_stangel_die_taschenphilharmonie_mozart_symphonies_no40_41.jpg
モーツァルト:交響曲第40番ト短調K.550,第41番ハ長調「ジュピター」K.551
ペーター・シュタンゲル指揮/タッシェン・フィルハーモニー
3.7.2014, 24.7.2015, Munich, Germany
ETP005 (P)(C)2015 edition taschenphilharmonie (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Amazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの試聴です。タッシェン・フィルハーモニーに関してほとんど情報が見あたらないのですが,アリアCDさんのWebサイトによると「史上最小」のオーケストラを標榜する異端のオーケストラとのことで,弦楽器の構成はヴァイオリン3名,ヴィオラ2名,チェロ2名,コントラバス2名しかいません。モーツァルトはまだ良いとして,これでベートーヴェンやマーラーの交響曲をやろうというのですから,かなり無理があると言わざるを得ません。

意図がいまいち読めないのですが,確かに今までにない独特のサウンドであることは間違いありませんし,小編成らしいキレの良さや,緩徐楽章で弦楽器が主体になるところなどでの室内楽的な透明な響きが魅力的に聴こえるところもあります。しかし,トゥッティでは弦楽器が管楽器に圧倒的に負けていて,辛うじてかすかにヴァイオリンの輪郭だけが聴き取れる程度で,バランスが著しく崩れています。一聴の価値はあるかもしれませんが,弦楽器中心にサウンドを構成して欲しいと思っている私にとっては欲求不満が溜まるだけでした。試みは面白いと思いますし,こういうのは基本的には好きなのですけどね。

録音ですが,残響を控え目に個々の楽器の音をしっかりと分離良く捉えている点は良いのですが,わずかに高域の伸びが不足していてモゴモゴ感があります。惜しいです。また,こういう編成なので仕方ないのですが,もう少し弦楽器を強調しても良いのではないかと思います。あまりにも素直に録りすぎではないでしょうか。

まだリリースされていないようですが,もうすぐベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」が発売になるようです(→Amazon.co.jpHMV Onlineicon)。聴いてみたいけど...Apple Musicに出てくるのを待ちますか。

タグ: [交響曲] 

バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲(チョン・キョンファ)

kyung-wha_chung2_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
チョン・キョンファ Kyung-Wha Chung (Violin)
19-21.II, 24-26.III, 3-5.IV & 30.V-1.VI.2016, St George's Brisol
0190295944162 (P)(C)2016 Parlophone Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

CD試聴記」からの転載記事です。

人間的な魅力に溢れる快演! 力を抜くことで音楽的な表現の幅が格段に広がっています。 陰影に富み情緒豊かであり,彼女自身の言葉でバッハに対する思いが語りかけられているようで大変魅力的です。 かつてのあらん限りの情熱を注ぎ込んだ演奏とは目指す方向性が明らかに変わった,まさに新境地の演奏と言えると思います。

録音ですが,やや残響が多めであり,その影響で少し音色がくすみ,まとわりつきですっきりしません。 旧EMI的音づくりが少々不満ですが,それでも楽器の音はしっかりと捉えられている方なので,許容範囲ではあります。

満を持しての全集録音が素晴らしい出来でホッとする気持ちがある一方で, やはり全盛の時期に全曲録音がされなかったことを残念に思う気持ちが余計に強くなります。 ファンとしては満を持すことなくその時々の姿を残していってくれたらそれが一番うれしいと思うのです。

ベートーヴェン:交響曲全集(ジョージ・セル指揮/クリーヴランド管弦楽団)

george_szell_cleveland_o_beethoven_the_nine_symphonies_tower_records.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ジョージ・セル指揮/クリーヴランド管弦楽団
1957年2月~1964年10月 クリーヴランド,セヴェランス・ホール
SICC 10224-8 (P)1965 (C)2016 Sony Music Entertainment (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jp

セル&クリーヴランド管弦楽団のベートーヴェンの交響曲全集は2013年に発売されたボックスセットを持っているのですが,ろくに聴かないうちにどこかにしまい込んでしまい,見つからないので...ちょっと(というかものすごく)高かったのですが,タワーレコードのこの新マスタリングの企画盤を手に入れて聴きました。

演奏はもう私がコメントするまでもないですよね。甘さのないキリッと引き締まった,そして推進力のある立派な演奏ですね。

古い録音なので録音の品質は時代相応というところは否めませんが,この“STEREORAMA”をジャケットに冠しているだけのことはあって,時代相応でマスターテープの歪みのせいかやや硬めの音質ではありますが,音の鮮明さなかなかのものです。弦楽器をサウンドの中心に据えた録り方も好ましいですし,直接音主体に質感高く捉えている点も良いと思います。1957年の第3番がやや残響が多めで品質的にも劣るのが残念ですが,その他の曲は良好です。

この名演奏が最良の状態で復刻されたことを喜びたいと思います。

けいおん!ライブイベントのCDも聴いてみました!

k-on_live_event_lets_go_live_cd.jpg
けいおん! ライブイベント Let's Go! LIVE CD!
2009.12.30 in YOKOHAMA SUPER ARENA
PCCG-01078 (P)2011 ポニーキャニオン
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

k-on_live_event_come_with_me_live_cd.jpg
けいおん!! ライブイベント Come with Me!! LIVE CD!
2011.02.20 in SAITAMA SUPER ARENA
PCCG-01080 (P)2011 ポニーキャニオン
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

最近さぼり気味でしかも脱線ばかりで申し訳ございません。けいおん!は今までに二度取り上げてきました(→「いい歳をして今更「けいおん!!」にはまる...」,「映画「けいおん!」劇中歌アルバム 放課後ティータイム in MOVIE」)。ここまで来たら聴くしかないと思いまして(^^;。このディスクは声優さん達がステージで歌うお祭りイベントなので,その場で参加しなけりゃ意味はないのかもしれませんが,ほとんどが当て振りの中,最後の方で声優さん達が実際に生で演奏する曲も数曲入っているということで,これを目当てに聴きました。

まあ予想通りというか,当たり前というか,素人同然なので上手くはありません。これを「ヘタクソな演奏聴かせやがって,金返せバカヤロー!」と思うのか「健気だ,ガンバレ!」と思えるのかがファンかどうかの分かれ道でしょう。幸いにも私は後者の方でした。結構楽しめましたし恥ずかしながら感動までしてしまいました(^^;。そんな自分に恥ずかしながらもちょっとホッとしました。

こういうお祭りイベントではありますが,ファンの前で本業ではない楽器を実際に弾くとなれば相当な覚悟が必要だったでしょうし,特訓もされたでしょう。ベース担当はアニメの役柄そのままに左利き用のベースを弾くなど本当に大変だったでしょうね。

アニメも含めて楽しい時間を過ごせました。有り難う!

タグ: [アニメ] 

ブルッフ:ヴァイオリンと管弦楽のための作品全集 第3集(アンティエ・ヴァイトハース(Vn)/ヘルマン・ボイマー指揮/ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団)

antje_weithaas_bruch_vol3.jpg
ブルッフ:ヴァイオリンと管弦楽のための作品全集 第3集
アンティエ・ヴァイトハース Antje Weithaas (Violin)
ヘルマン・ボイマー指揮
ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団

Großer Sendesaal, NDR Hannover, February 24-27, 2015
cpo 777 847-2 (P)2016 cpo (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

第1集第2集が良かったヴァイトハースのブルッフ,待望の第3集が発売されました!! 収録曲は次の通りです。

ヴァイオリン協奏曲第3番ニ短調作品58
ヴァイオリンと管弦楽のための小協奏曲嬰へ短調作品84
ロマンス イ短調作品42

どれもほとんど馴染みのない曲ばかりです。これでこのシリーズは完結とのことです。力強く張りのある,そして情感豊かなヴァイオリンが素晴らしいです。第1番ばかりが有名なブルッフの協奏曲ですが,こうして聴いてみると,第2番,第3番は幾分渋いとはいえ,どちらも劣らぬ名曲と思います。もう少し演奏されたら良いのにと思いますね。

さて録音ですが,第1集第2集と変わらぬ好録音です。ヴァイオリンの透明感ある美しい音色が堪能できます。ソロが少々遠めで線が細くボディ感に欠けるところがあるので,もう少し寄ってしっかりと捉えて欲しい気はしますが,これでも十分に良好です。

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲,ロマンス第1番,第2番(サルヴァトーレ・アッカルド/オルケストラ・ダ・カメラ・イタリアーナ)

salvatore_accardo_beethoven_violin_concerto_fone.jpg
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61
ベートーヴェン:ロマンス第1番ト長調作品40,第2番ヘ長調作品50
サルヴァトーレ・アッカルド Salvatore Accardo (弾き振り)
オルケストラ・ダ・カメラ・イタリアーナ
2005年2月 トリノ
FONE143SA (P)(C)2015 Audiophile Productions (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの試聴です。アッカルドの弾き振りとのことです。2005年ということですので,64歳の時の録音ですね。かつてのキレはないかもしれませんが,明るく艶やかな音色は健在,円熟した素晴らしい演奏を聴かせてくれます。

録音ですが,ソロは少し響きを伴いながらも明瞭で細やかなニュアンスまで伝えてくれる好録音です。オーケストラはその後で自然な広がりを持って聴こえ,ソロとの対比,分離もきちんと取れていて,協奏曲の録音として好ましく,私でもまずまず納得できる出来です。

リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35(ジャナンドレア・ノセダ指揮/トリノ・レッジョ劇場管弦楽団)

gianandrea_noseda_filarmonica_teatro_regio_torino_r-korsakov_sheherazade.jpg
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35
ジャナンドレア・ノセダ指揮/トリノ・レッジョ劇場管弦楽団
2015年4月13日 トリノ,レッジョ劇場
FONE148SA (P)(C)2015 Audiophile Productions (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの試聴です。今回は録音についてのみコメントします。

2015年トリノでのライヴ録音で,会場の雑音や,譜面をめくる音など演奏者の発する雑音なども入っています。最後に拍手も入ります。

それにしてもこの生録的超リアルサウンドは今どき本当に珍しいですね(オーディオ的優秀録音という意味ではありません,念のため)。残響は皆無と言っても良いくらいで,それぞれの楽器の音を生々しく捉えています。演出感ゼロ,私の好きなタイプの録音ですが,ちょっとこれは極端ですね(^^;。

そして,残念なことに全くヘッドホン聴取に向きません。例えばソロ・ヴァイオリンが左チャンネルに偏り過ぎて,ヘッドホンで聴くと極めて不自然に聴こえます。不自然なだけならまだしも気持ち悪いのがNGです。スピーカ聴取では問題ないにしてもこれはあまり良い編集状態とは言えません。せっかく面白い録音なのに,このマスタリング(またはマイクセッティング?)には首をかしげざるを得ません。もったいないです。

ベートーヴェン:交響曲第5番~第8番(ラン・シュイ指揮/コペンハーゲン・フィル)

lan_shui_copenhagen_phil_beethoven_symphonies_vol2.jpg
ベートーヴェン:交響曲第5番~第8番
ラン・シュイ指揮/コペンハーゲン・フィル
2011年~2013年 デンマーク王立音楽院コンサート・ホール
ORC100059 (P)(C)2016 Orchid Music (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ラン・シュイ指揮/コペンハーゲン・フィルによるベートーヴェン交響曲全集の第2弾(→第1弾)。ラン・シュイは中国系アメリカ人の指揮者で,2007年からコペンハーゲン・フィルの首席指揮者。デヴィッド・ジンマンに認められボルティモア交響楽団の副指揮者を務めたり,ニューヨーク・フィルでクルト・マズアのアシスタントを務めたりした経験があるとのことです。

第1弾と同様,快速テンポな上に,音を短めに切り上げてユニークな響きを創り出し,音楽を見通しよく仕上げています。そして刺激的で極めて個性的な演奏なのに,意外に音楽は地に足が付いていて嫌みがありません。どのくらいの編成で演奏しているのかはよくわかりませんが,統率が取れていて室内管弦楽団的なアンサンブルの精密さ,キレの良さがあるのも良い点です。好き嫌いが大きく分かれる演奏だと思いますが,私は気に入りました。

録音ですが,残響自体はあまり多くなく,全体のサウンドとしてはタイトでこの演奏にふさわしく締まっているのですが,少し付帯音がのって音色がわずかにくすんでいます。スカッとキレのある音で録れていたら良かったのですが,本当に惜しいです。

タグ: [交響曲] 

チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番,第3番(ヒース四重奏団)

heath_quartet_tchaikovsky_string_quartets_no1_3.jpg
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番,第3番
ヒース四重奏団 THE HEATH QUARTET
2015年12月
HMU907665 (P)(C)2016 harmonia mundi usa (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの試聴です。

ヒース四重奏団は2002年に結成された英国の弦楽四重奏団ということでまだまだ若手ですが,英国を代表する四重奏団の一つとのことです。チャイコフスキーの弦楽四重奏曲といえばボロディン四重奏団の1979年の録音が大好きで今でもよく聴くのですが,この演奏があまりに良く,他の団体の演奏を聴いてもあまり良い印象のものがありませんでした。「これくらいやらないとこの曲は面白くないんだよ」というような印象を受けるのが多いのです(もちろんそんな思いで演奏していることはないと思いますが)。

さてこのヒース四重奏団の演奏ですが,実に誠実な演奏だと思います。同曲に対する敬愛の気持ちと謙虚さが感じられます。先に挙げたボロディン四重奏団の演奏との共通点があるように思います。気に入りました。

そして録音なのですが,残響を抑え直接音主体に捉えた明瞭な録音であり,各楽器の分離も良く,楽器の質感もそこそこ感じられます。音色に色づけがなく自然で美しいです。弦楽四重奏の録音としてかなり良いと思います。好録音です。