ベートーヴェン:交響曲第1番,第3番「英雄」,第5番「運命」,第6番「田園」,第7番,第8番(ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)

isserstedt_vpo_beethoven_symphonies_no1_no3.jpg
ベートーヴェン:交響曲第1番,第3番「英雄」
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1968年(第1番),1965年(第3番) ウィーン,ゾフィエンザール
UCCD-7201 (P)1969/1966 Decca Music Group (国内盤)
好録音度:★★★★~★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

isserstedt_vpo_beethoven_symphonies_no5_no6.jpg
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」,第6番「田園」
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1968年(第5番),1967年(第6番) ウィーン,ゾフィエンザール
UCCD-7202 (P)1969/1968 Decca Music Group (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

isserstedt_vpo_beethoven_symphonies_no7_no8.jpg
ベートーヴェン:交響曲第7番,第8番
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1968年(第7番),1969年(第8番) ウィーン
UCCD-7072 (P)1969/1970 Decca Music Group (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

往年の名演奏。全集から6曲を選んで聴いてみました。この時代を象徴するような堂々とした風格を感じますね。昨今の推進力のある躍動的な演奏と比べるとなんとも古めかしい印象があるのは確かですが,一方でとても懐かしくまた端正で品格のある落ち着いた佇まいが一種の安堵感を生みますね。時々こういう演奏が聴きたくなります。

さて録音なのですが,1965年から1969年にかけての録音で,さすがに音色は少し古さを感じさせますし,クオリティも時代相応なのですが,残響を多めに取り入れている割には楽器音を邪魔することがなく上手く処理されていると思います。弦楽器を主体に楽器の質感も相応に感じられます。良い時代のDECCAの録音と言えるのではないでしょうか。

この中では特に1965年録音の第3番が音色の自然さ,バランスの良さが感じられますし,次いで第1番,第5番も同様にまずまず良好です。1969年録音の第8番は最も鮮度が感じられるもののやや音が硬くまた濃すぎて少し音色のバランスが崩れているのが惜しいところです。第6番,第7番は前記のものに比べると少し精彩に欠ける印象です。

今回取り上げた3枚のディスクと第9番「合唱」は現役の国内盤が入手可能です。第2番,第4番は廃盤になっているのか現役盤が見つかりませんでした。全集としてそろえるのは少々面倒ですね。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

kitaken
いつも楽しく拝読しております。今年もどうぞよろしくお願いいたします。イッセルシュテットのベートーヴェン、お聴きになられたのはユニバーサル・レーベルのDECCA盤でしょうか。あまり話題にならないのですが、キングレコード時代のものと音質が全く違います。前者は平板で薄い音がしますが、後者は立体的で奥行きがします。違いがなぜ生じるのかわからないのですが・・・。

ユニバーサル閣下になってから音質が変わってしまったものの代表格だと個人的には思っております・・・マニアックですみません。

今度、ハイレゾ再生についてご助言をお願いするかもしれません。よろしくお願い申し上げます。
2016.01.19 at 16:47 #hlUuv8.g URL [Edit]
T.S.
こんにちは。いつもありがとうございます。

聴いたのはおっしゃるとおりユニバーサルのDECCA盤です。キングレコード時代ということはLondonレーベルのものでしょうか?そんなに違うということがあるのですね。後に出るものが良いとは限らないというのは何とも残念な話ですね。
2016.01.20 at 21:38 #- URL [Edit]
パスピエ
こんにちは
いつも楽しく読ませていただいております。

イッセルシュテットのベートーヴェンは以前はあまり好きではなかったのですが歳とともに好むようになりました

さてCDですがK30Y****という番号の、多分初出のキング盤で聴いています。

全体に残響豊かなソフエインザールでのウィーン・フィルらしい響きがきけて満足していますが、広がりと伸びやかさが不足しているところが残念、というのが個人的感想です

なお私にはブログ主様とは反対に「田園」がよくて「英雄」が落ちると思えました。
まぁこれは試聴環境の違いや好み、何を優先するかで異なってくるかと思いますが。

最後にこのシリーズでは録音が難しいと言われる9番が一番良いと思えました。
2016.01.22 at 17:42 #Yog2hPU6 URL [Edit]
T.S.
こんにちは。コメントありがとうございます。
例のキング盤ですね。DECCA盤を聴く限りは60年代から70年代にかけてのアナログ録音としては私の好みに合う方だと思っています。「英雄」は中では少し古いので劣る面があるのは確かだと思います。あとは音作りの好みでしょうね。第九は1965年の録音なので「英雄」同様古い部類に入ると思いますが,これは良いのですね。機会があれば聴いてみますね。
2016.01.23 at 13:29 #- URL [Edit]

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する