R. シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」,ホルスト:組曲「惑星」(エドワード・ガードナー指揮/イギリス・ナショナル・ユース・オーケストラ)

edward_gardiner_nyogb_holst_the_planets.jpg
R. シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」作品30
ホルスト:組曲「惑星」作品32
エドワード・ガードナー指揮/イギリス・ナショナル・ユース・オーケストラ
2016年8月8, 9日,バーミンガム,シンフォニー・ホール
CHSA 5179 (P)(C)2017 Chandos Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicone-onkyo

最近見つけた「惑星、タコ8,我が祖国。」という凄まじい数の聴き比べを掲載しておられるサイト(5/31現在,惑星131種,タコ8 72種,我が祖国102種)で惑星が高評価だった盤。e-onkyoで試聴してみたところ,ご評価通りの好演奏であり,録音も良さそうでしたので,そのままe-onkyoでハイレゾ音源を購入しました。

演奏に関しては上記のサイトを参照していただくとして,録音についてコメントします。まず,上記サイトでも述べられてるとおり,収録されている平均音圧が低めなので,少々ボリュームを上げて聴かなければならないのですが,一方で最大音量が小さいわけではないので,フォルテのところではボリュームを下げなければうるさすぎるという,ダイナミックレンジを広くとった録音でした。きちんとしたリスニングルームがあって大きな音でも鑑賞でき,小さな音もしっかり聴こえるような聴取環境があれば楽しめると思うのですが,少なくとも私の環境では聴いている途中でボリューム調整せざるを得ませんでした。オーディオ観点では好ましくても気軽に聴くにはちょっとダイナミックレンジが広すぎるように思いました。

それを除けば,少し楽器の質感は希薄ではあるものの,残響は控え目で各楽器の動きが分離してはっきりと聴き取れる見通しのよいクリアーな録音でした。低域も自然に伸びていて締まりがあり,だらしなく響くこともありません。音色は少し硬めで若干色づけが感じられますが許容範囲です。印象は悪くありません。

私としてはもう一歩寄って各楽器の質感を強めに出し,音色の変化をもう少し抑えた自然さがあればなお良かったと思います。そしてやはりダイナミックレンジはもう少し圧縮した方が聴きやすいと思います。

こうして聴いてみると,オーディオ・クオリティは良好で,これは今どきの優秀録音の典型であり,これはこれでまあ良いんだけどやっぱりちょっと違うんだよなぁと思ってしまいました。惜しいです。

タグ: [管弦楽曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する