バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(ディッタ・ローマン)

ditta_rohmann_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番,第3番,第5番
ディッタ・ローマン Ditta Rohmann (Cello)
Recorded in July, 2013 at Hungaroton Studio
Hungaroton HCD 32731 (P)(C)2013 Fotexnet Kft. (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ditta_rohmann2_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番,第4番,第6番
ディッタ・ローマン Ditta Rohmann (Cello)
Recorded on January 25-28, 2014 at Hungaroton Studio
Hungaroton HCD 32732 (P)(C)2014 Fotexnet Kft. (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsHMV Onlineicon
CD試聴記」からの転載記事です。

モダン仕様で金属弦ながらA=415Hzでバロック弓(第6番も5弦チェロに金属弦)という少し変則的な楽器選択ですが, 演奏自体はオーソドックスで,穏やかで上品,流麗で爽やかささえ感じる好演奏です。 技術的にも大変上手いのですが,誇示するようなところが全くないのも好感が持てます。

ローマン氏は,あのミクローシュ・ペレーニ氏の秘蔵っ子として知られており,2012年のバッハ国際コンクールでチェロ部門第2位受賞とのことです。納得。

録音ですが,残響が少し多めで付帯音が気になりますが,直接音は十分にあって明瞭に適切な距離感で捉えたまずまずの好録音です。 楽器の胴体の深々とした響きを上手く録っていると思いますし,弓遣いのニュアンスも感じられます。 こういうチェロの録音は好きです。 しかし,やっぱり残響を少し取り入れすぎかな...惜しいです。

3月に1枚目を入手して一度レビューしていました(→こちら)。残りの曲が発売され全集化されることを心待ちにしていたのですが,意外に早く発売されました(^^)。期待通りの素晴らしい出来でした。私はamazon.co.ukのマーケットプレイスから購入しましたが,日本での発売は9月になってからのようです。

なお,前回のレビューでは好録音度を四つ星半の評価としていましたが,今回改めて冷静に聴いていみて,やはり少し残響が多く付帯音が気になるということで,四つ星に落としました。(申し訳ございません...)

タグ: [器楽曲]  [チェロ] 

■ この記事へのコメント

時々拝見し、参考にさせて頂いています。
視聴したら演奏と音質が良いので買おうと思いました。これだけを聞く限りでは、それほど残響があるとは感じませんでしたので。
しかし、師匠のミクローシュ・ペレーニ氏1981年版を視聴し聞き比べると、残響有無が余りに違うので、断念しました。チェロの響きなどのオーディオ音質的には、ローマン版の方が好きですが、すっきりとチェロの音が聞こえるペレーニ版を購入して聞いています。レビューを参考にさせて頂いたお蔭です。ありがとうございました。
2014.10.19 at 19:03 #- URL [Edit]
T.S.
コメント有り難うございます。お役に立てたようで良かったです。ペレーニの1981年盤はLPですよね。よく手に入れられました。早くCD化して欲しいものです。ローマンの演奏もいいのですが,もう少し録音が良ければいいのにと思いますね。では今後ともよろしくお願いします。
2014.10.20 at 00:09 #- URL [Edit]
ペレーニの1981年版はHungarotonのページからのダウンロードで入手しました(ファイル形式はFLAC)。Perenyiと入力して検索すると初めの6つ表示に出てきます。
右下に国旗のマークがあるので、USAを選択すると英語表示になります。
sign upしてからカード(私の場合はMaster Card)で購入できました。ハンガリーの通貨で6197フォリント(日本円で\2760)でした。
古い録音にしては音質は良好です。1分ほどですが全トラック視聴可能です。

http://www.hungarotonmusic.com/search
2014.10.20 at 01:20 #- URL [Edit]
T.S.
貴重な情報有り難うございます。ダウンロード販売されているとは知りませんでした。これは聴いてみなければなりません。近いうちに挑戦してみます。
2014.10.20 at 06:50 #- URL [Edit]
T.S.
ダウンロードして聴いてみました。物理的なメディアではありませんが,こうやって普通に聴けるようになるのは本当に有り難いですね。有り難うございました。
2014.10.26 at 10:14 #- URL [Edit]
いつの間にか価格が6197→8297フォリントに高騰していますね。ハンガリーでは、こんなの”あり”なんでしょうか・・・。
2014.10.26 at 13:33 #- URL [Edit]
T.S.
そうなんですよ。なんかの間違いのような気もしますが,もしかしたらLP 3枚分の値段に直されたのかもしれません。いずれにせよダウンロード販売としてはだいぶ割高な気がしますね。
2014.10.26 at 15:48 #- URL [Edit]

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する