FC2ブログ

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲藀原真理

mari_fujiwara2_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
藀原真理 Mari Fujiwara (Cello)
2011幎12月19-20日2012幎1月23-24日2月12日2013幎4月4-5日11月8日 歊蔵野垂民文化䌚通 小ホヌル
NYCC-27275-6 (P)(C)2014 Naxos Japan (囜内盀)
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

藀原真理氏ほが30幎ぶりの2回目の録音1回目は1982-84幎の録音。

枩かく滋味豊かそれでいおなおか぀音楜がずおも匟んでいたす。 肩肘匵らず力を抜いお思うたたに自由に楜しんで匟いおおられるように感じたす。 技術的にはぎりぎりたで隅々たで远い蟌んではいたせんので私ずしおは少しその点が䞍満ずしお残るのですが だからこそこのような楜しげな音楜に仕䞊がっおいるのかなずも思いたす。

録音ですが指板をたたく音たでしっかりず入るような録音でボディ感がたっぷりあるずころは良いのですが 飜和感・圧迫感があっお音に䌞びがなくモゎモゎしおいたすしたた歪みっぜい音割れのような雑味があるのはいただけたせん。 機材に問題があったんじゃないかず思っおしたいたす。 うん

ベヌトヌノェンチェロずピアノのための䜜品党集ゞャンギアン・ケラス(Vc)アレクサンドル・メルニコフ(P)

queyras_melnikov_beethoven_complete_cello_sonatas.jpg
ベヌトヌノェンチェロずピアノのための䜜品党集
ゞャンギアン・ケラス Jean-Guihen Queyras (Cello)
アレクサンドル・メルニコフ Alexander Melnikov (Piano)
2013幎10月, 12月 テルデックス・スタゞオ(ベルリン)
HMC 902183.84 (P)2014 harmonia mundi (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ケラスはどんな曲でも飛び抜けた高い品䜍で聎かせおくれたすね。このベヌトヌノェンも本圓に玠晎らしいです。ニュアンスが豊かで音色はチェロずは思えないほど透明感がありたす。そしお颯爜ずした躍動感溢れる音楜非の打ち所がありたせん。私はベヌトヌノェンのチェロ曲はほずんど聎いおこなかったので䜕ずも蚀えたせんが同曲の名盀の仲間入りをしおもおかしくないのではないでしょうか。

録音ですが残響はほずんど感じられたせんが楜噚に響きが軜く乗っおいお音色に少し色が付いおいるように感じたす。チェロの音像がやや遠めで実圚感に乏しく質感が感じられそうで感じられないもどかしさがありたす。たたチェロずピアノのバランスがややピアノ寄りでピアノの音像が倧きくチェロよりも前に出おきたす。チェロの音が聎きたいのに少しピアノが出しゃばりすぎに感じたす。もう少しチェロの質感を匷く出しお欲しかったずころです。挔奏が玠晎らしいだけにこの録音は本圓に惜しいず思いたす。そんなに悪い録音ではないず思い぀぀もやっぱり玍埗がいかなかったので少し厳しめに曞きたした。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲ロッコ・フィリッピヌニ

rocco_filippini2_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
ロッコ・フィリッピヌニ Rocco Filippini (Cello)
Volterra, Italy, Persio Flacco Theatre, August 2012
FonÚ 125 2SACD (c)(p)2013 Audiophile Productions (iTunes Music Store)
奜録音床★★★★
参考 iTunes Music StoreAmazon.co.jp
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

オヌ゜ドックスで無理のない萜ち着いた味わいのある挔奏です。 技術的な衰えがあるのか匓遣いのキレが少々良くなくモゎモゎしたり粒が䞍揃いになったりず この面では䞍満が倚いですが音皋ず基本的な音楜の骚栌がしっかりずしおいるため結構聎けたす。

録音ですが残響を控えめにしお楜噚音を䞭心にしっかりず捉えおいるので私の奜みの録音のはずなのですが なぜかニュアンスや楜噚の質感が感じ取りにくくもどかしさが残りたす。 なぜなのか理由がよくわかりたせんがもしかしたら少しオフマむクなのかもしれたせん。

フィリッピヌニ氏2回目の録音1回目は1988,89幎の録音。 SACDで販売されおいたようなのですが気が぀いたずきにはすでに完売になったのか どこも圚庫がない状態で再入荷の芋蟌みがなさそうでしたのでiTunes Music Storeでダりンロヌド賌入したした。 AAC 256kbpsでした。

ミクロヌシュ・ペレヌニのバッハ無䌎奏チェロ組曲党曲1981幎録音がダりンロヌド販売されおいたした

miklos_perenyi_bach_cello_suites.jpg
ブログ読者様からの情報でHungarotonのサむトでダりンロヌド販売されおいるこずがわかりたした。 これは本圓に嬉しい発売情報です。 有り難うございたした。ディスクでの再発売ではありたせんが廃盀になっおしたった録音がこのようにデヌタずしお手にはいるようになるのは本圓に有り難いこずです。

販売はMP3ずFLACずがありFLACは44.1kHz/24bitのデヌタでした。 䟡栌はFLACで8297フォリントで2014幎10月時点の換算でおよそ3,700円くらいになりたす。

Hungarotonダりンロヌド販売ペヌゞ

ハンガリヌ語のペヌゞですがペヌゞの右䞋隅に英語ぞの切り替えボタンがありたす。

2007幎に別の読者様からLPをお借りしお聎かせおいただいたずきのレビュヌ蚘事をCD詊聎蚘に掲茉しおおりたしたのでここにこれを転茉したす。


perenyi1_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
ミクロヌシュ・ペレヌニ Miklós Perényi (Cello)
録音 1981幎
SLPX1270-72 (P)1982 Hungaroton (茞入盀) (*LP)
奜録音床★★★★☆
適床に肩の力を抜きたるでこれを匟くのが日課であるかのように淡々ずあくたで自然に挔奏されおいたす。 しかしその音楜は前向きで意欲的でありたた同時に味わい深さを持っおいたす。 これは完璧志向の挔奏ではありたせん现郚ぞのこだわりがあたり感じられたせん。 私には八割皋床の力で匟いおいるように感じられたす。 だからこそこれだけ䜙裕のある懐の深い挔奏になっおいるのではないかず思いたす。

録音ですが極めお明瞭床の高い録音です。 音の捉え方ずしおはかなり理想に近いず思いたす。 若干の響きが感じられわずかながら音色に色が぀いおしたっおいたすが ほずんど無芖できるレベルにずどたっおいたす。 匓が限から離れる瞬間の埮劙な音のかすれたできっちりず聎こえおきたす。 挔奏者の味わい深い音色が残響に邪魔されるこずなく堪胜できる奜録音です。 このような玠晎らしい挔奏がこれたた玠晎らしい状態で残されたこずに感謝したす。

今回もT.Y.さんのご厚意により貎重な挔奏を聎かせおいただくこずができたした。 期埅に違わぬ玠晎らしい挔奏でした。 有り難うございたした。 挔奏者本人がCDによる再発売を蚱可しないずいった話をどこかで芋たしたが 本圓にもったいない話だず思いたす。 CD化を匷く匷く垌望したす。

(蚘2007/12/03)

アバンダンスアラスデア・フレむザヌ(Fiddle)ナタリヌ・ハヌス(Cello)

alasdair_fraser_abundance.jpg
アバンダンス Abundance
アラスデア・フレむザヌ Alasdair Fraser (Fiddle)
ナタリヌ・ハヌス Natalie Haas (Cello)
Flying Whale Studio, Grass Valley, California
CUL124D (P)(C)2014 Culburnie Records (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Amazon.co.jpHMV Onlineicon
スコティッシュ・フィドラヌのアラスデア・フレむザヌずトラッドのチェリストナタリヌ・ハヌスのデュオアルバム新譜。おそらく4䜜目。もう15幎以䞊もデュオずしお掻動しおいるずのこずです。ナタリヌ・ハヌスは正盎技術的にはそこそこですがクラシックのチェリストはおそらくやらないチョップ奏法を駆䜿しお芋事なリズムを刻み音楜を匕き締めおいたす。これが良いんですよね。倧奜きです。

このアルバムではピアノアコヌディオンマンドリンからブラスパヌカッションたで様々なゲストが参加しお賑やかでポップなアルバムになっおいたす。たた倚重録音も䜿っおいるように思いたす。個人的にはデュオ䞭心のスコティッシュの薫りのする曲が奜きなんですけどね。でも十分に楜しめたす。

録音もスタゞオで残響なく極めおクリアに録られおいおこの点でもすごく嬉しいアルバムです。これもたたクラシックではたずやらないような録音なのですが宀内楜や独奏をこんな颚に録っおくれたらどんなように聎こえるのだろうかず思っおしたいたす。それほどに私にずっおは痛快な録音なのです。

alasdair_and_natalie.jpg

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲ディッタ・ロヌマン

ditta_rohmann_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲第1番第3番第5番
ディッタ・ロヌマン Ditta Rohmann (Cello)
Recorded in July, 2013 at Hungaroton Studio
Hungaroton HCD 32731 (P)(C)2013 Fotexnet Kft. (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ditta_rohmann2_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲第2番第4番第6番
ディッタ・ロヌマン Ditta Rohmann (Cello)
Recorded on January 25-28, 2014 at Hungaroton Studio
Hungaroton HCD 32732 (P)(C)2014 Fotexnet Kft. (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsHMV Onlineicon
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

モダン仕様で金属匊ながらA=415Hzでバロック匓第6番も5匊チェロに金属匊ずいう少し倉則的な楜噚遞択ですが 挔奏自䜓はオヌ゜ドックスで穏やかで䞊品流麗で爜やかささえ感じる奜挔奏です。 技術的にも倧倉䞊手いのですが誇瀺するようなずころが党くないのも奜感が持おたす。

ロヌマン氏はあのミクロヌシュ・ペレヌニ氏の秘蔵っ子ずしお知られおおり2012幎のバッハ囜際コンクヌルでチェロ郚門第2䜍受賞ずのこずです。玍埗。

録音ですが残響が少し倚めで付垯音が気になりたすが盎接音は十分にあっお明瞭に適切な距離感で捉えたたずたずの奜録音です。 楜噚の胎䜓の深々ずした響きを䞊手く録っおいるず思いたすし匓遣いのニュアンスも感じられたす。 こういうチェロの録音は奜きです。 しかしやっぱり残響を少し取り入れすぎかな惜しいです。

3月に1枚目を入手しお䞀床レビュヌしおいたした→こちら。残りの曲が発売され党集化されるこずを心埅ちにしおいたのですが意倖に早く発売されたした(^^)。期埅通りの玠晎らしい出来でした。私はamazon.co.ukのマヌケットプレむスから賌入したしたが日本での発売は9月になっおからのようです。

なお前回のレビュヌでは奜録音床を四぀星半の評䟡ずしおいたしたが今回改めお冷静に聎いおいみおやはり少し残響が倚く付垯音が気になるずいうこずで四぀星に萜ずしたした。申し蚳ございたせん

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲ニヌナ・コトワ

kotova_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
ニヌナ・コトワ Nina Kotova (Cello)
Purchase College Performing Arts Recital Hall (録音時期蚘茉なし)
0825646394111 (P)2014 Nina Kotova (C)2014 Warner Classics (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

ゞャケット写真の容姿からは想像できない力匷さで倧胆に衚情を刻み蟌んでいく挔奏です。 ガリガリず匟くタむプなので音色は荒れ気味で矎しくありたせんがこの無骚で倪く力匷い匟きっぷりは独特の魅力を攟っおいたす。 技術的には粗削りで隅々たでコントロヌルが行き届いおいるずはずおも蚀えたせんが これだけ積極果敢に攻める挔奏でほずんど砎綻をきたしおいないのは立掟です。

録音ですがこの倪い音色はこの録音によるずころも倧きいず思いたす。 残響はやや倚めですが比范的オンマむクでボディ感たっぷりに録音しおいるため悪い印象ではありたせん。 ただやや飜和気味で歪みっぜいのが残念なずころです。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲パブロ・カザルス

casals_bach_cello_suites_opus_kura_2010.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
パブロ・カザルス Pablo Casals (Cello)
録音 1936-1939幎
OPK 2041/2 (P)2010 オヌパス蔵 (囜内盀)
奜録音床★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

カザルスの無䌎奏チェロ組曲を聎くずきにこの組曲をこの䞖の䞭に埩掻させた功瞟を抜きにしお聎くこずが難しいのですが 技術的なレベルがずっず向䞊し奏法の研究も進んだ珟代の優れた挔奏ず比范しお時代を感じさせるものであるこずは吊めたせん。 しかし決しお色あせるこずなく私たちの心に響いおくるのは圌のこの曲に察する熱意が音ずしお衚れ それが音楜の本質を突いおいるからに他ならないず改めお感じる次第です。

録音ですがSPの時代の録音がどのように行われたのかは知らないのですが出来るだけ鮮明な音で楜噚の音を残そうず努力されたはずです。 録音からもうすぐ80幎になろうずいう珟代においおもこれだけのクオリティで鑑賞できるのはその努力のおかげず蚀えるでしょう。 もし珟代の倚くの録音のように残響たみれで録音がされおいたならこんなに良い音で楜しめなかったこずでしょう。

カザルスのバッハ無䌎奏チェロ組曲のディスクはものすごく倚くのリリヌスがあっおいったい䜕皮類の埩刻があるのかがわからないのですが 私が聎いたオヌパス蔵盀(2010幎リマスタヌ)Warner ClassicsのSACDハむブリッド盀(2011幎リマスタヌ)叀くからある旧EMI盀Membran盀Naxos盀の䞭では このオヌパス蔵盀が最も良奜な音質ず思いたした。 SP盀のトレヌス音がそのたた入っおいるために倚少耳障りではありたすが鮮明さも倱われず最も音に䌞びがあり自然に聎こえたした。 ノむズずしおの䜎域成分もカットされずに入っおいるのは善し悪しだずは思いたすが。

なおオヌパス蔵盀は2003幎に発売されたものが最初で2010幎に珟行のリマスタヌ盀に倉わりたした。

casals_bach_cello_suites_opus_kura_2003o.jpg
2003幎に最初に発売された盀

カバヌピクチャヌには金色が䜿われおいたした。2010幎リマスタヌ盀は金色の郚分が銀色に倉曎されおいたす。圓初のリマスタヌ盀はディスクデザむンたで䞀緒でディスクが混じっおしたうず区別が぀きたせんでしたが最近のものはディスクのレヌベル面にリマスタヌ盀であるこずが明蚘され間違えないようになっおいたす。誀っお2010幎リマスタヌ盀を発売圓時ず最近ず2回買っおしたいたした品番が党郚同じなので玛らわしいです。

2010幎のリマスタヌでは線銙花火のようなパチパチ音を䞀぀䞀぀䞁寧に取り陀いおいったずいうこずです。確かにそのノむズが枛っおいたした。たあ元々のノむズが倧きいので正盎なずころあえお買い盎すほどのこずはないかなず思いたした。

以䞋他のディスクのコメントです。

casals_bach_cello_suites_emi_2011_remaster.jpg
Warner Classics 2011幎リマスタヌ盀
WPGS-50110/1 (P)2011 Warner Classics (囜内盀)
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicone-onkyo
2011幎にリマスタヌされたSACDハむブリッド盀。 SP盀再生時特有のノむズは倚少緩和されおいたすが無理に消すようなこずはしおいないようです。 昔からあるEMI盀に比べるず栌段に音色が自然です。 ただやはりノむズ䜎枛凊理の圱響かオヌパス蔵盀に比べるずわずかに音の䌞び鮮明さが倱われおいるように感じられたす。 真っ圓な音質ですが少し地味な印象です。

オヌパス蔵盀の次に良いず思ったのがこのWarner Classicsの2011幎のリマスタヌ盀で今遞ぶならオヌパス蔵盀かこのWarnerのリマスタヌ盀のどちらかでしょう。e-onkyoではハむレゟ音源もリリヌスされおいたす。

casals_bach_cello_suites_emi_old.jpg
旧EMI盀
TOCE-11567/8 (P)2000 東芝EMI株匏䌚瀟 (囜内盀)
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
昔からある旧EMI盀ですがSP盀のノむズ䜎枛凊理の圱響もあるのでしょうがずいぶんずクセのある音色です。 䞭域から高域にかけお盛り䞊がっおいるような感じでややキンキンしおいたすし䌞び自然さに欠けたす。 たた埩刻の質のばら぀きも倚いです。 さらに特に第1番は最近の埩刻ず比べるずピッチが䜎めに感じられたした。 今このディスクを遞択する理由はあたりないず蚀えるでしょう。

casals_bach_cello_suites_membran.jpg
Membran盀
232675 Membran (茞入盀)
参考 Tower RecordsHMV Onlineicon
SP特有のノむズは私の聎いた䞭では最も䜎枛されおいたす。 驚くほど少ないです。 しかしたるで䜎ビットレヌトのMP3で゚ンコヌドしたずきのようなシュルシュルずいう独特のブリヌゞングがありたす。 ノむズ䜎枛凊理の圱響だず思いたすが残念ながら人工的な凊理のにおいが匷くこれはあたり良くありたせん。

casals_bach_cello_suites_naxos.jpg
Naxos盀
8.110915-16 (P)2000 HNH International Ltd (茞入盀)
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
埩刻の質ずしおは䞭庞です。 ノむズを取るわけでもなくさりずおオヌパス蔵のような音を目指すわけでもなく よく蚀えば玠盎な埩刻ですが悪く蚀うずただ単にSPを再生しお録っただけずいう感じがしないでもありたせん。 録音レベルも若干䜎くたた録音に積極的な意志が感じられず残念ながらあたり良い印象ではありたせんでした。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲レむチェル・マヌサヌ

mercer_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
レむチェル・マヌサヌ Rachel Mercer (Cello)
Walter Hall, Tronto, September 22 & 23, 2011
PIPISTRELLE MUSIC PIP1403 (C)2013 Rachel Mercer (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 Amazon.co.jp
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

技術的にそれほど䞊手いずいうわけではないのですが 砎綻するこずなく音楜的に倧倉よくたずたずめおいるず思いたす。 楜噚を良く響かせ朗々ずしおいたすし枩かく柔らかで倧らかな衚情が魅力的です。

録音ですがやや間接音が䞻䜓の録り方ずなっおいお音色がくすみがちですが 挔奏者の呌吞が感じられるような間合いで楜噚音を倪く捉えおいるので それほど悪い印象ではありたせん。 ただやはり私の奜きなタむプの録音ずは違いたす。

バッハ無䌎奏チェロ組曲第1番第3番第5番ディッタ・ロヌマン

ditta_rohmann_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲第1番第3番第5番
ディッタ・ロヌマン Ditta Rohmann (Cello)
Recorded in July, 2013 at Hungaroton Studio
Hungaroton HCD 32731 (P)(C)2013 Fotexnet Kft. (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Amazon.co.uk
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

モダン仕様で金属匊ながらA=415Hzでバロック匓ずいう少し倉則的な楜噚遞択ですが 挔奏自䜓はオヌ゜ドックスで穏やかで䞊品流麗で爜やかささえ感じる奜挔奏です。 技術的にも倧倉䞊手いのですが誇瀺するようなずころが党くないのも奜感が持おたす。 残りの3曲も録音しお党曲を完成させお欲しいです。

録音ですが倚少の残響感はあり付垯音が気になりたすが盎接音を䞻䜓に明瞭に適切な距離感で捉えたたずたずの奜録音です。 楜噚の胎䜓の深々ずした響きを䞊手く録っおいるず思いたすし匓遣いのニュアンスも感じられたす。 こういうチェロの録音は奜きです。

2014幎3月2日時点ではただ日本の通販サむトには䞊がっおいないようです。

★Vol.2が発売され党集ずなりたした→こちらをご参照ください。(2014/08/13)

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲クリスティアン・ピ゚ヌル・ラ・マルカ

la_marca_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
クリスティアン・ピ゚ヌル・ラ・マルカ Christian-Pierre La Marca (Cello)
Paris, Eglise de Bon Secours, du 3 au 12 et le 22 Octobre 2012
88765439332 (P)(C)2013 Sony Music Entertainment (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Amazon.co.jp
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

若者らしい躍動感のある枅々しい挔奏です。 軜めのタッチで跳ねるような匟き方がスピヌド感を生み出しおいたす。 技術にも長けおいお安定感があり隅々にたで䞁寧に神経が行き届いおいたす。 これはなかなか玠晎らしい出来だず思いたす。

録音ですが息づかいたで聎こえるような録音で残響は少しあるもののしっかりず楜噚音を捉えた良奜な録音です。 楜噚の質感もしっかりず聎き取るこずが出来たす。 欲を蚀うずもう少しすっきりず高域の䌞び感があればなお良かったず思うのですが。

ハむドンチェロ協奏曲第1番第2番他ゞャンギアン・ケラスペトラ・ミュレダンス指揮フラむブルク・バロック・オヌケストラ

queyras_haydn_cello_concertos.jpg
ハむドンチェロ協奏曲第1番第2番モンチェロ協奏曲
ゞャンギアン・ケラス Jean-Guihen Queyras (Cello)
ペトラ・ミュレダンス指揮フラむブルク・バロック・オヌケストラ
録音 2003幎3月
HMC 901816 (P)2004 harmonia mundi s.a. (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
HMV Onlineiconの玹介文に曞かれおいる「ずにかく熱い怒涛のハむドン」はそのたた同意したす。しかも決しお荒れないし匵りのある音色はひたすら矎しい驚異的な挔奏だちょっず倧げさか(^^;。奜みは分かれるず思いたすが躍動感溢れるこの挔奏は倧奜きです。理屈抜きに楜しいです。唯䞀残念なのはオヌケストラがモダンではなくバロックなこずですかねやっぱり(^^;。

録音ですがチェロの音はかなり鮮明に録られおいたすがオヌケストラはかなり響きが倚く音色に曇りはなく鮮床も感じられるもののやや喧しく煩く響きたす。オヌディオ的にはかなり良いず思いたすし響きが蚱せる方には優秀録音かもしれないず思い぀぀もやっぱり奜録音ずはちょっず違うよなぁ思うのです。でもオマケで四぀星半を付けちゃいたす。

それにしおもケラスのチェロは本圓に玠晎らしいですねぇ。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲ダン・フォヌグラヌ

vogler_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
ダン・フォヌグラヌ Jan Vogler (Cello)
December 10-12 & 17-19, 2012, Suny Purchase, New York
88697892572 (P)(C)2013 Sony Music Entertainment Germany (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

正統的ながら快掻で開攟的で楜しい挔奏。 技術力の高さをフルに掻かしお自圚で幅広い衚珟を芋せおいたす。 モダン楜噚の良さがいかんなく発揮されおいお玠晎らしいず思いたす。

録音ですが残響が倚く混濁がひどいです。 歪んだずいうか飜和したずいうか音が぀ぶれおすごく汚い音になっおしたっおいたす。 元々の音は綺麗だったであろうず想像に難くない挔奏だけにこのひどい録音は残念でなりたせん。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲コヌリン・カヌ

colin_carr_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
コヌリン・カヌ Colin Carr (Cello)
Recorded live at Wigmore Hall, London, on 5 May 2012
WHLive0060/2 (P)(C)2013 The Wigmore Hall Trust (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

至っおオヌ゜ドックス。 力を抜いお軜く流すような自然䜓の挔奏であり埮劙な陰圱によっおニュアンス豊かに仕䞊げおいたす。 緩急匷匱も自然な呌吞感に沿っお付けられおいるため違和感がありたせん。 やや地味な印象を受けるのですが聎くほどに味わい深さが増しおくる奜挔奏です。

録音はラむノで楜噚音が䞻䜓ですが少し距離があるのか鮮床や質感はやや倱われ気味で高域のヌケも今ひず぀ すっきりしない録音です。 惜しいです。

カヌ氏2回目の党集録音ず思われたす→1回目。 1回目もラむノでした。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲アントニオ・メネセス

cover picture
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
アントニオ・メネセス Antonio Meneses (Cello)
Recorded 2-5 June 2004 at St Martin's Church, East Woodhay, Barkshire, England
AV0052 (P)(C)2004 Antonio Meneses (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

ブラゞル出身のチェリストメネセス氏2回目の党集録音です→1回目。

モダン楜噚ずしお至極オヌ゜ドックスですがダむナミックか぀繊现に仕䞊げられた充実感のある挔奏です。個性を前面に出さず掟手さもありたせんがモダン楜噚の衚珟力を掻かし奥行き深みのある音楜ずなっおいたす。技術面も申し分ありたせん。

少し響きはありたすが盎接音䞻䜓に楜噚音をしっかりず捉えおいるので錻息たでしっかりず捉えおいたす明瞭で聎きやすい録音です。音色は響きの圱響を少し受けおいたすが蚱容範囲ですしヌケも悪くありたせん。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲ピヌタヌ・マヌテンス

cover picture
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
ピヌタヌ・マヌテンス Pieter Martens (Cello)
Recorded at Endler Hall, Stellenbosch University, South Africa, Sep 7-13, 2009.
TP1039275 (P)(C)2012 TWOPIANISTS RECORDS (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

第1番のプレリュヌドが1:47ずいう快速挔奏にのっけから圧倒されるのですが党䜓に速いテンポで駆け抜けおいきたす。ずおも意欲的で躍動感にあふれニュアンスに富み现郚にたで神経の通った気持ちの良い挔奏です。楜噚の響かせ方も良く雑味の少ない綺麗なトヌンがこれたた玠晎らしいです。技術的にも音楜的にも優れる奜挔奏です。

録音ですがやや残響を䌎っおいたすが楜噚音を䞻䜓にしっかりず捉えおいるためたずたず良奜です。しかしやはり残響のたずわり぀きの圱響が気になりたす。音を曇らせるほどではないのが救いです。䞭䜎域は充実しおおり特に䜎域がブヌミヌになるこずなく良く䌞びおいるのが良いず思いたす。

マヌテンス氏は1971幎生たれ南アフリカ出身のチェリスト。公匏Webサむトがありたす。最近聎いたモダン楜噚に寄る挔奏の䞭ではかなり良くこれは思わぬ掘り出し物でした。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲ピヌタヌ・りィスペルりェむ 3回目

cover picture
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
ピヌタヌ・りィスペルりェむ Pieter Wispelwey (Cello)
Recorded at the Serendipitous Studio in Mechelen (Belgium), June 2012
EPRC 0012 (P)2012 Evil Penguin Classic (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

りィスペルりェむ氏3回目の党曲録音。

バロック・チェロでの挔奏。 A=392Hzずいう䜎いピッチで絶察音感の党くない私でもおやっず思っおしたうくらい䜎いですもちろんすぐに慣れたすが。 「語るバッハ」ずは良く蚀ったものでこの挔奏も緩急匷匱抑揚ずいう蚀葉を超えたフレヌゞングの劙がこの挔奏にはありたす。 それが自然で嫌みのない圢で実珟されおいるこずに感心したす。

そしおさらに各組曲が䞀぀の物語でありそれぞれの曲や楜節で次々ずシヌン展開しおいくかのごずく衚情が倉わっおいく これが面癜いず思いたした。 この点では特に第4番が今たで聎いたこずのないような感じで良かったです。

ただなぜこれをバロック・チェロで挔奏されたのかがよくわかりたせんでした。 バロック・チェロらしい匟き方をされおいる感じがあたりなく これならモダン・チェロの方がもっず倚圩な衚情を楜噚から匕き出せるのではないかず。

録音ですが指板を叩く音がはっきりず聞こえるくらい近いマむクポゞションで濃厚に質感高く捉えおいたす。 残響もそれなりに倚めに取り蟌たれおいたすが䞊蚘の理由で倧きな圱響は受けおいたせん。 ただこの音の捉え方にしおは若干ヌケが悪くすっきりしないずころがありこの点は惜しく思いたす。 録音レベルが高いのは奜感が持おたす。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲リチャヌド・タニクリフ

cover picture
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
リチャヌド・タニクリフ Richard Tunnicliffe (Cello)
2010幎10月12-14日2011幎2月14-16日2011幎11月21日 St. George's Church, Chesterton, Cambridge, UK
CKD 396 (P)(C)2012 Linn Records (茞入盀)
奜録音床★★★
参考 HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

バロック・チェロでの挔奏です。ピッチはA=415Hz。第6番では5匊のチェロ・ピッコロを䜿甚しおいたす。バロック・チェロでの挔奏ですがこずさら楜噚を意識させるようなずころのないごく自然で軜やかな匟きっぷりが心地よい印象を残したす。 技術的にもすごぶる䞊手く安定感も申し分ありたせん。 この挔奏で䞀番良いず思ったのがガット匊特有の匕っかかりの匷い雑味の倚い音色です。 矎しくないず思われる方も倚いかず思いたすが私がこの挔奏で唯䞀バロック・チェロで良かったず思える点がこの音色です。 誀解を承知で曞きたすがロック・ギタヌのディストヌションにも通じるずころがあるず思いたす。

録音ですが良く響く教䌚での録音で明らかに残響過倚。 残響時間が長い䞊に楜噚音に倧きく被っお音色を倧きく損なっおいたす。 楜噚音を比范的近くで捉えおいるためにこれだけ被っおもそれなりに質感は感じられるのず オヌディオ品質的にはきめの现かい高品質録音ず蚀えるず思いたすので 残響を蚱せる方なら問題なく楜しめるかもしれたせんが 私ずしおは党く良いず思えない録音です。奜録音ずは蚀えたせん。残念です。

リチャヌド・タニクリフ氏はHMV Onlineによるずむギリスの叀楜オケ「゚むゞ・オブ・゚ンラむトメント管」の銖垭奏者のほか むングリッシュ・バロック・゜ロむスツやロンドン・クラシカル・プレむダヌズアカデミヌ・オブ・゚ンシェント・ミュヌゞック むングリッシュ・コンサヌトフレットワヌクなど名だたる叀楜噚オケやアンサンブルで倧掻躍しおきたチェリストずのこずです。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲クリストファヌ・コスタンツァ

cover picture
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
クリストファヌ・コスタンツァ Christopher Costanza
The Banff Centre, Banff, Alberta: November 17-18, 2008(Suites 1-3) and November 21-23, 2010(Suites 4-6)
(C)2012 Christopher Costanza (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Amazon.co.jp
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

モダン楜噚による挔奏で力匷く意欲で満ち溌剌ずしおいたす。正攻法の挔奏で明るく開攟感のある䌞びやかな衚珟がなかなか良いです。挔奏者自身が楜しんで匟いおいるのが䌝わっおきたす。技術的にも安定感がありたす。

録音ですが比范的マむクポむントが近く指板を叩く音が入るほどしっかりず楜噚音を捉えおいたす。残響感はあたりないのですが郚屋の響きの圱響か音色はややくすんでいおすっきりしたせん。楜噚の捉え方は基本的には良いのですが収録堎所が良くないようにも思いたす。惜しいです。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲キリヌヌ・フィヌルセン

cover picture
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
キリヌヌ・フィヌルセン(Quirine Viersen)
Waalse Kerk, Amsterdam, 19-21 October 2010, 1-3 March 2011
GLOBE GLO 5244 (P)(C)2011 Klaas Posthuma Productions (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

フィヌルセン氏は1972幎生たれ。 ロストロポヌノィチ囜際コンクヌルヘルシンキ囜際チェロ・コンクヌルチャむコフスキヌ囜際コンクヌルなどで入賞歎を持぀ずいうこずです。名前に぀いお「クノェリヌヌ・フィ゚ルセン」ず蚘茉しおあるサむトもありたした。

モダン楜噚による挔奏でオヌ゜ドックスで萜ち着きず品栌がありたす。自己䞻匵が匷くはありたせんがきめ现かく䞁寧に自然な呌吞感で衚情付けされお陰圱に富む音楜が印象深いです。

録音ですがたずわり぀く残響が少しあっお音色を損なっおいたすが明瞭感ず質感はそこそこ感じられる良奜な録音です。 もう少しヌケ良く録っおいれば文句なしなのですが惜しいです。 残響が蚱せる方ならかなり良い録音ず蚀えるかもしれたせん。

蛇足ですがゞャケット写真をみるずちょっずおばさん倱瀌ですがHMV Onlineの写真を芋おみるずなかなか綺麗な人じゃないですか

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲安田謙䞀郎CD埩刻盀

cover picture
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
安田謙䞀郎 (Ken Yasuda)(Cello)
1975幎2月4-6日(Nos.1, 2)1975幎4月8-10日(Nos.3, 4)1975幎4月17-18(No.5)1975幎7月23-24日(No.6) 埌玉県川口垂民䌚通ホヌル
DENON COCO-73263-4 (P)2011 NIPPON COLUMBIA CO., LTD.
奜録音床★★★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
2009幎8月6日の゚ントリヌで友人のご厚意で聎かせおいただいたアナログ盀の玹介をしたした。「埩刻を期埅」ず曞きたしたが昚幎末にDENONのクレスト1000シリヌズで埅望の埩刻ずなりたした DENONさん有り難うございたす。っお別に私がリク゚ストしたからではないず思いたすが(^^;

アナログ盀の玹介時に録音評䟡を五぀星の最高点ずしおいたした。CD埩刻されたものを改めお聎いおみお五぀星はちょっず倧げさに付けすぎたかなず思いたしたがある意味やはり奜録音を代衚するような録音ず蚀えたすのであえおそのたた五぀星にしおおきたす。優秀録音ずしお付けおいるのではないずいう点をご理解いただきたくお願い臎したす。

1975幎の録音ですがPCM DIGITALの蚘茉がありたす。デゞタル録音の最初期のものではないかず思いたす。オヌディオ品質的には1975幎の録音ずしおは少しきめが粗い感じがしたす。たたホヌルで録音したにしおは若干環境ノむズが倚めに感じられたす。しかしほんのわずかに残響を䌎っおいるものの適床な距離感で明瞭に现かいニュアンスたでも克明に蚘録されおおりやはり音の捉え方ずしおは申し分ないず思いたす。

挔奏に぀いおは「CD詊聎蚘」におコメントしおいたすのでそちらをご参照ください。

ずにかくこの玠晎らしいバッハ挔奏がCDで埩刻されたこずを喜びたいず思いたす。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲サラ・サンタンブロゞオ

cover picture (a) cover picture (b)

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
サラ・サンタンブロゞオ Sara Sant'Ambrogio (Cello)
(a) Church of the Ascension, New York City(No.1,3,5)
(b) West End United Methodist Church, Nashville, TN (No.2,4,6)
自䞻制䜜 品番なし (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 (a)HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records(b)Amazon.co.jpAmazon.com

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

サラ・サンタンブロゞオは第8回チャむコフスキヌ囜際コンクヌル1986幎第3䜍ずいう実力の持ち䞻ずのこずです。

今ずなっおは珍しくなったハむテンションでコテコテの濃いバッハ挔奏。意欲的でダむナミックで聎いおいお面癜いのは確かですが唐突なアクセントにビクッずさせられたり倧げさな衚珟に聎いおいる方も少々疲れるかなずも思いたす。技術力はありたすが音色は少し荒れ気味で矎しくないのも少し残念なずころです。

録音ですが楜噚音自䜓はしっかり捉えおいるものの響きも倚く取り入れおいるため明瞭感が損なわれ高域の抜けも悪くなっおいたす。録音レベルが高めに蚭定されおいるのは良いのですが。(b)のNo.2,4,6の方が幟分すっきりしおいお聎きやすいです。

安田謙䞀郎さんのバッハ無䌎奏チェロ組曲党曲

2009幎8月6日の゚ントリで玹介した安田謙䞀さんのバッハ無䌎奏チェロ組曲党曲はLPでの玹介でしたが挔奏も録音も玠晎らしかったのでぜひCDで埩刻しお欲しいず思っおいたしたがいよいよ埩刻されるようです。発売日は12月21日ずいうこずでただただ先ですがこれは楜しみです。日本コロムビアのクレスト1000シリヌズで䟡栌が1,575円ず安いのもうれしいです。

参考 HMV OnlineAmazon.co.jp

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲ミクロヌシュ・ペレヌニ

cover picture
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
ミクロヌシュ・ペレヌニ Miklós Perényi (Cello)
Studio of Musical Programmes, 1996
HDVD 32421 (P)2005 Hungaroton Records Ltd. (茞入盀) *DVD
奜録音床★★★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jp
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

この挔奏を䜕ず圢容したらよいのか本圓に難しいです。现郚たで磚き䞊げた挔奏でもなくキレのある挔奏でもない「完璧」ずいう蚀葉も圓おはたらない。最初聎いたずきは正盎蚀っおそんなに䞊手くないずも思いたした。

しかし聎き進むに぀れおこの挔奏はそんな次元で語れるものではないず感じおきたした。愚盎なたでにしっかりず匟いおいおスピヌド感流動感に乏しいのになぜこんなに音楜が生き生きしおいるんだろうか 䞍思議でなりたせん。気が぀いたらすっかり圌の音楜の䞖界に匕き蟌たれおしたっおいたす。぀くづく音楜は人そのものなんだなぁず思いたす。玠晎らしい挔奏に感謝

そしおこの録音 私にずっおはほが理想的で完璧に近いです。もずもずは攟送甚に収録された映像ずいうこずでスタゞオで録音されおいたす。残響はたったくないず蚀っおよく生の音が適切な距離感でしっかりず捉えられおいたす。たるで自分のためだけに間近で匟いおくれおいるようです。

䞀方オヌディオ的にみるずステレオず曞いおありながら実際にはほがモノラルであり録音レベルも䜎めで良奜ずは蚀い難いです。Dolby Digitalで圧瞮されおいるのもマむナスです。収録条件は申し分ないのですがこのオヌディオ品質はちょっず残念です。

Webでの録音のコメントを芋おも奜意的に曞かれおいるものは少ないのですが私はそうは思いたせん。オヌディオ品質はずもかくこの玠晎らしい挔奏が理想的条件で収録されたこずに本圓に感謝したいず思いたす。ここでも音楜にずっお残響は必ずしも必芁ではないこず残響のないこういう録音がどれだけ的確に音楜を䌝えおくれるかずいうこずを芋事に蚌明しおくれたした。

ファむア・アンド・グレむスアラスデア・フレむザヌナタリヌ・ハヌス

cover picture

ファむア・アンド・グレむス(Fire & Grace)
アラスデア・フレむザヌ(Alasdair Fraser)(Fiddle)
ナタリヌ・ハヌス(Natalie Haas)(Cello)
CUL121D (P)(C)2004 Culburnie Records (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jp

ノァむオリンずチェロによるスコティッシュ・トラッド・アルバム。すでにこの二人の顔合わせのアルバムを2぀玹介しおきたした「むン・ザ・モヌメント」「ハむランダヌズ・フェアりェル」。恐らく最初に出されたのがこのアルバムです。

ほが7幎前のアルバムですがもうこの頃から音楜の方向性がすでに固たっおたずいうこずがわかりたす。3䜜ずも䌌たり寄ったり良い意味でワンパタヌンです。アラスデア・フレむザヌの矎音ナタリヌ・ハヌスの歯切れの良いリズムが創り出す屈蚗のない明るい音楜が最高です。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲タヌニャ・トムキンス

cover picture

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
タヌニャ・トムキンス(Tanya Tomkins)
Recorded 14-19 May 2010 at Green Music Center, Sonoma State University, Rohnert Park, California, USA
AVIE Records AV2212 (P)(C)2010 Tanya Tomkins (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 公匏WebサむトHMV OnlineAmazon.co.jp

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

バロックチェロ䜿甚。確かにバロックチェロの音色なのですがそうであるこずが意識されないごく自然な挔奏で耳によく銎染んできたす。萜ち着いたテンポで奏でられる優しく穏やかな音楜に心和みたす。技術的にも䞊手くこの点でもたったく問題ありたせん。装食などほずんど入らないのですがなぜか第6番のsarabandeだけ楜譜通り挔奏したあずに線曲ずいっお良いくらい倧胆に手を入れお再床繰り返されたす。これはこれで面癜い詊みだず思いたす。

録音ですが少し響きを䌎っおいたすが盎接音䞻䜓に楜噚音が捉えられおいるため明瞭感もたずたず良奜音色も自然で質感もそれなりに感じられお奜印象です。

ハむランダヌズ・フェアりェルアラスデア・フレむザヌナタリヌ・ハヌス

cover picture

ハむランダヌズ・フェアりェル(Highlander's Farewell)
アラスデア・フレむザヌ(Alasdair Fraser)(Fiddle)
ナタリヌ・ハヌス(Natalie Haas)(Cello)
CUL123D (P)(C)2011 Culburnie Records (茞入盀)
 æ„›èŽç›€ ã€€å¥œéŒ²éŸ³åºŠïŒšâ˜…★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jp

ノァむオリンずチェロによるスコティッシュ・トラッド・アルバム。以前レビュヌしたむン・ザ・モヌメントがすごく良かったので぀い最近発売されたこのアルバムも聎いおみたした。うヌんこれもいい すごく楜しいし元気が出たす。

トラッドずモダンが皋良く混じり合った感じでトラッドながら叀臭いこずもなければ田舎臭いずころも党くありたせん。アラスデア・フレむザヌの流麗なフィドルは冎え枡っおいたすしナタリヌ・ハヌスの刻むチェロのリズムも絶劙です。

ナタリヌ・ハヌスの効(?)のブリタニヌ・ハヌスもゲスト参加しおいたす。䞀カ所だけ芋事なチョップ奏法を聎かせおくれるずころがありたす。チョップ奏法が入るず俄然音楜が締たっおカッコ良くなりたすダロヌル・アンガヌ仕蟌みか。フレむザヌがこの奏法を䜿わないのはちょっず残念です。

でこのアルバムは録音もいいです。恐らくスタゞオで録音しおいたす。盎接音が支配的で極めお明瞭音色もたったく色づけされおいたせん。わずかに響きがたずわり぀いおいたすがほずんど気になりたせん。いわゆるポピュラヌ音楜的な録り方ですが䞍自然に感じるこずはありたせん。録音が良いず音楜が䜕倍も楜しくなりたすね。

ずいうこずでこのアルバムも圓たりでした。この二人の組み合わせで7幎前にもう䞀枚出しおいるのでこれもそのうち聎いおみたいず思いたす。

YouTube映像があったのでこのアルバムの4曲目に収められおいる“Grand Etang/Hull's Reel”。埌半をぜひ芋おみおください。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲Hekun Wu

cover picture

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
Hekun Wu
Recorded in June, 2008 in Hudson Hall, Rogers Music Center at Willamette University, Salem, Oregon.
MSR Classics MS 1385 (P)(C)2010 Hekun Wu (茞入盀)
奜録音床★★★
参考 Amazon.co.jpAmazon.com

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

正盎に蚀うず技術的にはあたりキレがありたせん。残念ながらちょっず苊しいずころが散芋されたす。ですが䞁寧に䞹念にそしお積極性を持っお匟かれおいるのでそういう誠実で枩かさの感じられる奜感の持おる挔奏です。

録音ですが奏者の息づかいが感じられるくらいの距離感で捉えおいるのですが残響が倚く被りが盞圓あっお蟛うじお音の芯が感じられるもののやっぱり䞍明瞭でモゎモゎしおしたっおいたす。䜎域のバックグラりンドノむズがかなり感じられたすがこの点はあたり気になりたせん。もう少し残響を抑えお明瞭感ず質感を出せばかなり良い録音になったのではないかず思うのですが。惜しいず思いたす。

氏名の日本語衚蚘が党くわかりたせんでした。米囜オレゎン州のりィラメット倧孊の准教授ずのこずです。“The Tao of Bach”「道」ずいうタむトルが付いおいたす。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲ドミトリヌ・バディアロフノィオロンチェロ・ダ・スパッラ

cover picture

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
ドミトリヌ・バディアロフ(Dmitry Badiarov)
Recorded in May 2009 at the church of Notre-Dame de l'Assomption, Basse-Bodeux, Belgium
RAM 1003 (P)(C)2010 Outhere (茞入盀)
奜録音床★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jp

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

ご自身の補䜜によるノィオロンチェロ・ダ・スパッラによる挔奏。䞊手いずいうよりも味わい深いず蚀う方がしっくりきたす。地味ながらニュアンス豊かでしかも実は結構小気味よいのです。このあたりは楜噚の特性を掻かしおいるず思いたす。

しかしやっぱりスパッラずいう楜噚そのものに音色の魅力が感じられないのです。挔奏自䜓は小気味よいはずなのに音の立ち䞊がりが鈍くもごもごしおいたす埌述したすが録音の悪さがこれに拍車をかけおいたす。あの楜噚サむズでチェロず同じ音域の䜎音を出すために機構䞊盞圓無理をしおいるこずが音色からもわかりたす。なぜこの楜噚が廃れおしたったのかそれがこの挔奏からも感じられお淋しい気分になりたす。

なおこのディスクはレコヌド芞術誌2010幎12月号だったかなで特遞の高評䟡を埗おいたす。挔奏の良さが半分この楜噚を埩掻させた功瞟に察する敬意が半分かなず想像したす。

録音ですが残響過倚で䞍明瞭音色も盞圓損なわれおいたす。スパッラずいう楜噚の音色をきちんず䌝えるこずがこの録音の呜だず思うのですが。なぜこのような録音を遞択されたのか残念でなりたせん。

むン・ザ・モヌメントアラスデア・フレむザヌナタリヌ・ハヌス

cover picture

むン・ザ・モヌメント(In The Moment)
アラスデア・フレむザヌ(Alasdair Fraser)(Fiddle)
ナタリヌ・ハヌス(Natalie Haas)(Cello)
CUL 122D (P)(C)2007 Culburnie Records (茞入盀)
 æ„›èŽç›€ ã€€å¥œéŒ²éŸ³åºŠïŒšâ˜…★★★☆
参考 Amazon.com

たた脱線したす。

アラスデア・フレむザヌはスコティッシュ・フィドルのプレむダヌ。チェロのナタリヌ・ハヌスは先日玹介したブリタニヌ・ハヌスの姉であろうず思われたす。ノァむオリンずチェロの二重奏のトラッド興味接々で聎きたした。フィドルの流麗な矎音本圓に綺麗な音だずチェロの刻むキレの良いリズムの察比がなかなかの聎きものです。䌝統音楜をベヌスにしながらも叀臭くなくちょっずモダンで爜やかなずころが気に入りたした。

録音が良いのもうれしいです。チェロに若干の響きが䌎っおいるもののフィドルの方はクリアそのもの。矎音を䜙すこずなく捉えおいたす。クラシック的な録音ではありたせんがスタゞオでクリアに録音するこずがどれだけ玠晎らしいこずかを教えおくれる奜録音ず蚀えたす。

力量的にはクラシックの挔奏家にはやはり及ばないのですが圌らならではの音楜がこれたた楜しいのです。Amazon.comやiTunes Storeでも詊聎出来たすので埌者の方が音が良い興味を持たれたしたらぜひ聎いおみおください。
-->