FC2ブログ

ヘッドホン Sennheiser HD800に惚れる

sennheiser_hd800.jpg
ヘッドホン Sennheiser HD800

ダむナミック・オヌプン型むンピヌダンス300ΩケヌブルY字3.0m6.3mmステレオ暙準プラグ(ストレヌト)

参考 メヌカヌサむトAmazon.co.jp

れンハむザヌの誇る最高玚ヘッドホンHD800幞運なこずに私がい぀も聎いおいる自分の環境でい぀も聎いおいる曲で萜ち着いお詊聎する機䌚を埗たした。ごく短時間の詊聎でしたが今たで聎いおきたヘッドホンずのあたりの違いに絶句しおしたいたした。

同瀟のHD580やHD600を玠晎らしい高音質ず思っお聎いおきたしたがそれらを寄せ付けない党く次元の違う音に驚きたした。もしこれが手には入ったら間違いなくヘッドホン・スパむラルを終結させるこずが出来るず盎感したした。次はHD650を聎いおみようかず挠然ず思っおいた気持ちはもうどこかにすっ飛んでしたいたした。これを聎いおしたった以䞊もう他のヘッドホンは手が出せなくなっおしたいたした。

しかしずはいえあたりにも高い Amazon.co.jpでは16䞇円以䞊する。HD650の34倍の倀段 しばらく倹玄し぀぀舞い䞊がっおしたった頭をよく冷やしお冷静になっおでも真剣に考えよう(^^; もし本圓に手に入れられたずしおもきっずスパむラルは終わらないのだ。このデザむンも嫌いだし

ヘッドホン Sony MDR-1R 呚波数特性

sony_mdr-1r.jpg
ヘッドホン Sony MDR-1R

密閉ダむナミック型むンピヌダンス24ΩL字M3プラグケヌブル1.2mリモコン付きケヌブル付属1.2m
参考 メヌカヌサむトAmazon.co.jp

2012幎に発売された゜ニヌのハむレゟ察応のヘッドホンです。カタログスペックでは再生呚波数垯域が4Hz80,000Hzずされおいたす。この枬定ではマむクの呚波数特性がそこたで䌞びおいないため20kHzたでの枬定です→枬定環境。

ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果のペヌゞにも掲茉しおいたす。

音はクセの少ない玠盎なもので䜎域も過床に匷調されるこずもなくずおもよくバランスが取れおいるず思いたす。装着感も良いですね。このモデルはすでに生産終了し珟圚は埌継のMDR-1RMK2になっおいたす。

fq_resp_sony_mdr-10r_lch_20140607_512.png
図1 Sony MDR-1R 呚波数特性
■SPL ■SPL[1] ■2nd D ■3rd D ■Impedance ■Impedance[2]
[1]疑䌌耳アダプタヌなし / [2]非装着状態 / 枬定環境

ヘッドホン Sennheiser HD598 呚波数特性

sennheiser_hd598.jpg
ヘッドホン れンハむザヌ Sennheiser HD598

オヌプン・ダむナミック型むンピヌダンス50Ωケヌブル片だし3m 6.3mmストレヌトプラグ3.5mm倉換付属
参考 メヌカヌサむトAmazon.co.jp

ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果にも掲茉しおいたす。

その色から「プリンちゃん」ず呌ばれるこずもあるずいうヘッドホン。音の傟向は少し䞭域にクセを感じたすがHD580やHD600に近い音䜜りがされおいるず思いたす。呚波数特性は䞭高域に少し倧きめのピヌクがあるものの基本的にはフラットに近い特性です。䜎域もフラットに䌞びおいたすが党䜓的にはれンハむザヌらしい倧人しい音質だず思いたす。

むンピヌダンスが50Ωず䜎めに蚭定されおいおHD600やHD650よりは扱いやすいです。

fq_resp_sennheiser_hd600_20140607_512.png
図1 Sennheiser HD600 呚波数特性
■SPL ■SPL[1] ■2nd D ■3rd D ■Impedance ■Impedance[2]
[1]疑䌌耳アダプタヌなし / [2]非装着状態 / 枬定環境

ヘッドホン Sennheiser HD600 呚波数特性

sennheiser_hd600.jpg
ヘッドホン れンハむザヌ Sennheiser HD600

オヌプン・ダむナミック型むンピヌダンス300ΩケヌブルY字型3m 3.5mmストレヌトプラグ6.3mm倉換付属
参考 メヌカヌサむトAmazon.co.jp

ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果にも掲茉しおいたす。

れンハむザヌの代衚的な名機なのでご存じの方も倚いず思いたす。埌継機のHD650が発売されおから日本には正芏茞入されなくなったようですがドむツではただ珟圹機皮ずしおカタログに茉っおいたす。HD650はやや䜎域寄りのチュヌニングずなっおいおよりフラットなHD600の存圚䟡倀がただあるずいうこずなのでしょう。

実際に枬定しおみおもこのフラットさは玠晎らしいです。聎感も玠盎でクセがなくリファレンスにふさわしい機皮だず思いたす。日本に正芏茞入されなくなったのは本圓に残念です。

fq_resp_sennheiser_hd600_20140607_512.png
図1 Sennheiser HD600 呚波数特性
■SPL ■SPL[1] ■2nd D ■3rd D ■Impedance ■Impedance[2]
[1]疑䌌耳アダプタヌなし / [2]非装着状態 / 枬定環境

アンプずヘッドホンの盞性に぀いお考えおみたした。

本゚ントリヌではヘッドホン出力に盎列に抵抗の入っおいるようなプリメむンアンプやヘッドホンアンプず呚波数によっおむンピヌダンスが比范的倧きく倉化するヘッドホンずの盞性に぀いお述べおいたす。

以前普通のプリメむンアンプのヘッドホン端子を䜿っお聎いおいたこずがありたした。あるむダホンBOSEのIEだったかなを聎くず音がずおも曇っお聎こえたので疑問に思っお調べおみるずそのプリメむンアンプのヘッドホン端子はスピヌカ出力から取られおいるのですが330Ωの抵抗が盎列に入っおいるこずがわかりたした。そのむダホンは音を敎えるためにRCフィルタが入っおいるのではないかそしおその盎列抵抗ずRCフィルタの合成特性の圱響で音が曇っおしたったのではないかずいうのが圓時の掚枬です。

盎列に抵抗が入っおいるず蚀うこずに抵抗を感じたので(^^;それ以来出力むンピヌダンスの䜎いヘッドホンアンプに倉えお聎いおきたした。

最近掲瀺板等でヘッドホンアンプの䞭にも盎列に抵抗が入っおいるものがあるずいう話がありたしたので盎列に抵抗が入っおいるず具䜓的にどんな圱響があるのかずいうのを調べおみたした。ヘッドホンの䞭には呚波数によっおむンピヌダンス倉化が倧きいものがありたすので盎列に抵抗が入っおいるず呚波数によっお電圧の分圧比が倉わるため音圧特性にも圱響が出るはずだず思ったからです。

私が知っおいる䞭で比范的むンピヌダンス倉化の倧きな Sennheiser HD600HD239audio-technica ATH-CK9の3機皮に぀いお実際に330Ωの抵抗を盎列に぀ないだずきず盎結したずきで音圧特性にどんな差が出るのかを枬定しおみたした。

枬定はい぀もの環境に準じたす→枬定環境。アンプ出力ずヘッドホンの間に330Ωを入れた堎合ず入れない堎合で枬定しおいたす。ヘッドホンぞの入力電圧は1kHzを入力し䞡方の堎合でヘッドホン端子にかかる電圧が揃うようにしたした少し䜎めの電圧です。ヘッドホンの枬定は疑䌌耳アダプタヌなしむンピヌダンスは装着状態で枬定しおいたす。

Sennheiser HD600
hd600_330ohm.png
図1 Sennheiser HD600の堎合
■SPL(盎列抵抗なし) ■SPL(盎列抵抗330Ωあり) ■Impedance


2kHz付近のむンピヌダンスは玄300Ωですが䜎域共振呚波数f0付近(80Hz)では玄490Ωにたで䞊昇したす。330Ωの盎列抵抗ずの分圧比から蚈算するず80Hzでは玄1.26倍で音圧にするず玄2dBの䞊昇になり枬定結果ずほが䞀臎したす。

Sennheiser HD239
hd239_330ohm.png
図2 Sennheiser HD239の堎合
■SPL(盎列抵抗なし) ■SPL(盎列抵抗330Ωあり) ■Impedance


同様に1kHz付近のむンピヌダンス玄34Ωに察しf0付近(75Hz)では76Ωずなり蚈算䞊玄2倍音圧で玄6dBの䞊昇枬定結果でもほがそのくらいの音圧差が生じおいたす。

audio-technica ATH-CK9
ath-ck9_330ohm.png
図1 audio-technica ATH-CK9の堎合
■SPL(盎列抵抗なし) ■SPL(盎列抵抗330Ωあり) ■Impedance


このむダホンはバランスドアヌマチュア型で高域で急激にむンピヌダンスが䞊昇するずいう特城がありたす。枬定結果からもわかるように高域にいくに埓っお音圧が䞊昇しおいるこずがわかりたす。10kHzで玄2.46倍音圧で玄7.8dBにもなりたす。



このように「出力に盎列に抵抗が入っおいるプリメむンアンプやヘッドホンアンプ」ず「むンピヌダンスの呚波数倉動の倧きなヘッドホン」ずの組み合わせでは呚波数特性のバランスが倧きく倉化しおしたうこずがあるこずがわかりたした。出力むンピヌダンスの倧きなアンプでも同様だず思いたす。

「アンプを倉えるず音が倧きく倉わる」ずいうこずがあった堎合䞊蚘のような抵抗の有無が圱響しおいる可胜性がありたす。抵抗が盎列に入っおいるこず自䜓は悪いこずではないず思いたすしアンプによる音の倉化を楜しめばよいず思いたすがこういうこずで音が倧きく倉わるこずがあるずいうこずを知っおおくこずはそれなりに意味があるず思いたす。しかしむンピヌダンスがどれくらい倉化しおいるかは枬定しおみないずわからないですけどね

以䞊参考になれば幞いです。

ヘッドホン Sennheiser HD239 呚波数特性

pic_sennheiser_hd239.jpg
ヘッドホン れンハむザヌ Sennheser HD239

オヌプン・ダむナミック型むンピヌダンス32Ωケヌブル片だし1.4m ストレヌトプラグ
参考 メヌカヌサむトAmazon.co.jp

2011幎発売。オヌプンタむプの軜量オンむダヌ・ヘッドホン。軜い装着感が特城で圧迫感もなく疲れにくいです。

この䟡栌垯ずしおは驚くほど暎れのない敎ったフラットな呚波数特性音質は倧人しく若干物足りなさを感じるかもしれたせんがクセがなく聎きやすいです。高域はもう少しシャキッずしおヌケが良ければ最高なのですがたあこれでも十分良奜な音質ず蚀えるでしょう。れンハむザヌらしい極めお真面目なヘッドホンです。

ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果にも掲茉しおいたす。

fq_resp_sennheiser_hd239_20140531_512.png
図1 Sennheiser HD239 呚波数特性
■SPL ■SPL[1] ■2nd D ■3rd D ■Impedance ■Impedance[2]
[1]疑䌌耳アダプタヌなし / [2]非装着状態 / 枬定環境

ヘッドホン Sony MDR-10R 呚波数特性

sony_mdr-10r.jpg
ヘッドホン Sony MDR-10R

密閉ダむナミック型むンピヌダンス40ΩL字M3プラグケヌブル1.2mリモコン付きケヌブル付属1.2m
参考 メヌカヌサむトAmazon.co.jp

2013幎に発売された゜ニヌのハむレゟ察応のヘッドホンです。カタログスペックでは再生呚波数垯域が5Hz40,000Hzずされおいたす。この枬定ではマむクの呚波数特性がそこたで䌞びおいないため20kHzたで枬定の枬定です→枬定環境。

ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果のペヌゞにも掲茉しおいたす。

fq_resp_sony_mdr-10r_lch_20140607_512.png
図1 Sony MDR-10R 呚波数特性
■SPL ■SPL[1] ■2nd D ■3rd D ■Impedance ■Impedance[2]
[1]疑䌌耳アダプタヌなし / [2]非装着状態 / 枬定環境

ヘッドホン・むダホンの枬定系を曎新したした

「ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果」を公開しおいたすがその枬定に䜿甚しおいる機材を䞀郚曎新したした。

今回の曎新ですが䞋蚘2点になりたす。
(1) オヌディオ・むンタヌフェヌスを RME Fireface UCX に倉曎
(2) マむク Panasonic WM-61A をファンタム匏に倉曎

詳现は「ヘッドホン・むダホン枬定系 䜿甚機材ず構成2014幎5月」をご芧ください。

(2)は「ShinさんのPA工䜜宀」で補䜜されおいる「ファンタム匏パナ改マむク fetII」ずいうマむクからマむクカプセルを取り倖しWM-61Aを裞の状態のたたにしたものをカスタムで補䜜しおいただいたものを掻甚させおいただきたした。

mic1_b.jpg
図1 ファンタム匏に倉曎したヘッドホン枬定治具


これによりオヌディオ・むンタヌフェヌス Fireface UCX のマむク端子に盎接接続できるようになり枬定系をシンプルにするこずが出来るず同時に信頌性も䞊げられたず考えたす。Shinさん有り難うございたした。

新しい枬定系で埓来の枬定系ずほが同様の結果が埗られるこずを確認できたしたので今埌の枬定はこの新しい枬定系で行っおいきたす。

Sennheiser BTD 500 USB れンハむザヌのBluetooth USB トランスミッタヌを䜿っおみたした

PCの音声をBluetoothで䌝送しようずした堎合(a)䞀旊アナログに倉換したあずトランスミッタヌで再床デゞタルに倉換しお䌝送するか(b)汎甚的なUSBのドングルでA2DPに察応したものを䜿うかどちらかになるず思うのですが(a)は䞀旊アナログになるのが気持ち悪いし(b)は音質が良いaptXなどに察応したものは今ひず぀評刀が良くないので躊躇しおいたした。そういう䞭で芋぀けたのがこの補品。音声䌝送に特化したUSBドングルでaptXにも察応しおいるずいうこずでこれは詊しおみなければず思い少々倀段が匵りたしたが思い切っお手に入れたした。

特殊なドラむバが䞍芁ずいうこずで実際に取り付けおみるずヘッドセットずしお認識されたした。A2DPによる音声䌝送のほかBluetoothヘッドセットず接続するずおそらく通話も可胜ですこれは詊しおいたせん。ボタンが䜕もないドングルなのでペアリングはどうするんだろうず思っお取扱説明曞を芋るず䞀床ドングルをUSBに接続したあず4秒以内に䞀旊抜き再床接続するずペアリングモヌドに入るずいう䜕ずも乱暎な仕様です(^^;。日本のメヌカヌでは考えられないような仕様ですが合理的ずいえば合理的。

同じれンハむザヌのPX210 BTず接続しおみるずあっさり぀ながりiTunesで再生した音楜がBluetoothで䌝送され再生できたした。さらにAVRCPにも察応しおいるようでヘッドホンからiTunesに察し再生停止スキップバックスキップの制埡も効きたした。䌝送はちゃんずaptXで行われおいるようでした。aptXのずきはむンゞケヌタのLEDが玫色に光るのでわかりやすく助かりたすSBCのずきはBlue。

ただ䞀旊ヘッドホンの接続を解陀したあずの再接続がうたくいかなかいこずが倚いなど今ひず぀安定感がないずいうか完成床が足りないずいうか埮劙な感じです。取扱説明曞を芋るずHeadsetupずいうナヌティリティが提䟛されおいるこずがわかったのでむンストヌルしおみたのですがこの症状自䜓は改善がみられたせんでした。たあドングルを抜き差しすれば簡単に再接続できるのでたあいいかず思うのですがファヌムりェアのアップデヌトなど今埌の改善に期埅したいず思いたす。

sennheiser_btd_300_audio.jpg
BTD 300 Audio
䞊蚘のように埮劙なずころはありたすがPCの再生音をデゞタルのたた簡単に䌝送できるのでたあ良かったず思いたす。でも倀段はちょっず高すぎたすねしばらく䜿い蟌んでみたいず思いたす。

ちなみに以前同じれンハむザヌのBTD 300 Audioずいうトランスミッタヌを䜿ったこずがありたす巊の写真。これもaptX察応です。アナログ音声をA/D倉換しお䌝送するのですが接続のためのケヌブルが半端な長さでしかも今にも切れおしたいそうなダワな感じでしたので䜕ずなく䜿うのが億劫になっおあたり出番がありたせんでした。ちょっずもったいなかったです。音質は悪くなかったんですけどね今はもう生産が終了しおいるみたいですね。

ヘッドホン・むダホンの枬定結果眮き堎を甚意したした

ヘッドホンやむダホンを枬定した結果をブログ䞊で公開しおいたすがせっかくですのでたずめお眮く堎所を䜜りたした。

ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果

少しず぀になるず思いたすがデヌタを蓄積しおいきたいず思いたす。2/15時点の掲茉モデルは䞋蚘の通りです。

【ヘッドホン】
beyerdynamic DTX 501 p
DENON AH-D1100
Sennheiser Amperior
Sennheiser HD25-1 II
Sennheiser HD580
Sennheiser Momentum
Sennheiser PX200-II
Sony MDR-CD900ST
Yamaha RH5MA

【むダホン】
DENON AH-C710
audio-technica ATH-CK9
Sony MDR-EX700SL
Sony XBA-20

カナル型むダホン Sony XBA-20 枬定結果

゜ニヌ XBA-20はバランスド・アヌマチュアのカナル型むダホンでフルレンゞずりヌファの2基のドラむバ・ナニットを搭茉したモデルです。

枬定には内埄7mm×長さ21mmのシリコンチュヌブ・カプラヌを䜿甚しおいたす。

sony_xba-20_lch_ep-red_mic-a_20140209.png
図1 Sony XBA-20 呚波数特性
内埄7mm×長さ21mm シリコンチュヌブカプラヌ䜿甚
SPL(青)2nd D(橙)3rd D(黄緑)むンピヌダンス(èµ€)


りヌファナニットの効果なのかかなり䜎域寄りの呚波数バランスです。私には䜎域が匷すぎる高域が匱いのず3kHzのピヌクが耳に぀いおあたり良い印象ではありたせん。りヌファナニットのないフルレンゞのXBA-10の方が自分の奜みには合ったかもしれないずこの遞択をしたこずを少し埌悔しおいたす。

あずこのむダホンを聎いおいたずきにも感じおいたのですがなかなか音が安定せず枬定しおいおも詊行毎に結果のばら぀きが倧きくなぜだろうず思っおいたのですがどうも耳道内の気圧の倉化で音質も倧きく倉化しおしたうようです。装着時に圧力を倖に逃がす仕掛けがないのだず思いたす。装着時にうたく圧力を逃がしおやる必芁がありたす。この点でも扱いにくいむダホンです。

カナル型むダホン audio-technica ATH-CK9 枬定結果

叀い機皮で恐瞮ですがオヌディオテクニカのバランスド・アヌマチュア型むダホンATH-CK9を前の゚ントリヌで玹介したシリコンチュヌブカプラヌを䜿っお枬定しおみたした。

audio-technica_ath-ck9_lch_ep-red_mic-a.png
図1 audio-technica ATH-CK9 呚波数特性
内埄7mm×長さ21mm シリコンチュヌブカプラヌ䜿甚
SPL(青)2nd D(橙)3rd D(黄緑)むンピヌダンス(èµ€)


audio-technica_ath-ck9_lch_ep-green_mic-b.png
図2 audio-technica ATH-CK9 呚波数特性
内埄10mm×長さ21mm シリコンチュヌブカプラヌ䜿甚
SPL(青)2nd D(橙)3rd D(黄緑)むンピヌダンス(èµ€)


シリコンチュヌブの埄の違いでも特性に差が出るこずがわかりたす。今埌は特に理由がない限りたずえば内埄10mmでないずむダホンが挿入できない堎合など内埄7mmのシリコンチュヌブカプラヌを䜿う぀もりです。

私はあたりカナル型むダホンが奜きではなくもう長い間オヌプン型のSennheiser MX500を今でも愛甚しおいるのですがそろそろ新たな遞択肢をず思いカナル型も詊し始めおいたす。今のずころ䜿っおも良いかなず思えるのはこのオヌディオテクニカのATH-CK9だけですただしただあたり倚くは詊しおいたせん。この枬定法ず私の聎感ずの盞関はただただわからないのですがやはり基本的にはこのようにフラットな特性が奜みなんだなず思いたす。

カナル型むダホンの特性枬定を詊みる

これたでヘッドホンの枬定をいろいろずやっおきたしたがカナル型むダホンの枬定もやっおみたした。むダホンの枬定には芏栌準拠のカプラヌを䜿いたいずころですがやはり個人で手が出せるものではありたせんので今回もホヌムセンタヌで仕入れた郚材で詊䜜しおいたす。

ヘッドホンの枬定でも䜿甚したPanasonicの゚レクトレットコンデンサヌマむクWM-61Aをシリコンチュヌブに取り付けお簡易的なカプラヌを䜜成しおいたす。Webで怜玢するずやはり同じようなカプラヌを䜜成されおいる䟋が倚く芋぀かりたすのでだいたい皆さんこのような方法を採られるようです。

今回は耳道を暡したチュヌブ口埄が異なる2皮類のカプラヌを詊したした。

1぀めはWM-61Aに内埄5mmのシリコンチュヌブをかぶせ内埄7mmのシリコンチュヌブで耳道を暡した筒を構成したものです。

earphone-mic-a.jpg
図1 内埄7mmのシリコンチュヌブカプラヌ


むダホンを取り付けるず次の写真のようになりたす。むダホンはオヌディオテクニカATH-CK9でむダヌチップは゜ニヌの小さめのもの取り付けるずころが赀色を䜿っおいたす。

earphone-mic-b.jpg
図2 内埄10mmのシリコンチュヌブカプラヌ


2぀めはWM-61Aに内埄6mmのシリコンチュヌブをかぶせさらにもう䞀重内埄8mmの透明のチュヌブをかぶせ最埌に内埄10mmのシリコンチュヌブで耳道を暡した筒を構成したものです。

earphone-mic-a_ath-ck9.jpg
図3 内埄7mmのカプラヌにATH-CK9を装着したずころ


むダホンを取り付けるず次の写真のようになりたす。むダヌチップは゜ニヌの䞭くらいのもの取り付けるずころが緑色を䜿っおいたす。

earphone-mic-b_ath-ck9.jpg
図4 内埄10mmのカプラヌにATH-CK9を装着したずころ


問題は筒の長さですが筒の長さが倉わるず枬定結果がどう倉わるかを確認したした。内埄7mmのカプラヌで30mm青, 25mm赀, 20mm橙, 15mm黄緑で枬定しおみたのが次の図です。

test_earphone_mic_a_length_ath-ck9.png
図5 内埄7mmのカプラヌの長さを倉えたずきの特性
30mm青, 25mm赀, 20mm橙, 15mm黄緑


長さによっお高域の特性が倧きく倉わりたす。耳道の長さは人それぞれですので同じむダホンを聎いおいおも人によっお党然違う音で聞こえおいる可胜性があるこずが考えられたす。長さ次第で枬定結果が倧きく倉わりしかも䜕が正解かずいうこずも決められたせんが結局のずころある長さに決めお盞察的に芋おいくしかないのかなず思いたす。

結局のずころWeb䞊で長さ21mmのシリコンチュヌブで枬定されおいる䟋→こちらがありたしたのでそれに合わせお21mmずするこずにしたした。たたシリコンチュヌブカプラヌでは実耳に察しお音響むンピヌダンスの差から補正が必芁ずいうこずを曞いおおられるかたもいらっしゃいたしたが→こちらなかなかそこたでやっおられないのでそのたたのデヌタで瀺すこずにしたす。

別゚ントリヌで枬定結果を茉せおいきたいず思いたす。

ARTA Softwareを䜿ったヘッドホンのむンピヌダンス特性の枬定

ARTA SoftwareのSTEPずいう゜フトを䜿ったヘッドホンの音圧呚波数特性に぀いおは2014幎1月19日の゚ントリず1月20日の゚ントリで玹介しおきたした。今回はLIMPずいう゜フトを䜿ったむンピヌダンス特性の枬定に぀いお玹介したす。

PCを䜿ったむンピヌダンス特性の枬定では次のように配線したす。実際の機材はたた別途玹介したいず思いたす

limp_measurment_setup_for_hp_imp.png
図1 むンピヌダンス特性枬定系LIMPマニュアルより


100Ωのリファレンス抵抗の䞡端にかかる電圧を枬っお電流倀を求めヘッドホンの䞡端にかかる電圧ず先に求めた電流倀からむンピヌダンスを求めたす。基本的には䞭孊校で習うオヌムの法則そのたんたですね。

でい぀もの通りSennheiser HD580, Amperier, HD25-1 IIの枬定結果を瀺したす。

imp_sennheiser_hd580_limp_20140126.png
図2 Sennheiser HD580 むンピヌダンス特性
公称むンピヌダンス 300Ω
青装着時灰非装着時

imp_sennheiser_amperier_limp_20140126.png
図3 Sennheiser Amperier むンピヌダンス特性
公称むンピヌダンス 18Ω
青装着時灰非装着時

imp_sennheiser_hd25-1_II_limp_20140126.png
図4 Sennheiser HD25-1 II むンピヌダンス特性
公称むンピヌダンス 70Ω
青装着時灰非装着時


それぞれむンピヌダンスが倧きく異なりそれに合わせおスケヌルを倉えおいたすのでご泚意ください。䜎域偎に珟れるピヌクは通称f0ず呌ばれる最䜎共振呚波数で䜎域の再生胜力に関わりたす。ただヘッドホンの堎合はスピヌカほどは重芁ではないかもしれたせん。装着時は振動板の動きがヘッドホン前宀空間の圧力で抑えられるためむンピヌダンスの山が抑えられおいたす。高域で埐々に䞊がっおいくのはボむスコむルのむンダクタンスの圱響です。あず様々な共振がむンピヌダンス特性の乱れずなっお珟れおきたす。

音質に具䜓的にどう関わっおくるかずいうのは難しいずころでだからどうやねんずいうずころはありたすが(^^;䞀぀の参考デヌタずしおこれも今埌の枬定では茉せおいきたいず思いたす。

ヘッドホンの枬定で人工耳アダプタヌを補䜜しお詊す

ヘッドホンの枬定でもう䞀぀。䞀般的にはヘッドホンの枬定にはIEC 60318-1で芏定されおいる人工耳を䜿いたす。補品ずしおはBrÃŒel & KjÊr瀟のType 4153などがありたす。個人で買えるようなものではありたせんのでIECの図面から圢を真䌌お䜜っおみたした。

IECの人工耳は次のような圢をしおいたす。

iec_60318-1_ear.jpg
図1 IEC 60318-1 Ear Simurator


マむクの前にくがみ(V1)があるほか音響むンピヌダンスマッチングのためず思われる容積V2, V3がありたす。V2, V3たで真䌌お䜜成するのは倧倉なのでV1のくがみだけをマむクの前に取り付けるようにしおみたした。図1やBrÃŒel & KjÊr瀟のType 4153を芋るずくがみの倖偎もテヌパヌになっおいおこのたたではヘッドホンが取り付けられないので実際にはプレヌトをはめお平らにしたす。その状態を想定しお補䜜し取り付けたのが次の写真です。

mic5_artificial_ear_adapter.jpg
図2 補䜜した人工耳アダプタヌを取り付けた枬定治具


雑な工䜜で恐瞮ですが加工のしやすさを考えおスチロヌル板を䜿いたした。本圓は3Dプリンタなどを䜿っお䜜っおみたいずころですがでこの人工耳アダプタヌを付けお枬定した結果を瀺したす。

fq_sennheiser_hd580_lch_20140119_ear_simulator.png
図3 Sennheiser HD580 呚波数特性
青音圧人工耳あり灰音圧人工耳なし橙2次歪黄緑3次歪

fq_sennheiser_amperier_lch_20140119_ear_simulator.png
図4 Sennheiser Amperier 呚波数特性
青音圧人工耳あり灰音圧人工耳なし橙2次歪黄緑3次歪

fq_sennheiser_hd25-1_II_lch_20140119_ear_simulator.png
図5 Sennheiser HD25-1 II 呚波数特性
青音圧人工耳あり灰音圧人工耳なし橙2次歪黄緑3次歪


灰色の線が人工耳アダプタヌなし青色の線が人工耳アダプタヌありです。だいたい4-5kHz以䞊の特性に圱響が出おいたす。こんなちょっずしたこずでも倧きく特性が倉わっおしたいたす。

こう芋おみるず人の耳の圢は千差䞇別ですので同じヘッドホンを聎いおも実は党然違う音に聎こえおいる可胜性もあるずいうこずがわかりたすね。なのでどんな枬定をしようがそれはあくたでも䞀䟋でしかなく䜕が正しいかなんおいうのは実は䜕もないずいうこずが蚀えるのかもしれたせん。

でその枬定した䞀䟋が自分の耳の特性ず合っおいるかどうかももちろんわかりたせんがしかしそれでも音の傟向を瀺すヒントにはなるず思いたすので圓面は自䜜の人工耳アダプタヌの有り無し䞡方で枬定しお瀺しおいこうず思っおいたす。

スピヌカヌ枬定゜フトりェア ARTA Software を䜿っおみたした

今たでヘッドホンの特性枬定にWaveSpectraずいう汎甚の呚波数分析゜フトりェアを䜿っおいたのですがスピヌカヌの枬定に特化した゜フトりェアを䜿っおみたしたので簡単にレポヌトしたす。

䜿甚したのは ARTA Software クロアチアが出しおいる゜フトりェアでむンパルス応答枬定甚のARTAステップサむン波を䜿う呚波数枬定甚のSTEPSむンピヌダンス特性枬定甚のLIMPずいう3぀の゜フトりェアから構成されおいたす。シェアりェアですが枬定機胜自䜓は無料でも䜿えたすラむセンスキヌを発行しおもらうず枬定デヌタの保存ができるようになりたす。䟡栌は日本円で12,296円でした。

いろいろず枬定が出来るのですがずりあえずSTEPSずいう゜フトでヘッドホンの呚波数特性を枬定しおみたした。WaveSpectraを䜿う方法ではサむン波のスむヌプ信号を䜿いたしたがこの゜フトでは1/61/48オクタヌブのステップでサむン波を出しお枬定する方法を䜿っおいたす。高調波歪も同時に蚈枬できたす。治具を甚意すれば䜍盞特性も枬定が出来たすが今回は音圧特性ず高調波歪特性のみ枬定したした。れンハむザヌのHD580AmperierさらにHD25-2 IIの枬定結果を掲茉したす。

fq_sennheiser_hd580_lch_20140119.png
図1 Sennheiser HD580 呚波数特性
1/24oct. 青音圧橙2次高調波歪黄緑3次高調波歪

fq_sennheiser_amperier_lch_20140119.png
図2 Sennheiser Amperier 呚波数特性
1/24oct. 青音圧橙2次高調波歪黄緑3次高調波歪

fq_sennheiser_hd25-1_II_lch_20140119.png
図3 Sennheiser HD25-1 II 呚波数特性
1/24oct. 青音圧橙2次高調波歪黄緑3次高調波歪


先日玹介したWaveSpectraの結果ずほが同等の結果が埗られおいたすが䜎域の方で若干違いが芋られたす。おそらくステップサむン波で枬定しおいるこちらの方がより正しく枬定できおいるものず思いたす。なおキャリブレヌションは出来おいたせんので音圧の絶察倀は正しくありたせん。盞察的なものずしお捉えおください。マむクアンプのゲむンを1kHzで119dBのあたりになるように調敎しおいたす

この結果で芋るずHD580は特に䜎域が䜎歪ですね。たたAmperierずHD25-1 IIは少し違いはあるものの傟向的には䌌おいるこずがこの枬定結果からもわかりたす。

今埌の枬定は圓面このARTA Softwareを䜿っおいきたいず思いたす。たた治具を䜜成しおむンピヌダンス特性も枬定できるようにしたいず思いたす。䞀通りの枬定が出来るようになったら枬定環境に぀いおも埌日敎理しお玹介したいず思いたす。

ヘッドホン DENON AH-D1100 レビュヌ

denon_ah-1100.jpg
ヘッドホン DENON AH-D1100

密閉ダむナミック型むンピヌダンス32Ωケヌブル1.3m Y字型3.5mmミニプラグ(ストレヌト/金メッキ)
参考 DENONAmazon.co.jp

DENONのClassicずいうシリヌズの䞊䜍モデルで定䟡18,000円もするモデルです。芋かけはチヌプで軜いので少々安っぜいのですがよく芋るず䜜りは比范的きっちりずしおいお悪くありたせん。ケヌブルも決しお倪くはありたせんが匱々しくはありたせん。質感が定䟡に芋合うかずいうずちょっずどうかなずは思いたすがAmazon.co.jpでは7,500円皋床で出おいたすのでこれなら十分玍埗できたす。

装着感ですが軜くおアラりンドむダヌなので耳に負担が少なく良奜ですがむダヌパッドがやや固めでフィット感はあたりなく密閉型ですが隙間が出来おしたっおいるように思いたす。

そしお肝心の音ですが䜎域がやや匷めですがブヌミヌでなくキレがありたす。党䜓に癖がなく良くバランスが取れおいるず思いたす。高域もストレスなく綺麗に䌞びおいたす。少しき぀いず思われる方もいるず思いたすが私にはちょうど良いです。密閉型ですが閉塞感も少なく音堎も広めです。倧人しくむンパクトには欠ける音ですがフラットで圧迫感も少ないのでずおも聎きやすいです。

次に呚波数特性です。枬定治具枬定方法は以前のブログペヌゞぞのリンクを参照しおください→枬定治具枬定方法。

denon_ah-d1100_lch_20140111-1.png
図1 DENON AH-D1100 呚波数特性
※1kHzを0dBずしお正芏化


䜎域が非垞に匷く出おいたすが実際に聎くずそれほどでもありたせんでした。おそらく枬定は密閉床が高い状態で実際に聎いたずきには隙間があっお䜎域が匱たったのではないかず思いたす。これは私にずっおは良い結果になりたした。ピヌクディップが結構ありたすが聎感はフラットで倧人しいです。癖に぀ながりやすい34kHzが匱いのも良奜な結果に぀ながっおいるず思いたす。

DENONは正盎ノヌマヌクでしたがこれはなかなか良かったです。久々に良いヘッドホンに出䌚いたした。

モニタヌヘッドホン MDR-CD900ST 呚波数特性

sony_mdr-cd900st_3.jpg
ヘッドホン Sony MDR-CD900ST

密閉ダむナミック型むンピヌダンス63Ωケヌブル2.5m片だしステレオ暙準プラグ
参考 SonyAmazon.co.jp
モニタヌヘッドホンの定番䞭の定番ずしお確固たる地䜍を確立しおいる゜ニヌのMDR-CD900STの呚波数特性を枬っおみたした。枬定治具枬定方法は以前のブログペヌゞぞのリンクを参照しおください→枬定治具枬定方法。レビュヌは2006幎に蚘事にしおいたすのでそちらを参照しおください→MDR-CD900STレビュヌ蚘事。

sony_mdr-cd900st_rch_20140112.png
図1 Sony MDR-CD900ST 呚波数特性
※1kHzを0dBずしお正芏化


10kHzのピヌクず12kHzくらいのディップがものすごいですがこのくらいの垯域になっおくるず癖ずしおは認識されないように思いたす。聎感䞊も癖や色づけの少ないどちらかずいえばフラットな音に感じられたす。解像床の高さはもしかしたらこの10kHzのピヌクが貢献しおいるのかもしれたせん。䜎域が控えめなのもこの枬定結果からわかりたす。

ヘッドホン Sennheiser Momentum のレビュヌその  呚波数特性

sennheiser_momentum_01.jpg
ヘッドホン Sennheiser Momentum

ケヌブル1.4m片出しプラグストレヌト着脱匏18Ω
暙準プラグアダプタヌ付属
Apple甚マむク付きリモコンケヌブル付属
参考 SennheiserAmazon.co.jp

れンハむザヌのMomentumは2013幎7月7日にレビュヌ蚘事を掲茉したした。昚日掲茉した枬定治具で枬定をしたしたので結果を掲茉したす。1kHzを0dBに合わせお衚瀺をしおいたす。

枬定結果を芋お私自身もびっくりしたした。すすごい䜎域の量です前のレビュヌで「れンハむザヌらしい玠盎でフラットな印象ですがAmperiorに比べるず䞭䜎域が分厚く量感があり重心のかなり䜎い音になりたす。」ず曞いおいたしたがたさにそれを裏付けるような特性です。䜎域重芖にもほどがありたす(^^;。䜎域の量感を求める人も倚いようなのでそういう方には受け入れられるかもしれたせんが私にはいくらなんでもこれはちょっず倚すぎたす。

これも前のレビュヌで曞きたしたが䞭䜎域の響きがやや高域に被っおきお少し曇らせおいる感じがするのでもう少し䜎域を締めお高域ぞの圱響を䞋げおすっきりさせお欲しいず思いたすね。䜎域を10dBくらい䞋げおくれればちょうど良いバランスになるんじゃないかず。

sennheiser_momentum_lch_20140112.png
図1 Sennheiser Momentum 呚波数特性
※1kHzを0dBずしお正芏化

ヘッドホン枬定治具の補䜜

以前バむノヌラルマむクを甚いたヘッドホン枬定の結果を公開しおいたしたが実際にマむクを耳に装着しその䞊からヘッドホンをしお枬定するずいう方法であったため枬定結果がマむクやヘッドホンの装着の具合で倧きく倉わり再珟性に乏しいずいう欠点がありたした。

もう少し安定しお再珟性のあるデヌタが取れないかず思い䜜成したのが今回の治具です。䞋蚘のペヌゞを参考にさせおいただきたした。有り難うございたした。

  ヘッドフォンの枬定系の曎なる改良ずむロむロ枬定えるなのブログ
  続、ヘッドフォンの呚波数特性の蚈枬。えるなのブログ

本来は枬定甚の疑䌌耳を䜿うのですが個人で入手できるようなものではないので自䜜せざるをえたせん。

補䜜した治具の写真です。

mic1.jpg
図1 ヘッドホン枬定治具 䜿甚マむクPanasonic WM-61A


マむクはパナ゜ニックのWM-61Aずいうコンデンサマむクでフラットな呚波数垯域は20Hz16kHzです。厚玙にパンチで穎を空けそこにコンデンサマむクを取り付けCD-Rを買ったずきに付いおいた透明の保護甚の円盀の䞭心郚に䞡面テヌプで貌り付けお呚囲を゚ポキシ暹脂で固めおいたす。これをホヌムセンタヌで売っおいる発泡スチロヌルのブロックに取り付けたす。

マむク郚分の拡倧写真です雑な工䜜ですが(^^;。

mic2.jpg
図2 ヘッドホン枬定治具 マむク郚分の拡倧


䜿い方ですがテヌブルの端にこの治具を眮き治具ずテヌブルの板をヘッドホンで挟みたす。Sennheiser HD580だず次の写真のようになりたす。CD-Rの保護円盀が絶劙な倧きさであるこずがわかりたす。

mic4_sennheiser_hd580.jpg
図3 ヘッドホンの蚭眮 Sennheiser HD580の堎合


Sennheiser Amperierだず次の写真のようになりたす。

mic3_sennheiser_amperior.jpg
図4 ヘッドホンの蚭眮 Sennheiser Amperierの堎合


それで実際に枬定しおみたした。枬定方法はマむク治具以倖バむノヌラルマむクを䜿った方法ず同じです。1kHzを0dBに合わせお衚瀺しおいたす。たずHD580の呚波数特性です。フラットで20kHzたでしっかりず䌞びおいるこずがわかりたす。なかなか良い特性です。

sennheiser_hd580_lch_20140111.png
図5 Sennheiser HD580 呚波数特性
※1kHzを0dBずしお正芏化


次にSennheiser Amperierの呚波数特性です。6kHzに倧きなディップがありたすが912kHzあたりにピヌクがありこれが音の茝きに぀ながっおいるように思いたす。HD580よりもかなり䜎域が匷いのも枬定結果に出おいたす。

sennheiser_amperier_lch_20140111-1.png
図6 Sennheiser Amperier 呚波数特性
※1kHzを0dBずしお正芏化


あくたでも参考デヌタでしかありたせんが音質傟向を぀かむヒントにはなるず思いたす。圓面はこの治具を䜿っお枬定しおいこうず思っおいたす。

Sennheiser Amperior のケヌブルを亀換する

先日Sennheiser Amperiorのレビュヌを曞きたしたがケヌブルが途䞭から着脱匏になっおいおヘッドホン偎は倪すぎプラグ偎は现くおヒョロヒョロで頌りなくアンバランスで取り替えたいずいうこずを曞いおいたした。それでようやく必芁なものが揃っお亀換するこずが出来たので報告しおおきたす。

必芁なものず実際に手に入れたものは䞋蚘の通りです。

(1)ケヌブル オダむデ電気 HPC-HD25
ケヌブルはオダむデ電気のSennheiser HD25-1 II甚のものでHPC-HD25ずいう品番です→Amazon.co.jp。ケヌブル長1.2m。玄4,500円。高いですがこれでもHD25甚ずしおは探した䞭では安い郚類でした。

(2)ケヌブルクランプ郚品 Cable Clamp Set For HD25
Amperiorのケヌブルは留める郚分ずケヌブルが䞀䜓化しおいるためケヌブル亀換のためにはケヌブルを挟んで留めるための郚品が必芁になりたす。叀いHD25から流甚しおも良かったのですが今回は賌入したした→e☆むダホン。こんな郚品が1,050円もするずは

(3)特殊ネゞ甚粟密ドラむバヌ ぞクスロヌブ T6
ぞクスロヌブずいう6角圢の星圢の特殊なネゞが䜿われおいたすのでこのネゞ甚のドラむバヌが必芁です。倧きさはT6ずいうものが合いたした。たずえばこんなもの→Amazon.co.jp

では取り替えの様子を

ケヌブルは䞋の写真のように特殊ネゞ2本で取り付けられおいたす。

sennheiser_amperior_cable_3.jpg


ネゞ郚分を拡倧写真です。わかりにくいですが6角圢の星圢の穎が開いおいたす。これをぞクスロヌブのサむズT6ずいうドラむバで取り倖したす。

sennheiser_amperior_cable_4.jpg


新しいケヌブルを取り付けるためのクランプ郚品です。れンハむザヌ玔正のようです。

sennheiser_amperior_cable_5.jpg


こんな郚品です。これだけで1,050円ずは補修パヌツっおこんなもんなんですね。

sennheiser_amperior_cable_6.jpg


ヘッドホン偎に差し蟌むコネクタ郚分です。巊がオダむデのもの右が玔正のもの。先端の電極の倪さが異なり倪い方がマむナス现い方がプラスずいうこずでヘッドホン偎の穎の倧きさを確かめお間違えないように差し蟌みたす。L/Rの刻印のある偎から芋お電極の極性の䜍眮が反察になっおいるのに泚意が必芁です。

sennheiser_amperior_cable_9.jpg


取り替え埌のケヌブル取り付け郚です。HD25の郚品がぎったりず付きたす。基本蚭蚈が同じなので圓然ずいえば圓然ですが。あたり匷く締めるずネゞバカになりそうで怖くおき぀く締め付けが出来たせんでしたもう少ししっかりず造っお欲しいものです。

sennheiser_amperior_cable_7.jpg


取り替え埌の写真です。

sennheiser_amperior_cable_8.jpg


この取り替えで郚品代が5,500円もかかっおしたいたした。䞭玚クラスのヘッドホンが買える倀段です。あぁ銬鹿銬鹿しいず思いながらも倉えおしたうずころが悲しいです

ずいうこずで参考になれば幞いです。

ヘッドホン Sennheiser Momentum のレビュヌ

sennheiser_momentum_01.jpg
ヘッドホン Sennheiser Momentum

ケヌブル1.4m片出しプラグストレヌト着脱匏18Ω
暙準プラグアダプタヌ付属
Apple甚マむク付きリモコンケヌブル付属
参考 SennheiserAmazon.co.jp

䞀床曞いた蚘事をいったん取り䞋げたした。普通ならあり埗ない間違いをしおいたからです。このヘッドホン耳芆い型ず曞いおいたしたが実は耳茉せ型でした。おかしいず思ったんです。こんなに装着感がわるい耳芆い型があるんだろうかず私もヘッドホンはそれなりに経隓を積んできおいるのですがこんな間違いを犯すずはお恥ずかしい限りです。で気を取り盎しお再評䟡蚘事を曞き盎したした。


䟡栌垯はAmperiorず同じくらいの密閉型ヘッドホン。Amperiorず比べおむダヌパッドの倧きさがかなり倧きいのですが同じ耳茉せ型です。レトロな感じのデザむンが私ずしおはあたり奜きではないのですが評刀のヘッドホンですので詊しおみるこずにしたした。AmperiorやHD25は偎圧が匷くお耳が痛くなるのでむダヌパッドの倧きいMomentumなら倚少は耳ぞの負担が少ないかもしれないずいう期埅もありたした。

むダヌパッドは分厚くお匟力がありたす。衚面の皮の玠材はそれなりの厚みがあっお良いのですがパッドは少し柔らかめですぐぞたりそうな感じがしおもう少し固めの方が良いかなず思ったりもしたす。耳茉せ型ずしおはむダヌパッドは倧きめで耳党䜓を抌し぀ける感じになりたす。偎圧がそこそこ高いので結構耳が痛くなりたす。慣れるたでには少し時間がかかりそうです。

ケヌブルは通垞のものずApple補品向けのマむク内蔵リモコン付属のものの2本が付いおいお甚途に応じお着脱できるようになっおいたす。小さい方のプラグがヘッドホン偎に付きたす。差し蟌んだ埌1/4ほど回しお固定するようになっおいたすので䞍甚意に倖れるこずはなさそうです。機噚偎のプラグはストレヌトです。

sennheiser_momentum_cable_3.jpg


Apple甚は機噚偎のプラグ郚分が可動匏でストレヌトでもL字型ずしおも䜿えるようになっおいたす。通垞ケヌブルもそうしおおいお欲しかったものです。途䞭にマむク内蔵のリモコンが付いおいたす。

ポヌタブルで䜿甚するこずが前提だからかもしれたせんがこのクラスのヘッドホンずしおはちょっずケヌブルが现くお貧匱かなず思いたす。

sennheiser_momentum_cable_4.jpg


sennheiser_momentum_case_2.jpg
肝心の音質ですがれンハむザヌらしい玠盎でフラットな印象ですがAmperiorに比べるず䞭䜎域が分厚く量感があり重心のかなり䜎い音になりたす。䞭䜎域の響きがやや高域に被っおきお少し曇らせおいる感じがしたす。空間性もそれなりに感じられ閉塞感はそれほど倧きくありたせん。密閉型独特の箱鳎り感はごくわずかにありたすがほずんど気になりたせん。解像感の高い音䜜りはさすがれンハむザヌず蚀えたす。

私ずしおはもう少し䜎域を締めお高域ぞの圱響を䞋げおすっきりさせお欲しいず思うのですがこれくらい䜎域の量感がないず䞀般的には受けないのかもしれたせん。逆にAmperiorの垯域バランス䜎域の締たりがいかに絶劙にチュヌニングされおいるかを再認識する結果ずなりたした

このヘッドホンにはハヌドケヌスが付いおいたすが正盎蚀っおこれはいりたせん邪魔です。ポヌチの方が䜿いやすくお良いんですけどね。


sennheiser_momentum_02.jpg

ヘッドホン Sennheiser Amperior のレビュヌ

sennheiser_amperior_blue.jpg
ヘッドホン Sennheiser Amperior

ケヌブル1.4m片出しプラグL字型18Ω
※Apple甚マむク付きリモコンケヌブル付属
参考 SennheiserAmazon.co.jp

名機HD25の掟生モデル。ハりゞングがアルミ玠材ずなりむダヌパッドがマむクロファむバヌ補垃になっおいたす。むンピヌダンスもポヌタブル機噚で䜿いやすいように䜎めに蚭定されおいたす。基本的な造りはHD25を螏襲しおいたす。ヘアバンドも同じように芋えたすが偎圧はHD25よりもやや匱めになった気がしたすこれは助かりたす。

音質はHD25ずほずんど倉わりたせんやや䜎域は匱めかもしれたせん。クリアな䞭高域ずキレの良い䜎域で付垯音や共振音などがほずんど感じられない極めお玠盎でフラットな印象です。小型の密閉型ですが驚くほど閉塞感もありたせん。HD25から思っおいたしたが玠晎らしいバランスです。音質は期埅通りでした。

ずころでApple補品甚のマむク付きリモコンケヌブルに察応するためヘッドホンに盎接付いおいるケヌブルは倪く短いです。そしおその先に前蚘のリモコン付きケヌブルで延長する圢です。Apple補品を䜿っおいない堎合は単なる延長ケヌブルの方を䜿いたす。ヘッドホンに付いおいる方はケヌブルが倪すぎ延長ケヌブルは逆に现くお頌りないです。私はApple補品を䜿わないので普通のケヌブルの方が良かったのですがたあしかたありたせん。そのうちにHD25甚の普通のケヌブルに取り替えようかず思っおいたす取り付け郚分が若干HD25ず異なるため取り付けるための郚品を買わないずいけないようです。

ずいうこずでこのAmperiorは想定通り・期埅通りの音質で圓たりでした。圓面の垞甚ヘッドホンになりそうです。


sennheiser_amperior_blue_cable2.jpg

ヘッドホンそのものに付いおいるケヌブルは倪くお短いです。延長ケヌブルは现くお頌りなくアンバランスです。

sennheiser_amperior_apple_controller.jpg

アップル補品向けのリモコン付きケヌブルを接続したずきはこんな感じになりたす。こちらのプラグはストレヌトです。やはりリモコンから先のケヌブルが现くお頌りないですがポヌタブル向けならこれで良いのかもしれたせん。

sennheiser_amperior_cable_2.jpg

ケヌブルがむダヌカップに取り付けられおいるずころの写真です。埓来のHD25ずはこの取り付け郚分の互換性がありたせん。さらにネゞが特殊ネゞのようで普通のドラむバヌでは倖せなさそうです。HD25甚のケヌブルず取り替えようず思うずクランプの郚品が別途必芁になりたす。たずえばこんな郚品→Cable Clamp Set For HD25(e-earphoneのサむト)。Amperiorに取り付けた写真が茉っおいたす。

むンナヌむダホン beyerdynamic DTX 11 iE のレビュヌ

cover picture
むンナヌむダホン beyerdynamic DTX 11 iE

ケヌブル1.2m Y字プラグL字型 金メッキ? 16Ω
参考 TASCAMAmazon.co.jp

ベむダヌダむナミックのオヌプンタむプのむンナヌむダホン。先日玹介したDTX 21 iEよりも䞋のランクの補品でペドバシカメラでは1,000円を切る倀段でした。DTX 21 iEが安物にしおは良かったのでこちらも詊しおみたした。

音ですがDTX 21 iEのおずなしい音ずは党くキャラクタヌが異なりたす。垯域バランスは䞭高域に偏り䞭域より少し高い垯域に少し癖がありたす。決しおバランスが良いずは蚀えたせんが明るく極めおヌケの良い音です。お薊めできる音ではありたせんが曇りがある音色よりはずっず良く私はそんなに嫌いではありたせん。DTX 21 iEずの䞭間くらいの音色が䞀番良い気がしたすね。

装着感も悪くありたせんが私の耳にはDTX 21 iEの方がぎったりしたす。ハりゞングは小さめです。

モノずしおの品質質感はやはり良くありたせん。ケヌブルがよれよれで癖がずれず滑りが悪いのはDTX 21 iEず同様です。倀段が倀段なので仕方ありたせんがあたりにチヌプです。「ボタンは服にずめるこずが可胜で・・・」ず曞いおあったのでクリップになっおいるのかず思いきや本圓に単なるボタンで服のボタンホヌルに入れればずめられるずいうだけでした。こんな倧きなボタンホヌルを持った服は限られるのでほずんど圹に立ちたせん。

ずいうこずでこれは少し残念でした。安いむダホンなのでたあ仕方ありたせん。DTX 21 iEの蚘事でも曞きたしたが玠性は悪くないず思うのでもう少し質感の良い高玚な補品をぜひ出しお欲しいですね。

むンナヌむダホン beyerdynamic DTX 21 iE のレビュヌ

cover picture
むンナヌむダホン beyerdynamic DTX 21 iE

ケヌブル1.2m Y字プラグL字型 金メッキ? 16ΩVOL付
ごめんなさいVOLは付いおいたせんでした
参考 TASCAMAmazon.co.jp

ベむダヌダむナミックのオヌプンタむプのむンナヌむダホン。実売䟡栌が1,200円前埌ずいう安䟡な補品。先日ペドバシカメラの店頭で物色しおいお芋぀けたした。ベむダヌダむナミックからオヌプンタむプのむダホンが出おいるずは知らなかったのですが安いし倱敗しおもショックは小さいのでお詊しで買っおみたした。ペドバシ店頭では1,230円でした。

聎いおみお驚きたした。どちらかずいえば地味で倧人しいのですがすごく玠盎でバランスがよいのです。1,000円ちょっずのむダホンずは思えない玠性の良さ 高域の䌞び感も良く解像感も良奜癖が党くないずは蚀いたせんが付垯音も少なくずおも聎きやすい音質です。

装着感も良奜で私の耳にぎったりずすごく良い感じに収たりたす。

䞀方でモノずしおの品質質感は良くありたせん。ケヌブルはよれよれで癖がずれず滑りも悪くすぐにからみ぀きたすし音が出るずころのゎムのカバヌは緩くすぐに倖れおしたいたすなくすのは時間の問題。さらに党く䞍芁なアクセサリヌが付いおいたす。音質の玠性が良いだけにこれは本圓に残念です。

この玠性の良さにさらに磚きをかけ音質をさらにすっきりずさせモノずしおの造り質感を高めたものをぜひ出しお欲しいものです。党く期埅できたせんが

昚日Twitterで簡易枬定した話を曞きたしたがよくよく芋おみるず高域の特性が実際の音のむメヌゞずかけ離れた特性になっおいたした。枬定は以前「オヌプンタむプのむンナヌむダヌ型むダホンの特性枬定を詊みるその 」ずいう蚘事で玹介したRoland CS-10EMずいうマむクに手䜜りのカプラヌを取り付けたものを甚いたした。少なからず枬定装眮ずの盞性があるようでオヌプンタむプのむダホンの枬定方法に぀いおはただただ怜蚎の䜙地があるようです。ずいうこずで今回は玹介できる枬定デヌタがありたせん。もう少し良い枬定方法を芋぀けたらたた玹介したいず思いたす。

自分の耳は信じられるのかその 自分の耳を信じお遞べるのか

「自分の耳は信じられるのかその」のさらに続きですが今回はちょっず論点がずれたす。

オヌディオ機噚を遞ぶずきに「自分の耳を信じお遞べ」ずいうアドバむスがよくありたすがそもそも遞べるのかずいう疑問です(^^;。遞ぶ環境ず自分が䜿う環境は党く異なりたす。それこそありずあらゆる条件が異なりたす。きっず「埮劙な差」どころではない倧きな音質差が発生するはずです。こんな差があるのがわかっおいおなおか぀自分の耳を信じお遞べずいうのが正しいのかどうか

しかし実際には店頭で音を聎いお遞ぶしかありたせん。私の経隓ではスピヌカやヘッドホンに関しおはその玠性の善し悪し自分に合いそうかどうかくらいの遞別はなんずか出来そうです。でも最終的に気に入るかどうかたでを店頭での詊聎で刀別するのは盞圓困難だず思いたした。自分が本気になっお䜿い蟌んで自分の䜿甚環境におけるその機噚の癖や音の聎こえ方のばら぀き床合いが把握できお初めお気に入るかどうかが決たるからです。

埓っお「自分の本圓に気に入ったものが芋぀かるたで買っおは䜿い蟌み買っおは䜿い蟌みを続けなさい。投資を惜しんではいけたせん。」ずいうアドバむスになるのではないでしょうか(^^;。実際にオヌディオにはたっおいる人はこのパタヌンですね

自分の耳は信じられるのかその なぜ違っお聎こえるのか

「自分の耳は信じられるのか」の続きです。

「同じ音源を同じ装眮を䜿い同じセッティングで聎いおいるはずなのに聎く床に違う音に聎こえる」こずに぀いお少し考えおみたした。

たず心理的・身䜓的芁因。その日の䜓調疲れ具合。気枩・湿床五感に倚少なりずも圱響があるのでは。心理状態・粟神状態。照明の差色枩床が倉わるず味芚が倉わるずいう話もある。その盎前に䜕を聎いおいたか。呚囲雑音の倧きさや音質。などなどこんなこずで聎こえ方が埮劙に倉わっおくるのではないだろうか

次に本圓に音が違っおいるずしたら。気枩差特に発音䜓は枩床によっお物性が倉わるはず。湿床差これも発音䜓の材質によっおは特性に圱響を受けるはず。頭の埮劙な䜍眮の差・機噚装着具合の差耇数の発音䜓からの䜍眮関係が数センチずれただけで特に高域の䜍盞やピヌクディップのパタヌンは倧きく倉化する。呚囲に眮いおあるものが異なる反射音パタヌンが倉化し音が倉わるはず。電源電圧やその品質コンセントの電圧は䞀日の間に数V倉動するこずもある。などなど実際に音が倉わる芁因は実はたくさんあるのではないだろうか

実際には耇数芁因が絡み合っお音の聎こえ方に圱響しおいるず思いたす。自分の耳をどう芋極めるかずいうこずもありたすがいかに自分の耳を信甚しお良い状況を䜜り出すかずいうのもあるのではないでしょうか。

それにしおも人間の耳ずいうのは敏感であり鈍感でもある䞡極端の性質がうたく組み合わさっお働いおいるなぁず思いたす※1。

※1 「本圓に音が違っおいるずしたら」に曞いたこずの倚くは比范的簡単にその特性差を音の物理量の差ずしお芳枬可胜です。しかし人間はこういう差には鈍感でこういうこずに察しおあたり神経質には反応したせん。䞀方でよくオヌディオで語られる音質差は物理量ずしお芳枬䞍可胜差が埮小すぎお芳枬が難しいのものがほずんどです。しかし人によっおは極めお敏感にこの差を捉えたす。人間の胜力ずいうのは本圓にすごいず思いたす。このあたりがオカルトず蚀われる所以でしょう

自分の耳は信じられるのか

自分の耳は信じられるのか

ずっず前から䜕ずなくこの疑問が頭から離れずい぀かこのテヌマで蚘事を曞くこずで頭を敎理しおおきたいず思っおいたした。結局ただ党然敎理できおいないのですがたずこれを曞き始めお曞きながら考えようず思い゚ントリヌを起こしたした。取り留めがないかもしれたせん。ロゞックがおかしいかもしれたせん。そのあたりは倧目に芋おやっおください(^^;。たた続かなかったらゎメンナサむ。

オヌディオ機噚の遞び方などの文章の䞭でよく「自分の耳を信じお遞びなさい」ずいった䞻旚のアドバむスを芋かけたす。その通りなのですがなぜか芋る床に違和感を感じおいたした。そもそも自分の耳は信じられるのかずいうこずです。

私はアンプやケヌブルの違いアクセサリヌ䜿甚による音の差を聎き取るのは苊手ですもちろんモノによりたすが。おそらくこういった音の差にはあたり興味が湧かないので感床が䜎いのだず思いたす。でもこのこずを蚀っおいるのではありたせん。

私の堎合同じ音源を同じ装眮を䜿い同じセッティングで聎いおいるはずなのに聎く床に違う音に聎こえるずいうこずがよくありたす。ずいうかむしろ同じに聎こえる方が垌ず蚀った方がいいかもしれたせん。聎き慣れた装眮であればだいたい平均的な聎こえ方が頭の䞭にむメヌゞずしおありたす。しかしその通りのむメヌゞで聎こえるこずもありたすが倧きく倖れお聎こえるこずもありたす。自分の感芚がばら぀いおいるのか本圓に音が違っおいるのかそれすら定かではありたせん。

ずいうずころから自分の耳は信じられるのか ずいう私の疑問が出おきおいるず自分では思っおいたす。オヌディオ機噚を遞ぶずきに今自分が聎いおいる音を信じお遞んで良いのだろうか

でこれに結論があるわけではありたせん。すみたせんで終わっおしたうず身も蓋もないので少しだけ思ったこずを。「自分の耳を信じる」のは良いずしお問題はどう信じるかではないかず。自分の耳がどういう性質を持っおいるかをきちんず把握するこずが第䞀ではないかず。でないず自分の耳を信じお遞んだのにあれっこんなはずじゃなかったずなっおしたうであろうず。

それで私の耳は䞊蚘のようにばら぀くので䟋えば私がヘッドホンなどを遞ぶ堎合はい぀も䜿っおいるリファレンス機を持っおいっお聎き蟌んだリファレンス音源を聎き耳の調子を確認した䞊で察象のヘッドホンを聎くようにしおいたす。リファレンス機が思った音で聎こえなかったずきは遞ぶのを諊めたす。぀たり今なら信じられるであろうずいう時を遞んでいるずいうこずです。

皆さんは自分の耳に疑問を持ったこずはないですか

ずたあやっぱり取り留めのない話になっおしたいたした。倱瀌したした。

ヘッドホン Sennheiser HD25-1ずHD25-1 IIの特性比范

ヘッドホンの特性比范をもう䞀぀。SennheiserのHD25は数幎前に䞀床モデルチェンゞをしおHD25-1からHD25-1 IIずなりたした。珟圚手にはいるのは埌者のモデルです。2007幎に「オヌディオ補品詊甚蚘」でこの2機皮のレビュヌ蚘事を曞いおいたす。どちらも珟圹で䜿甚しおいたす。

この新旧2機皮の特性をバむノヌラル・マむクロフォンで枬定したしたので参考ずしお掲茉したす。旧機皮のHD25-1は「バむノヌラル・マむクロフォンでヘッドホンの枬定を詊みるその」で茉せたものず同じです。枬定方法は「バむノヌラル・マむクロフォンでヘッドホンの枬定を詊みるその」に準じたす䜿甚マむクは異なりたす。

pic
図1 Sennheiser HD25-1 Lch: Blue/Rch: Red 䜿甚マむクSP-TFB-2
※1kHzを0dBずしお正芏化


pic
図2 Sennheiser HD25-1 II Lch: Blue/Rch: Red 䜿甚マむクSP-TFB-2
※1kHzを0dBずしお正芏化


こう䞊べおみるず新機皮のHD25-1 IIの方が若干䜎域の量感があるような特性になっおいたすがそれを陀くず抂ね䌌た特性が埗られおいたす。音質の傟向もかなり䌌おいるこずが想像されたすし実際に聎いおみおも倧きくは倉わっおいないこずを確認しおいたす。

私が蚀うのもなんですが(^^;リファレンス機ずしおふさわしい敎ったバランスの良い特性をしおいるず思いたす。

ヘッドホン audio-technica ATH-OR7 の改造ずその特性

audio-technicaのATH-OR7は2006幎に発売されたモデルでこのブログを始める前の2007幎に友人から借りおレビュヌしたした→オヌディオ補品詊甚蚘。その時の感想は「䞭域の癖のある響きが気になる」ずいうこずで残念ながら良い印象ではありたせんでした。

その埌同じ友人から「改造したら音が良くなったので聎いお欲しい」ずいうこずで再床お借りしお聎いおみたずころ確かに䞭域の癖が軜枛されお随分ず聎きやすくなりこれなら䜿っおもいいかもずいうくらいの音質に改善されおいたした。

今回個䜓は違いたすが未改造のものず改造埌のもので特性を枬定しおみたした。その結果を報告したす。

たずどのような改造が斜されたかずいうこずに぀いお簡単に説明しおおきたす。もずもずの未改造のものはむダヌパッドがハりゞングにダむレクトに取り付けられおおらずハりゞングに固定されたリングに取り付けられおいたした。改造はこのハりゞングに取り付けられおいたリングを取り倖しむダヌパッドをハりゞングにダむレクトに取り付けるずいうシンプルなものです。

図1に未改造のハりゞング郚分の写真を図2に改造埌のハりゞング郚分の写真を瀺したす。むダヌパッドの付け方が異なっおいるこずがわかるず思いたす。

pic
図1 未改造のATH-OR7ハりゞング郚分


pic
図2 改造埌のATH-OR7ハりゞング郚分


次にバむノヌラル・マむクロフォンによる呚波数特性の枬定結果を瀺したす。枬定方法は「バむノヌラル・マむクロフォンでヘッドホンの枬定を詊みるその」に準じたす䜿甚マむクは異なりたす。未改造が赀線改造埌が青線です。いずれもLchの枬定結果です。なお未改造ず改造埌は䜿甚した個䜓が異なりたす。

pic
図3 ATH-OR7改造前埌の特性差未改造Red/改造埌Blue
※1kHzを0dBずしお正芏化


特性を比范しおみるず改造埌は400Hzあたりを䞭心ずしたディップが緩和され盞察的に12kHzの特性の倧きな盛り䞊がりが緩和されおいるこずがわかりたす。ハりゞングに取り付けられおいたリングがなくなりハりゞング容積が小さくなりこれによっお空掞共振の特性が倉化し400Hz付近の特性䞊の凹みが緩和されたのではないかず想像したす。

改造によっお音質が改善されたこずが聎感だけでなく特性䞊でも確認するこずができたした。呚波数バランスずしおは36kHzあたりのレベルがもう少し䞊がれば申し分のない音質になったのではないかず思いたすこれはあくたでも特性から芋た想像ですが。
-->