fc2ブログ

バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV 988 (タスカン・ギター・デュオ)(ギター二重奏版)

tuscan_guitar_duo_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV 988
(エミリオ・ゲッツィ編曲 ギター二重奏版)

タスカン・ギター・デュオ Tuscan Guitar Duo
May 2021 Rivara, Italy, Increased Reflections Room
C00555 (P)(C)2022 Da Vinci Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

タスカン・ギター・デュオは2014年結成のイタリアのギターデュオ。2台のギター版の編曲はイタリアの作曲家のエミリオ・ゲッツィによります。ギターによるゴルトベルク変奏曲というとカート・ラダーマーの特注ギターによる多重録音の完璧な演奏が私の中では別格の存在になっているのですが,これは通常のギターによる二重奏ですね。

ギターでは二重奏であってもオリジナルの楽譜を完全にトレースするのは難しいと思われ,実際に音型の変更や省略があるように思いましたが,それでも聴いた感じではかなり違和感の少ない良く出来た編曲と思いました。演奏も丁寧で,テンポも細かい音符が連続する難しい曲を除いて普通もしくは速めでけっこう攻めていると思いました。さすがにチェンバロやピアノのような完成度ではないにしても,ギターとしては大健闘していると思います。楽しめました。

録音ですが,少し録音会場の響きが被っているようですが,直接音主体に録られていて明瞭感は問題ありません。響きの被りで少し音色への影響があり,悪くはないとは思うものの,もう少しシャキッとヌケよく録っていてくれたらもっと良かったのにとは思いました。とまあ不満はあり物足りなさは感じるものの四つ星半の好録音としました。

最後にリピートですが,ゆったりしたテンポで演奏する3つの変奏で省略がありましたが,それ以外はリピートされており,第13変奏のリピート省略は少し残念ですが,まあ良いと思います。これだけリピートして約78分なのでギターとしては頑張っていると思いました。

演奏時間 約78分
リピート表
Aria ○○
Var.01 ○○ Var.02 ○○ Var.03 ○○
Var.04 ○○ Var.05 ○○ Var.06 ○○
Var.07 ○○ Var.08 ○○ Var.09 ○○
Var.10 ○○ Var.11 ○○ Var.12 ○○
Var.13 ×× Var.14 ○○ Var.15 ××
Var.16 ○○ Var.17 ○○ Var.18 ○○
Var.19 ○○ Var.20 ○○ Var.21 ○○
Var.22 ○○ Var.23 ○○ Var.24 ○○
Var.25 ×× Var.26 ○○ Var.27 ○○
Var.28 ○○ Var.29 ○○ Var.30 ○○
Aria da capo ○○

-->