FC2ブログ

■購入ディスクメモ(2019年12月) その1

最近購入したディスクのメモです。



vladimir_ashkenazy_philharmonia_orchestra_sibelius_symphonies_1_2_4.jpg
シベリウス:交響曲第1番,第2番,第4番,フィンランディア,カレリア組曲
ウラディーミル・アシュケナージ指揮/フィルハーモニア管弦楽団
録音 1979-1985年
455 402-2 (P)1980, 1981, 1986 The Decca Record Company (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

vladimir_ashkenazy_philharmonia_orchestra_sibelius_symphonies_3_5_6_7.jpg
シベリウス:交響曲第3番,第5番,第6番,第7番,エン・サガ,タピオラ
ウラディーミル・アシュケナージ指揮/フィルハーモニア管弦楽団
録音 1980-1984年
455 405-2 (P)1981, 1983, 1985 The Decca Record Company (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

前から気になっていたのだけど買いそびれていたディスク。ようやく入手。



beatles_go_baroque_2.jpg
ビートルズ・ゴー・バロック2 Beatles Go Baroque 2
Peter Breiner and His Orchestra
3-5 December 2018 at Great Church, Panenska St. Bratislava, Slovakia
8.574078 (P)(C)2019 Naxos Rights (Europe) Lts. (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ビートルズ・ゴー・バロックがリリースされたのが1993年ということなので実に26年ぶりに第二弾が出たことになります。以前取り上げていました(→こちら)。バロックの名曲にビートルズのメロディを織り込んでいく編曲が秀逸でした。さてこの第二弾はどうでしょう。楽しみです。



guarneri_quartet_1987-92_b_beethoven_complete_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集
グァルネリ四重奏団 Guarneri Quartet
1987-1992 American Academy and Institute of Arts & Letters, New York, USA
93323 Brilliant Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

グァルネリ四重奏団の2回目の全集。1回目は1966-69年の録音で,先日購入していました(→ディスク購入メモ)。原盤はPhilipsでブリリアント・クラシックスが廉価盤で復刻していたものを入手しました。これも確かPhilips盤を分売でコツコツ買い集めていたはずなのですが...どこにしまい込んだんだっけ(保管している意味全くなし(^^;)。



rainer_kuchl_2109_remaster_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
ライナー・キュッヒル Rainer Küchl (Violin)
2003年4月 ショッテン修道院(ウィーン)
RRSC-20010/11 (P)(C)2019 R-Resonance Inc. (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。2003年の発売当時に一度レビューしていました(→こちら)。残響過多で録音が全く好みではなかったのですが,本盤は「デジタルマスターからアナログマスターを作成し,最新マスタリングを経てDSD化」したSACDハイブリッド盤ということで,散々迷ったのですが,結局聴いてみることにしました。リマスタリングでどう変わったのか聴き比べて見ようと思ったのですが...以前の盤がどこかに埋もれてしまって見つからん...



mime_yamahiro_brinkmann_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
ミメ・ヤマヒロ=ブリンクマン Mime Yamahiro-Brinkmann (Cello)
17-21 January, 13-14 June, 8-9 August, 2018 Länna Kyrka, Uppland, Sweden
arc 19014 (P)(C)2019 arcantus Musikproduktion (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

蒐集盤。バロック・チェロによる演奏。ミメ・ヤマヒロ=ブリンクマンは桐朋学園大学でモダン・チェロを,ハーグ王立音楽院でバロック・チェロとヴィオラ・ダ・ガンバを学び,ラ・プティット・バンド,バッハ・コレギウム・ジャパン,ターフェルムジーク・バロック・オーケストラなどと共演しているとのことです。



jean-max_clement_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
ジャン=マックス・クレマン Jean-Max Clément (Cello)
13-14 May, 1958
482 8523 (P)(C)1960 Decca Music Group (C)2019 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

蒐集盤。クレマンはフランスのチェリスト。LPからの板起こしではないかと思われます(Original L'Oiseau-Lyre LP Release: SOL 60016/7という記載があります)。

■購入ディスクメモ(2019年11月) その2

最近購入したディスクのメモです。



herbert_blomstedt_gewandhausorchester_beethoven_symphonies_6_6_7_9.jpg
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」,第6番「田園」,第7番,第9番「合唱」
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮/ゲヴァントハウス管弦楽団
収録 2015, 2016年 ライプツィヒ,ゲヴァントハウス・コンサートホール
ACC 60479 accentus music (輸入盤) (*Blu-ray)
参考: Tower Records,HMV Onlineicon
交響曲の他に,イザベル・ファウスト(Vn),ジャン=ギアン・ケラス(Vc),マルティン・ヘルムヒェン(P)がソリストを務める三重協奏曲が収録されています。以前に単売されていたBlu-rayディスク3枚を単に外箱を付けてまとめただけのセットのようです。

同顔合わせのベートーヴェン交響曲全集は以前取り上げていました(→こちら)。ちゃんと確認せずに入手してしまったのですが,演奏自体はどうもこれと同じもののような気がします... 音声のマスタリングに差があるのかどうかは確認しておこうと思います。



paavo_jarvi_the_deutsche_kammerphilharmonie_bremen_brahms_complete_symphonies.jpg
ブラームス:交響曲全集
パーヴォ・ヤルヴィ指揮/ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
2018年4月, 5月 パリ,シャンゼリゼ劇場
735004 (P)(C)2019 C Major Entertainment (輸入盤) (*Blu-rayディスク)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

パーヴォ・ヤルヴィ/ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンのブラームスの交響曲のディスクはすでに一度発売されています(第1番,第2番,第3番,第4番)。これは2018年にパリ,シャンゼリゼ劇場で行われたコンサートのライヴ収録盤で異なるものです。また,「ザ・ブラームス・コード」と題されたドキュメンタリーも収録されており,英独韓日の字幕が入っているとのことで,こちらも楽しみです。

Blu-rayとDVD,輸入盤と国内流通仕様盤の計4種類が出ています。



vladimir_jurowski_lpo_tchaikovsky_complete_symphonies.jpg
チャイコフスキー:交響曲全集,他
ウラディーミル・ユロフスキ指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
録音 2004~2016年
LPO-0101 (P)2017 London Philharmonic Orchestra
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ユロフスキ/ロンドン・フィルのチャイコフスキーは,第1番,第6番,第4番,第5番,マンフレッド交響曲を今まで取り上げてきています。第2番,第3番は新録音,フランチェスカ・ダ・リミニ,弦楽セレナーデは単独リリースがないとのことで,ほぼ弦楽セレナーデ聴きたさで入手したようなものです(^^;。



claudio_abbado_vpo_lso_tchaikovsky_symphonies_4_5_6.jpg
チャイコフスキー:交響曲第4番,第5番,第6番「悲愴」,ロメオとジュリエット
クラウディオ・アバド指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/ロンドン交響楽団/ボストン交響楽団

録音 1970-1975年
PROC-1137/9 (P)1971, 1972, 1974, 1976 Deutsche Grammophon (国内盤)
参考: Tower Records ※タワーレコード企画盤

タワーレコードの企画盤。アバドのこういう録音があることを知りませんでした。



roustem_saitkoulov_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集作品10, 25
ルステム・サイトクロフ Roustem Saïtkoulov (Piano)
Salle Gaveau, Paris, 14-II-2008
VOC7524 (P)2008 (輸入盤)
参考: Amazon Music,Apple Music

とある中古店で見つけた盤。ライヴ録音とのこと。確かに最後に拍手が入っています。ルステム・サイトクロフはロシア出身のピアニストのようですが,情報があまりなくよくわかりません。



thomas_zehetmair_2016_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
トーマス・ツェートマイアー Thomas Zehetmair (Violin)
2016年8月23-27日 オーストリア,聖ゲロルド教会
ECM 2551/52 (P)(C)2019 ECM Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

蒐集盤。バロック・ヴァイオリンでの演奏。ツェートマイアーは1982年に1度録音していますので(→こちら),これが2度目の録音です。これが2016年の録音ですので実に34年ぶり! 前の演奏が変態的(?!)だが癖になる素晴らしいものでしたので,今回の演奏がどのようなものか,興味津々です。



emmanuelle_bertrand_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
エマニュエル・ベルトラン Emmanuelle Bertrand (Cello)
2018年2, 3月 ノートル=ダム・ド・ボン・スクール教会
HMM 902293, 94 (P)2019 harmonia mundi musique (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

蒐集盤。バロック・チェロでの演奏。ベルトランはフランスのチェロ奏者。私は知らなかったのですが,ハルモニア・ムンディから多数のディスクをリリースされているようです。

■購入ディスクメモ(2019年11月) その1

最近購入したディスクのメモです。



herbert_von_karajan_bpo_bruckner_symphony_no8_schumann_symphony_no4.jpg
ブルックナー:交響曲第8番ハ短調
シューマン:交響曲第4番ニ短調作品120
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1988年11月,1987年5月 ウィーン,ムジークフェライン
UCCG-4737/8 (P)1989/1990 Deutsche Grammophon (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ブルックナーの交響曲はどちらかというと苦手な部類であまり聴きません。ですが,時々聴きたくなることがあります。今更という気がしたのですが,今回は第8番をカラヤン晩年のウィーン・フィルとの演奏で。



miro_quartet_beethoven_complete_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集
ミロ・クァルテット Miró Quartet
2004å¹´-2019å¹´
PTC 5186 827 (P)2019 Pentatone Music (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ミロ・クァルテットのベートーヴェンは,作品18と作品59が既発売でレビューしていました(→こちら)。その後ずっと続きを待っていたのですが,またいきなり全集化かよ!と思ったら,実はMiro Quartet Mediaという自主レーベルで少しずつ発売されていたようです。完全に見逃していました。今まで聴いてきたものが大変よかったので,これも楽しみです。



guarneri_quartet_1960s_beethoven_complete_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集
グァルネリ四重奏団 Guarneri Quartet
1966年11月-1969年12月 ニューヨーク,ウェブスター・ホール
19075971162 (P)2003 (C)2019 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

グァルネリ四重奏団は1964年結成,2001年まで同じメンバーで活躍したとのことで,同一メンバーによる弦楽四重奏演奏の記録保持者でもあるということです。この全集は結成から数年後に録音された1回目の全集です(1987-1991年にPHILIPSレーベルに2回目の全集録音)。

で,あぁ,これ実は2003年に発売されたものを持ってたんだった...またやっちゃいました。



uto_uthi_beethoven_complete_violin_sonatas.jpg
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集
ウート・ウーギ Uto Ughi (Violin)
ラマール・クラウソン Lamar Crowson (Piano)
録音 1978年
19075956262 (P)(C)2019 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

イタリアを代表するヴァイオリニスト,ウート・ウーギによる全集。当初の発売はイタリア・リコルディで,今回初CD化とのことです。



mario_brunello_vc_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲(チェロ版)
マリオ・ブルネロ Mario Brunello (Cello)
2018年10月1-3, 20-22日 イタリア,カステルフランコ・ヴェネト,パルコ・ボラスコ荘祝宴ホール
ARCANA A469 (P)(C)2019 Outhere Music France (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

蒐集盤。チェロによる演奏。ブルネロは無伴奏チェロ組曲を1993年と2009年に録音していて取り上げていました(→1回目,2回目)。今回は無伴奏ヴァイオリンです。

チェロによる演奏というと,全曲盤ではヴィト・パテルノステル,ノルベルト・ヒルガー,マルック・ルオラヤン=ミッコラ,ターニャ・アニシモワの4種類を聴いたことがあります。これはどんな演奏を聴かせていただけるのか,大変楽しみです。



francesco_galligioni_1_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番,第2番,第3番
フランチェスコ・ガッリジョーニ Francesco Galligioni (Cello)
2018年10月8-10日 イタリア,ニゴリネ,サンテウフェーミア教会
FB1904783 (P)(C)2019 fra bernardo (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

蒐集盤。バロックチェロによる演奏。輸入元情報によると,フランチェスコ・ガッリジョーニは「パドヴァのC.ポッリーニ音楽院で学んだあとバロック・チェロやヴィオラ・ダ・ガンバも専門的に学び,ヴェニス・バロック・オーケストラの創設メンバーとしてジュリアーノ・カルミニョーラらと多くの演奏・録音に参加」とのことです。第1集とのことですので,全集化されるようです。

■購入ディスクメモ(2019年10月) その2

最近購入したディスクのメモです。



tamas_varga_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
タマーシュ・ヴァルガ Tamás Varga (Cello)
2017年5月19,20日, 2018年10月20-22日 聖クローチェ美術館(ウンベルティーデ,イタリア)
CMCD-15153-4 (P)2018 & 17 (C)2019 Camerata Tokyo (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。タマーシュ・ヴァルガはウィーン・フィルの首席奏者。モダン楽器にて以前に全集録音されているらしいのですが,知りませんでした。これはバロック・チェロによる録音で,第6番は5弦のチェロが使用されているとのことです。



sviatoslav_richter_bach_well-tempered_clavier_1970_73.jpg
バッハ:平均律クラヴィーア曲集全巻BWV846-893
スヴァトスラフ・リヒテル Sviatoslav Richter (Piano)
Salzburg on August - September 1972, February 1973
VICC-60601-04 ((P)1984 ビクターエンターテインメント株式会社 (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ご存じの通り同曲の超名盤の一つ。私は聴いたことがありませんでした。中古店で見かけた時に思わず手が出てしまいました。



charles_rosen_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲BWV988
チャールズ・ローゼン Charles Rosen (Piano)
Columbia 30th Street Studio, NYC, June 1, 2, 7 & 8, 1967
SBK90476 (C)2003 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

チャールズ・ローゼンはアメリカのピアニスト。中古にて入手。

■購入ディスクメモ(2019年10月) その1

最近購入したディスクのメモです。



ravel_the_complete_edition.jpg
ラヴェル:作品全集 (14 CDs)
478 3725 (P)(C)2012 Decca Music Group (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ラヴェルの主要な作品を集めたボックスセット。Decca, DG, Philipsの音源を中心に,Naxos, EMIの音源も含まれるとのことです。1960年代から最近に至るまで,著名な演奏家による録音によって構成されています。ラヴェルは弦楽四重奏曲やツィガーヌといった一部の曲しか聴いてこなかったので,このディスクで他の曲も聴いてみようと思います。



kurt_masur_gewandhausorchester_leipzig_brahms_orchestral_music.jpg
ブラームス:オーケストラ音楽集 (8 CDs)
クルト・マズア指揮/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
1977-1981年 ライプツィヒ
484 0144 (P)(C)2019 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

オーストラリアのエロクエンスシリーズです。以下の曲が収録されています。

交響曲全集
ハイドンの主題による変奏曲
大学祝典序曲
悲劇的序曲
ヴァイオリン協奏曲
ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
ピアノ協奏曲第1番,第2番
セレナーデ第1番,第2番
ハンガリー舞曲集

サルヴァトーレ・アッカルド(Violin)
ハインリヒ・シフ(Cello)
ミッシャ・ディヒター(Piano)


東独ETERNAとフィリップスに録音されたものを集めたとのことです。



tanja_tetzlaff_1_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲第4番,第5番,第6番,他
ターニャ・テツラフ Tanja Tetzlaff (Cello)
VIII 2018, Sendesaal Bremen / Germany
LC 15080 (P)(C)2019 Avi-service for music (輸入盤)
参考: Amazon.co.jp,Apple Music,HDtracks

蒐集盤。日本国内でのリリースのアナウンスはまだのようです。私はHDtracksで購入しました。組曲と組曲の間に,THORSTEN ENCKEという現代の作曲家の短い作品が挿入されています(私はパス...(^^;)。



riccardo_chailly_lucerne_festival_orchestra_r_strauss_also_sprach_zarathustra.jpg
R. シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」作品30
R. シュトラウス:交響詩「死と変容」作品24
R. シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」作品28
R. シュトラウス:7つのヴェールの踊り(「サロメ」作品54より)
リッカルド・シャイー指揮/ルツェルン祝祭管弦楽団
2017年8月11,12日 ルツェルン,ルツェルン文化会議センター
483 3080 (P)(C)2019 Decca Music Group (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

Apple Musicで試聴して録音が好みだと思えたので購入することにしました。



quatuor_ebene_beethoven_string_quartets_op59-1_2.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番ヘ長調作品59-1「ラズモフスキー第1番」
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番ホ短調作品59-2「ラズモフスキー第2番」
エベーヌ四重奏団 Quatuor Ébène
10-11.VI.2019, Mozartsaal, Konzerthaus, Vienna, Austria
ERATO 0190295396022 (P)2019 Association Quatuor Ébène (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

2020年のベートーヴェン生誕250年記念イヤーに向けてのプロジェクト「ベートーヴェン・アラウンド・ザ・ワールド」の第一弾。2019年4月から2020年1月にかけてワールドツアーを敢行し,各ツアーの最終公演のライヴ録音で全集を完成させるとのこと。



danish_string_quartet_prism_ii.jpg
バッハ:フーガ変ロ短調 BWV869
シュニトケ:弦楽四重奏曲第3番
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番変ロ長調作品130, 大フーガ作品133
May 2017, Reitstadel Neumarkt
ECM 2562 (P)(C)2019 ECM Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

“PRISM II”と題されたアルバム。“PRISM I”はほぼ1年前に発売になっていて購入していました(→こちら)。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第13番の終楽章は大フーガで演奏されています。



igor_levit_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988
イゴール・レヴィット Igor Levit (Piano)
August 6-9 2015, Funkhaus Nalepastrasse, Berlin
88875140142 (P)2015 (C)2016 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

私自身は全く知らないピアニストだったのですが,最近ベートーヴェンのピアノソナタ全集のリリースで注目されていたので,ベートーヴェンではなく少し前に録音されたこのディスクを聴いてみることにしました。「完璧なテクニックと芸術的成熟を合わせ持つロシアの若き天才ピアニスト」ということなので,ちょっと期待しています。

2019年10月12日現在,HMV Onlineで66%オフの税込906円のセールとなっていました(^^)。



murray_perahia_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988
マレイ・ペライア Murray Perahia (Piano)
July 9-14, 2000 Musica - Théâtre, La Salle de Musique, La Chaux-de-Fonds, Switzerland
SK 89243 (P)(C)2000 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ショパンの練習曲集がとても良かったので,大好きなゴルトベルク変奏曲も聴いてみることにしました。



andras_schiff_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988
アンドラーシュ・シフ Andras Schiff (Piano)
Kingsway Hall, London, December 1982
475 7508 (P)1983 (C)2006 Decca Music Group (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

シフは2001年に再録音をしていて以前取り上げていました(→こちら)。これはそのおよそ20年前の1回目の録音ですね。



sviatoslav_richter_chopin_etudes_polonaises.jpg
ショパン:練習曲集より14曲,ポロネーズ第1番,第4番
スヴァトスラフ・リヒテル Sviatoslav Richter (Piano)
1988年2月 ザールブリュッケン,1992年10月 ナイメーヘン
UCCD-9959 (P)1994 Decca Music Group (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

拍手の入るライヴ録音。およそ73歳での録音。練習曲集は全曲ではなく14曲のみです。ところどころで拍手が入るのはこまめに休憩を取りながら演奏されたということなのでしょうか。



earl_wild_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集作品10, 25
アール・ワイルド Earl Wild (Piano)
Fernleaf Abbey, June 8-12, 1992
CD77 (C)1992 Chesky Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

アール・ワイルドはアメリカのヴィルトゥオーソ・ピアニスト。名前を全く聞いたことがないピアニストです。1915年生まれということですので,この録音は77歳頃に録音されたということになります。高齢でこの練習曲集の録音って...よほどテクニックに自信があるのでしょうね。さてどんな演奏をきかせていただけるのでしょうか。楽しみです。



jeanne-marie_darre_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集作品10, 25
ジャンヌ=マリー・ダルレ Janne-Marie Darré (Piano)
1952年 シャンゼリゼ劇場
GDCL-0098 (P)2015 Green Door (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

最近よく聴くショパンの練習曲集。ダルレのピアノ演奏は先日録音が好きだということで取り上げていました(→「理想的なピアノ録音 ~ ジャンヌ=マリー・ダルレ:ピアノ・リサイタル」)。これは1952年の録音で,アナログ盤からの盤起こしなので,音質はあまり良くありませんが,「明快な技巧と洗練された表現力を兼備したエレガントなピアニスト」とのことなので,どのような演奏なのか,楽しみに聴かせていただこうと思います。

■購入ディスクメモ(2019年9月) その2

最近購入したディスクのメモです。



joe_hisaishi_foc_beethoven_complete_symphonies.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
久石譲指揮/フューチャー・オーケストラ・クラシックス
録音 2016-2018年 長野芸術館 メインホール
OVCL-00700 (P)(C)2019 Octavia Records Inc. (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

オーケストラの名称が「ナガノ・チェンバー・オーケストラ」から変わったようです。旧名称で第4番,第6番以外,4枚のディスクが既発売で,第4番,第6番はこの全集のみに収録され,単売がありません。私は単売で第1番,第3番,第7番,第8番を購入していました。

単売の価格は税抜3,000円ですので,すでに6,000円投資していて,未購入のディスクをどうしようかと思っていたところにこの全集発売です。しかも第4番,第6番を聴きたかったら全集で買い直せ,と来ました。単売で買ってきたファンの気持ちを踏みにじる最低の企画にカチンと頭にきて,もう絶対に買わない! と思ったのに買ってしまいました...あぁバカ...

もし仮に第4番,第6番が単売されていて,全集を揃えていたら,税抜15,000円です。私の場合,すでに投資した金額が6,000円,全集購入で10,000円の計16,000円なので,そう思うと被害金額は1,000円とも考えられるのですが,もし単売すべて購入していたら,第4番,第6番を聴くために計22,000円支払うことになります。ちょっとシャレになりません。ファン心理につけ込んでお金を搾り取る悪徳商法です。

最近ときどきこういう全集の出し方をする企画を見かけますが,決して安い買い物ではないのですから,こういうのはホントやめていただきたい,と強く抗議したい気持ちでいっぱいです。

しかし...この売り方に文句を言っている人を見かけないのはなぜでしょう? 皆さん寛容なのか,あんまり買っている人がいないのか...



jan_lisiecki_asmf_beethoven_complete_piano_concertos.jpg
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集
ヤン・リシエツキ Jan Lisiecki (Piano and musical direction)
アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
Konzerthaus Berlin, 12/2018
00289 483 7637 (P)2019 Deutsche Grammophon (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

このジャケットデザインからすると,2020年のベートーヴェン生誕250年に向けたアニバーサリー企画盤ではないかと思います。Apple Musicで聴いて録音に興味を持ったため,ディスク購入しました(ハイレゾ音源とどちらにするか迷いましたが,値段に負けました...)。ベルリンのコンツェルトハウスで行われた演奏会のライヴ録音とのこと。楽しみです。



the_london_haydn_quartet_haydn_string_quartets_op71_74.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲作品71, 74「アポニー四重奏曲集」
ロンドン・ハイドン四重奏団 The London Haydn Quartet
2018年10月1-6日 ポットン・ホール(サフォーク)
CDA68230 (P)(C)2019 Hyperion Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

弦楽四重奏曲全集への第八弾。作品9,作品17,作品20,作品33,作品50,作品54,作品55,そして作品64はレビュー済みです。このプロジェクトも着々と進み,いよいよ大詰めに来ました。今回も楽しみですし,今後のリリースにも期待です。



marko_ylonen_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
マルコ・ユロネン Marko Ylönen (Cello)
Kaustinen Church, November 2016 and May 2017
ABCD 444 1-2 (P)2019 Alba Records (輸入盤)
参考: Amazon.co.jp,Apple Music

蒐集盤。マルコ・ユロネンはフィンランドのチェリスト。

■購入ディスクメモ(2019年9月) その1

最近購入したディスクのメモです。



il_rossignolo_handel_complete_solo_sonatas_2.jpg
ヘンデル:ソロ・ソナタ全集
イル・ロッシニョーロ Il Rossignolo
2018年2月23-26日, 3月16-19日 イタリア,ポデレ・アマルティ
deutsche harmonia mundi 19075943662 (P)(C)2019 Sony Music (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

収録曲は参考に挙げたURLでご確認ください。イル・ロッシニョーロは「古楽の分野で,イタリアで最も卓越したアンサンブルのひとつ」として高い評価を受けている団体とのことで,その主要なメンバーの5名で作成されたアルバム。ソロのソナタを一つの団体でこれだけ網羅的に録音した例はほとんどないとのことで貴重なアルバム。



quatuor_sine_nomine_beethoven_string_quartets_op18.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲集作品18
シネ・ノミネ四重奏団 Quatuor Sine Nomine
Théâtre populaire romand, Salle de musique, La Chaux-de-Fonds (Switzerland), October & November 2108
claves 1919/20 (P)(C)2019 Claves Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

シネ・ノミネ四重奏団は1975年結成とのことなので,もう大ベテランです。ベートーヴェンでは2005年頃に中期弦楽四重奏曲集を録音されています。他にはシューベルトの弦楽四重奏曲全集など名盤があります。



tianwa_yang_brahms_violin_concerto.jpg
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲,二重協奏曲
ヤン・ティエンワ Tianwa Yang (Violin)
ガブリエル・シュヴァーベ Gabriel Schwabe (Cello)
アントニ・ヴィット指揮/ベルリン・ドイツ交響楽団
2017年7月5-7日 ベルリン,イエス・キリスト教会
8.573772 (P)(C)2019 Naxos Rights US (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ヤン・ティエンワ(Tianwa Yang 楊天堝)は中国出身,1987年生まれの若いヴァイオリニスト。私はあまり意識していなかったのですがNaxosで多数リリースがあり,サラサーテの一連の録音が高い評価を受けているとのことでした。どんな演奏を聴かせてくれるのか楽しみです。



cihat_askin_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
チハト・アスキン Cihat Askin (Violin)
Limen Studios, 2018
CDVD123C123 (P)2109 LIMEN (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。チハト・アスキンは1968年イスタンブール生まれのヴァイオリニスト。このディスクは限定生産品で,シリアル番号付きとのことです。確かにシリアル番号らしき番号が付いていました。演奏を収めたDVDが付属しています。



gabriel_stern_bach_variations_goldberg.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲BWV988
ガブリエル・スターン Gabriel Stern (Piano)
25-28 Septembre 2018, musée du terroir marseeillais, marseille, france
LYR 306 (P)(C)2019 LIRINX (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ガブリエル・スターンは1992年フランス生まれイスラエル系の若手ピアニスト。これがおそらく初CDとのことです。

■購入ディスクメモ(2019年8月) その2

最近購入したディスクのメモです。



andre_previn_lso_holst_the_planets.jpg
ホルスト:組曲「惑星」
アンドレ・プレヴィン指揮/ロンドン交響楽団
28 & 29 September 1973 at the Kingsway Hall, London
HIQXRCD3 (P)1974 EMI Records (C)2012 Teddington Media (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

最近MQA-CD×UHQCDバージョンが発売されたので入手しようかと思って調べてみたところ,以前XRCDで発売されていたことがわかり,おそらくこの方が音質的に私の好みに合いそうだったのでこちらを入手しました。



ferenc_fricsay_bpo_beethoven_symphony_no5.jpg
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」,第7番
フェレンツ・フリッチャイ指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1960年10月3-5日(第7番),1961年9月25,26日(第5番) ベルリン,イエス・キリスト教会
PROC-2194 (P)1962 Deutsche Grammophon (国内盤)
参考: Tower Records ※タワーレコード企画盤

タワーレコードVintage SA-CD Collection 第15弾より。フリッチャイのベートーヴェンは同じくタワーレコード企画盤で交響曲選集が2013年にリリースされていました(→Tower Records)。

これは,独Emil Berliner Studiosによる2018年最新リマスタリングということで,選集を買うか迷ったのですが,録音への興味も大きいので,こちらにしました。



teiko_maehashi_2017-8_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
前橋汀子 Teiko Maehashi (Violin)
2017年3月14-16日, 28-30日, 4月17-20日, 2018年1月22-24日 サラマンカホール,岐阜
SICX 10006-7 (P)(C)2019 Sony Music Labels (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo

蒐集盤。前橋汀子さんは1988年に1回目の全集を録音されています。2002年に感想を掲載していました(→こちら)。その年のレコード芸術誌レコードアカデミー賞受賞盤。これは約30年ぶり2回目の録音です。30年という年月を経てどのように音楽が深まってきたのか楽しみです。

ジャケット写真は巨匠篠山紀信だとか...それにしてもジャケ写を見る限り30年経っても容姿があまり変わらないようで,なんか魔女っぽい(^^;。



sergiu_luca_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
セルジウ・ルカ Sergiu Luca (Violin)
録音 1977年
WQCC-274/5 (P)(C)1977 Nonesuch Records (国内盤)
参考: Tower Records ※タワーレコード企画盤

蒐集盤。実はこのディスクは持っていて2002年に一度感想を書いていました(こちら)。持っているディスクの盤質が良くなかったので買い直すことにしました。録音も含めてあまり印象が良くなかったので,改めて聴き直してみたいと思います。



dariusz_skoraczewski_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
ダリウス・スコラチェフスキ Dariusz Skoraczewski (Cello)
録音不明
ANALOG arts (P)2017 Dariusz Skraczewski (輸入盤)
参考: Amazon.co.jp,Apple Music

蒐集盤。詳しくはよくわからないのですが,ポーランド出身でボルティモア交響楽団の首席チェリストのようです。



minako_tsukatani_bach_goldberg_variations_toypiano.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲BWV 988(トイピアノ版)
塚谷水無子 Minako Tsukatani (Toypianos)
December 15, 16 & 17, 2018 @Philia Museum, Kobuchizawa, Japan
PCD-1812 (P)2019 Pooh's Hoop (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

こういうのを出されるともう買うしかないじゃないですか!(^^;。

塚谷さんは今までにすでに3種類のゴルトベルク変奏曲のディスクをリリースされており,ポジティブオルガンによる演奏と,ピアノによるブゾーニ編曲版はすでに取り上げていました(パイプオルガンによる演奏は未聴)。

今回はトイピアノということですが,様々なトイピアノ67台を駆使して収録されたとのことです(第7変奏では12台のトイピアノを使ったとか!)。

はてさて,いったいどんな演奏が繰り広げられていることやら...



alina_ibragimova_brahms_violin_sonatas.jpg
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集
アリーナ・イブラギモヴァ Alina Ibragimova (Violin)
セドリック・ティベルギアン Cédric Tiberghien (Piano)
2018年5月9日-11日 ヘンリー・ウッド・ホール(ロンドン,イギリス)
CDA68200 (P)(C)2019 Hyperion Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

久しぶりに「これは絶対に聴きたい!」と思えるブラームスのヴァイオリン・ソナタ全集が発売になりましたので,すかさず入手。どのような演奏を聴かせてもらえるのか大変楽しみです。



daniel_barenboim_mendelssohn_songs_without_words.jpg
メンデルスゾーン:無言歌集(全48曲)
ダニエル・バレンボイム Daniel Barenboim (Piano)
Paris, Studio Europa Sonor, 6/1973; London, Rosslyn Hall Chapel, 12/1973
453 061-2 (P)1974 Polydor International (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

メンデルスゾーンの無言歌集をもう一つ。全曲盤も持っておこうと思い選んだのがこのディスク。Apple Musicで試聴して比較的録音が良さそうだったので。



kyoko_tabe_mendelssohn_songs_without_words.jpg
メンデルスゾーン:無言歌集
田部京子 Kyoko Tabe (Piano)
1993年4月3-5日 スイス,ラ・ショード・フォン,ムジカ・テアトル
COCQ-85329 (P)2017 NIPPON COLUMBIA (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

有名な「春の歌」を聴きたかったのですが,持っていなかったためこれを入手しました。DENONのピアノ録音は比較的好きなものが多いという印象なので,これを選びました。25曲収録の抜粋盤です。

■購入ディスクメモ(2019年8月) その1

最近購入したディスクのメモです。



shunske_sato_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
佐藤俊介 Shunske Sato (Violin)
2017年5月1-4日, 31日, 6月2日 オランダ,ハールレム・ドープスゲジンデ教会
KKC 6062(AR 1004) (P)(C)2019 Acoustic Revive (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo

蒐集盤。まさに満を持しての待望のリリース! 佐藤俊介は「2013年よりアムステルダム音楽院古楽科教授を務め,2018年にはオランダ・バッハ教会の第6代音楽監督に就任」とのことで,そのように大活躍中の彼がいったいどのような演奏を聴かせてくれるのか大変楽しみです。



myung-Whun_chung_staatskapelle_dresden_beethoven_symphoniy_no3.jpg
ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」
チョン・ミュンフン指揮/シュターツカペレ・ドレスデン
2004年11月27日 ドレスデン,ゼンパーオーパー
PH15050 (C)2004 MDR KULTUR (P)2016 Profil Medien (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

シュターツカペレ・ドレスデンのベートーヴェンということで思わず手が出てしまいました(^^;。



christoph_eschenbach_the_complete_schumann_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
クリストフ・エッシェンバッハ指揮/北ドイツ放送交響楽団
November 3-5, December 21-23, 1998, February 1-4, 1999 the Musik- & Kongreßhalle, Libeck, Germany
74321 61820 2 (P)(C)1999 BMG Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

シューマンの交響曲全集をもう一つ。エッシェンバッハのシューマンは1990年頃にバンベルク交響楽団と録音されたものがあり,それも入手していました(→こちら)。もう廃盤になって久しく新品のものはもうほとんど市場にないようですね。



leonard_bernstein_vpo_schumann_the_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
レナード・バーンスタイン指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
2/1984, 10/1984, 11/1985 Wien, Musikverein, Grosser Saal
453 049-2 (P)1985/1986 Polydor International (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

まだちゃんと聴けていないディスクが多数残っているシューマンの交響曲全集,また手を出してしまいました(^^;。実は第1番, 第4番のディスクは持っていて,その印象がまずまず良かったので全集を入手するとこにしました。



jakub_hrusa_bamberger_symphoniker_brahms3_dvorak8.jpg
ブラームス:交響曲第3番ヘ長調作品90
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88
ヤクブ・フルシャ指揮/バンベルク交響楽団
2018年5月14-16日, 2018年2月28日-3月2日 バンベルク
TUDOR 1743 (P)(C)2019 Tudor Recording (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

jakub_hrusa_bamberger_symphoniker_brahms4_dvorak9.jpg
ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」
ヤクブ・フルシャ指揮/バンベルク交響楽団
2017年5月3-5日, 10月28-30日 バンベルク
TUDOR 1744 (P)(C)2018 Tudor Recording (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

チェコ出身,まだ30歳台という若いフルシャが首席を務めるバンベルク交響楽団と収録したブラームスとドヴォルザーク。どのような演奏を聴かせてもらえるのかとても楽しみです。



telemann_chamber_orchestra_bach_brandengurg_concertos.jpg
バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲
延原武春指揮/テレマン室内オーケストラ
2018年11月18日 東京文化会館小ホール
Live Notes WWCC-7901-2 (P)2019 NAMI RECORDS (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

拍手の入るライヴ録音。モダン楽器のピリオド奏法による演奏とのこと。第2番ではトランペットではなくコルノ・ダ・カッチャが使用されています。



sebastian_di_bin_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集作品10, 25
セバスティアン・ディ・ビン Sebastian Di Bin
September 27-30, 2016 at Chiesa Di S.Apollinare Lonigo, Vicenza, Italy
CRC 3588 (P)(C)2017 Centaur Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

最近蒐集盤になりつつあるショパンの練習曲集。セバスティアン・ディ・ビンはイタリアのピアニスト。イタリア製ピアノを使用しての演奏とのことです。それにしてもこのジャケ写のドヤ顔!(^^;。



amati_quartet_haydn_string_quartets_op50.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲集作品50「プロシア四重奏曲」
アマティ四重奏団 Amati Quartett
1999年6月20,26日(No.1-3), 1995年2月12,13,26日(No.4-6) Radiostudio Zürich
CDX-21801 (C1998, 2000 Appassionato AG (P)2018 DIVOX AG (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

これも見つけると手を出してしまうハイドンの弦楽四重奏曲集。アマティ四重奏団はスイス,チューリヒを拠点に活動する弦楽四重奏団。発売当時,フランスのCD賞である「Choc du monde de la musique」を受賞した名盤とのことです。



eybler_quartet_beethoven_string_quartet_op18_1-3.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第1番,第2番,第3番
アイブラー四重奏団 Eybler Quartet
2015年6月29日-7月1日 トロント,グレン・グールド・スタジオ
CORO COR16164 (P)(C)2018 The Sixteen Productions (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

eybler_quartet_beethoven_string_quartets_no4-6.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第4番,第5番,第6番
アイブラー四重奏団 Eybler Quartet
2016年10月10-13日 トロント,グレン・グールド・スタジオ
CORO COR16174 (P)(C)2019 The Sixteen Productions (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

アイブラー四重奏団は「ターフェルムジーク・バロック管弦楽団や,ヘンデル&ハイドン・ソサエティ(HHS)で活躍する名手たちによって2004年に結成され,カナダ,トロントを拠点として活動しているアンサンブル」(輸入元情報)とのことです。スタジオ録音のようなので録音にも期待です。



repast_baroque_ensemble_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988(バロックアンサンブル編曲版)
リパスト・バロック・アンサンブル Repast Baroque Ensemble
5-7 September 2017 at the Staller Center Recital Hall, SUNY Story Brook, New York
MSR Classics MS 1661 (P)(C)2019 Repast/MSR Music (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ゴルトベルク変奏曲のこういう編曲ものにはついつい手を出してしまいます。リパスト・バロック・アンサンブルは5人編成で,ヴァイオリン/ヴィオラ,フラウト・トラヴェルソ,チェロ/チェロ・ピッコロ,バロック・バスーン,チェンバロ,で演奏されています。



quatuor_danel_tchaikovsky_complete_string_quartets.jpg
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲全集
チャイコフスキー:弦楽六重奏曲「フィレンツェの思い出」
ダネル四重奏団 Quatuor Danel
録音 2014/2015 Deutschlandfunk Kammermusiksaal
cpo 555 292-2 (P)2019 Deutschlandradio (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ダネル四重奏団は1991年ベルギー,ブリュッセルで結成されたとのことです。詳しくは知らないのですが,今までにヴァインベルグやショスタコーヴィッチの弦楽四重奏曲がリリースされていて高い評価を得ているようです。チャイコフスキーでどのような演奏を聴かせてくれるのか楽しみです。

■購入ディスクメモ(2019年7月) その4

最近購入したディスクのメモです。



george_malcolm_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲BWV988
ジョージ・マルコム George Malcolm (harpsichord)
1961年9月, 12月 ロンドン
482 8439 (P)(C)1963 (C)2019 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

CDケース裏にFIRST CD RELEASE ON DECCAと記載されています。少しだけ聴いてみましたが,チェンバロの音色が独特で多彩です。普段聴いているチェンバロの音色とはかなり違うように思いました。録音は私好みです。



james_levine_met_wagner_orchestral_music.jpg
ワーグナー:序曲集,前奏曲集,ジークフリート牧歌(*)
ジェームズ・レヴァイン指揮
メトロポリタン歌劇場管弦楽団,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(*)

1991, 1995年 ニューヨーク,マンハッタン・センター,ベルリン,フィルハーモニー
484 0636 (P)(C)1992,1993,1997 (C)2019 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

収録曲は次の通りです。

ジークフリート牧歌
リエンツィ - 序曲
タンホイザー - 序曲とヴェーヌスベルクの音楽
ニュルンベルクのマイスタージンガー - 第1幕への前奏曲
ローエングリン - 第3幕への前奏曲
さまよえるオランダ人 - 序曲
ローエングリン - 第1幕への前奏曲
ワルキューレ - ワルキューレの騎行
ジークフリート - 森のささやき
神々の黄昏 - ジークフリートの葬送行進曲
トリスタンとイゾルデ - 前奏曲と愛の死
ニュルンベルクのマイスタージンガー - 第3幕への前奏曲
パルジファル - 聖金曜日の音楽

一部の曲は以前取り上げていました(→こちら)。録音がまずまず良かったので,曲がダブってしまうのですが入手しました。



igor_markevitch_lso_rimsky-korsakov_scheherazade.jpg
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」,スペイン奇想曲
イーゴリ・マルケヴィチ指揮/ロンドン交響楽団
1962年10月 ロンドン,ウェンブリー・タウン・ホール
482 9378 (P)(C)1964 (C)2019 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

Twitterでフォローしている方がこれは良いとツィートされていましたので聴きたくなり入手しました。輸入元情報ではマルケヴィッチの最高の演奏とありました。CDケース裏には,シェエラザードはFIRST CD RELEASE ON DECCAとありました。



pierre_monteux_lso_brahms_symphony_no2_1962.jpg
ブラームス:交響曲第2番,悲劇的序曲,大学祝典序曲
ピエール・モントゥー指揮/ロンドン交響楽団
録音 1962年11月 ロンドン
480 8911 (P)(C)1965 (C)2016 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ベートーヴェンの交響曲全集が良かったのでブラームスも聴いてみたいと思い,まずはこれを選びました。



zubin_mehta_vpo_schumann_the_four_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
ズービン・メータ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音 1976, 80, 81年 Sofiensaal, Vienna, Austria
476 9771 (P)1977,81,83 (C)2007 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

第1番と第4番はアナログ録音,第2番と第3番はデジタル録音ということで,アナログ完成期とデジタル黎明期の過渡期の録音。まだ若いメータがウィーン・フィルとどのような演奏を展開しているのか,大変興味深いです。



christoph_eschenbach_bamberger_symphoniker_schumann_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
クリストフ・エッシェンバッハ指揮/バンベルク交響楽団
録音 1990,1991年
TOCE-16124-25 (P)2001 EMIミュージックジャパン (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

エッシェンバッハは1998,99年に北ドイツ放送交響楽団とも全集を録音しているそうですが,これはその約10年前の録音。



david_zinman_tonhalle_orchestra_zurich_schumann_symphonies_1-4.jpg
シューマン:交響曲全集
デヴィッド・ジンマン指揮/チューリヒ・トーンハレ管弦楽団
録音 2003年10月13-17日 チューリヒ,トーンハレ
Arte Nova 82876 57743-2 (P)2003 (C)2004 BMG Ariola Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ピリオド様式の演奏。録音が良いとの評判もあり聴くのが楽しみです。



james_levine_philadelphia_orchestra_schumann_the_4_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
ジェームズ・レヴァイン指揮/フィラデルフィア管弦楽団
録音 1977-78年 フィラデルフィア,スコティッシュ・ライト・カテドラル
88697771362 (P)1981 (C)2010 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

先日1987年と1990年にベルリン・フィルと録音された全集を取り上げましたがこちらはその約10年前に録音されたフィラデルフィア管弦楽団との全集です。レヴァインがまだ33,4歳の時の録音とのことです。すでに廃盤でやや入手しづらいようです。

■購入ディスクメモ(2019年7月) その3

最近購入したディスクのメモです。



natalia_khoma_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
ナタリア・コーマ Natalia Khoma (Cello)
June 2015 Truphonic Recording Studios, Charleston, SC (USA)
Sheva SH 200 (C)2018 Sheva Collection LTD (輸入盤)
参考: Amazon.co.jp,Amazon.com,Apple Music

蒐集盤。私はAmazon.comから購入。ディスクはCD-Rでした。自主製作っぽいです。



milan_munclinger_ars_rediviva_ensemble_prague_bach_brandenburg_concertos.jpg
バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲
ミラン・ムンツリンゲル指揮/アルス・レディヴィヴァ合奏団
1965年2-9月 プラハ,ドモヴィナ・スタジオ
COCQ-83812-3 (P)1965 SUPRAPHON (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

スプラフォン・ヴィンテージ・コレクション7。これも中古にて。すでに廃盤になっているようです。トランペットはモーリス・アンドレが参加しています。もう50年以上前の録音ですが,スタジオでの録音のようなので,ちょっと楽しみです。



philippe_herreweghe_odce_schumann_complete_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮/シャンゼリゼ管弦楽団
2006年12月 ミュンヘン,ヘルクレスザール(#1, #3),1996年1月 ナント,シテ・ド・コングレ(#2, #4)
HMG 508190.91 (P)1996/2007 (C)2015 harmonia mundi s.a. (輸入盤)
参考: Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

とある中古ショップで見つけたディスク。帰ってからよく考えてみると,これも何となく持っていたような...まぁとにかく楽しもうと思います。このディスク自体は限定盤だったのか,入手困難ではありませんが少し入手しづらいようです。元々の分売のディスクももしかしたらすでに廃盤かもしれません。



nikolaus_harnoncourt_coe_schumann_symphonies_1-4.jpg
シューマン:交響曲全集,ピアノ協奏曲,ヴァイオリン協奏曲
ニコラウス・アーノンクール指揮/ヨーロッパ室内管弦楽団
マルタ・アルゲリッチ(Piano),ギドン・クレーメル(Violin)
Stefaniensaal, Graz, 1992-1995
2564 69928-5 (P)1994, 1996 Teldec Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

とある中古ショップで見つけたディスク。ヨーロッパ室内管弦楽団のシューマンということでこれは買わなければ...と思って買ったものの...もしかしたら持っていたかもしれないと思いつつ,もうどこにあるのかわからない状態...末期症状。なお第4番は1841年の初期版での演奏。協奏曲はアルゲリッチとクレーメルという豪華ソリスト!

■購入ディスクメモ(2019年7月) その2

最近購入したディスクのメモです。



abdel_rahman_el_bacha_ravel_complete_piano_solo_works.jpg
ラヴェル:ソロ・ピアノ作品全集
アブデル=ラーマン・エル=バシャ Abdel Rahman El Bacha (Piano)
2007年12月3-5日,7-8日 富山・入善コスモホール
EXCL-00015 (P)(C)2008 EXTON (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

先日ドビュッシーのピアノ作品全集を購入した勢いでラヴェルのピアノ作品全集も入手してしまいました。いわゆる印象派?の音楽はあまり聴いてこなかったので,ちょっと楽しみです。



pierre_monteux_beethoven_the_nine_symphonies.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ピエール・モントゥー指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン交響楽団
1957年-1961年 ウィーン ソフィエンザール,ロンドン キングスウェイホール
480 8895 (P)(C)1962 Universal International (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

オーストラリアのエロクエンス・シリーズ。古い録音なのでどうしようか迷いましたが,ステレオ録音ということで,この頃の録音には意外に好みのものもあることから,聴いてみることにしました。



giuseppe_sinopoli_sd_schumann_symphonies_nos_1-4.jpg
シューマン:交響曲全集
ジュゼッペ・シノーポリ指揮/シュターツカペレ・ドレスデン
1992å¹´-1993å¹´ Dresden, Lukaskirche
00289 477 9782 (P)1995 Deutsche Grammophon (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

最近よく聴いているシューマンの交響曲をもう一つ。シュターツカペレ・ドレスデンということなので,見つけてしまったからには聴くしかありません(^^;。



rafael_kubelik_bpo_schumann_the_4_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
ラファエル・クーベリック指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1963å¹´-1964å¹´ Jesus-Christus-Kirche
00289 477 8621 (P)1963, 1964 Deutsche Grammophon (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

最近よく聴いているシューマンの交響曲。クーベリックが1978年から1980年にかけてバイエルン放送交響楽団と録音した全集は先日すでに購入していました(→こちら)。この頃のベルリン・フィルだと全く違う演奏が聴けそうな気がしたので...



jukka-pekka_saraste_wdr_sinfonieorchester_beethoven_complete_symphonies.jpg
ベートーヴェン;交響曲全集
ユッカ=ペッカ・サラステ指揮/ケルンWDR交響楽団
2017年11月20-25日(第1,2,3,4,5番), 2018年2月26日-3月3日(第6,7,8,9番) ケルン,フィルハーモニー PH18066 (P)2019 Profil (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

昨年,第4番,第5番が発売されたときに購入しレビューもしていました(→こちら)。その後いきなり全集が発売されるということで,この第4番,第5番をどうしてくれるんだよ!とちょっとカチンときましたが,とりあえずApple Musicで聴いてレビューしていました(→こちら)。

購入しようかだいぶ迷っていたのですが,良い全集だと思ったのでやっぱり買ってしまいました(^^;。



american_string_quartet_mozart_complete_string_quartets_volume_1.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲全集 Volume 1
アメリカ弦楽四重奏団 American String Quartet
録音不明
Nimbus Records NI 2508-10 (P)(C)1994, 95, 96 MusicMasters (P)(C)2008 Wyastone Estate (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp

american_string_quartet_mozart_complete_string_quartets_volume_2.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲全集 Volume 2
アメリカ弦楽四重奏団 American String Quartet
February & November 1996 and February & November 1997
Nimbus Records NI 2533/5 (P)(C)1997, 1998 Amerco (P)(C)2009 Wyastone Estate (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp

NimbusレーベルのCD-Rによるリリース。CD全6枚に入るようにするためか曲順がバラバラで曲を探すのがちょっと面倒くさいセットです。

■購入ディスクメモ(2019年7月) その1

最近購入したディスクのメモです。



ramin_bahrami_bach_keyboard_works.jpg
バッハ:鍵盤楽器のための作品集 (15 CDs)
ラミン・バーラミ Ramin Bahrami (Piano)
録音 2002年~2015年
481 8411 (P)(C)2019 Universal Music Italia srl (輸入盤)
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

ゴルトベルク変奏曲の演奏が良かったラミン・バーラミが演奏したバッハ作品の録音を集めたボックスセット。このゴルトベルク変奏曲はディスクが廃盤になってから久しく入手しづらい状態だったので,このために購入したようなものですが,バーラミのバッハ演奏は総じて評判が良さそうなので,他の曲も楽しみに聴きたいと思います。



michel_beroff_debussy_complete_solo_piano_works.jpg
ドビュッシー:ピアノ作品全集 (5 CDs)
ミシェル・ベロフ Michel Béroff (Piano)
録音 1994年~1997年
COCQ-84347-51 (P)2007 COLUMBIA MUSIC ENTERTAINMENT (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ベルガマスク組曲や2つのアラベスクの収録された単売のディスクを買ったばかりなのですが,録音が私好みでなかなか良かったので,このピアノ作品全集を入手することにしました。こんなことなら最初からこちらにしておけば良かったとちょっと後悔。

■購入ディスクメモ(2019年6月) その3

最近購入したディスクのメモです。



thomas_bowes_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
トーマス・ボウズ Thomas Bowes (Violin)
2013å¹´-2016å¹´ Abbey Road Studio no.1 in London
NV6159 (C)2018 NAVONA RECORDS (輸入盤)
参考: Amazon.com,Amazon.co.jp,Apple Music

蒐集盤。トーマス・ボウズはイギリスのヴァイオリニスト。CD 3枚組でした。



jordi_savall_le_concert_des_nations_mozart_symphonies_39_40_41.jpg
モーツァルト:交響曲第39番,第40番,第41番「ジュピター」
ジョルディ・サヴァール指揮/ル・コンセール・デ・ナシオン
2017年6月19-22日,2018年6月6-8日 スペイン
AVSA9934 (P)(C)2019 ALIA VOX (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

「交響曲による遺言」(Le Testament Symphonique)という副題が付いています。古楽界を牽引してきた大御所の演奏ということで大変楽しみです。



rafael_kubelik_conducts_great_symphonies.jpg
ラファエル・クーベリック・コンダクツ・グレート・シンフォニーズ (7 CDs)
ラファエル・クーベリック指揮/バイエルン放送交響楽団
1978年-1980年 ミュンヘン,ヘルクレスザール
88697884112 (P)(C)2011 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

収録曲は以下の通りです。

モーツァルト:後期交響曲集(No. 35, 36, 38, 39, 40, 41)
シューマン:交響曲全集
ブルックナー:交響曲第3番,第4番


これもやはりシューマンを聴きたくて入手したディスクですが,その他の曲も好きな曲が多いので楽しんで聴きたいと思います。



neville_marriner_asmf_schumann_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
ネヴィル・マリナー指揮/アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
February 1998, Henry Wood Hall, London
99950 Brilliant Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp

最近よく聴いているシューマンの交響曲。マリナー盤は先日シュトゥットガルト放送交響楽団との演奏シュトゥットガルト放送交響楽団との演奏を入手していました。原盤はhænssler classicsでしょうか。このブリリアントの盤はあまり入手性は良くないようですが,hænssler classicsの方が入手しやすいのではないかと思います。



jacques_rouvier_debussy_complete_piano_works.jpg
ドビュッシー:ピアノ作品全集
ジャック・ルヴィエ Jacques Rouvier (Piano)
録音 1982年-1987年
COCQ 84008-11 (P)2005 COLUMBIA MUSIC ENTERTAINMENT (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ドビュッシーのピアノ曲をもう少し聴いてみたくなり,調子に乗って入手しました。この中から1曲でも2曲でも気に入った曲が見つかればなぁと思います。楽しみです。



michel_beroff_debussy_suite_bergamasque_pour_le_piano.jpg
ドビュッシー:ベルがマスク組曲,2つのアラベスク,他
ミシェル・ベロフ Michel Béroff (Piano)
1995年9月16-26日 スイス,ラ・ショード・フォン,ムジカ・テアトル,1996年11月 フランクフルト,フェステブルク教会
COCO-73063 (P)2010 COLUMBIA MUSIC (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

先日,あるテレビ番組でお笑いタレントのふかわりょうがドビュッシーのアラベスク第1番を弾いているのを聴いて,あぁええ曲やんと思い,ディスクを持っていたかわからなかったのでこれを購入しました。ドビュッシーのピアノ曲は亜麻色の髪の乙女以外はほとんど意識して聴いたことがなくノーマークでした。DENONのピアノ録音は好きなものが多いので,録音にもちょっと期待。



dino_ciani_a_tribute.jpg
ディノ・チアーニ トリビュート Dino Ciani a tribute (6 CDs)
ディノ・チアーニ Dino Ciani (Piano)
録音 1965~1968年
CDS 413/1-6 (C)2002 Dynamic (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

収録曲は参考に挙げたサイトをご参照いただければと思います。ショパンの練習曲集が収録されているので入手しました。ディノ・チアーニはイタリアのピアニスト。34歳で交通事故でこの世を去った天才ピアニストとのこと。



miroslav_kultyshev_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集作品10,25
ミロスラフ・クルティシェフ Miroslav Kultyshev (Piano)
2014年6月19日 パリ近郊,オーヴェル=シュル=オワーズ教会
DAS 013 DiscAuvers (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

最近少しずつ集めているショパンの練習曲集。クルティシェフはロシアのピアニスト。2007年のチャイコフスキー国際コンクールで第1位なしの第2位,2010年のショパン国際ピアノコンクールではファイナリストに入っているとのことです。このディスクはライヴ録音で,作品25から演奏されています。



rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_1_5.jpg
ベートーヴェン:交響曲第1番,第5番「運命」
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
23-26 June 1972, 20-23 December 1971, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13443 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_2_4.jpg
ベートーヴェン:交響曲第2番,第4番
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
15-20 December 1972 & 27-30 April 1973, 16-19 April 1973, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13444 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_3_etc.jpg
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」,「プロメテウスの創造物」序曲,「エグモント」序曲
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
23-26 June 1972, 20-23 December 1971, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13445 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_6_etc.jpg
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」,「レオノーレ」序曲第3番
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
23-26 June 1972, 20-23 December 1971, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13446 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_7_8.jpg
ベートーヴェン:交響曲第7番,第8番
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
20-23 December 1971, 15-20 December 1972, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13447 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_9.jpg
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
31 May - 4 June 1973, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13448 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

この全集については2011年に全集ボックスを取り上げていました(→こちら)。提示部の慣習的なリピート省略が残念ではあるものの質実剛健な正統的演奏で気に入っていました。2016年の最新リマスター音源使用ということで,発売当時購入しそびれていましたが,今になって聴いてみたくなり,購入しました。音質がどれくらい向上しているか期待したいと思います。

■購入ディスクメモ(2019年6月) その2

最近購入したディスクのメモです。



leif_segerstam_turku_po_brahms_symphony_no4.jpg
ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98
セーゲルスタム:交響曲第295番「ulFSöDErBlom in Memoriam...」
レイフ・セーゲルスタム指揮/トゥルク・フィルハーモニー管弦楽団
The Turku Concert Hall on 4-5 January 2016 & 25 May 2016
ABCD 432 (P)2019 ALBA Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo

第1番,第2番,第3番はすでに取り上げていました。これでブラームス交響曲全集として揃いました。抱き合わせのセーゲルスタムの交響曲はともかく,ブラームスはここまで良かったので楽しみです。



mariss_jansons_sobr_schumann_symphony_no1.jpg
シューマン:交響曲第1番変ロ長調作品38「春」
シューベルト:交響曲第3番ニ長調D200
マリス・ヤンソンス指揮/バイエルン放送交響楽団
2018年3月21-22日,2015年1月26-30日 ヘルクレスザール
900176 (P)(C)2019 BRmedia Service (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

シューマンの交響曲第1番は好きな曲なのと,このシリーズは比較的録音が好みのものが多かったので入手しました。それにしてもヤンソンス,急におじいちゃんになっちゃいましたね(^^;。



neville_marriner_rsos_schumann_the_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集,ツヴィッカウ交響曲,他
ネヴィル・マリナー指揮/シュトゥットガルト放送交響楽団,他
1985-1986
49 483 (C)2006 CAPRICCIO (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

5枚組のセットでCD 1~3がシューマンの交響曲全集です。これが聴きたくて買いました(残りの曲は参考サイトをご参照ください)。

「マリナーのシュトゥットガルト録音集(15 CDs)」(例えばTower RecordsやHMV Onlineicon)を見つけて,これを買おうか迷ったのですが,結局聴きたいのはシューマンということで,シューマンの全集を選びました。でもチャイコフスキーの組曲など貴重な録音もあったのでこれにしておけば良かったかも,とちょっと後悔しています(^^;。



keith_jarrett_bach_well-tempered_clavier_book_i_live_1987.jpg
バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻
キース・ジャレット Keith Jarrett (Piano)
March 1987 Troy, New York
ECM 2627/28 (P)(C)2019 ECM records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo

キース・ジャレットの演奏はほとんど聴いたことがないのですが,チェンバロで演奏されたゴルトベルク変奏曲が良かったことと,サンプルを聴いて録音が結構好みかもと思ったので,聴いてみることにしました。



anne_queffelec_the_complete_erato_recordings_booklet.jpg
アンヌ・ケフェレック/エラート録音全集 (21 CSs)
アンヌ・ケフェレック Anne Queffélec (Piano)
9029554278 WARNER ERATO (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

先日Apple Musicで聴いたショパンのスケルツォと即興曲について記事にしていました(→こちら)。思い入れもあり,改めて聴いてみてやっぱりこの演奏はいい!と思ったので,だいぶ迷いましたが,結局購入してしまいました。

■購入ディスクメモ(2019年6月) その1

最近購入したディスクのメモです。



quirine_viersen_2018_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
キリーヌ・フィールセン Quirine Viersen (Cello)
5-7 March & 9-11 April 2018 Koepelkerk, Renswoude, The Netherlands
BNP1801 (P)(C)2018 BarcaNove Productions (輸入盤)
参考: HMV Onlineicon,Amazon.co.jp,Apple Music

蒐集盤。キリーヌ・フィールセンは2011-12年にも全曲録音しています(→こちら)。おそらく2回目の録音です。



tomoko_kawada_telemann_fantasies.jpg
テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア
川田知子 Tomoko Kawada (Violin)
録音不明
MM4057 (P)(C)2019 Meister Music Co., Ltd. (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo

蒐集盤。川田知子さんは2017年にバッハ無伴奏ヴァイオリンも録音されていて,以前レビューしていました(→こちら)。e-onkyoにてハイレゾの音楽配信での販売もありましたのでこちらで購入しましたが,解説書くらい付けておいてほしいものです。



lucia_swarts_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
ルシア・スワルツ Lucia Swarts (Cello)
25-26 June 2017, 24-25 September 2017, September 2018, Koepelkerk, Renswoude (Netherlands)
CC72784 (P)(C)2019 Challenge Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

蒐集盤。ルシア・スワルツはオランダのチェリスト。第1番から第4番はバロック・チェロ,第5番はバス・ド・ヴィオロン,第6番はヴィオロンチェロ・ピッコロを使用しているとのこと。

■購入ディスクメモ(2019年5月) その3

最近購入したディスクのメモです。



wilhelm_furtwangler_orchestra_of_the_1951_bayreuth_festival_beethoven_symphony_no9.jpg
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮/バイロイト祝祭管弦楽団
1951年7月29日 バイロイト祝祭劇場
WPCS-13816 (P)(C)1955 Warner Classics (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

第九といえばこの演奏!というくらい超名演として有名ですが,私はまだ一度も聴いたことがありません。特に理由はないのですがなんとなく避けてきました。このマスタリングの音質がとても良いという評判をいくつか目にしましたので,聴いてみることにしました。



verus_string_quartet_beethoven_string_quartets_no3_9.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第3番,第9番
ウェールズ弦楽四重奏団
May 28 & 29, 2018, Cultural Centre of Fujimi City/KIRARI ☆ FUJIMI, January 18 & 19, 2019, Miyoshi Town Culture Center (Coppice Miyoshi)
FOCD9812 (P)(C)2019 FONTEC Inc. (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集の第三弾。第一弾(第2番,第12番),第二弾(第8番,第16番)はすでに取り上げてきました。ここまで演奏も録音も良かったので楽しみです。



herbert_blomstedt_staatskapelle_dresden_beethoven_complete_symphonies_tower_records.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮/シュターツカペレ・ドレスデン
Recording: Lukaskirche Dresden, 1975-1980
0301286BC (P)(C)2019 Berlin Classics (輸入盤) TOWER RECORDS企画盤
参考: Tower Records

この全集自体は以前Brilliant Classicsからリリースされていたものをレビューしていました(→こちら)。このディスクは,Tower Recordsから引用すると,「世界初SACD化のSACDハイブリッド盤」であり,「2019年最新マスタリング音源使用」とのことです。また,「本国のオリジナル・アナログ・マスターテープを使用しダイレクトにDSD化。CD層も別系統で直接高品位でPCM化。」ということで,SACD層とCD層はそれぞれの特性に応じて別マスタリングされているようです。

いろんな方がこのディスクの(SACD層の)音質が良いと評価されていましたので,これは聴かなければならない!と思い入手しました。残念ながら今SACDが聴けないのでCD層の試聴になってしまい,本来の音質で聴けないのですが...まあCD層も最新マスタリングなので,とにかく聴いてみたいと思います。楽しみです。

■購入ディスクメモ(2019年5月) その2

最近購入したディスクのメモです。



herbert_von_karajan_bpo_beethoven_complete_symphonies_1966_tokyo.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1966年4月12-16日 東京文化会館
KKC2176/80 (P)2019 NHK SERVICE CENTER (国内盤?)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

1966年4月12日から5夜連続,東京文化会館で行われた演奏会の録音。放送用に収録されていたものでしょうか。よく今頃こんな音源が発掘されたものだと感心します。



philippe_jordan_paris_opera_orchestra_tchaikovsky_complete_symphonies.jpg
チャイコフスキー:交響曲全集
フィリップ・ジョルダン指揮/パリ・オペラ座管弦楽団
2017年10月12日 パリ,バスティーユ歌劇場,2018年3月27日,2018年5月15日 フィルハーモニー・ド・パリ
109379 (C)2018 Arthaus Musik (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

Blu-ray Disc 3枚組。同顔合わせによるベートーヴェンの交響曲全集のBlu-ray Discを以前取り上げていました。これが良かったので,ちょっと(だいぶ!)高価でしたが,このチャイコフスキーも聴いてみることにしました。私としては第5番と第6番が聴ければ良かったのですが...



kirill_petrenko_bpo_tchaikovsky_symphony_no6_pathetique.jpg
チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」
キリル・ペトレンコ指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
2017年3月22,23日 ベルリン,フィルハーモニー
KKC6029 (P)2019 King International (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Berliner Philharmoniker Recordings

2019年8月にベルリン・フィルの首席指揮者に就任するキリル・ペトレンコの最初の録音とのこと。私はBerliner Philharmoniker Recordingsからダウンロード音源で入手しました。購入すると192kHz/24bit, 96kHz/24bitのWAVやFLAC,STEREOとマルチチャネルのファイル一式がダウンロード可能です。



roger_norrington_the_romantics.jpg
ロマン派交響曲録音集 (10 CDs)
ロジャー・ノリントン指揮/シュトゥットガルト放送交響楽団
2001年-2010年 シュトゥットガルト・リーダーハレ,ベートーヴェンザール
CD 93.313 (C)2014 hänssler CLASSIC (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ロジャー・ノリントン80歳の記念として,シュトゥットガルト放送交響楽団との録音の中からロマン派の交響曲を集めてボックス・セットとしたとのことです。収録曲は参考のWebサイトでご確認いただければと思います。HMV Onlineで安く販売されていたので手を出してしまいました。

この中のブラームスの交響曲第3番,第4番は交響曲全集のDVDに収録されているものと同じ音源と思われます。このときは録音の印象があまり良くなかったのですが,10年ぶりに改めて聴いてみて同印象が変わるか,ちょっと楽しみです。



karl-andreas_kolly_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集作品10,25
カール=アンドレアス・コリー (Piano)
Yokosuka Bayside Pocket 31th July & 1st August 2006, Kanagawa.
MM-1225 (P)(C)2007 MEISTER MUSIC (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

最近少しずつ集めている曲。コリーはスイス出身で現在チューリッヒ国立音楽大学大学院教授とのこと。



jean-frederic_neuburger_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集作品10,25,3つの新練習曲
ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ (Piano)
録音 2003年7月 Conservatorie Supérieur de Paris
AUVERS DAS002 DiscAuvers (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ヌーブルジェはフランスのピアニスト。1986年生まれとのことなので,このディスクは17歳くらいで録音されたものと思います。現在パリ音楽院教授とのこと。

■購入ディスクメモ(2019年5月) その1

最近購入したディスクのメモです。



rachel_podger_violin_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(ヴァイオリン版)
レイチェル・ポッジャー Rachel Podger (Violin)
2018年 アンジェラ・バージェス・リサイタル・ホール(王立音楽アカデミー,ロンドン)
CCSSA 41119 (P)(C)2019 Channel Classics Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

同曲のヴァイオリン版は世界初録音だとのことです。第6番は,輸入元情報によると,

『5弦チェロのために書かれた第6番は、来日時のインタビュー時点では「5弦のヴァイオリンを試し、ヴィオラ・ダモーレにいきあたった」と語られていましたが、最終的には自身のヴァイオリンに戻るという決断に終わり、これまでのバッハ録音でも使い続けてきた「ペザリニウス1739年製」の銘器を使用しています(一部の低音フレーズでは、ヴィオラのC弦も使用している模様)。』

とのことです。どうやってヴィオラのC弦を使用しているのか不明ですが,これはちょっと聴きものですね。



turtle_island_quartet_birds_eye_view.jpg
Bird's Eye View
タートル・アイランド・カルテット Turtle Island Quartet
ACD-71318 (P)(C)2017 Azica Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,Apple Music

ジャズの弦楽四重奏。以前Apple Musicで聴いて記事にしていました(→こちら)。設立メンバーが残り一人になってしまい,音楽も少し好みから外れているので入手するか長い間迷っていましたが,やっぱり一応ファンなので購入することにしました。

■購入ディスクメモ(2019年4月) その2

最近購入したディスクのメモです。



trio_zimmermann_bach_goldberg_variations_string_trio.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲BWV988(弦楽三重奏編曲版)
トリオ・ツィンマーマン Trio Zimmermann
2017年8月,9月, 2018年6月 ノイシュタット,マンデルスロー,聖オスターグ教会
BIS-2347 SACD (P)(C)2019 BIS Records (輸入盤)
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

フランク・ペーター・ツィンマーマン(ヴァイオリン),アントワーヌ・タメスティ(ヴィオラ),クリスチャン・ポルテラ(チェロ)の3人による演奏で,編曲もこの3人の手によるとのことです。また3人とも使用楽器がストラディヴァリウスということで,何とも豪華で贅沢なアンサンブルです。



petrit_ceku_bach_cello_suites_guitar.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(ギター編曲版)
ペトリト・チェク Petrit Çeku (Guitar)
2014年11月30日-12月2日, 2015年3月23-25日 アウディトリオ・サン・フランシスコ(アビラ,スペイン)
EUD-SACD-1602 (P)(C)2016 Ediciones Eudora (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo

ペトリト・チェクはコソボ出身のギタリスト。編曲はチェリスト!のヴァルター・デシュパリ(Valter Dešpalj)。

発売時,買おうかどうしようか少し迷い,やっぱり買おうと思ってHMV Onlineiconに注文したものの,品切れで入手できず,注文したままずっと放置していました。つい先日全く偶然にAmazon.co.jpに中古出品があるのを発見し,すかさず注文したのですが,同じ日にすっかり忘れ去っていたHMVの注文の方も入荷し,結局2セット買ってしまいました...(Amazonの方の出品も実はHMV&BOOKS onlineで,中古ではなく新品でした)。HMVでは取り寄せですが注文後2-3日となっているので,再生産されて日本の輸入業者のところにはあるのかもしれません。


実は,しびれを切らしてe-onkyoでハイレゾ音源も購入していたので,なんだか無駄にいっぱい買ってしまったと反省...

■購入ディスクメモ(2019年4月) その1

最近購入したディスクのメモです。



kurt_masur_lpo_beethoven_symphonies_no3_5.jpg
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」,第5番「運命」
クルト・マズア指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
Southbank Centre's ROYAL FESTIVAL HALL, London, on 24 Nov. 2004(No.3), 27 Nov. 2004(No.5)
LPO-0112 (P)(C)2019 London Philharmonic Orchestra (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

同じ日に録音されたベートーヴェンの交響曲第1番,第4番はすでに取り上げていました。演奏も録音もよかったのでこれにも期待しています。



christian_thielemann_skd_schumann_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
クリスティアン・ティーレマン指揮/シュターツカペレ・ドレスデン
2018年10月31日, 11月1日 東京,サントリーホール
19075943412 (P)2018 Unitel (C)2019 Sony Music Entertainment Germany (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ティーレマンの指揮は巨匠風の独特の癖があまり好きではないのですが,シュターツカペレ・ドレスデンどいうこともあり,興味が湧いたので聴いてみることにしました。



augustin_hadelich_brahms_ligeti_violin_concertos.jpg
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77
リゲティ:ヴァイオリン協奏曲
アウグスティン・ハーデリッヒ Augustin Hadelich (Violin)
ミゲル・アルト=ベドヤ指揮/ノルウェー放送管弦楽団
2017年5月30日-6月2日, 2018年9月3-7日 NRK Radio Concert Hall, Oslo
0190295510459 (P)(C)2019 Warner Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

ハイドンのヴァイオリン協奏曲やテレマンのファンタジア,シベリウスのヴァイオリン協奏曲の印象がそこそこ良かったので,このブラームスの協奏曲も聴くしかありません。



valentina_sisitsa_tchaikovsky_complete_works_for_solo_piano.jpg
チャイコフスキー:ソロ・ピアノ作品全集
ヴァレンティーナ・リシッツァ Valentina Lisitsa (Piano)
2017年12月~2018年4月 ウィーン
483 4417 (P)(C)2019 Decca Music Group (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ショパンの練習曲集でアグレッシブで圧巻の演奏を聴かせてくれたリシッツァのチャイコフスキーのソロ・ピアノ作品全集。チャイコフスキーのピアノ作品全集はヴィクトリア・ポストニコワのディスクを持っているのですが,これも聴いてみたくなって入手しました。

くるみ割り人形全曲のピアノ編曲版が入っているのもうれしいです。ちなみに,このくるみ割り人形のディスクは収録時間が86分にも及び,私が持っているディスクの中で最長時間を更新したのではないかと思います(これまでは同じリシッツァのショパンの練習曲集が85分で最長でした)。

■購入ディスクメモ(2019年3月) その4

最近購入したディスクのメモです。



gunther_herbig_beethoven_symphony_no3.jpg
ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」
ギュンター・ヘルビヒ指揮/ベルリン交響楽団
1982年6月1-4日 ベルリン,イエス・キリスト教会
Berlin Classics 0013922BC (P)2002 (C)2007 edel CLASSICS (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

HMV Onlineでベルリン・クラシックスのセールをやっていたので,その中で興味を惹かれたので入手した一枚。すでに廃盤で最後の1枚だったようです。ベルリン・クラシックスの録音は好きなものが比較的多いという印象なので,楽しみです。



otmar_suitner_sb_bruckner_symphony_no4.jpg
ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」
オトマール・スィトナー指揮/シュターツカペレ・ベルリン
1988年10月10-14日 ベルリン,イエス・キリスト教会
Berlin Classics 0013192BC (P)1990 (C)2004 edel CLASSICS (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

これもHMV Onlineのベルリン・クラシックスのセールで入手しました。



otmar_suitner_sd_mozart_symphonies_39_40_41.jpg
モーツァルト:交響曲第39番,第40番,第41番「ジュピター」
オトマール・スィトナー指揮/シュターツカペレ・ドレスデン
1974å¹´, 1975å¹´, 1973å¹´
Berlin Classics 0014362BC (P)1976, 1974 (C)2008 edel CLASSICS (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

これも同じくHMV Onlineのベルリン・クラシックスのセールで入手しました。シュターツカペレ・ドレスデンのモーツァルトはブロムシュテット指揮のものを聴いたことがありますが,どのように違うのか聴き比べてみたいと思います。



riccardo_chailly_vpo_tchaikovsky_symphony_no5.jpg
チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64
リッカルド・シャイー指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1980年12月 ウィーン,ゾフィエンザール
UCCD-9897(410 2322) (P)1981 Decca Music Group (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

久しぶりに愛聴曲であるチャイコフスキーの交響曲第5番を聴いてみたくなって見つけました。シャイーが27歳の時,初めてウィーン・フィルと録音したものだそうです。



seiji_ozawa_cso_tchaikovsky_symphony_no5.jpg
チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64
ムソルグスキー:交響詩「はげ山の一夜」(リムスキー・コルサコフ編)
小澤征爾指揮/シカゴ交響楽団
1968年7月8日,8月9日 シカゴ・オーケストラホール
SICC 2010 (P)(C)1968 Sony Music Entertainment (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

同じくチャイコフスキーの交響曲第5番を探している中で見つけたものです。ほぼ50年前の録音。



erdody_quartet_beethoven_string_quartets_op131_135.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番,第16番
エルデーディ弦楽四重奏団 Erdödy Quartet
Gotanda Culture Center, 31 July & 1 August 2018, Kirara Fujimi, 20-21 February 2018
ALCD-1181 (P)(C)2019 ALM RECORDS (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

後期弦楽四重奏曲集の第二弾。第一弾の第13番と大フーガは以前にレビューしていました。

■購入ディスクメモ(2019年3月) その3

最近購入したディスクのメモです。



rudolf_kempe_sd_r_strauss_complete_orchestral_works.jpg
リヒャルト・シュトラウス:管弦楽作品全集 (9 CDs)
ルドルフ・ケンペ指揮/シュターツカペレ・ドレスデン
1970-1975年 ドレスデン,ルカ教会
Warner Classics 0190295542511 (P)2019 Parlophone Records (輸入盤)
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

2013年に発売されたリマスター盤ボックスセットの再発売。アナログ後期の録音。ケンペ/SKDのR. シュトラウスということで,これは聴かなければなりません!(^^;。



andre_previn_lso_tchaikovsky_swan_lake_sleeping_beauty_nutcracker.jpg
チャイコフスキー:白鳥の湖全曲,眠りの森の美女全曲,胡桃割り人形全曲
アンドレ・プレヴィン指揮/ロンドン交響楽団
1976年,1974年,1972年 ロンドン,キングズウェイホール
Warner Classics 0190295974893 (P)(C)2016 Parlophone Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

胡桃割り人形全曲は確かCDの発売当初購入した覚えがあるのですが,録音があまり良くなく,良い印象がありませんでした。リマスターで音が良くなっているというレビューを見て,安価なこともあって聴いてみることにしました。



pierre_fournier_1960_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
ピエール・フルニエ Pierre Fournier (Cello)
Hanover, Beethovensaal, 12/1960
00289 483 6385 (P)1961 Deutsche Grammophon (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。超有名な名盤のリマスター盤。じっくり聴いてみたいと思います。



maria_joao_pires_mozart_piano_sonatas_denon.jpg
モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集
マリア・ジョアン・ピリス Maria João Pires (Piano)
1971年1-2月 東京,イイノ・ホール
COCQ 84115-9 (P)2006 COLUMBA MUSIC ENTERTAINMENT (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

一部の曲はすでに取り上げていました(→こちら)。録音も良く,もう少し聴いてみたくなったので全集を購入してみました。ピアノ・ソナタ全集は1989年から1990年にかけてDGに録音された全集もあり,こちらは取り上げていました(→こちら)。

■購入ディスクメモ(2019年3月) その2

最近購入したディスクのメモです。



maria_joao_pires_complete_chamber_music_recordings_on_dg.jpg
DG室内楽録音全集 Complete Chamber Music Recordings on Deutsche Grammophon (12 CDs)
マリア・ジョアン・ピリス Maria João Pires (Piano)
00289 479 5964 (P)2016 Deutsche Grammophon (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

2月にDGソロ・レコーディング全集,3月初旬にDGピアノ協奏曲録音全集を買ったばかりでまだろくに聴けていないのに,結局これにも手を出してしまいました。ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイと組んだヴァイオリン・ソナタが多数収録されています。



isabelle_faust_bach_violin_concertos.jpg
バッハ:ヴァイオリン協奏曲集
イザベル・ファウスト Isabelle Faust (Violin)
ベルリン古楽アカデミー Akademie Für Alte Musik Berlin
2017年12月,2018年9月 テルデックス・スタジオ・ベルリン
HMM 902335.36 (P)(C)2019 harmonia mundi (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

2枚組で収録曲は下記の通りです。(HMV Onlineより引用)

ヴァイオリン協奏曲ニ短調 BWV 1052R
カンタータ第174番「われいと高き者を心を尽して愛しまつる」BWV 174よりシンフォニア
ヴァイオリン協奏曲ホ長調 BWV 1042
カンタータ第21番「わがうちに憂いは満ちぬ」 BWV 21よりシンフォニア
トリオ・ソナタ ハ長調 BWV 529
オーボエ,ヴァイオリンのための協奏曲ハ短調 BWV 1060R
管弦楽組曲第2番 BWV 1067 (ヴァイオリン独奏バージョン)
トリオ・ソナタ ニ短調 BWV 527
ヴァイオリン協奏曲ト短調 BWV 1056R
カンタータ第182番「天の王よ、汝を迎えまつらん」 BWV 182より第1曲ソナタ
ヴァイオリン協奏曲イ短調 BWV 1041
シンフォニア BWV 1045
2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV 1043

イザベル・ファウストは2000年に発売されたヘンスラー・レーベルのバッハ大全集にも参加されていて,ヴァイオリン協奏曲集と復元されたヴァイオリン協奏曲集のディスクが4月に再発売されるようです(ただしヴァイオリンはクリストフ・ポッペンが主です)(→HMV Onlineicon)。



cuarteto_casals_beethoven_revelations_vol2.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集Vol. 2
第2番,第10番,第8番,第9番,第15番
カザルス四重奏団 Cuarteto Casals
2018, Teldex Studio Berlin
HMM 902403.05 (P)2018 harmonia mundi musique (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

2020年のベートーヴェン生誕250年に向けて開始された全集録音の第二弾。「Revelations(啓示)」というアルバムタイトルが付けられています。第一弾はレビュー済みです。

解説書にはすでに第三弾が予告されていました。全集完結が待ち遠しいです。



alban_gerhardt_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
アルバン・ゲルハルト Alban Gerhardt (Cello)
2018年3月21日-25日 コンサート・ホール(ワイアストン・エステイト,イギリス)
CDA 68261/2 (P)(C)2019 Hyperion Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。アルバン・ゲルハルトは1969年ドイツ,ベルリン生まれ。ディスクの紹介では「ドイツ・チェロ界の新皇帝」とありました。ハイペリオン・レーベルとしては,スティーヴン・イッサーリスの名盤以来となるバッハ無伴奏チェロ組曲全集とのことです。楽しみです。



mauro_valli_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
ガブリエッリ:無伴奏チェロのための7つのリチェルカーレ
マウロ・ヴァッリ Mauro Valli (Cello)
2014-2017年 ノイミュンスター教会,チューリヒ,スイス
ARCANA A459 (P)2019 Mauro Valli/Outhere Music France (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。マウロ・ヴァッリはイタリア出身のチェリスト。「ボローニャのバッハ Bach in Bologna」というタイトルがつけられています。第4番でも5弦のチェロ・ピッコロを使用しているとのことです。

本アルバムにはガブリエッリのリチェルカーレも収録されており,「音楽史上最も早い時期の無伴奏チェロのための作例であるドメニコ・ガブリエッリのリチェルカーレと,バッハの無伴奏チェロ組曲を調性の関連に目を付けて並べました。」と記載があります。



artis_quartet_the_six_haydn_quartets.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」
アルティス四重奏団 Artis Quartet
Casino Baumgartner, Vienna, September 17-22, 1988, Abersee Church, September 4-7, 1989, September 1-19, 1990
参考: Tower Records,Amazon.co.jp

中古で入手しました。廃盤になって久しいようであまり情報がありません。



prazak_quartet_mozart_the_six_haydn_quartets.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」
プラジャーク四重奏団 Pražák Quartet Quartet
Bolzano, June 9/11, September 18/20, 1989
6829/31 (P)1989 NUOVA ERA

プラジャーク四重奏団は1974年の結成という歴史の古い四重奏団。現在まだ活動されているようですが,メンバーは一部交代されているようです。まだ若い時代の録音です。1989年のリリースのようで,情報がありませんでした。



prazak_quartet_mozart_haydn_quartets_2007_1.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」より第15番,第17番,第19番
プラジャーク四重奏団 Pražák Quartet Quartet
DOMOVINA STUDIO, PRAGUE, June 18-19, September 17, 2007
PRAGA DIGITALS PRD/DSD 250 242 (P)2007 AMC Paris (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

プラジャーク四重奏団の2回目の録音のようで,「'Haydn' Quartets (1)」というタイトルになっていますが,(2)は見つかりませんでした。(1)だけリリースして企画が終わってしまったのかもしれません。

■購入ディスクメモ(2019年3月) その1

最近購入したディスクのメモです。



andrew_parrott_taverner_players_bach_brandenburg_concertos.jpg
バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲,管弦楽組曲全曲,他
アンドリュー・パロット指揮/タヴァナー・プレイヤーズ/ボストン・アーリー・ミュージック・フェスティヴァル管弦楽団
7243 5 61726 2 3 (P)1989,1993 EMI Records/Virgin Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp

某中古店で見かけ,安価だったので手が出てしまいました(^^;。



maria_joao_pires_complete_concerto_recordings_on_dg.jpg
DGピアノ協奏曲録音全集 Complete Concerto Recordings on Deutsche Grammophon (5 CDs)
マリア・ジョアン・ピリス Maria João Pires (Piano)
00289 479 4370 (P)2015 Deutsche Grammophon (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

2月にDGソロ・レコーディング全集を買ったばかりでまだろくに聴けていないのにこちらにも手を出してしまいました。



lucie_horsch_baroque_journey.jpg
バロック・ジャーニー Baroque Journey
ルーシー・ホルシュ Lucie Horsch (Recorder)
ボヤン・チチッチ指揮/アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック
2018年8月6日-9月5日 ロンドン,ハムステッド・ガーデン・サバーブ,聖ユダ教会
00289 483 4722 (P)(C)2019 Decca Music Group (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo

以前,ヴィヴァルディ:リコーダー協奏曲集を取り上げていました。今回は大好きなG.サマルティーニの協奏曲が収録されているので入手しました。さてどんな音楽を聴かせてもらえるのか,大変楽しみです。



michelangelo_string_quartet_beethoven_string_quartets_op18_no3-6.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲集作品18 No. 3-6
ミケランジェロ弦楽四重奏団 Michelangelo String Quartett
2007年12月, 2009年4月 ラ・ショー・ド・フォン,リュール・ブリュ音楽堂
PC 10205 (P)(C)2009 PAN CLASSICS (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

今井信子さんの参加する弦楽四重奏団で,ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集の第二弾。第一弾は以前取り上げていました(→こちら)。ちょっと値段が高かったので入手をためらっているうちに見かけなくなってしまい,悔しい思いをしていたのですが,先日立ち寄った中古店で見つけてようやく入手することが出来ました。楽しみです。

それにしてもこの全集企画,これを最後に立ち消えしてしまったんでしょうか。そうだとするとちょっと残念です。



jiri_barta_2018_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
イルジー・バールタ Jiří Bárta (Cello)
2018年7月-10月 チェコ,ソノ・レコーズ
8-590233-024475 (P)(C)2018 Petr Ostrouchov (Animal Music) (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。1996年頃にスプラフォンに全集を録音されていて,以前取り上げていました(→こちら)。22年後の再録音です。

■購入ディスクメモ(2019年2月) その3

最近購入したディスクのメモです。



cuarteto_casals_mozart_early_string_quartets.jpg
モーツァルト:初期弦楽四重奏曲集,ディベルティメントK. 136-138
カザルス四重奏団 Cuarteto Casals
録音 2004-2005年
HMI 987060.62 harmonia mundi (輸入盤)
参考: Amazon.co.jp

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集の企画が進行中ですでにVol. 1が発売され,まもなくVol. 2が発売になるカザルス四重奏団。モーツァルトはハイドン・セットから3曲が録音されリリースされていますが,初期の録音があるとは知りませんでした。しかもK. 136-138も含まれているとはうれしいセットです。

もう廃盤になってから久しいのか,中古では少し値段が高くなっているようです。私はAmazon.comから入手しましたが,やはり少し高めでした。Apple Musicでも公開されていないようです。こういう貴重な録音をApple Music等で聴けるようにしてくれたら良いのに,こいうかこういうのこそアップして欲しいですね。



mikhail_pochekin_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
ミハイル・ポチェキン Mikhail Pochekin (Violin)
21 Dec. 2017 - 18 Jan. 2018, TV and Radio House of "Culture", Studio-1
SM 289 (P)(C)2018 Solo Musica (輸入盤)
参考: Tower Records, Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。ポチェキンは1990年産まれのロシアのヴァイオリニスト。2009年のヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリン・コンクールの入賞歴があるそうです。

■購入ディスクメモ(2019年2月) その2

最近購入したディスクのメモです。



eduardo_chibas_osdv_beethoven_complete_symphonies.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
エドゥアルド・チバス指揮/ベネズエラ交響楽団
録音 2005~2018年 ホセ・フェニックス・リバス・ホール
TBRCD0060-0064-2 TOBU RECORDINGS (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

この指揮者,オーケストラの演奏は聴いたことがありません。ちょっと不安を覚えましたが聴いてみることにしました。2005年から2018年というながい時間をかけて全集を完結させています。



john_barbirolli_bbcso_beethoven_symphony_no3.jpg
ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」
ジョン・バルビローリ指揮/BBC交響楽団
録音 1967年5月 ロンドン,アビー・ロード第1スタジオ
Warner Classics 9029573998 (P)1968,2018 Parlophone Records (輸入盤)
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

HMV Onlineiconで特価だったのとレビューが高評価だったので聴いてみることにしました。



paul_paray_detroit_so_schumann_4_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集,マンフレッド序曲
ポール・パレー指揮/デトロイト交響楽団
録音 1953-58年 デトロイト
PROA-247/8 (P)1954/1956/1957/1958 Decca Music Group (国内盤)
TOWER RECORDS VINTAGE COLLECTION Vol.7
参考: Tower Records

タワーレコードの企画盤。古い録音なのですが,好録音が多いマーキュリーの録音ということでちょっと楽しみです。



quartet_excelsior_beethoven_string_quartets_op95_132.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第11番ヘ短調作品95「セリオーソ」
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番イ短調作品132
クァルテット・エクセルシオ Quartet Excelsior
録音 19-20, April, 2018 Cualtual Centre of Fujimi City KIRARI☆FUJIMI
Live notes WWCC-7888 (P)2019 NAMI RECORDS (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

第12番,第16番,第7番~第9番「ラズモフスキー四重奏曲」,第1番~第6番に続くベートーヴェン・シリーズの第四弾。シリーズも佳境に入ってきました。ここまでの録音は音質が今ひとつ好きではなかったのですが,今回はどうでしょうか。



hiromi_okada_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲BWV988
岡田博美 Hiromi Okada (Piano)
録音 2008年2月29日 トッパンホール(東京)
CMCD-15149-50 (P)2019 (C)2008 CAMERATA TOKYO (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

2008年のライヴ録音で,東京藝術大学の学生が収録し,CSデジタルラジオ・ミュージックバードで高音質放送するという産学協同プロジェクトで東京藝術大学に残されていた音源とのことです。CD 2枚組で演奏時間約85分,すべてのリピートを行っているのではないかと思います。楽しみです。



maurizio_pollini_chopin_op55-58.jpg
ショパン:夜想曲作品55,マズルカ作品56,子守歌作品57,ピアノ・ソナタ第3番作品58
マウリツィオ・ポリーニ Maurizio Pollini (Piano)
録音 2018年5月 ミュンヘン
00289 483 6475 (P)2019 Deutsche Grammophone (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo

ポリーニの新録音。77歳というご高齢での録音ということで少々不安ではありすが,どうでしょうか。



garrick_ohlsson_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集作品10,25,3つの新練習曲
ギャリック・オールソン Garrick Ohlsson (Piano)
Performing Arts Center, Purchase College, State University of New York, in October 1996
CDH55380 (P)2008 (C)2010 Hyperion Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

最近少しずつ集めているショパンの練習曲集。



sonare_quartet_sharon_quartet_etc_mozart_chamber_music_for_string.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲全集,弦楽五重奏曲全集,他
Mozart Chamber Music for Strings, Complete String Duos, Trios, Quartets & Quintets
ウィーン・フランツ・シューベルト四重奏団,ソナーレ四重奏団,他
94370 (C)2012 Brilliant Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

モーツァルトの弦楽四重奏曲全集を目的に購入しました。この弦楽四重奏曲全集はウィーン・フランツ・シューベルト四重奏団,ソナーレ四重奏団,シャロン四重奏団の演奏を集めて構成しています。また,弦楽五重奏曲全集は,第3番~第6番がオルランド四重奏団と今井信子さんの演奏ということでこれも楽しみです。



maria_joao_pires_the_complete_erato_recordings.jpg
エラート録音全集 The Complete Erato Recordings (17 CDs)
マリア・ジョアン・ピリス Maria João Pires (Piano)
0825646310654 Warner Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

私は特にピリスのファンというわけではないのですが,モーツァルトのピアノ・ソナタ全集を聴いて以来,もっと聴いてみたいと思っていました。これはモーツァルトのピアノ協奏曲集が目的で入手しました。



maria_joao_pires_the_complete_solo_recordings.jpg
DGソロ・レコーディング全集 Complete Solo Recordings (20 CDs)
マリア・ジョアン・ピリス Maria João Pires (Piano)
00289 479 2690 (P)2014 Deutsche Grammophon (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

この中に収録されているモーツァルトのピアノ・ソナタ全集は持っているのですが,その他のディスクも聴いてみたくなって重複を承知で入手しました。

■購入ディスクメモ(2019年2月) その1

最近購入したディスクのメモです。



philippe_jordan_wiener_symphoniker_beethoven_symphonies_2_7.jpg
ベートーヴェン:交響曲第2番ニ長調作品36
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92
フィリップ・ジョルダン指揮/ウィーン交響楽団
2017年4月21,23日 Goldener Saal, Musikverein Wien
WS015 (P)(C)2018 Wiener Symphoniker, Vienna (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

第1番,第3番「英雄」,第4番,第5番「運命」が既発売で約1年前に取り上げていました。演奏も録音も良好でしたので楽しみです。



asher_fisch_waso_brahms_the_symphonies.jpg
ブラームス:交響曲全集
アッシャー・フィッシュ指揮/西オーストラリア交響楽団
録音 2015年 The Perth Concert Hall
481 4413 (P)(C)2016 ABC Classics (輸入盤)
参考: Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

購入しようかどうしようか迷って欲しいものリストに何年も入りっぱなしになっていたディスクをようやく購入しました(^^;。オーストラリアのオーケストラということで,どのような演奏が聴けるのか興味津々です。



luigi_piovano_archi_di_santa_cecilia_tchaikovsky_dvorak_serenade_for_strings.jpg
ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ ホ長調作品22
チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調作品48
ルイジ・ピオヴァーノ指揮/聖チェチーリア国立音楽院弦楽合奏団
January 2015 at the Auditorium Parco della Musica, Rome, Italy
A 457 (P)2015 (C)2019 Outhere Music France (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

昔はこの2曲のカップリングは普通によく見かけたのですが,最近あまり見かけなくなったように思います。どちらも大好きな曲なので手が伸びてしまいました。



vadim_gluzman_brahms_violin_concerto.jpg
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調作品78,FAEソナタよりスケルツォ
ワジム・グルズマン Vadim Gluzman (Violin)
ジェイムズ・ガフィガン指揮/ルツェルン交響楽団
アンジェラ・ヨッフェ Angela Yoffe (Piano)
November 2015 at the Kultur- und Kongresszentrum Luzern, Switzerland, July 2015 at the Sendesaal Bremen, Germany
BIS-2172 SACD (P)2016 (C)2017 BIS Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo

これも気になって欲しいものリストに長い間入っていたディスク。ようやく入手。



cafe_zimmermann_geminiani_concerti_grossi_op7.jpg
ジェミニアーニ:合奏協奏曲集作品7
カフェ・ツィマーマン Café Zimmermann
録音2017年9月 エクス=アン=プロヴァンス,ダリウス・ミヨー音楽院,カンプラ・オーディトリアム
ALPHA 396 (P)(C)2018 ALPHA CLASSICS (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

昨年発売されたときに買いそびれていました。概して演奏も録音も良いカフェ・ツィマーマンのディスクなので,久しぶりに入手。



juilliard_string_quartet_the_complete_rca_recordings_1957-60.jpg
コンプリートRCAレコーディングズ (11CDs)
The Complete RCA Recordings 1957-60
ジュリアード弦楽四重奏団 Juilliard String Quartet
19075863412 (P)(C)2019 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

この中の一部のディスクは以前Apple Musicで聴いてレビューしていました(→「ジュリアード四重奏団のリヴィング・ステレオ録音を聴く - リヴィング・ステレオ・ザ・リマスタード~コレクターズ・エディションより」)。録音が1957-60年とは思えない素晴らしさで大変良かったので,このジュリアード弦楽四重奏団の演奏だけをまとめて発売というのは本当にうれしいことです。これはもう一度じっくり聴きたい!楽しみです。



jaakko_kuusisto_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
ヤーッコ・クーシスト Jaakko Kuusisto (Violin)
January 2015, May 2016 and May 2017 at Österaker Church, Sweden
BIS-2197 SACD (P)(C)2018 BIS Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。クーシストはフィンランドのヴァイオリニストで,現在は指揮者や作曲家としても活躍しているとのこと。この多彩なアーティストはこの曲をどのように聴かせてくれるでしょうか。

■購入ディスクメモ(2019年1月) その1

最近購入したディスクのメモです。



johanna_martzy6_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
ヨハンナ・マルツィ Johanna Martzy (Violin)
1954-1955, Abbey Road Studios, London
GS-2193/94 (P)2018 GRAND SLAM RECORDS (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。マルツィの名盤。CD試聴記に掲載している通り4種類のディスクを持っていて5種類目になります。今回のディスクは2トラック38センチのオープンリールからの復刻とのことです。



nobuko_yamazaki_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
山崎伸子 Nobuko Yamazaki (Cello)
2008-2017å¹´
Live Notes WWCC-7885-6 (P)2018 Nami Records (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。およそ10年にわたってライヴ録音されてきた音源を集めたもののようです。録音日時と場所は次の通りです。

第1番 2008年11月20日 津田ホール
第2番 2009年11月19日 津田ホール
第3番 2015年11月20日 浜離宮朝日ホール
第4番 2010年11月12日 津田ホール
第5番 2014年11月28日 津田ホール
第6番 2017年 5月25日 紀尾井ホール

■購入ディスクメモ(2018年12月) その2

最近購入したディスクのメモです。



ensemble_ongaku_zammai_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲(アンサンブル編曲版)
アンサンブル『音楽三昧』
2018年1月10-13日 笠懸野文化ホール
CRT-1300 (P)2018 CRÉATION (国内盤)
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

アンサンブル『音楽三昧』は1984年の結成で,チェンバロ,ガンバ,リコーダーなどのピリオド楽器と,フルート,ヴァイオリン,チェロ,コントラバスなどのモダン楽器を駆使し,ピアノやオーケストラの楽曲を編曲して演奏しているとのことです。編曲は田崎瑞博。



bjorg_lewis_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番,第3番,第5番
ビョルグ・ルイス Bjørg Lewis (Cello)
2012年12月17日-19日 バッケ教会(ノルウェー)
LWC 1154 (P)(C)2018 LAWO Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。ビョルグ・ルイスはノルウェーで最も人気のあるチェリストの一人で,アマデウス四重奏団のマーティン・ロヴェットが使用していたジェンナーロ・ガリアーノ(1748年)(デクストラ・ムジカ財団から貸与)を使用しているとのこと。

-->