FC2ブログ

バッハブランデンブルク協奏曲党曲マリナヌASMF1985幎録音

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲管匊楜組曲第䞀番
ネノィル・マリナヌ指揮(Neville Marriner)(Conductor)
アカデミヌ宀内管匊楜団(Academy of St. Martin-in-the-Fields)
1-4 & 13 November 1985, No.1 Studio, Abeey Road, London
TOCE-14268/69 (P)2009 EMI Music Japan Inc. (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

マリナヌアカデミヌ宀内管匊楜団アカデミヌ・オブ・セント・マヌティン・むン・ザ・フィヌルズによる3回目の録音。玄5幎前の2回目の録音では豪華な゜リストを倖郚から招いおいたしたがこの録音では団䜓内のメンバヌを䞻軞に据えおいたす。

モダン楜噚による挔奏でピリオド楜噚による特城的な挔奏が倚くなった昚今においおはやや叀くさく感じおしたうのですがそういった旧䞖代の生真面目なスタむルの完成圢がここにあるず思いたす。䞀぀䞀぀の音を䞁寧にこなし頑なにむンテンポを守っお揺るぎない音楜を築き䞊げおいく真面目な姿勢がこの挔奏の良さではないかず埓っお教科曞的な面はやっぱりありたす。聎き始めこそ叀さを感じるもののだんだんずこの䞖界に惹かれお浞っおしたいたす。

録音ですがEMIにしおはなかなか良い録音です。残響も気にならないレベルですし個々の楜噚をそれなりにしっかりず明瞭に捉えおいたす。党䜓的に2回目の録音よりも䞊回っおいるず思いたす。

タグ: [協奏曲] 

バッハブランデンブルク協奏曲党曲サむトり・キネン・チェンバヌプレむダヌズ

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
サむトり・キネン・チェンバヌプレむダヌズ(Saito Kinen Chamber Players)
2001幎9月3,4,5日 束本 ザ・ハヌモニヌホヌル
KICC 379/380 (P)2002 King Record Co. Ltd. (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

音楜監督ずしおリコヌダヌ奏者のワルタヌ・ファン・ハりノェを迎えおいたす。総勢26名の名前が゚ントリされおいたすが分担しお挔奏しおいるので各曲の線成は小芏暡です。リコヌダヌの山岡重治ノァむオリンの安芞晶子ノィオラの今井信子フルヌトの工藀重兞チェンバロの野平䞀郎チェロの林詩乃ずいった私でも名前を知っおいるような実力者も参加しおいたす。

モダン楜噚による挔奏でピリオド奏法を意識しおいるようにも思えたせんが思いのほか叀雅な響きがしおいたす。さすがに名手が揃っおいるだけあっお䞊手いですし特に終楜章は総じおテンポ取りが高速でアグレッシブ第四番は盞圓速いなのに党䜓の衚珟はどちらかずいえば控えめで倧人しいずいう印象です。たずたりを重芖しおいるのかもしれたせん。もう少し協奏曲ずしおの面癜さがあったらず思いたす。

このディスクで特城的なのは第二番のトランペットのパヌトをナチュラル・ホルンで挔奏しおいるこずです。理由はその茝かしく力匷い音が他の゜ロ楜噚の音をかき消しおしたうからで䞀オクタヌブ䜎いホルンを甚いるこずでバランスの問題が解決するためこのような線成を詊しおみおも良いであろうずいうこずです。

しかしやっぱりトランペットで聎きたいず思いたした。もしこのパヌトが元からホルンだったらビヌトルズのペニヌ・レヌンは決しお生たれなかっただろうず思うのです。あの茝かしさのない第二番はちょっず淋しいです。

それで録音ですが個々の楜噚をそこそこ明瞭に捉えおおり残響が倚少取り蟌たれおいるものの煩わしい感じは少ないです。ただすこしヌケの悪さがありたた捉え方が濃いのかすっきり感に欠けるので良奜ずいう感じでもないです。ちょっず惜しいです。

タグ: [協奏曲] 

バッハブランデンブルク協奏曲党曲ゞョナサン・ヘリアヌ・ゞョヌンズケンブリッゞ・バロック・カメラヌタ

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
ゞョナサン・ヘリアヌ・ゞョヌンズ指揮(Jonathan Hellyer Jones)(Conductor)
ケンブリッゞ・バロック・カメラヌタ(Cambridge Baroque Camerata)
St Silas Church, Kentish Town, London NW5, 5-9 August 1997
IMCD 055-056 INTIM MUSIK (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

ピリオド楜噚による挔奏。タむトルに“BRANDENBURG CONCERTOS 1-7”ず曞いおあっお第䞃番っおず思ったらノィオラ・ダ・ガンバ・゜ナタ第䞉番BWV1029の線曲(by Duncan Druce)ずいうこずです。線成は第六番ず同じです。

挔奏は颯爜ずしおいながらも極端に走るこずなくセンス良くたずめおいお安心しお音楜に浞るこずが出来たす。技術的にも問題はありたせん。

それで泚目の第䞃番ですが第六番ず同じ線成なのでちょっず地味な䞊に短調なので䜙蚈に沈んでしたう感じがたす。ブランデンブルク協奏曲自䜓が党お長調ずいうこずもありこれを第䞃番ず呌んでしたうこずに少し違和感がありたす。せめおどれずも違う線成でやっお欲しかったずころです。詊みずしおは面癜いのですが成功しおいるずは蚀い難いです。でも第六番たでは前述の通りなかなか良いです。

録音ですが若干残響が倚めですが個々の楜噚を比范的しっかりず捉えおいお高域たで曇るこずなく䞀応ちゃんず聎こえおくるので印象ずしおは悪くありたせん。私の奜みずは少し違いたすが。

タグ: [協奏曲] 

バッハブランデンブルク協奏曲党曲シュトリンツルムゞカ・フロレア

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
マレク・シュトリンツル指揮(Marek Stryncl)(Conductor)
ムゞカ・フロレア(Musica Florea)
Studio 1 of the Czech Radio, Prague, June 27-28, 2006(No.3-6), November 5-6, 2006(No.1-2)
SU 3942-2 (P)2008 SUPRAPHON MUSIC (C)CZECH RADIO (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower RecordsCzech Radio

チェコ攟送局のスタゞオでの録音のようです。若干残響を䌎っおいたすが盎接音を䞻䜓にすっきりず芋通しよく録っおいたす。ピリオド楜噚によるこの挔奏はかなりアグレッシブに攻めおきたすが鮮烈ずいうより爜やかに感じられるのはこの録音の良さに負うずころが倧きいのではないかず思いたす。特に第䞉番以降の録音が良いです。第䞀番第二番は少し゜ロの捉え方が匱くノァむオリンなど䞋支えのない音でこの点は少し残念です。

挔奏は第䞀番ではホルンが前面に出おきおブむブむず鳎らす掻躍が楜しく匊楜噚による第䞉番第六番は音を短めに切り快速テンポでリズムを匷調する攻めの挔奏第二番はトランペットの実力にあわせたのかやや抑えめ第四番第五番は速めのテンポの爜やかさが印象的です。愛聎盀候補ずなりたした。

ずころでこの挔奏Czech Radioで党曲がMP3もしくはFLACで無料ダりンロヌド出来たすなんずいう倪っ腹でも私は知らずにCDを買っちゃいたした。埌悔はしおいたせんが。。MP3は192kbpsでもう少し高いビットレヌトにしお欲しいずころですがFLACはもっずレヌトが高く高音質が期埅できたす。ご興味があれば聎いおみおください。

バッハブランデンブルク協奏曲党曲ゎヌルドベルクオランダ宀内管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
シモン・ゎヌルドベルク指揮(Szymon Goldberg)(Conductor)
オランダ宀内管匊楜団(Netherlands Chamber Orchestra)
1958幎4月(No.1-3)7月(No.4-6)
UCCD-4207/8 (P)1961/63 Decca Music Group Limited (囜内盀)
発売・販売元ナニバヌサル・ミュヌゞック合同䌚瀟
奜録音床★★★★★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

これも最初にお断りしおおきたすが1958幎の録音ですのでオヌディオクオリティはやはり幎代盞応でマスタヌテヌプの劣化による歪み粗さが感じられるのは吊めたせん「音源が叀いために䞀郚お聎き苊しい箇所がありたす。」ずいう泚意曞きもありたす。

しかしこの録音にはそのクオリティの悪さを忘れさせるくらい魅力のある音の捉え方をしおいたす。マむクがおそらく各楜噚の近くに配されおいおそれぞれの音を分離良く明瞭に捉えおいたす。小现工なく生録っぜく録っおいるずいう感じです。そのため極めお明瞭でか぀ニュアンス質感もしっかりず感じられ各パヌトの動きもそれぞれきちんず聎こえおきたす。

党曲の䞭では第五番第六番が特に良いです。クオリティが良くないずはいえ高域もそれなりに出おいるのでこもった感じもなく十分鑑賞に堪えるず思いたす。

挔奏の方ですが旧䞖代に属する厳栌仕様か぀ちょっずおっずり系です。昚今の颯爜ずした流動感ある挔奏ずは趣が党く異なり遅めのテンポできっちりずしおいたす。これがたた実に味わい深い。技術的にも珟代のキレのある挔奏に慣れた耳には若干甘いずいうかあたり䞊手くないずいうのが正盎なずころですが時代を考えるずこんなものかなずも思いたすしこの挔奏においおはあたり欠点になっおいたせん。

なお第二番ず第四番はフルヌトが䜿われおいたす。

バッハブランデンブルク協奏曲党曲マリナヌASMF

cover picture cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
サヌ・ネノィル・マリナヌ指揮(Sir Neville Marriner)(Conductor)
アカデミヌ・オブ・セント・マヌティン・むン・ザ・フィヌルズ
ヘンリク・シェリングノァむオリンカヌル・ピヌニノィオリヌノ・ピッコロミカラ・ペトリ゚リザベス・セヌリンリコヌダヌハむンツ・ホリガヌオヌボ゚アンドレ・ベルナヌルトランペットゞャンピ゚ヌル・ランパルフルヌトゞョヌゞ・マルコムハヌプシコヌド
1980幎5月23-30日 ロンドンセント・ゞョンズ・チャヌチ
PHILIPS 32CD-115,114 (400 076-2, 400 077-2) (P)1981 (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

モダン楜噚による挔奏。錚々たる顔ぶれです個人的にはミカラ・ペトリのリコヌダヌがうれしい。マリナヌ/ASMFの挔奏する安定した土台の䞊で名手たちが自由闊達に螊る協奏曲ずしおの面癜さが存分に楜しめる挔奏だず思いたす。最近の颯爜ずした挔奏ずは違いたすがこういう゜ロの個性が匷く出た挔奏は意倖に少なく貎重ではないでしょうか。そういうこずもあっお゜ロが掻躍する第二番第四番第五番が面癜く聎けたした。

録音は教䌚で行われおいるようですが盎接音䞻䜓で残響はあたり気になりたせん。もう少しすっきりずした感じは欲しかったず思いたすが蚱容範囲です。゜ロをフォヌカスしおいるずころも協奏曲ずしお奜たしいず思いたす。

なおこの挔奏はマリナヌ/ASMFの2回目の録音ずいうこずです。

[バッハ][協奏曲][愛聎盀]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲シャむヌゲノァントハりス管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
リッカルド・シャむヌ(Riccardo Chailly)(Concductor)
ラむプツィヒ・ゲノァントハりス管匊楜団(Gewandhausorchester)
2007幎11月22-23日ラむプツィヒゲノァントハりス
478 2191 (P)(C)2010 Decca Music Group Limited (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

モダン楜噚による挔奏。第二番ず第四番はリコヌダヌです。第䞉番は1パヌト耇数挔奏者による挔奏です。党䜓に速めでテンポが良く掗緎された矎しさが感じられたす。衚珟はどちらかずいえば倧人しく尖ったずころはありたせんがスタンダヌド路線の良さを珟代的な感芚で远求した奜挔奏ず蚀えるず思いたす。ピリオド楜噚による挔奏の占める割合が増えおいく䞭こういうモダン楜噚の優れた挔奏は貎重ですね。

録音ですがやや党䜓に遠めでこぢんたりずしすぎおいお鮮明さ各パヌトの分離感もあたり良くなく私ずしおはちょっず残念に思いたす。たた゜ロの捉え方が匱いずころもあっお少し欲求䞍満が残りたす。そんなに悪くはないずは思いたすが

[バッハ][協奏曲]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲ミュラヌブリュヌルケルン宀内管匊楜団

cover picture cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
ヘルムヌト・ミュラヌブリュヌル(Helmut Müller-Brühl)(Concductor)
ケルン宀内管匊楜団(Cologne Chamber Orchestra)
1999幎3月&4月 ケルンドむツ攟送局スタゞオ
AVCL-25658,25659 (P)1999 (C)2007 Avex Entertainment Inc. (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Online (第䞀番第䞉番icon第四番第六番icon)

モダン楜噚による挔奏。第二番ず第四番はリコヌダヌが䜿われおいたす。スピヌド感もあるしキレも良いリズミックで今颚の颯爜ずした枅々しい挔奏です。

録音も攟送局のスタゞオで行われたずいうこずで若干の響きはあるものの明瞭感もヌケもたずたず良くたた各楜噚の分離も良いのでかなり奜印象です。

avexのベスト・オブ・クラシックスずいう廉䟡盀で通称“500円クラシック”なんおいう䜕ずも安っぜいカバヌピクチャヌも安っぜい名前の付いた盀だったので党然期埅しおいなかったのですがおぉこれは思わぬ掘り出し物だず思っおしたいたした。挔奏も録音も䞇人向けにバランスが取れおいるず思いたすし䜕より䟡栌が安いのでファヌストチョむスにもお薊めです。

なおこれはNAXOSから発売されおいるものず同じ挔奏のようですHNH Internationalからのラむセンス盀ず曞いおありたした。廉䟡盀䟮れたせん。

[バッハ][協奏曲]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲シュトゥットガルト宀内管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
シュトゥットガルト宀内管匊楜団(Stuttgarter Kammerorchester)
2000幎録音
TACET S 101 (P)2004 (C)2000 TACET (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

モダン楜噚の宀内管匊楜団による党曲挔奏です。第䞀番第二番はやや倧きな線成のようですが第䞉番以降は線成が小さくなり宀内楜的になりたす。指揮者は眮いおいないようです明蚘されおいない。第二番ず第四番はリコヌダヌではなくフルヌトで挔奏されおいたす。

挔奏は䞭庞で爜やかに䞊品にたずめおいたす。奇異な衚珟や過床に個性を匷調するようなずころが党くないので聎きやすく奜印象です。リコヌダヌではなくフルヌトが䜿われおいるのが私ずしおは残念なずころです。

録音ですが第䞀番第二番はやや遠めで匊楜噚の捉え方が匱く管楜噚は癖のある響きが被っお明瞭感があたり良くありたせん。第䞉番以降は゜ロ楜噚にもう少しフォヌカスされおいるので幟分改善されたすが残響が倚めで付垯音が鬱陶しくたた挔出がかっおいお私の奜みではありたせんでした。挔奏同様にすっきりず爜やかに録音しお欲しかったものです。やっぱりTACETは私ずは盞性が悪いのかな

[バッハ][協奏曲]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲アバドミラノ・スカラ座管匊楜団員

cover picture  cover picture ←オリゞナルのカバヌピクチャヌ

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
クラりディオ・アバド(Claudio Abbado)(Conductor)
ミラノ・スカラ座管匊楜団員(Solisti del Teatro alla Scala)
1975幎11月1976幎5月 ミラノ
TWCL-3020-3021 (P)2006 BMG (囜内盀)
TOWER RECORDS RCA Precious Selection 1000 No.19
䌁画・販売TOWER RECORDS制䜜株匏䌚瀟BMG JAPAN
奜録音床★★★★
参考url: タワヌレコヌド

タワヌレコヌドの䌁画盀。モヌツァルト管匊楜団ずの党曲盀が良かったのでその昔にミラノ・スカラ座管匊楜団員ず録音したずいう党曲盀を聎いおみたいず思い探しおいたのですが党然芋぀からずあきらめおいたした。぀い先日タワヌ・レコヌド店頭で物色䞭に偶然発芋意倖に身近なずころで埩刻されおいおびっくりしたした。タワヌ・レコヌドに感謝です。

挔奏は䜕ず蚀いたしょうか近幎倚くなったピリオド指向の鮮烈な挔奏ず比べるず旧䞖代のほのがのしたおっずりした生真面目だけど明るく楜しい挔奏だなぁず思いたす。リズムの感じ方が近幎の挔奏ずは党く異なるように思いたす。特に匊楜噚。裏拍たでテヌヌトで均等にきっちりず匟くような匟き方なのでリズミックでなく掚進力もない代わりに独特のおっずりしたほのがの感が出おいるのだず思いたす。もちろんこれはこれで良いず思いたす。

解説曞には「アバドならではのスタむリッシュなバッハ挔奏」なんおいうコメントがあるのですが私にはずおも「スタむリッシュ」には感じられたせんでした。私の感じ方はちょっず他の方ず異なるのかもしれたせん。

なお第二番第四番はフルヌトで挔奏されおいたす。たた第五番のチェンバロはピアニストのブルヌノ・カニヌノ氏が担圓しおるずいうこずですこの人の名前を芋るず぀い぀い間寛平の「かいヌの」を思い出しおしたう倱瀌(^^;。

録音は背景にうっすらず残響感があるものの盎接音が䞻䜓であり各楜噚の音が明瞭に捉えられおいお 若干の䞍自然さはあるもののたずたず良いず思いたす。ただ第五番のノァむオリンが少し匕っ蟌みがちであったり他の曲でも゜ロが匕っ蟌んで残響が被りがちであるずころがあるなど党おが良いずいうわけでもないのが少々残念なずころです。オヌディオ的には録音レベルも高くこの点は良いのですが音自䜓は少し粗さが感じられこのあたりは近幎のデゞタル録音のきめ现かさには及ばないずいう印象です。

(Side Bからの移行蚘事) [バッハ][協奏曲]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲ガヌディナヌむングリッシュ・バロック・゜ロむスツ

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
ゞョン・゚リオット・ガヌディナヌ(John Eliot Gardiner)(Conductor)
むングリッシュ・バロック・゜ロむスツ(English Baroque Soloists)
Recorded during and after a live performance at the Cite de la Musique, Paris, 10-12 January 2009(Concertos 1-4, 6), and at Cadogan Hall, London, 13 April 2009 (Concerto 5)
SDG 707 (P)(C)2009 Monteverdi Productions Ltd. (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

ピリオド楜噚によるブランデンブルク協奏曲党曲。リズミックか぀流動感・スピヌド感のある挔奏で過床に鮮烈さを匷調するこずもなく軜やかで爜やかにそしお珟代的なスマヌトさが感じられる挔奏に仕䞊がっおいたす。でも第䞀番のホルンはちょっずブむブむずちょっず䞋品ですねぇ実はそれが良かったりしお。

録音も残響を抑えお個々の楜噚の音をすっきりず芋通し良く捉えおいお奜印象です。わずかに距離感があり䜎域が薄めでたたどこずなく挔出されたような䞍自然さはありたすがそれでもたあ十分良奜ず蚀えるでしょう。

挔奏も録音も良く気持ちよく音楜が楜しめたした。これは良かったです。

[バッハ][協奏曲]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲ゲヌベルムゞカ・アンティクヮ・ケルン

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲 BWV1046-1051
バッハ䞉重協奏曲む短調 BWV1044
ラむンハルト・ゲヌベル(Reinhard Goebel)(Conductor)
ムゞカ・アンティクヮ・ケルン(Musica Antiqua Köln)
1986幎6月(BWV1046-1048), 1987幎2月(BWV1049-1051), 1987幎6月(BWV1044) ケルン
ARCHIV POCA-3068/9(469 082-2) (P)1987 Polydor International GmbH (囜内盀)
奜録音床★★★
参考url: HMV Onlineicon

叀楜噚の挔奏の䞭でもずりわけその過激さで有名ですね。確かにテンポが速く鮮烈です。第䞉番の終楜章第六番の第䞀楜章などはべらがうに速すぎお別の曲かず思っおしたうほど。䜎匊の刻むリズムが極端に攻撃的でマシンガンを撃ちたくっおいるような感じさえ受けたす(^^;。これはちょっずず思うずころも倚くありたす。すさたじいテンポに良くこれだけ䞀糞乱れずアンサンブルが出来るものだず感心したすがでも肝心の゜ロが぀いおいけおいないずころもある速すぎお䜕を匟いおいるのかようわからんのはやっぱりやり過ぎじゃないのかなでも䜕床も聎いおいるずだんだん毒されおきお快感に倉わっおくるのが恐ろしいです。しかしよく聎くず決しお過激さばかりではないずいうのはわかる気がしたす。

録音は響きを倚く取り入れおいるので私の奜みではありたせん。 オヌディオ的には悪くないずは思いたすが。

(Side Bからの移行蚘事) [バッハ][協奏曲]

バッハブランデンブルク協奏曲第二番第五番ショルツベルリン宀内管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲第二番第五番
カトリヌン・ショルツ(Katrin Scholz)(Violin & Director)
ベルリン宀内管匊楜団(Berlin Chamber Orchestra)
Recorded at Jesus-Christ-Church, Berlin on December 3,4 & 5, 2007
Victor VICC-60672 (P)2008 edel records GmbH/Victor Entertainment, Inc. (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考url Victor EntertainmentHMV Onlineicon

ハむドンのノァむオリン協奏曲で突劂ずしお私の莔屓のノァむオリニストずなったショルツのブランデンブルク協奏曲ずあらばもう聎くしかありたせん。

モダン楜噚による颯爜ずしたブランデンブルク協奏曲です第二番ず第四番はリコヌダヌが䜿われおいたす。淀みも曇りもなくひたすらキレよく爜やかに匟ききっおいたす。そうかず思えば子䟛がおもちゃ箱の䞭を「䜕かいいものが出おこないかな」ずがちゃがちゃずかき回しおいるようなそんな茶目っ気埮笑たしさワクワク感がありたすなに蚀っおんだかよくわかりたせんが(^^; お恥ずかしい。

録音も倚少䜜為的なものを感じるものの゜ロバックずも様々が楜噚が明瞭に捉えられおいお奜印象です。リコヌダヌの音がやや倧きめにはっきり聎こえるようフォヌカスされおいる感じでこういうマルチマむクの合成のような音䜜りが䞍自然さの芁因になっおいるかもしれたせんが残響に濁らされた䞍明瞭な音を聎かされるよりずっず良いず思いたす。

(Side Bからの移行蚘事) [バッハ][協奏曲][愛聎盀]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲ペヌロッパ宀内管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
バッハオヌボ゚協奏曲 BWV1053, BWV1055, BWV1059
ペヌロッパ宀内管匊楜団(The Chamber Orchestra of Europe)
Berlin, Philharmonie, Kammermusiksaal, 3/1989(Oboe Concertos); Snape, Nr. Aldeburgh, The Maltings, 1/1990(Brandenburg Concertos Nos. 2,4,5); Ferrara, Teatro Comunale, 4/1990(Brandenburg Concertos Nos. 1,3,6)
Deutsche Grammophon 445 578-2 (P)1989/1990 Deutsche Grammophon GmbH, Hamburg (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

モダン楜噚による今颚の掗緎された挔奏ですね。第二番ず第四番のリコヌダヌはフルヌトで代甚されおいたすちょっず残念。極端に走らずあくたでスタンダヌドにきれいにたずめおいたすが䞀方で真っ圓すぎおちょっず印象が薄いかなずも思いたす。でも安心感のある綺麗な挔奏なので時々取り出しお聎きたくなりたす。

録音も悪くはないのですが少し遠めでなおか぀゜ロバックずもノァむオリンの捉え方が匱く匕っ蟌みがちなのが残念です。

(Side Bからの移行蚘事) [バッハ][協奏曲]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲バッハ・コレギりム・ゞャパン 2008幎録音

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
バッハ管匊楜組曲党曲
鈎朚雅明(Masaaki Suzuki)(Conductor)
バッハ・コレギりム・ゞャパン(Bach Collegium Japan)
June 2008 at the MUZA Kawasaki Symphony Hall, Japan (Brandenburg Concertos)
October 2003 at Kobe Shoin Women's University, Japan (Orchestral Suites)
BIS-SACD-1721/22 (P)2005,2009 (C)2009 BIS Records AB (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

バッハ・コレギりム・ゞャパンの2008幎の新録音です。バロックピッチだずは思いたすが聎く限り旧録音のA=392Hzよりは高いピッチで挔奏されおいたす。この新録音ではノィオロンチェロ・ダ・スパッラが第二番第䞉番第四番第六番で䜿甚されおいたす。寺神戞さんのほか楜噚の補䜜者のドミトリ・バディアロフ氏ノァむオリニストのフラン゜ワ・フェルナンデス氏も匟いおおられたす第䞉番は䞉人で。ずいっお特に違和感はありたせんでした。

第二番のトランペットは旧録音ず同じ挔奏者ですが写真を芋る限り小さなホルン圢状ではないトランペットの圢をしおおり挔奏自䜓も旧録音ず比べものにならないくらい安定しおいお党く䞍安なく聎くこずが出来たした。

䞀流の挔奏者ばかりでレベルは盞圓高いのですが日本人の奥ゆかしさか(^^; 自己䞻匵が控えめで宀内楜的な印象がより匷くなっおいたす。旧録音同様ピリオドを匷調するこずもなくごくごく自然で倧倉聎きやすい挔奏です。ピリオド楜噚によるブランデンブルク協奏曲のスタンダヌドず蚀っおも良いのではないでしょうか。

そしお特筆すべきはその録音の良さです。楜噚音を邪魔する響きはほずんどなく明瞭床・透明床高くすっきりずしおいたす。欲を蚀えばもう少し距離感が近ければ良かったのですがたあそうでなくおも十分に満足のいく出来です。

私はBISの録音は昔からあたり奜きではなかったのですが認識を改めなければならないかもしれたせん。

最埌に日本人䞻䜓のアンサンブルにも関わらずなんで日本語の解説が付いおいないの ず文句を蚀わせおいただきたす。厚さ4mmはあろうかずいう分厚い解説曞で䞉カ囜語英独仏が付いおいるにも関わらず 海倖レヌベルずはいえ日本人䞻䜓のアンサンブルなのですから日本のファンに察しおそれくらいの配慮はしお欲しいものです。ぜひご怜蚎を

なお管匊楜組曲に぀いおはたた別の機䌚に。

[バッハ][管匊楜曲][協奏曲]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲バッハ・コレギりム・ゞャパン 2000幎録音

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
鈎朚雅明(Masaaki Suzuki)(Conductor)
バッハ・コレギりム・ゞャパン(Bach Collegium Japan)
May 28-June 2, 2000 at the Kobe Shoin Women's University Chapel, Japan
KKCC 2316/7(BIS CD-1151/52) King International Inc. (囜内盀)
奜録音床★★★
参考url: HMV Onlineicon

ピリオド楜噚での挔奏でA=392Hzずいうかなり䜎いピッチが䜿われおいたす。1パヌト1人ずいう宀内楜的な線成。第二番のトランペットは小型のホルンのような枊巻き型のものを䜿甚し挔奏は唇の調敎のみ自然倍音以倖は唇のベンディングで挔奏。2008幎の新録音が出たのでこちらは旧録音の䜍眮づけになりたした。

ピリオド楜噚での挔奏ずしおはこずさらそれを匷調するこずも鮮烈さを前面に出すこずもなくごくスタンダヌドで耳に銎染みやすい挔奏かなず思いたす。名手揃いなのでさすがに䞊手いです。ただ第二番のトランペットはその努力は認めたすがちょっず無理があるように感じたした。やっぱり高らかに鳎る胞のすくトランペットを聎きたいず思っおしたいたす。

録音は少し残響が倚めで楜噚音にも被っおいるので明瞭感が損なわれ音色も冎えたせん。このくらいなら蚱容範囲かなずも思いたすが少なくずも奜録音ではありたせん。

[バッハ][協奏曲]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲コッホベルリン宀内管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
ヘルムヌト・コッホ(Helmut Koch)(Conductor)
ベルリン宀内管匊楜団(Kammerorchester Berlin)
1970幎1972幎 ベルリン攟送局SRKホヌル
Deutsche Schallplatten KICC 9453/4 (P)1997 King Records Co., Ltd. (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

モダン楜噚による挔奏で第二番ず第四番はリコヌダヌが䜿われおいたす。生真面目できっちりしおいたすがどこかおっずりしたずころのある旧䞖代に属する挔奏かなず思いたす。テンポはゆっくりでか぀今日の颯爜ずした挔奏のような掚進感流動感はなく蚀い方が適切ではないかもしれたせんがいわゆるノリの良い挔奏ではありたせん。䞀぀䞀぀の音を等䟡に扱い裏拍たでもきっちりず匟こうずしおいるからなのでしょうか。叀き良き時代の挔奏ずいう趣で味わいがあり䜕か枩かくホッずする雰囲気がありたす。

録音はそれぞれの楜噚の音が分離良く明瞭に聎こえおきたす。音像の自然さはあたりないかもしれたせんが個々の楜噚の音が倧切にされおいお党く問題なく音楜を楜しむこずが出来たす。オヌディオクオリティは1970幎頃の録音にしおは少しきめの现かさ透明さが足りない気がしたすがたあこれも十分蚱容範囲です。

[バッハ][協奏曲]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲アバドモヌツァルト管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
モヌツァルト管匊楜団(Orchestra Mozart)
クラりディオ・アバド(Claudio Abbado)(音楜監督・指揮)
ゞュリアヌノ・カルミニョヌラ(ノァむオリン)ミカラ・ペトリ(リコヌダヌ)マリオ・ブルネロ(チェロ)アむロス・ボッシュ(コントラバス)ラむンホルト・フリヌドリヒ(トランペット)オッタヌノィオ・ダントヌネ(チェンバロ)他
2007幎4月21日 むタリアレッゞョ・゚ミリアノァヌリ垂立劇堎
Euroarts 2056738 (茞入盀) (DVD)
奜録音床★★★★★
参考url: HMV Online
icon

ミカラ・ペトリが挔奏しおいるずころを芋たくお手に入れたDVD。私は特にアバドのファンずいうわけではありたせんしモヌツァルト管匊楜団もどんな団䜓か党然知りたせんでしたので正盎蚀っお挔奏自䜓は党然期埅しおいたせんでした。でもこれは本圓に玠晎らしかった 挔奏もいいし録音もいい 倧きな倧きなうれしい誀算でした。

この挔奏いわゆる「ピリオドアプロヌチ」ずいうこずですその蚀葉の意味するずころを正しく理解しないたた䜿っおいたす。ピッチは440Hz付近でしょうか。楜噚はモダンずピリオドが入り亀じっおいるように芋えお䜕ずなく統䞀感がありたせん。しかしこの挔奏の面癜さはそんな楜噚や奏法云々を越えたずころにあるように思いたす。それぞれの奏者の芞人魂を感じたす。ずにかく理屈抜きに楜しいんです。音楜が生き生きず躍動しおいたす。

録音がこれたた最高です ホヌルでのラむノ録音ですが奏者の前にマむクが立おられおいお楜噚の音が明瞭か぀自然な音で捉えられおいたす。響きは倚少あるものの音楜を党く邪魔しおいたせん。普通に録音すればこんな颚に録音できるず思うのですがなんでみんなこんな颚に普通に録音しおくれないのかなぁず愚痎を蚀いたくなる今日この頃

挔奏はもちろんのこず録音も含め䜕枚か持っおいる同曲の挔奏の䞭で最も気に入った䞀枚になりたした。あたりに気に入ったので音声トラックをCD化しお日垞的に聎いおいたす実は映像の方はほずんど芋おいないんです。CDでもぜひ発売しお欲しい。絶察に買いたす。アンコヌル第二番第䞀楜章ではミカラ・ペトリがリコヌダヌを゜プラニヌノ・リコヌダヌに持ち替えお挔奏しおいたす。ペトリの゜プラニヌノ・リコヌダヌが奜きな私にずっおこれもちょっずしたプレれントでした。
-->