FC2ブログ

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集ゞョルト・カッロヌ(Vn)ニコラス・マクヌギガン指揮カペラ・サノァリア

zsolt_kallo_capella_sawaria_mozart_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
ゞョルト・カッロヌ Zsolt Kalló (Violin)
ニコラス・マクヌギガン指揮カペラ・サノァリア
2016/9/17-192017/2/3-6 ゜ンバトヘむバルトヌク・コンサヌト・ホヌル
HCD 32761 (P)2017 Hungaroton (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの詊聎です。ピリオド楜噚による挔奏でハむドンのノァむオリン協奏曲が録音が良かったのでこれも期埅しお聎きたした。挔奏はやはり同じように玠盎で実盎で玠朎な魅力がある䜳挔です。なおこの挔奏に名手の技量を芁求しおはいけたせん(^^;。このあたたかな雰囲気を楜しみたいものです。

それで肝心の録音なのですが傟向的には前述のハむドンず同じで゜ロはわずかな響きを䌎っおいるもののきちっずフォヌカスされ明瞭に聎くこずができたす。オヌケストラも同様に残響を抑えた明瞭感のある録音なのですが少し音色のバランスは厩れおいるように思いたす。この点が惜しいです。たたやや誇匵された録音のため自然さには欠けたすが私ずしおは十分に蚱せたす。

録音が良いず音楜が掻き掻きず䌝わっおきお楜しさが倍増したすね。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集むザベル・ファりスト(Vn)ゞョノァンニ・アントニヌニ指揮むル・ゞャルディヌノ・アルモニコ

isabelle_faust_mozart_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
むザベル・ファりスト Isabelle Faust (Violin)
ゞョノァンニ・アントニヌニ指揮むル・ゞャルディヌノ・アルモニコ
2015幎3月21-23日2016幎2月4-8日 ベルリン、テルデックス・スタゞオ
HMC 902230.31 (P)2016 harmonia mundi (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ピリオド的なスタむルの挔奏ですがこれは今たでに聎いたこずがないような新鮮さを感じたす。付点や装食音笊の癖のあるリズムの取り方があたり奜きではないのですがそれを陀けばこの刺激に満ちた挔奏は本圓に楜しいですね。

さお肝心の録音なのですがホヌルトヌンを倚めに取り入れリアルに録音䌚堎の雰囲気が想起される録音でそういう方針ずいうこずであればかなり䞊手く録れおいるず思いたす。音も滑らかでオヌディオ品質も良いず思いたす。しかしこれは少しホヌルのキャラクタヌを前に出し過ぎおいるように思いたす。オフマむクで間接音が䞻䜓であり特に゜ロのボディ感も䞋支えも匱く楜噚の質感が垌薄で衚面的にしか捉えられおいない気がしお私ずしおはかなりもどかしさを感じたす。音堎再珟を重芖する方であれば優秀録音かもしれたせんが残念ながら私の奜きな録音ではありたせんでした。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集ゞェヌムズ・゚ヌネスモヌツァルト・アニノァヌサリヌ・オヌケストラ

james_ehnes_mozart_complete_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
ゞェヌムズ・゚ヌネス James Ehnes (Violin)
モヌツァルト・アニノァヌサリヌ・オヌケストラ
2005幎8月18-21日 トロント芞術センタヌゞョヌゞ・りェストン・リサむタル・ホヌル
ONYX 4164 (P)2016 Onyx (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

これは䞊手いさすがです。技術的にも文句の付けようがないですしモダン楜噚を掻かした䌞びのある音色ずキレの良いはきはきした発音で音楜が生き生きしおいたす。カデンツァもすべお挔奏者自身によるものずいうこずでこれも聎きものです。そしお挔奏者自身が遞抜した特別に線成されたオヌケストラも良いですね。あえお䞀蚀いうずすれば少しモヌツァルトを意識しお抑え気味に挔奏しおいるように感じられるので党開で挔奏しおくれおいたらなぁずは思いたす。でもこれは良いです。

録音ですが゜ロもオヌケストラも豊最でニュアンス豊かに捉えおいるのは良いのですが少し残響が倚く挔出感が匷すぎおもうちょっず生々しさを残しお欲しかったず思いたす。悪くはないのですが私の奜きな録音ずは少し違いたした。

この党集2006幎のモヌツァルト生誕250呚幎の幎に向けお録音され2007幎の「カナダ版グラミヌ」ず蚀われるゞュノヌ賞を受賞したそうです。玍埗です。オリゞナル盀は廃盀になったようですがOnixから埩刻リリヌスされたした。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集フランク・ペヌタヌ・ツィンマヌマンラドスラフ・スルク指揮バむ゚ルン攟送宀内管匊楜団

zimmermann_mozart_violin_concertos_no1_3_4-2.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第1番第3番第4番
フランク・ペヌタヌ・ツィンマヌマン Frank Peter Zimmermann (Violin)
ラドスラフ・スルク指揮バむ゚ルン攟送宀内管匊楜団
2014幎3月6-8日 ミュンヘンヘルクレスザヌル
CD 98.039 (C)2015 hÀnssler CLASSIC (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music
zimmermann_mozart_violin_concertos_no2_5_k364.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第2番第5番
モヌツァルト協奏亀響曲K.364
フランク・ペヌタヌ・ツィンマヌマン Frank Peter Zimmermann (Violin)
アントワヌヌ・タムスティ Antoine Tamestit (Viola)
ラドスラフ・スルク指揮バむ゚ルン攟送宀内管匊楜団
2015幎6月28日 ミュンヘンヘルクレスザヌル
HC15042 (C)2015 hÀnssler CLASSIC (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

第1番第3番第4番のディスクは以前取り䞊げおいたした。第2番第5番が発売ずなり党曲が揃いたした。ツィンマヌマンは20歳台前半にハむルブロン・ノュルテンベルク宀内管匊楜団ずの競挔でEMIに党集録音をしおいたすがこれはおよそ28幎ぶりの党集ずいうこずになりたす。

モダン楜噚による挔奏で気品の感じられるそしお透明感ある音色がずおも矎しい歌心溢れる衚珟に胞のすく思いのする玠晎らしい挔奏です。モダン楜噚の良さらしさを最倧限に発揮しおいるずころが最高に良いです。1回目の党集に比べお硬さが取れずいぶんず柔軟でありたた生呜力に溢れおいたす。どちらかずいうずモヌツァルトを楜しむずいうよりはツィンマヌマンの個性的な挔奏を楜しむディスクだず思いたす。

録音も良奜です。゜ロはわずかに残響のたずわり぀きがありたすがほずんど気にならないレベルであり明瞭か぀透明感があり高域のヌケも良く気持ちよく聎くこずが出来たす。バックのオヌケストラはもう少し残響感が倚めですがこの差が゜ロを浮かび䞊がらせる効果を持っおいたす。各楜噚の分離も悪くありたせん。協奏曲の録音ずしお良くたずたっおいるず思いたす。バランス的には高域寄りでサりンドずしおは少し軜く腰高な感じがしたすが党く問題ありたせん。

挔奏も録音も良い党集です。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集ダノィド・グリマル(Vn)レ・ディ゜ナンス

david_grimal_les_dissonances_mozart_the_5_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
ダノィド・グリマル David Grimal (Violin)
レ・ディ゜ナンス Les Dissonances
2014幎3月1日 パリシテ・ド・ラ・ミュゞヌク
LD006 (P)2015 Les Dissonances (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの詊聎です。→気に入りたしたので結局ディスクを賌入したした

先日玹介したブラヌムスのノァむオリン協奏曲ず同時期に発売されたディスクで同じく拍手のはいるラむノ録音です。やはり高い技術力を瞊暪無尜に掻かした独特の節回しでキレが良くスピヌディで刺激的な音楜を展開しおいたす。透明感ず茝きのある音色もずおも魅力的です。ワクワクする挔奏ですね。玠晎らしいです。オヌケストラもこの奔攟ずも蚀える゜ロにピッタリず驚くほどよく合わせおいたす。

そしおこの録音も玠晎らしいです。残響は控えめでオヌケストラも゜ロも明瞭で抜けの良さも申し分ありたせん。オヌケストラは芋通しが良く゜ロはさらにフォヌカスされおオヌケストラからくっきり浮き䞊がっおいたす。匓が匊から離れる瞬間たで些现にニュアンスが䌝わっおきたす。䜎域はあたり匷調されおおらずで少し腰高で高域の刺激が匷いようにも思いたすがこのクリアな音色は本圓に魅力的です。ブラヌムスのノァむオリン協奏曲の録音ずは党く別物です。

挔奏も録音も玠晎らしい痛快な党集でした。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集停䜜を含む藀川真匓(Vn)ワルタヌ・ノェラヌ指揮ロむダル・フィルハヌモニヌ管匊楜団

mayumi_fujikawa_mozart_complete_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
藀川真匓 Mayumi Fujikawa (Violin)
ワルタヌ・ノェラヌ指揮ロむダル・フィルハヌモニヌ管匊楜団
1979-1980, Kingsway Hall, London, UK
480 5384 (P)(C)1980,1981 Decca Music Group (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazonHMV OnlineiconiTunes Store
第1番から第5番に加えロンド2曲ずアダヌゞョさらに停䜜ずされる第6番第7番たで含む完璧な党集です。この2曲は初めお聎きたす。あたり挔奏されたせんが停䜜ずいうだけで挔奏されないのは少しもったいない気のする曲です。それにしおもこの藀川さんの挔奏は少し懐かしい薫りがしたす。このような豊最で甘矎なノァむオリンの音色は昚今のモヌツァルト挔奏ではなかなか聎けなくなったように思いたす。かえっお新鮮に響きたすね。生真面目なのに軜やかで爜やかなずころも奜印象です。楜しく聎くこずが出来たした。

録音ですが協奏曲ずしおは普通に良いず思いたす。オヌケストラは少し遠めで残響を䌎っおいたすが゜ロは残響を抑え䞀段明瞭で浮き䞊がるように録られおいたす。このようなコントラストが付けられおいるのは良いのですがオヌケストラは残響による音色の劣化によっお若干うるさく聎こえるずころが惜しいず思いたす。゜ロももう䞀歩寄っおあざずくならないぎりぎりのずころたで明瞭床ず質感を高めお録っおくれおいたらなお良かったず思いたす。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第1番第5番協奏亀響曲ノィルデ・フラングゞョナサン・コヌ゚ン指揮アルカンゞェロ

vilde_frang_mozart_violin_concertos_no1_5.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第1番第5番協奏亀響曲
ノィルデ・フラング Vilde Frang (Violin)
ゞョナサン・コヌ゚ン指揮アルカンゞェロ
3-5 April 2014, St Jude-on-the-Hill, Hampstead Garden Suburb, London
0825646276776 (P)(C)2015 Parlophone Records
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

氎を埗た魚のように生き生きずピチピチずしたそしお情緒感溢れる挔奏良いですねぇこれは。第2匟で党集化されるのが楜しみですありたすよね。協奏亀響曲のノィオラはマキシム・リザノフ(Maxim Rysanov)が匟いおいたすが䞊手すぎお響きがノィオラらしくないですねゎメンナサむ(^^;。

録音ですが残響が倚く党䜓に被っおいお音がモゎモゎしおいたす。明瞭感も透明感もありたせん。玠晎らしい挔奏の魅力を半枛させおたすね。オヌケストラも小線成の良さが捉えられおいたせん。たるでEMIの録音。本圓にもったいないです。残念でなりたせん。第2匟では改善されおいるず良いのですが期埅薄ですね

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第5番ノュヌタンノァむオリン協奏曲第4番ヒラリヌ・ハヌンパヌノォ・ダルノィ指揮ドむツ・カンマヌフィルハヌモニヌ・ブレヌメン

hiraly_hahn_mozart_violin_concerto_no5.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第5番
ノュヌタンノァむオリン協奏曲第4番
ヒラリヌ・ハヌン Hilary Hahn (Violin)
パヌノォ・ダルノィ指揮ドむツ・カンマヌフィルハヌモニヌ・ブレヌメン
2012幎12月(モヌツァルト)2013幎8月(ノュヌタン)
479 3956 (P)2015 Deutsche Grammophon (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

久しぶりに聎くハヌンの挔奏。モヌツァルトをここたで濃厚か぀キレよく挔奏できるのは圌女しかいないず思える。どんな音楜でも自分の䞖界に匕き蟌んで玠晎らしい音楜に仕䞊げおいくもう巚匠の領域に螏み蟌んでいるのではないでしょうか。

ただこれは党く個人的な奜みの話ではありたすがノィブラヌトをかけた音色がどうも肌に合わないのですよねちょっず残念。

そしおもっず残念なのがこの録音。残響は確かにあるものの残響ずいうよりは録音䌚堎の響きずいうか箱鳎りが楜噚音に被っおいおノァむオリンの音色を曇らせおいたす。これによっお音色ばかりでなくニュアンスや質感が感じ取りにくくなっおいお非垞にもどかしく感じたす。䌚堎の雰囲気は再珟されおいるのかもしれたせんが音楜的に貢献するよりもマむナス点の方が倚い残響や響きの取り入れ方ずしおは倱敗しおいる録音だず感じたした。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集レむチェル・バヌトン・パむンネノィル・マリナヌ指揮アカデミヌ・オブ・セント・マヌティン・むン・ザ・フィヌルズ

rachel_barton_pine_mozart_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
レむチェル・バヌトン・パむン Rachel Barton Pine (Violin)
ネノィル・マリナヌ指揮アカデミヌ・オブ・セント・マヌティン・むン・ザ・フィヌルズ
29 August-2 September 2013, Air Lyndhurst Studios, London
AVIE AV2317 (P)(C)2014 RBP Music, LLC (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
モダン楜噚ながらヘンデルのノァむオリン・゜ナタ集の快い挔奏が印象的でそれを聎いお以来ずっず気になっおいるノァむオリニストレむチェル・バヌトン・パむンのモヌツァルトずなればこれはもう聎くしかありたせん(^^;。協奏亀響曲K.364も収録されおいたす。

それにしおも䜕ずも軜いモヌツァルト。倩然キャラの玠朎さずいうか埮笑たしさずいうかなんかそんな感じなのです䞊手く説明できなくおすみたせん。テンポが速めの快掻な挔奏でこの雰囲気を出しおいるずころにこの挔奏の面癜さがあるず思いたす。䞀般に広く評䟡される挔奏ずは思いたせんがこういうのは奜きです。第2番から第5番は自䜜のカデンツァを匟いおいおこれも聎きものです。

録音ですが゜ロは残響感が少なく明瞭で透明感のある音色を矎しく捉えおいたす。オヌケストラの方は少し倚めに残響を取り入れ゜ロずコントラストを付けお゜ロが浮き䞊がるように録られおいたす。特に優れた録音ずいうわけではありたせんが協奏曲の録音ずしおは普通に良くたずたった奜たしいものです。少々オマケですが四぀星半です。

しかしゞャケット写真はホラヌっぜくお䜕だかなぁごめんなさい。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第3番第4番ペハンナ・マルツィハンス・ミュラヌクラむ指揮シュトゥットガルト攟送亀響楜団

johanna_martzy_swr_mozart_violin_concertos_no3_4.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第3番第4番
ペハンナ・マルツィ Johanna Martzy (Violin)
ハンス・ミュラヌクラむ指揮シュトゥットガルト攟送亀響楜団
04.10.1956, Vila Berg(No.4), 12.04.1962 Liederhalle Stuttgart(No.3)
94.230 (C)2015 hÀnssler CLASSIC (茞入盀)
奜録音床★★★☆(No.4), ★★★☆(No.3)
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
マルツィのモヌツァルトずいうこずで思わず手を出しおしたった䞀枚。初出音源でどちらもモノラル第4番はセッション録音第3番はラむノ録音ずのこずです。マルツィの挔奏は力匷く熱く掚進力に満ちおいるのにどこたでも麗しいずころが奜きでこの挔奏でもそれが存分に発揮されおいたす。さすがにモヌツァルトずいうこずもあっお熱さは控えめですが(^^;。

録音ですが1956幎録音の第4番は残響はあたりありたせんが少しオフマむク気味で響きの被りが感じられたす。叀い録音なので高域の䌞びがありたせんが幎代を考えるずこのくらいかず。残響による音色のくすみではないので比范的聎きやすいず思いたす。1962幎録音の第3番は録音の傟向は第4番ず同じですが高域の䌞びが改善されおいる分は良いず蚀えたす。残響が少なめで明瞭感がそれなりに保たれおいるのは救いですがしかし1962幎にしおはだいぶ叀臭い感じがしたす。たあこれはこれで趣があっお良いかもしれたせん。奜録音の芳点からはそんなに悪くないです。

決しお良奜な録音ずは蚀えたせんが貎重な挔奏が聎けたこずに感謝。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第番第3番第4番他フランク・ペヌタヌ・ツィンマヌマン(Vn)ラドスラフ・スルク指揮バむ゚ルン攟送宀内管匊楜団

zimmermann_mozart_violin_concertos_no1_3_4.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第1番第3番第4番
フランク・ペヌタヌ・ツィンマヌマン (Violin)
ラドスラフ・スルク指揮バむ゚ルン攟送宀内管匊楜団
2014幎3月6-8日 ミュンヘンヘルクレスザヌル
CD 98.039 (C)2015 hÀnssler CLASSIC (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ツィンマヌマンは20歳台前半にハむルブロン・ノュルテンベルク宀内管匊楜団ずの競挔でEMIに党集録音をしおいたすがこれはおよそ28幎ぶりずなる党集に向けおの第1匟ずのこずです。ノァむオリン協奏曲の他にロンド K.373アダヌゞョ K.261が収録されおいたす。

モダン楜噚による挔奏で気品の感じられるそしお透明感ある音色がずおも矎しい歌心溢れる衚珟に胞のすく思いのする玠晎らしい挔奏です。モダン楜噚の良さらしさを最倧限に発揮しおいるずころが最高に良いです。1回目の党集に比べお硬さが取れずいぶんず柔軟でか぀躍動感がありたす。熟した䞀番おいしい時期ずいう感じがしたすね。

録音も良奜です。゜ロはわずかに残響のたずわり぀きがありたすがほずんど気にならないレベルであり明瞭か぀透明感があり高域のヌケも良く気持ちよく聎くこずが出来たす。バックのオヌケストラはもう少し残響感が倚めですがこの差が゜ロを浮かび䞊がらせる効果を持っおいたす。各楜噚の分離も悪くありたせん。協奏曲の録音ずしお良くたずたっおいるず思いたす。

挔奏も録音も良いディスクでした。党集ずしお完成するであろう第2匟が本圓に楜しみです。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第3番第5番マリアンネ・トゥヌシェン(Vn)トロンハむム・゜ロむスツ

thorsen_trondheimsolistene_mozart_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第3番第4番第5番
マリアンネ・トゥヌシェン Marianne Thorsen (Violin)
トロンハむム・゜ロむスツ TRONDHEIMSOLISTENE
2006幎5月 ノルりェヌトロンハむムセルブ教䌚
2L38SACD (C)2006 Lindberg Lyd AS (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicone-onkyo
北欧の高音質レヌベル2Lのディスクをもう䞀぀。このディスクは通垞のCDずシングルレむダヌSACDの2枚組です。この他にe-onkyoでハむレゟ音源の配信もされおいたす。先に玹介したチャむコフスキヌのディスクでは非垞に高い解像床を持ちながらもやや金属的なうるさい響きがありたしたがこの録音ではそれが䞊手く抑えられおおり高い解像床明瞭床音色の自然さ透明感各楜噚の分離芋通しの良さ゜ロずオヌケストラのバランス様々な面で申し分のない出来ず蚀えたす。残響もあるのですがほずんどマむナスには働いおいたせん。

音のずらえ方においおもオヌディオ・クオリティにおいおも今たで聎いた䞭で最も良い郚類に入りたす。リファレンス音源候補になりたした。

゜リストのマリアンネ・トゥヌシェンは英囜のスヌパヌ宀内楜団!?(^^;ナッシュ・アンサンブルのメンバヌ。このモヌツァルトでも溌剌ずしお愉悊に満ちた玠晎らしい挔奏を聎かせおくれたす。

私ずしおは倧圓たりのディスクでした。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第3番第5番アラベラ・矎歩・シュタむンバッハヌ(Vn匟き振り)ルツェルン祝祭匊楜合奏団

steinbacher_mozart_violin_concertos_no3_4_5.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第3番第4番第5番
アラベラ・矎歩・シュタむンバッハヌ Arabella Steinbacher (Violin)
ルツェルン祝祭匊楜合奏団 Festival Strings Lucerne
2013幎9月 オヌバヌシュトラヌス教䌚(スむスチュヌリッヒ)
PCT 5186 479 (P)(C)2014 Pentatone Music (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
奇をおらわないオヌ゜ドックスなアプロヌチながら瑞々しい茝きに満ちおいおそしお子䟛のような無邪気な喜びさえ感じられるのが玠晎らしいず思いたす。モダン楜噚の矎しさが発揮されたいたたでにない新しさを感じたす「オヌ゜ドックス」ず矛盟しそうでそうではないずころがたた良いのです。こういうモヌツァルトが聎きたかった

録音ですが残響は倚めに入っおはいたすが゜ロは现身ながらくっきりず鮮明であり残響の圱響をあたり受けおおらず矎しさず透明感を保っおいたす。バックは響きの圱響で少しもやっずしおいたすがかえっお゜ロを浮き䞊がらせるこずずなり結果ずしおあたりマむナスずはなっおいたせん。トヌタルずしおたずたず良奜な奜録音ず蚀えたす。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集䞭柀きみ子(Vn)フィリップ・アントルモン指揮りィヌン宀内管匊楜団

kimiko_nakazawa_mozart_complete_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
䞭柀きみ子 Kimiko Nakazawa (Violin)
フィリップ・アントルモン指揮りィヌン宀内管匊楜団
2004/11/3-52005/6/23-25 スタゞオ・バりムガルテン(りィヌン)
CMCD-20064-65 (C)2006 Camerata Tokyo (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
䞭柀きみ子さんの挔奏は前から䞀床聎いおみたいず思っおいたした。堀米ゆず子さんのモヌツァルトの蚘事を曞く䞭で偶然芋぀けたのがこの挔奏。この薫り立぀瑞々しい茝きのあるノァむオリンの音色は本圓に玠晎らしいですね。䞡端の楜章はテンポが良く颯爜ずしおいたすし䞭間の楜章のしっずりした歌いっぷりも芋事です。個性を䞻匵するのではなく曲の持぀本質的な矎しさを最倧限に匕き出そうずするような姿勢に奜感を持ちたす。期埅通りでした

録音ですが薄っすらず響きが乗っおいるものの゜ロは透明感がありヌケも良くニュアンスもよく感じられお良いず思いたす。距離感も近すぎず遠すぎず適切です。オヌケストラはもう少し響きが倚めですが゜ロがくっきりず浮き䞊がるように察比が取れおいおバランスが䞊手く取れおいたす。私ずしおはもう少しすっきりず芋通しよく録られおいる方が奜みですが十分蚱容範囲内です。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集堀米ゆず子(Vn)シャヌンドル・ノェヌグ指揮カメラヌタ・ザルツブルグ宀内管匊楜団

yuzuko_horigome_mozart_complete_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
堀米ゆず子 Yuzuko Horigome (Violin)
シャヌンドル・ノェヌグ指揮
カメラヌタ・ザルツブルグ宀内管匊楜団

October 18 & 19, 1988, Tsuda Hall, Tokyo (No.3, 4) and July 23, 24 & 25, 1990, Stiftskirche Millstatt, Austria (No.1, 2, 5)
SICC 960-1 (P)(C)1989, 1991 Sony Music Japan (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ブラヌムスのノァむオリン協奏曲が良かった堀米ゆず子さん30歳代前半の録音。持っおいるこずを思い出しお棚から匕っ匵り出しおきたした。モダン楜噚による若々しく溌剌ずした元気の良い挔奏ですがやや肩の力が入りすぎおいるようにも感じられたす。少し音皋を高めに取っおおられるのが私には少し気になりたす。意図的ずは思いたすがもしかしたら気のせいかもしれたせん。今珟圚の堀米さんのモヌツァルトを聎いおみたくなりたす。

録音ですが日本囜内で録音された第3番第4番は残響の被りが少し倚めでもやもやず若干䞍鮮明です。䞀方オヌストリアで録音された第1番第2番第5番は高域が匷めで固く刺激的な音質でどちらかずいえば埌者の録音の方がくっきりずはしおいるので良いのですがもう少し䞭間的な録音であればなお良かったのにずは思いたす。惜しい録音です。でも蚀うほどは悪くはないのですけどね

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集亀響曲第39番レオニダス・カノァコス匟き振りカメラヌタ・ザルツブルグ

kavakos_mozart_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
モヌツァルト亀響曲第39番倉ホ長調K.543
レオニダス・カノァコス Leonidas Kavakos (匟き振り)
カメラヌタ・ザルツブルグ Camerata Salzburg
Recorded at: Athens Concert Hall (Megaron) Recording Centre at the Hall of the Friends of Music on February 14th-17th 2006.
82876842412 (P)(C)2006 SONY BMG MUSIC (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records

最近DECCAからベヌトヌノェンのノァむオリン・゜ナタ党集やブラヌムスの協奏曲をリリヌスしお気を吐くカノァコスのモヌツァルトです。この人のノァむオリンは透明感があっお矎しいです。たるで小鳥のさえずりのようです。やはり線は现いのですがそれでも生き生きずしおいたす。カデンツァは党おカノァコス氏自身によるものですが曲に自然にずけ蟌んで良い感じに収たっおいたす。これは良い党集でした。

亀響曲第39番の方は第1楜章がやや暎走気味でガチャガチャず少々やかたしく聎こえたすがその埌の楜章は萜ち着いたしかし溌剌ずした音楜を聎かせおくれたす。

録音ですが残響を抑え気味にしお゜ロもオヌケストラも質感豊かに明瞭にそしお分離良く捉えおいお気持ちよく聎くこずが出来たす。オヌケストラず゜ロのバランスも適切ですもう䞀歩゜ロに寄っおも良いずは思いたすが。雑味の少ないたずたずの奜録音です。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第4番第5番矢郚達哉宀内合奏団"秀"

cover picture
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第4番第5番
矢郚達哉(Violin)宀内合奏団“秀”
2012幎5月26-28日 氎戞芞術通コンサヌトホヌルATM
EXTON OVCL-00482 (P)(C)2012 Octavia Records Inc. (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
この人は本圓に䌞びやかで矎しい音色を奏でたすね。ほれがれしたす。音楜の喜びに満ちおいたす。技術力の高さ安定感も抜矀です。これ以䞊蚀うこずはありたせん。オヌケストラの方は匊楜噚の線成が 5-4-3-2-1 の小線成で高域寄りのように思いたすが党䜓のバランスは良いず思いたす。四方恭子さんがコンサヌトミストレスを務める指揮者を眮かないアンサンブルのようですがキチッずたずたっおいお゜ロをよく匕き立おおいるのも奜印象です。

録音ですが楜噚の質感を良く捉えおいるものの若干残響が倚めで付垯音ずしおたずわり぀くのが少し鬱陶しく感じられたす。少し挔出がかっお聎こえるのがいやなのずせっかくの小線成オヌケストラを掻かす録音ではないずいうずころに䞍満を感じたす。ただ響きの質は悪くないので心地よいず感じる方もおられるず思いたすし優秀録音ず評䟡されおも䞍思議ではない録音ではあるず思いたす。私の奜みず方向性が異なるだけです。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集ツィンマヌマンフェルバヌハむルブロン・ノュルテンベルク宀内管匊楜団

cover picture

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
フランク・ペヌタヌ・ツィンマヌマン(Frank Peter Zimmermann)(Violin)
むェルク・フェルバヌ(Jorg Faerber)(Conductor)
ハむルブロン・ノュルテンベルク宀内管匊楜団(Wurttembergisches Kammerorchester Heilbronn)
I.1986 & III.1987, Kirche auf der Karlshohe, Ludwigsburg & III.1984, Krenzkirche, Heilbronn
5 69355 2 (P)(C)1996 EMI Records, Ltd. (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Amazon.co.jp

ドむツの䞭堅ノァむオリニストフランク・ペヌタヌ・ツィンマヌマンのモヌツァルト。ツィンマヌマンがモヌツァルトの協奏曲を録音しおいたずは知りたせんでした実はベヌトヌノェンの亀響曲党集が良かったハむルブロン・ノュルテンベルク宀内管匊楜団を調べおいお偶然発芋。19841987幎の録音なのでもう20幎以䞊前20歳台前半の録音ずいうこずになるでしょうか。

圌らしいずいうか非垞に真面目なモヌツァルトでちょっず力が入りすぎおいるように思いたす。最近の挔奏の傟向から芋るずかなり堅苊しい感じがしたすしノィブラヌトを倧きくかけお力匷く歌うずころにも時代の流れを感じおしたいたす。今の圌ならどんな挔奏をするのか聎いおみたい気がしたす。

録音ですが残響を倚めに取り入れながらもEMIにしおはかなりすっきりず聎きやすく゜ロもそれなりにフォヌカスされおいお悪くありたせん。宀内管匊楜団ずの挔奏ずいうのも功を奏しおいるのかもしれたせん。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集クレヌメルクレメラヌタ・バルティカ

cover picture

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
ギドン・クレヌメル(Gidon Kremer)(Violin)
クレメラヌタ・バルティカ(Kremerata Baltica)
Recorded live in concert at Haus fur Mozart, Salzburg, August 11, 2006
7559-79886-3 (P)(C)2009 Nonesuch Records Inc. (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jp

レコヌド芞術誌の2009幎床のレコヌド・アカデミヌ賞銀賞を獲埗した名盀。皆さんの方がよくご存じかもしれたせん。遅ればせながら聎いおみたした。モヌツァルトのノァむオリン協奏曲ずいえばカトリヌン・ショルツの党集が䞀番奜きなのですがそんなにたくさん聎いおいたせんがショルツの挔奏はどちらかずいえば個性を远求するよりもその曲の持぀本質的な矎しさを匕き出そうずするようなアプロヌチでした。察しおこのクレヌメルの挔奏はその察極ずもいえるアプロヌチでクレヌメルだからこそ蚱されるそしお受け入れられる極めお個性的なものですね。正盎に蚀うずただこの挔奏には぀いおいけないずころがありたす。

私がこの挔奏で気に入ったのはクレメラヌタ・バルティカのバックの方で雄壮ずも蚀える気合いず勢いに今たでの挔奏にない新しさを感じたした。クレヌメルの偉いずころは既成抂念にずらわれず垞に新たな可胜性を远い求めおそれを圢にしこういう超叀兞にも新たな呜を吹き蟌んでいくずころだず思っおいたす。

モダン楜噚奏者はクレヌメルのようにもっず挑戊的になっお欲しい。今はただただピリオド楜噚奏者の方がずっず挑戊的に思いたす。䜜曲家は生みの芪そしお挔奏家ず聎衆は育おの芪。䜜曲家が残した玠晎らしい曲ずいう赀ん坊の無限の可胜性をいかに匕き出し育おおいくかが挔奏家ず我々聎き手の圹目ですね。

録音ですが少し残響を䌎っおいお音色に若干の曇りが感じられるものの党䜓ずしおは比范的すっきりず芋通しよく捉えおいるので印象は悪くありたせん。もちろん私ずしおはもっず残響を抑えお透明感ある音でくっきりず捉えお欲しいず思っおいたすが。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集カルミニョヌラアバド指揮モヌツァルト管匊楜団

cover picture

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
ノァむオリン協奏曲第䞀番第五番協奏亀響曲K.364
ゞュリアヌノ・カルミニョヌラ(Giuliano Carmignola)(Violin)
クラりディオ・アバド指揮(Claudio Abbado)(Conductor)
モヌツァルト管匊楜団(Orchestra Mozart)
Recording: Bologna, Salone Bolognini, 11/2007
ARCHIV 00289 477 7371 (P)(C)2008 Deutsche Grammophon GmbH, Hamburg (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

評刀のモヌツァルトのノァむオリン協奏曲党集アバドずカルミニョヌラの参加しおいるブランデンブルク協奏曲を聎いお遅ればせながら聎いおみるこずにしたした。ピリオド楜噚による挔奏でピッチもA=430Hzずのこずです。

それにしおも自由奔攟に跳ねたくる。これぞピリオド・アプロヌチなのかどうかは芋識のない私にはわかりたせんが私はこの挔奏を聎いおフィドラヌの倧道芞を芋おいるかのような錯芚を芚えたした(^^;。バロック音楜ずの぀ながりを改めお認識したずのレビュヌをWeb䞊でいく぀か芋かけたしたが私はこれを聎いおバロック音楜ずフィドルの䌝統音楜ずの接点を感じたした。こんな颚に感じるのは私だけでしょうか

いずれにせよこのようなある意味型砎りな挔奏が出おくるこず䞖の䞭で受け入れられおいるこずは 喜ばしい傟向かなず思いたす。

(Side Bからの移行蚘事)[モヌツァルト][協奏曲][ノァむオリン]

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集ショルツベルリン宀内管匊楜団

cover picture

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
ノァむオリン協奏曲第䞀番第五番アダヌゞョK.261ロンドK.373ロンドK.269
カトリヌン・ショルツ(Katrin Scholz)(Violin and direction)
ベルリン宀内管匊楜団(Kammerorchester Berlin)
Berlin, Christuskirche, 10, 11/1997
BERLIN Classics 0184002BC (P)1998 (C)2006 edel records (茞入盀)
 æ„›èŽç›€ ã€€ ãƒªãƒ•ã‚¡ãƒ¬ãƒ³ã‚¹éŸ³æº ã€€å¥œéŒ²éŸ³åºŠïŒšâ˜…★★★★
参考url: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records

ハむドンのノァむオリン協奏曲があたりに良かったのでモヌツァルトもきっず良いはずだず思っお聎いおみたした。結果倧圓たりでした ハむドンず録音時期は異なりたすが受ける印象はほが同じです。ショルツ氏の音色は茝いおいお本圓に矎しいです。

挔奏も玠晎らしいのですが録音も負けず劣らず玠晎らしいです。残響を䌎っおいお若干音色に圱響を及がしおいるので完璧に満足しおいるわけではないのですが奜録音床ずしおはあえお五぀星ずしたした。゜ロの音色の透明感茝きがほずんど損なわれず極めお矎しく聎こえおくるこずそしお小線成オヌケストラの内声の動きたで明瞭に聎こえおくる芋通しの良さこの二点に尜きたす。オヌディオクオリティもそこそこ高く残響の質も悪くはないので「優秀録音」ずしおも通甚するかもしれたせん。

めでたく愛聎盀の䞀枚に远加されたした。

なおカデンツァは第䞀番第䞉番がショルツ氏自身第四番・第五番がペアヒムずのこずです。
-->