fc2ブログ

ダウランド:リュート歌曲集 第1巻(グレース・デイヴィッドソン/デイヴィッド・ミラー)

grace_davidson_dawland_first_booke_of_songes_or_ayres.jpg
ダウランド:リュート歌曲集 第1巻
グレース・デイヴィッドソン Grace Davidson (Soprano)
デイヴィッド・ミラー David Miller (Lute)
2016年4月26-28日 イギリス,バークシャー,アスコット小修道院
SIGCD553 (P)(C)2018 Signum Records (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

声楽はほとんど聴かないのですが,本当にたまたまe-onkyoの新譜の試聴で,録音が好きな感じだったので聴き始め,その美しい歌声に魅了され聴き入ってしまいました。

録音は修道院で行われたようですが,直接音が主体で残響がふわっと広がり歌声にあまり被らず,まとわりつきはあるものの,声の明瞭感・透明感を保ったまま空間性も上手く表現していて,残響の取り入れ方としてはとても良いと思いました。これであれば私も納得です。

良い録音が私の音楽の世界をまた少し広げてくれました。感謝。

プッチーニ:歌劇「トスカ」全曲(カレーラス,カバリエ,デイヴィス指揮コヴェントガーデン)

colin_davis_puccini_tosca.jpg
プッチーニ:歌劇「トスカ」全曲
カレーラス,カバリエ,デイヴィス指揮コヴェントガーデン
1976å¹´
Philips 438 359-2 (P)1976 (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

Apple Musicでの試聴です。ブログ読者の方から「スピーカの奥行きにステージが見えるような音源」とのことでご紹介いただきました。有り難うございます。録音のみのコメントですが,私はオペラは守備範囲外で全く聴かないので的外れでしたらごめんなさい。

全体の音響としては,確かに舞台の広さ,空間を感じさせるような響きがあります。当然ながらこれが歌声,オーケストラの演奏に被ってきます。しかし,舞台上での歌手の位置や動きが空間的にリアルに再現されるため,オペラの録音としては好ましいのではないかと思いました。

そしてオーケストラの方も響きで少し音色に影響を受けてはいるものの,楽器の質感,分離感も適度に感じられ,なによりスケールの大きな迫力のある圧巻のサウンドがなかなかの聴きものです。私はむしろこちらの方に感心しました(^^;。

私のような偏った拘りがなければ優秀な録音と言えるのではないでしょうか。
-->