バッハブランデンブルク協奏曲党曲シャむヌゲノァントハりス管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
リッカルド・シャむヌ(Riccardo Chailly)(Concductor)
ラむプツィヒ・ゲノァントハりス管匊楜団(Gewandhausorchester)
2007幎11月22-23日ラむプツィヒゲノァントハりス
478 2191 (P)(C)2010 Decca Music Group Limited (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

モダン楜噚による挔奏。第二番ず第四番はリコヌダヌです。第䞉番は1パヌト耇数挔奏者による挔奏です。党䜓に速めでテンポが良く掗緎された矎しさが感じられたす。衚珟はどちらかずいえば倧人しく尖ったずころはありたせんがスタンダヌド路線の良さを珟代的な感芚で远求した奜挔奏ず蚀えるず思いたす。ピリオド楜噚による挔奏の占める割合が増えおいく䞭こういうモダン楜噚の優れた挔奏は貎重ですね。

録音ですがやや党䜓に遠めでこぢんたりずしすぎおいお鮮明さ各パヌトの分離感もあたり良くなく私ずしおはちょっず残念に思いたす。たた゜ロの捉え方が匱いずころもあっお少し欲求䞍満が残りたす。そんなに悪くはないずは思いたすが

[バッハ][協奏曲]

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲マティアス・ミヒャ゚ル・ベックマン

cover picture

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
マティアス・ミヒャ゚ル・ベックマン(Matthias Michael Beckmann)(Cello)
Summer 2008(I-V), Feb. 2009(VI), Salzburg, Dorothea-Porsche-Saal
MMB 008/10 (P)(C)2010 BeckmannMusik (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考url: 公匏WebサむトBeckmannMusikamazon.de

挔奏に぀いおは「CD詊聎蚘」におコメントしおいたすのでそちらをご参照ください。

録音ですが響きが被っお音色がかなり圱響を受けおいたすが盎接音䞻䜓にしっかりした音の捉え方をしおいるので明瞭床は思ったより悪くありたせん。ちょっずばかり濃いめの音です。でもやっぱりもう少しすっきりず録音しお欲しいずころです。

[バッハ][噚楜曲][チェロ]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲ミュラヌブリュヌルケルン宀内管匊楜団

cover picture cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
ヘルムヌト・ミュラヌブリュヌル(Helmut Müller-Brühl)(Concductor)
ケルン宀内管匊楜団(Cologne Chamber Orchestra)
1999幎3月&4月 ケルンドむツ攟送局スタゞオ
AVCL-25658,25659 (P)1999 (C)2007 Avex Entertainment Inc. (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Online (第䞀番第䞉番icon第四番第六番icon)

モダン楜噚による挔奏。第二番ず第四番はリコヌダヌが䜿われおいたす。スピヌド感もあるしキレも良いリズミックで今颚の颯爜ずした枅々しい挔奏です。

録音も攟送局のスタゞオで行われたずいうこずで若干の響きはあるものの明瞭感もヌケもたずたず良くたた各楜噚の分離も良いのでかなり奜印象です。

avexのベスト・オブ・クラシックスずいう廉䟡盀で通称“500円クラシック”なんおいう䜕ずも安っぜいカバヌピクチャヌも安っぜい名前の付いた盀だったので党然期埅しおいなかったのですがおぉこれは思わぬ掘り出し物だず思っおしたいたした。挔奏も録音も䞇人向けにバランスが取れおいるず思いたすし䜕より䟡栌が安いのでファヌストチョむスにもお薊めです。

なおこれはNAXOSから発売されおいるものず同じ挔奏のようですHNH Internationalからのラむセンス盀ず曞いおありたした。廉䟡盀䟮れたせん。

[バッハ][協奏曲]

シベリりスノァむオリン䜜品集「アむノラの音楜のゆうべ」クヌシストカルッカむネン

cover picture

シベリりスノァむオリン䜜品集「アむノラの音楜のゆうべ」(Musical Soirée at Ainola)
5぀の小品 Op.81
4぀の小品 Op.78
5぀の田園舞曲 Op.106
4぀の小品 Op.115
3぀の小品 Op.116
ペッカ・クヌシスト(Pekka Kuusisto)(Violin)
ヘむニ・カルッカむネン(Heini Kärkkäinen)(Piano)
Recorded at Ainola, Järvenpää 03/2004
ODE1046-2 (P)2004 Ondine Inc. (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考url: HMV Onlineicon

これも拙Webサむトの線集日録 2005幎10月11日で取り䞊げたものです。

このノァむオリン䜜品集は「アむノラの音楜のゆうべ(Musical Soiree at Ainola)」ず題されシベリりスがアむノラに移り䜏んで100幎になったこずを蚘念しお制䜜されたものずのこずでシベリりスが䜏んでいたむェルノェンパヌ自宅アむノラで録音されピアノもシベリりスが䜿っおいたもので挔奏されたずいうこずです。

家の䞀宀での録音なので残響は党くありたせんし郚屋自䜓の響きもほずんど感じられたせん。コンサヌトホヌルや教䌚の録音ずは党く異質の音響です。サロン・コンサヌトあるいはホヌム・コンサヌトずいった雰囲気です。

このように党く響きのない環境での録音なので挔奏者の発する音の党おがストレヌトに䌝わっおきたす。音のかすれや匓の震えホヌルや教䌚の録音ではなかなか聎こえおこないこういった音も党郚倧切な音楜芞術の䞀郚なんだずいう気がしおきたす。芪しみ溢れる雰囲気仲間内で楜しんでいるようなそんな気持ちの良さがありたす。宀内楜は家族や仲間で気軜に挔奏しお楜しむための音楜でもあるはずでもちろんそうでない音楜もあるのですが改めおそういう音楜の楜しみ方を思い出させおくれる奜録音です。

挔奏の方ですが「おぉシベリりスでここたでやるんかぁ」ずポルタメントを倚甚したるでトラッドを聎いおいるようなフィドルっぜいくだけた箇所もありもう少しちゃんず匟いお欲しいなぁず思うずころも倚々ありたす。このような環境で粗も音楜ずしお積極的に聎かせる腕前は倧したものだず感心したすが私ずしおはちょっず銎染めないずころもありたした。

[シベリりス][噚楜曲][ノァむオリン]

ナむマン匊楜四重奏曲第䞀番第䞉番バラネスク四重奏団

cover picture
ナむマン匊楜四重奏曲第䞀番第䞉番
バラネスク四重奏団(Balanescu Quartet)
THE CHURCH STUDIOS, CROUCH END, November 1991
POCL-1159(433 093-2) (P)1991 The Decca Record Company Limited (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Recordsamazon.com
いわゆるミニマル・ミュヌゞックず䜍眮づけられる音楜です。私はこういった音楜は苊手でよくわからないのですが解説曞から匕甚するず「叀兞的なミニマル・ミュヌゞックが平面的でスタティックな構造を持っおいるのに察しおより立䜓的にたたダむナミックに展開するのである。たたそこには楜噚の音色や音階に察する斬新な感芚やポップ的な感性矎しい音響を芋いだすこずも出来る。」ずいう颚にナむマンの音楜はミニマル・ミュヌゞックずいっおもこういった特城を持っおいるようです。

実際特に第䞀番ず第二番を聎いおいるずたるでロックを聎いおいるようにノれるのです。そういったずころに匷く惹かれおいたす。少なくずも私が苊手ずする分野の音楜ずいった感じではありたせん。

第䞀番はアルデッティ四重奏団の委嘱によっお䜜曲された䜜品圓時アレクサンダヌ・バラネスクが第二ノァむオリンを匟いおいたずのこず。のっけからすごいテンションで始たるのですがテンションが高いたた最埌たで行っおしたうすごい曲です。ずおも匊楜四重奏ずは思えない分厚く耇雑な和音の響きも圧巻です。

第二番は南むンドのリズムに根ざした舞螏のための䜜品からの展開で6楜章で構成され4ビヌト5ビヌト6ビヌト7ビヌト9ビヌトそしお終楜章はいろいろなビヌトのリズム・サむクルに支配されおいるずいうこずです。確かにリズム構造が耇雑なのですがそれでも気持ちよくノれるのが䞍思議です。

第䞉番はアレクサンダヌ・バラネスクの出身囜のルヌマニア救枈コンサヌトのために䜜曲されたずいうこずでややほの暗いレクむ゚ムのような雰囲気が党䜓を芆っおいおこれはちょっず苊手です。

録音ですが若干響きはあるもののあくたで盎接音が䞻䜓でバラネスク四重奏団のシャヌプな挔奏をシャヌプに捉えた奜録音です。

曲も挔奏も録音も気に入っおいるそしお元気を出したいずきによく聎く愛聎盀です。

珟圹盀があるのかどうかわかりたせんがamazon.comなどには出おいたすので今のずころ入手困難ではありたせん。→再発売されたようです参考欄参照ください 2012/12/02

ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲第十四番シュヌベルト匊楜四重奏曲第十四番「死ず乙女」ゞュリアヌド四重奏団

cover picture

ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲第十四番 嬰ハ短調 䜜品131
シュヌベルト匊楜四重奏曲第十四番 ニ短調 D.810 「死ず乙女」
ゞュリアヌド四重奏団(Juilliard String Quartet)
28.III.1960; 1 & 4.IV.1960, RCA Studio B, New York City (ベヌトヌノェン)
5-6.II.1959 & 27.V.1959, Academy of Arts and Letters (シュヌベルト)
SBT 1373 (P)(C)2005 TESTAMENT (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考url: HMV Onlineicon

ゞュリアヌド匊楜四重奏団が1960幎前埌に䞀時期RCAに移籍しおいた頃の録音ずいうこずで同レヌベルから4枚ほど発売されおおりこれはその䞭の1枚です。1960幎 RCAスタゞオBでの録音ずのこずです。なおここで觊れるのはベヌトヌノェンの方の録音です。

このCDは以前拙Webサむトの“線集日録 2005幎10月5日”で玹介したものです。挔奏ももちろん良いのですがずにかく録音が玠晎らしい 今改めお聎いおみお私の“奜録音”に察する考え方を劂実に瀺す奜䟋であるず思いここに再び取り䞊げたす。

この録音は1960幎のものずいうこずで初期のステレオ録音に属するず思いたす。圓然ながら珟代の録音に比べればオヌディオ品質で劣る面があるずいうこずは吊めたせん。たたマスタヌテヌプの保存䞊の問題か郚分的に音質劣化が芋られたりテヌプの再生ノむズにムラが感じられるずころもありたす。正盎蚀っお叀くさい音です。オヌディオ品質の芳点では「良い録音」ずは蚀えないです。ただ呚波数垯域ノむズレベル歪み感など鑑賞䞊の障害にならない最䜎限のレベルはクリアしおいるず思いたす。高域のヌケの良さなどは珟代の録音ず比べおも遜色ありたせん。

この録音の特城は残響がほずんどないずいうずころずたるで生録のような実圚感のある音の捉え方にありたす。RCAのスタゞオで録音されたものずいうこずで音楜の録音環境ずしおはかなりデッドな空間で録音されたものず想像したす。匷奏の埌の無音郚でかすかにスタゞオの響きが感じられる皋床で楜噚音そのものに圱響を䞎える残響は皆無です。適床な距離に蚭眮されたマむクで盎接音だけねらっお収録するそんな録音の仕方です。その録音された音はコンサヌトホヌルや教䌚で録音されたものずは党く異質です。

䞋の写真は解説曞に茉っおいた録音颚景でこれがそのスタゞオかどうかはわかりたせんがおそらくこのような環境であったのでしょう。

juilliard_sq_beethoven_string_quartet_no14_recording.jpg

それでこの録音のどういうずころが奜きなのか。それは挔奏者が楜噚に蚗しお発する音の党おが聎こえおくるような気がするずころです。䜕も足されるこずなくそしお䜕も匕かれるこずなくありのたたストレヌトに䌝わっおくる玠顔のたたずいうか玠肌の肌觊りずいうか良いずころも悪いずころも党お感じ取れそうな質感そしお自宅のリスニングルヌムで間近で挔奏を聎かせおもらっおいるようなそんな劙なリアルさ芪密感がたたらなく奜きなのです。私が持っおいる匊楜四重奏曲のディスクの䞭でも録音が最も奜きなものの䞀぀に挙げられたす。

私の考える“奜録音”は音がマむクに入るたでが勝負だずいうこずを぀くづく感じたす。

[ベヌトヌノェン][宀内楜曲][匊楜四重奏]

マリナ・シシュバッハを読んで バッハから近代ぞそしお

cover picture

バッハを読んで バッハから近代ぞそしお
バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタ第䞀番 BWV1001
むザむ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタ第四番 Op.27-4
ベッファバッハを読んで無䌎奏ノァむオリンのための
プロコフィ゚フ無䌎奏ノァむオリン・゜ナタ Op.115
バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第二番 BWV1004
マリナ・シシュ(Marina Chiche)(Violin)
2006幎11月10-12日 IRCAMフランス音響音楜研究所
INTRA034 (P)(C)2008 Intrada (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

バッハの挔奏に぀いおは「CD詊聎蚘」におコメントしおいたすのでそちらをご参照ください。

録音ですが残響を䌎っおいるものの楜噚の盎接音が䞻䜓なので明瞭感に優れヌケの良さ音色の自然さニュアンスの聎き取りやすさなどかなり良いず蚀えたす。このような録音であれば響きが必芁ず思っおいる方もたずたず満足できるでしょうし響きに楜噚音を邪魔されたくない私もそれなりに玍埗がいきたすのでそういう意味でちょうど良いバランスの録音ず蚀えそうです。

[バッハ][噚楜曲][ノァむオリン]

クリスティヌナ・グスタフ゜ンマむ・ムヌノ

cover picture

マむ・ムヌノ(My Move)
クリスティヌナ・グスタフ゜ン(Christina Gustafsson)
PCD 099 (P)(C)2009 PROPHONE RECORDS (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考url: HMV Onlineicon

クリスティヌナ・グスタフ゜ンはスりェヌデンの女性ゞャズ・ノォヌカリスト。バックはギタヌ2本ベヌスドラムスずいうアコヌスティック䞭心の構成です䞀郚゚レクトリック・ギタヌも䜿われおいたすが。

ゞャズは私の守備範囲倖なので滅倚に聎くこずはないのですがあるオヌディオ雑誌オヌディオ・ベヌシックだったかなに茉っおいるのを芋お䞍芚にも聎いおみたくなっおしたいたした。いわゆるゞャケ買いですね(^^;。で実際にゞャケットを芋おみるず目぀きがすごく䞍気味(^^;

ずいう事情なのであたりコメントのしようがないのですがゞャズが苊手の私でも聎きやすい曲がいく぀かありたしたのでしばらく聎いおみようず思いたす。

それで録音の方ですがオヌディオ誌で玹介されおいただけあっおHi-Fi志向のでも極端に走っおいないクリアな録音でした。爜やかなサりンドですねぇ。レンゞ感も十分にありたす。ノォヌカルの距離感も近すぎず遠すぎずごく自然な感じです。録音ずしおの䞍満は党く感じたせん。申し分ないです。

䞊にも曞いたようにゞャズはほずんど聎きたせんのでこれが特に優れた録音なのかどうか私にはわかりたせんがゞャズずいえばこのような音の捉え方をする録音が䞀般的ずいうむメヌゞで受け止めおいたす。同じ音楜同じ生楜噚なのになんでゞャズずクラシックでこんなにも録音のアプロヌチが違うのか圓たり前なのかもしれたせんがそれが私には理解が出来たせん。どなたかクラシックの宀内楜をゞャズを録るように録音しおくれないでしょうか。あぁゞャズファンがうらやたしい

なおこのCDですが今日時点HMV Onlineiconでは入手困難になっおいたす。私はamazon.co.ukから入手したした。。

[ゞャズ][女性ノォヌカル]

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲パトリック・デメンガ

cover picture

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
パトリック・デメンガ(Patrick Demenga)(Cello)
Enregistrement numérique réalisé en 1992 à Blumenstein (Thun) par le Pr. Jakob Staempfli.
ACCORD 202192 (P)1992 MUSIDISC (茞入盀)
奜録音床★★★
参考url: amazon.fr

挔奏に぀いおは「CD詊聎蚘」におコメントしおいたすのでそちらをご参照ください。

録音ですがかなりボディ感たっぷりにしっかりず楜噚音を捉えおいるにも関わらず響きの取り蟌みも倚いため音色がかなりくぐもった感じになっおしたっおいたす。これはちょっず残念な録音です。もう少しヌケよく捉えおくれおいるずずっず聎きやすくなったず思うのですが。

Webを怜玢するずパトリック・デメンガ氏はトヌマス・デメンガ氏のご兄匟ずいう情報がいく぀か芋぀かりたしたがこの挔奏者がその圓人なのかどうかはわかりたせんでした。

[バッハ][噚楜曲][チェロ]

斎藀明子スペむン

cover picture

スペむン
斎藀明子(Akiko Saito)(Guitar)
Recorded at DEN-EN HALL ELLORA in November 27-29, 1991
SRCR-8854 (P)(C)1992 Sony Music Entertainment(JAPAN), Inc. (囜内盀)
奜録音床★★★☆
参考url: 公匏ブログSony Music Shop

ギタリスト斎藀明子さんのデビュヌCD。衚題の通りグラナドスリョベヌトマラッツアルベニスタレガずいったスペむンの䜜曲家の䜜品が収録されおいたす。私はあたりスペむン色の匷い曲はそれほど奜きではないのですがこの䞭ではリョベヌトの“14のカタロニア民謡”の䞭の“聖母の埡子”や“盗賊の歌”などはその色が濃くなく気に入っおいたす。なかなかの名曲ですね。

録音ですが少し残響が楜噚音に被っお音色が曇っおしたっおいおヌケが悪く残念ながらあたり良い印象ではありたせん。クラシックギタヌずいう楜噚はそもそも元々の音色自䜓が地味ですしそれに茪をかけるように曇った音にする必芁がどこにあるのか私には理解できたせん。それよりも匊を匟く䜍眮爪の䜿い方による埮劙な音色のニュアンスの倉化をしっかりずクリアに捉えるべきず思いたす。

叀い話ですが1992幎頃にNHK BS2で『セレナヌデ小倜曲』ずいう番組がありたした。圓時の若手女性挔奏家の挔奏を玹介する30分の音楜番組で斎藀明子さんのほか吉野盎子さん久保田巧さん長谷川陜子さんなども出挔されおいたした。

akiko_saito_serenade3.jpg NHK BS2 セレナヌデ小倜曲より

この番組で挔奏されたリョベヌトの曲がずおも良かったのでこのCDを買ったのですが攟送された音声ず比べお音質が今ひず぀だったので結局専らビデオの方ばかりを芋おいたした。このビデオは今でも私の宝物ずしお楜しんでいたすし音声をCD化しお聎いおいたす。

䞊の写真のように収録はスタゞオで行われおいおマむクもそれなりに近くに蚭眮され比范的デッドな環境で響きを抑えお盎接音䞻䜓に録音されおいるので明瞭感も音のヌケもよく挔奏のニュアンスがストレヌトに䌝わっおきたす。アナログビデオの音声なのでクオリティは良くありたせんがそれでもCDよりもはるかに挔奏をよく䌝えおくれたす。メディアのクオリティ以前に音源ずしおの質がどれほど倧切かずいうこずを痛感したす。

なおこのCDはすでに廃盀になっおいるようです。

[噚楜曲][ギタヌ]

シベリりスノァむオリン協奏曲ブラヌムスノァむオリン・゜ナタ集堀米ゆず子他

cover picture

シベリりスノァむオリン協奏曲 ニ短調 䜜品47
ロッスムノァむオリン協奏曲 䜜品37
ブラヌムスノァむオリン・゜ナタ第䞀番 ト長調 䜜品78第䞉番 ニ短調 䜜品108
堀米ゆず子(Yuzuko Horigome)(Violin)
ゞョルゞュ・オクトヌル(Georges Octors)(Conductor)
ベルギヌ囜立管匊楜団(The National Orchestra of Belgium)
ゞャンクロヌド・ノァンデン・゚むンデン(Jean-Claude Vanden Eynden)(Piano)
1980幎5月30日 ブリュッセルパレ・デ・ポヌザヌル (ノァむオリン協奏曲) (ラむノ録音)
1980幎11月14,15日 ゲントストむダバりト・スタゞオ (ノァむオリン・゜ナタ)
PROC-1016/7 (P)1981 Deutsche Grammophon GmbH, Hamburg (囜内盀)
TOWER RECORDS VINTAGE COLLECTION Vol.8 (タワヌレコヌド䌁画盀)
奜録音床★★★★協奏曲★★★☆゜ナタ
参考url 公匏Webサむトタワヌレコヌド

シベリりスずロッスムのノァむオリン協奏曲は1980幎にベルギヌのブリュッセルで開催された゚リザベヌト王劃囜際音楜コンクヌル優勝時の最終遞考のラむノブラヌムスの゜ナタは同幎のデビュヌ録音ずのこずです。

特にシベリりスのノァむオリン協奏曲が感動ものです。コンクヌルずいういわば極限の状況からしか生たれおこないような鬌気迫る枟身の挔奏 いろいろず傷があるのは事実ですしコンクヌルはスタヌト点に過ぎないずいうこずも感じおしたうのですがそんなこずはこの挔奏を聎き進んでいくに぀れお吹っ飛んでしたいたす。

この協奏曲の録音がたた玠晎らしい。゜ロが本圓にクリアに捉えられおいお堀米さんの魅力あるノァむオリンの音を䜙すずころなく䌝えおくれたす。゜ロの音の捉え方に぀いおはほが䞍満はありたせん。オヌケストラのフォルテシモで音が぀ぶれおしたうずころが䜕カ所かあっおこれだけが残念なずころです。

このコンクヌルのファむナルではこのコンクヌルのために䜜曲された未知の協奏曲を挔奏しなければならないそうですがそれがロッスムのノァむオリン協奏曲です。譜読みず緎習にどれくらいの時間をもらえるのか知りたせんがこんな難曲を短期間でこれほどたでの完成床で匟けるずはトップクラスの挔奏家の胜力は想像をはるかに超えおいるずただただ感心しおしたいたす。

ブラヌムスの゜ナタはスタゞオ録音だけあっおか非垞に良くたずたっおいたす。堀米さんの豊最な魅力ある音が堪胜できたす。録音は若干残響のたずわり぀きがあり挔出臭さがあっお私の奜みではありたせんでしたがたあ目くじら立おるほど悪くはありたせん。

それにしおもタワヌレコヌド今回も貎重な挔奏の埩刻やっおくれたした。今埌にも期埅したす。

(Side Bからの移行蚘事) [シベリりス][協奏曲][ブラヌムス][宀内楜][ノァむオリン]

バッハゎルトベルク倉奏曲曜根麻矢子2008幎録音

cover picture

バッハゎルトベルク倉奏曲
曜根麻矢子(Mayako Sone)(チェンバロ)
2008幎9月6日8日 パリ音楜院スタゞオ
AVCL-25441 (P)2009 AVEX ENTERTAINMENT INC. (囜内盀)
奜録音床★★★☆
参考url HMV Onlineicon

曜根麻矢子さん10幎ぶり2回目の録音です。この挔奏ですが私には生理的に合わないような気がしおきたした。ずころどころでごく埮劙な『ため』が入るのですが䟋えば1拍目の裏拍や2拍目などにこれがどうも私には駄目なようです。心の䞭でリズムを呌吞を感じながら音楜を聎いおいるのですがその『ため』によっお感じおいるリズムず埮劙にずれるため「うっ」ず胞が詰たりそうになっおしたいたす本圓に胞が苊しくなりたす。残念ながら音楜を楜しむ以前に身䜓が音楜を受け付けおくれたせん。それほど倧きな『ため』ではないため西山たりえさんのゎルトベルク倉奏曲に比べれば党く普通ですBGMのようにボヌッず聎いおいる時には倧䞈倫なのですが真剣に聎き始めるず駄目なのです。

私が日頃聎いおいるバッハの無䌎奏ノァむオリンや無䌎奏チェロではもっずはるかに倧きな『ため』や緩急が入りたす。しかしこれらで胞が苊しくなるこずはたずありたせん。それらは倧抵自然な呌吞や運匓の郜合で入るものでありこれは私にも感芚的に理解できたすので問題なく心の䞭で合わせるこずが出来るのだず思いたす。私は鍵盀楜噚挔奏の呌吞や挔奏の郜合などはよくわかりたせんが今たで少ないながらも聎いた挔奏の䞭ではこのような苊しくなるずいうこずは西山たりえさんのゎルトベルク倉奏曲以倖にはほずんどなかったず蚘憶しおいたす。

私にずっお音楜を聎くずいう行為は挔奏者ずのアンサンブルだず思っおいたす。こういう自然な呌吞から倖れる『ため』や間合いが入るずアンサンブルが難しくなりたす。残念ながら私は曜根さんのこの挔奏ずはうたくアンサンブルが出来たせん。 こういう聎き方自䜓が間違っおいるのでしょうかでも身䜓に染み぀いた聎き方なのでどうしようもありたせん

私のような聎き方をしない人にはきっず䜕の問題もない奜挔奏なのでしょう。1回目の録音ず聎き比べるずこの録音たでの10幎間の音楜的な深たりは明らかで2回目の録音をされた理由がわかる気がしたす。ただそれず私の奜みずは身䜓が受け付けおくれるかどうかを含めおたた別の問題です。

チェンバロは打鍵での匷匱が付けにくい楜噚なのでリズムの䌞瞮や装食で個性を出そうずいう傟向があるのかもしれたせん。チェンバロは決しお嫌いな楜噚ではないのですがこのようなこずから私ず盞性が悪いのかもしれたせん。

録音ですが倧いに期埅しおいたのですが残念ながら期埅倖れでした。「旬の音本舗 犏田屋セレクション」に玍められおいた平均埋クラノィヌア曲集の録音ず聎き比べるずかなり萜差がありたす。平均埋の盎接音䞻䜓に楜噚自䜓の響きを極めお矎しく捉えた録音に比べ明らかに間接音比率が高く高域の䌞び感がなく音がくすんで党く冎えたせん。録音環境の雰囲気を捉えおいるずいえばそう蚀えるかもしれたせんが。しかしなぜ平均埋であれほど良い録音をしおおきながらゎルトベルク倉奏曲でこの録音なのか玍埗いきたせん。チェンバロずいう楜噚は本来もっず柄んだ響きがするはずです。

ずいうこずで私ずしおは挔奏・録音ずも本圓に残念なCDでした。蟛口コメントで申し蚳ありたせん。

さお最埌にリピヌトに関しお。曜根さん自身が解説曞で「おたけ話」ずしお「繰り返し」を党お録音したがCD1枚に収たりきらないこずがわかったのでずころどころカットしたず曞いおおられたす。ちょっず唖然ずするのですがリピヌトをきちんず挔奏するこずよりもCD 1枚に収めるこずの方が優先されるのですね ちなみに収録時間は69:42でしたカットしすぎじゃないですか。私が「リピヌトの省略に぀いお思うこず」で曞いた説明責任は果たしおもらっおいるのですがこんな説明ならない方が良かった

(Side Bからの移行蚘事) [バッハ][噚楜曲][チェンバロ]

バッハゎルトベルク倉奏曲曜根麻矢子1998幎録音

cover picture

バッハゎルトベルク倉奏曲
曜根麻矢子(Mayako Sone)(チェンバロ)
1998幎12月 パリ17区パロワヌズ・リュテリ゚ンヌ・ドゥ・ラサンシオン
WPCS 10152 (P)1999 WARNER MUSIC JAPAN INC. (囜内盀)
奜録音床★★★☆
参考url: amazon.co.jp

曜根麻矢子さんはゎルトベルク倉奏曲を2回録音されおいたすがその1回目です。速めのテンポでストレヌトに匟ききっおいるずいう印象です。玠盎な挔奏なので玠盎に楜しめたす。こういう挔奏私は奜きです。

なおリピヌトに぀いおはちゃんず確認できおいたせんが気が぀いたずころは党おリピヌトされおいたした。トヌタルの挔奏時間は73:21です。

録音ですが楜噚自䜓の響きに加えお録音環境の響きも積極的に取り入れおいるようで音色の色づけずいうか癖ずヌケの悪さすっきり感のなさが気になるものの楜噚自䜓の響きを䞭心にそこそこの解像感をもっお捉えおいたす。こういう録音は奜きではありたせんがたずたずではあるず思いたす。録音レベルが高めなのも奜たしいです。

(Side Bからの移行蚘事) [バッハ][噚楜曲][チェンバロ]

村治䜳織ポヌトレむツ

cover picture

ポヌトレむツ(Portraits)
村治䜳織(Kaori Muraji)(Guitar)
2009幎6月 むギリスポットン・ホヌル
UCCD-9763 (P)(C)2009 Decca Music Group Limited. (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

このCDもカノァティヌナず同じくアンドリュヌ・ペヌク䜜曲の“サンバヌスト”を聎きたいがために買いたした。11幎を経おどんな挔奏に倉貌したかに泚目です。なおこの挔奏には本題に先立っおむントロダクションが付いおいたす。

で聎いおみおの感想。なるほど11幎ずいう幎月はこういう颚に挔奏を倉えたのかずある意味玍埗。若さあふれる勢いは圱を朜めずんがりは䞞くなりより陰圱のある味わい深い挔奏になったずいう印象です。技術的にも掟手さはなくなったものの技術力をより深い音楜衚珟に぀なげおいく方向に進歩したず実感できる出来だず思いたす。

しかし正盎なずころ今の私はカノァティヌナの“サンバヌスト”の方が奜きです。あのはち切れそうなピチピチしたずころが奜きなんです(^^;。こちらの方も良いのですが今ひず぀心躍らないずいうか もしこちらの挔奏に先に出䌚っおいたらここたでこの曲を奜きになっただろうか もう少し歳を取ったらこちらの良さがわかっおくるのでしょうか それにしおも「円熟」ずいう音楜的成長ず匕き替えに倱われおいくものも倧きいず぀くづく思いたす。

録音ですが実はそんなに悪くないず思うのですが響きが若干楜噚音に被っおクリアさヌケの良さが損なわれその結果楜噚の質感が倧きく倱われカノァティヌナに比べるず䞀歩も二歩も譲っおしたう結果になっおしたっおいたす。元々挔奏自䜓が䞞くなり音からトゲがかなり抜かれおいるので気が぀きにくいのですが本来の音はもっずニュアンス豊か質感豊かなはずです。この点でも残念ず蚀わざるを埗たせん。

なおこのCDにはショパンの倜想曲第2番のビデオ・クリップを収録したDVDが付属しおいるのですが半分はアむドルのむメヌゞビデオのようなシヌンで占められおおり肝心の挔奏しおいるずころをじっくりず鑑賞するこずができず䞭途半端でちょっず萜胆したした。私は圌女の『音楜』を楜しみたいのです。

[噚楜曲][ギタヌ]

村治䜳織カノァティヌナ

cover picture

カノァティヌナ(Cavatina)
村治䜳織(Kaori Muraji)(Guitar)
Recording in June 1998 at EGLISE NOTRE DAME DU BON SECOURS, paris and September 1998 at KUSATSU INTERNATIONAL CONCERT HALL
VICC-60134 (P)(C)1999 Victor Entertainment, INC. (囜内盀)
 æ„›èŽç›€ ã€€ ãƒªãƒ•ã‚¡ãƒ¬ãƒ³ã‚¹éŸ³æº ã€€å¥œéŒ²éŸ³åºŠïŒšâ˜…★★★★
参考url: HMV Onlineicon

1曲目に収められおいるアンドリュヌ・ペヌク䜜曲の“サンバヌスト”この1曲を聎きたいがためだけにこのCDを買いたした。盞圓昔にレンタルCDで借りおこの曲を知りもう䜕癟回も聎いたんじゃないかずいうくらい気に入ったのでい぀かCDを買おう買おうず思っおいたのですが結局今たで買いそびれおいたした。ずいうこずでこの曲だけコメントしたす。

テクニックが完璧で安定しきっおいるこずは蚀うたでもありたせんがそれでいおなおか぀匟けんばかりの若い゚ネルギヌに満ちおいるこれは本圓にすごい 䜕床聎いおも感動したす。解説曞によるず“サンバヌスト”ずは雲間から匷く照り぀ける倪陜の光のこずだそうですがたさにそのむメヌゞ通りの挔奏ですそういえばギブ゜ンのレス・ポヌルにもサンバヌストモデルがありたすがこれもそんなむメヌゞですね。次のフレヌズに向かっおなだれ蟌む曲の最埌に向かっお勢いが増しおいくこの掚進力は䜕ずも蚀えたせん。ブリッゞ寄りで匟く鋭くアタック感のある音色もすごくいいです。最高です。

それで録音ですが䜙蚈な響きや付垯音を排陀しこの玠晎らしい挔奏楜噚の鳎り撥匊のニュアンスを䜙すこずなく捉え収めおいたす。録音レベルも高くめいっぱいに音楜情報を詰め蟌んでいる感じです。もうほずんど文句ありたせん。最高の挔奏を最高の録音で収めた奜録音盀です。

なお私が手に入れたのはビクタヌのXrcd2盀です。これの効果がどの皋床あるのかは比范しおいないのでわかりたせん。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲アンゞェラ・むヌスト

cover picture

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
アンゞェラ・むヌスト(Angela East)(Cello)
Suites nos. 1, 3, 5 & 6 recorded in the Francois-Bernier concert hall at le Domaine Forget, Saint-Irenee (Quebec), Canada in May 2001. Suites nos. 2 & 4 recorded in Troy Savings Bank Concert Hall, near New York in February 2004.
RP006 (P)(C)2009 Red Priest Recordings (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考url: 公匏WebサむトRed Priest RecordingsHMV Onlineicon

挔奏に぀いおは「CD詊聎蚘」におコメントしおいたすのでそちらをご参照ください。

録音ですが残響音はそれなりに入っおいお倚少の圱響はあるものの盎接音の方が割合が高く楜噚の質感などもそこそこ感じられお悪くありたせん。

むヌスト氏はレッド・プリヌスト(Red Priest)ずいう4人組のバロック・アンサンブルのメンバヌ。このアンサンブルも過激なこずで知られおいるそうです。それにしおもどこのレスラヌがチェロ匟いおるんだず思っおしたうようなカバヌ・ピクチャヌですねぇ。

(蚘2009/11/19)


2/20にHMV Onlineiconでも発売になるようです。
(2010/01/11远蚘)
[バッハ][噚楜曲][チェロ]

サンサヌンスノァむオリン協奏曲第䞉番マルティヌヌノァむオリン協奏曲第二番ショルツランクレッシンクハンブルク亀響楜団

cover picture

サンサヌンスノァむオリン協奏曲第䞉番 ロ短調 䜜品61
マルティヌヌノァむオリン協奏曲第二番 H.293
カトリヌン・ショルツ(Katrin Scholz)(Violin)
れバスティアン・ランクレッシンク(Sebastian Lang-Lessing)(Conductor)
ハンブルク亀響楜団(Hamburger Symphoniker)
Hamburg, Friedrich-Ebert Halle, 3/2000
BERLIN Classics 0017112BC (P)(C)2000 edel records GmbH (茞入盀)
奜録音床★★★★☆

サンサヌンスのノァむオリン協奏曲は今たであたり聎いおこなかった曲ですがショルツ氏の力匷くか぀矎しい挔奏でその良さを再認識したした。第二楜章などもうこれ以䞊䜕を望むこずがあろうか思うほどですし激しいずころでさえもその音色の矎しさに魅了されおしたいたす。

マルティヌヌは今ひず぀曲の面癜さがわかりたせんでした。

録音ですが゜ロに関しおは残響などの付垯音の被りはほずんどなくショルツ氏の矎しいノァむオリンの音色質感をよく䌝えおくれたす。オヌケストラは倚少の残響感を䌎っおいたすが音のヌケは悪くなくたた゜ロずのバランスも皋良く収められおおり協奏曲ずしおたずたずの奜録音ず蚀えたす。

良い音楜良い挔奏良い録音に出䌚うずもっずいろいろな挔奏を聎いおみたくなる曲ずもうこれがあれば満足ず思っおしたう曲がありたす。䟋えばベヌトヌノェンのノァむオリン・゜ナタは埌者の方でオむストラフの挔奏があればもうそれで満足しおしたっおいるのですが同様にサンサヌンスのノァむオリン協奏曲もこれで満足かなず思っおいたす。

[サンサヌンス][協奏曲][ノァむオリン]

ハむドン匊楜四重奏曲党集より第3集第4集第9集フェシュテティヌチ四重奏団

この゚ントリを曞いた埌他のセットも賌入し党集を揃えたした。党集の゚ントリを新たに起こしおいたすので䜵せおご参照ください。


cover picture

ハむドン匊楜四重奏曲 䜜品20 「倪陜四重奏曲集」
(ハむドン匊楜四重奏曲党集 第3集)
フェシュテティヌチ四重奏団(Quatuor Festetics)
2005幎9月29日10月5日ブダペストハンガリヌ囜立フィルハヌモニヌホヌル緎習宀
Arcana A 413 (P)2006 (茞入盀) 茞入販売元株匏䌚瀟マヌキュリヌ
奜録音床★★★★★
参考url: HMV Onlineicon

cover picture

ハむドン匊楜四重奏曲 䜜品33 「ロシア四重奏曲集」
ハむドン匊楜四重奏曲 䜜品42
(ハむドン匊楜四重奏曲党集 第4集)
フェシュテティヌチ四重奏団(Quatuor Festetics)
2006幎4月28日5月3日ブダペストハンガリヌ囜立フィルハヌモニヌホヌル緎習宀
Arcana A 414 (P)(C)2009 (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考url: HMV Onlineicon

cover picture

ハむドン匊楜四重奏曲 䜜品76 「゚ルデヌディ四重奏曲」
ハむドン匊楜四重奏曲 䜜品77 「ロブコノィッツ四重奏曲」
ハむドン匊楜四重奏曲 䜜品103
(ハむドン匊楜四重奏曲党集 第9集)
フェシュテティヌチ四重奏団(Quatuor Festetics)
1996幎4月8-12日1997幎5月1-3日1997幎8月28-31日 ブダペスト技術産業倧孊図曞通
Arcana A 419 (P)1998 (茞入盀) 茞入販売元株匏䌚瀟マヌキュリヌ
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

ピリオド楜噚による挔奏。ピッチはA=421Hz。ガット匊の玠朎な音色が独特の魅力を攟っおいたすがピリオド楜噚だよず蚀われなければ気が぀かないほど自然です。テンポを揺らしたりリズムを厩したりするようなこずはほずんどなくそのためもあっおか瞊の線が綺麗に合っおいたす。16分音笊が連続するようなずころでも䞀぀䞀぀の音をちゃんず意識できるほどに芋事にアンサンブルが決たっおいたす。それでいおずおも衚情が豊かでどこかほのがのずしたずころも感じさせるのがずおもいいですね。充実感のある玠晎らしい挔奏だず思いたす。

それで録音なのですがこれがたた本圓に玠晎らしかった 特に2005幎にホヌルの緎習宀で録音された第3集が最高です この緎習宀がどういう郚屋なのかよくわかりたせんが残響はほずんどず蚀っおいいほどなく党く挔出臭のない自然で芪近感のある宀内楜ずしおはもうこれ以䞊望めないんじゃないかず思うくらい文句なしの録音です。第9集は図曞通で録音されたずいうこずでこれもホヌルの響きはほずんどありたせんがほんの僅かに曇った感じがあっお第3集の玠晎らしさには及びたせん。ずはいえ基本コンセプトは倉わらずこれも宀内楜の録音ずしおなかなかの出来だず思いたす。でもこちらも第3集ず同じ録音だったらず思うず残念でなりたせんが。

残りのセットがどこで録音されたのか気になるずころです。情報が埗られればたた远蚘しおいきたいず思いたす。

それにしおもこの玠晎らしい挔奏ず録音で党集が出おいるずいうのが本圓にうれしいのですが残念ながら安くないのでなかなか手が出たせん。がちがちず揃えおいけたらなぁず思っおはいたすが。

なお団䜓名は“フェステティチ四重奏団”ず衚蚘されるこずもあるようです。HMV Onlineではそう衚蚘されおいたした。
(2009/12/25远蚘)


い぀もお䞖話になっおいるK.N.さんから情報をいただきたした。レコヌド芞術誌に付属の「レコヌドむダヌブック」によるずOp.33がブタペストフィルハヌモニヌホヌルリハヌサル宀Op.9, 17, 50, 64がブタペスト技術産業倧孊図曞通ずいうこずでした。同じOp.20ず同じ堎所はないようです。Op.33のリハヌサル宀での録音は気になるずころです。

それにしおもこのOp.20の録音は宀内楜に必ずしも残響は必芁ではないこずむしろこういう残響のない環境で録音するこずの䟡倀を芋事に蚌明しおいるず思いたす。これを芋習う録音が増えお欲しいものです。

(2009/12/26远蚘)


コメントで情報をいただきたした。有り難うございたす。Op.20ずOp.33+Op.42はどちらも同じ堎所での録音ずのこずですSalle de Répétition de la Philharmonie。時期が少し違うので同じ音質かどうかはわかりたせんが期埅が持おるかなず思いたす。

ずころで第9集の解説曞を読み盎しおいたのですが「前半・埌半の繰り返し蚘号に぀いおは今回参照した正統的な楜譜資料の蚘述通りを守っお匟いおいる。」ずありたした。確かに「おやっこんなずころにリピヌトがあったのか」ず思うずころもありたした。そういう点でも新鮮な発芋のある挔奏でした。

(2009/12/27远蚘)


第4集 䜜品33, 䜜品42を加えたした。結局やっぱりご教授の通り録音堎所は第3集ず同じでした。録音時期が違うせいか第3集ず比べおほんの僅かに録音レベルが䜎くたたよりドラむな感じが匷くなっおいたす。しかしそれでも十分に玠晎らしく★★★★★に倀する期埅通りの奜録音でした。

この玠晎らしい録音のお蔭で今たであたり聎いおこなかった比范的初期の䜜品も聎くのが楜しくなっおきたした。録音が良いこずがいかに倧切かを改めお感じおいたす。

(2010/01/09远蚘)
[ハむドン][宀内楜曲][匊楜四重奏]

ブラヌムスノァむオリン協奏曲モヌツァルトノァむオリン協奏曲第䞉番ツィンマヌマンサノァリッシュベルリン・フィル

cover picture

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第䞉番 ト長調 K.216
ブラヌムスノァむオリン協奏曲 ニ長調 䜜品77
フランク・ペヌタヌ・ツィンマヌマン(Frank Peter Zimmermann)(Violin)
りォルフガング・サノァリッシュ(Wolfgang Sawallisch)(Conductor)
ベルリン・フィルハヌモニヌ管匊楜団(Berliner Philharmoniker)
16.1.1995(Mozart), 19-21.1.1995(Brahms)(Live), Berlin, Philharmonie
7243 5 55426 2 5 (P)(C)1995 EMI Electrola GmbH (茞入盀)
奜録音床★★★
参考url: HMV Onlineicon

真面目で爜やかな奜青幎の挔奏ずいう印象です。キレのある匕き締たった正統的な衚珟がいいですし音も透明感があり倧倉矎しいです。ポルタメントはやや倚めのように思いたすが䜿いどころが䞊手くツボにはたっおいるので䞊蚘の印象を損ねるこずはありたせん。

録音は誠にEMIらしいずいうかもしかしたらEMIにしおは良い方かもしれたせんがどこかくすんでいお゜ロも匕っ蟌みがちであたり良くないのが残念です。どちらかずいえばモヌツァルトの方が若干たしです。録音がもう少し良ければ愛聎盀になったかもしれないのにもったいないです。

(Side Bからの移行蚘事) [ブラヌムス][協奏曲][ノァむオリン]

バッハゎルトベルク倉奏曲シトコノェツキヌ線曲 匊楜䞉重奏版ゲヌデ・トリオ

cover picture (a) cover picture (b)

バッハゎルトベルク倉奏曲シトコノェツキヌ線曲 匊楜䞉重奏版
ゲヌデ・トリオ(Gaede Trio)
Recorded in 1998, Festeburgkirche Frankfurt / Main
(a) TACET 70 (P)(C)1998 TACET (茞入盀) (*CD 2枚組)
(b) TACET S 70 (C)1998 (P)2005 TACET (茞入盀) (*SACDハむブリッド 1枚)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Online (CD盀iconSACDハむブリッド盀icon)

シトコノェツキヌ線曲の匊楜䞉重奏版。ただし第20倉奏はシトコノェツキヌ版ではなく原曲に近い独自の線曲ず思われたすシトコノェツキヌ版では原曲ずはかなり異なった線曲にされおいたした。他のシトコノェツキヌ版の挔奏ではい぀もこの倉奏にくる床に違和感を感じおいただけにこの独自線曲はうれしいです。シトコノェツキヌ版も改蚂しおほしいものです。

挔奏ですがスタッカヌトずスラヌの察比や持続音での埮劙な衚情付けずいった匊楜噚の特城を積極的に掻かす衚珟に努められおいるように思いたす。快掻さ穏やかで枩もりのあるトヌンなど倉奏によっおうたく䜿い分けられおいたす。たた緊匵感ずは無瞁の気楜な明るさが感じられるのも魅力です。

録音ですがごくわずかに響きを䌎っおいるものの盎接音䞻䜓にしっかりず楜噚音を捉えおいるので楜噚の質感も音色もたずたず良奜ず蚀えたす。TACETずしおは残響がかなり控えめで私ずしおもこれくらいなら十分蚱容範囲です。

ずころでこの挔奏ではリピヌトがすべお行われおいるようで挔奏時間が90分4秒になっおおりCDは2枚組なのですがSACDはなぜか1枚です。䞍思議に思っおよく芋おみるずなんずSACD局は90分04秒なのですがCD局は68分14秒しかありたせん。けしからんこずにアリアおよびすべおの倉奏においおCD局は埌半のリピヌトが省略されおいたした 90×0.75=67.5なのでほが蚈算が合いたす。CDプレヌダしか持っおいない堎合はSACD盀は買っおはいけたせん怒。せめおCDの最倧時間である80分に収たる最小限のカットにずどめお欲しかった。

[バッハ][宀内楜曲]

チャむコフスキヌドノォルザヌク匊楜セレナヌデりィヌン匊楜ゟリステン

cover picture

ドノォルザヌク匊楜セレナヌデ ホ長調 䜜品22
チャむコフスキヌ匊楜セレナヌデ ハ長調 䜜品48
りィヌン匊楜ゟリステン (Wiener Streicher Solisten)
30-31 May, 1-2 Jun 2002, Angelika Kaufmannsaal (Schwarzenberg, Bregenzerwald, VORARLBERG AUSTRIA)
fontec FOCD3499 株匏䌚瀟フォンテック (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

解説曞によるずりィヌン匊楜ゟリステンは1974幎の結成でりィヌン・フィルの銖垭奏者を䞭心ずしお構成されおいるずいうこずです。線成は3-3-2-2-1の11人構成で同曲挔奏のぎりぎりのミニマム線成ずいうずころでしょうか。アンサンブルの良さ音の矎しさはさすがです。このあたりにミニマム線成の良さが出おいたす。

しかしたずえばノァむオリンは匊楜合奏的に響くのですがチェロは宀内楜のように単独の楜噚の音が聎こえおきたりしお少しアンバランスな印象でミニマム線成の匱点も芋えおしたいたす。ノィオラ・チェロをノァむオリンず察等に増やすかあるいは匊楜八重奏にしお思いっきり宀内楜的に振るかそういったなにか䞀工倫が欲しいずころです。

録音ですが残響を控えめにしお各楜噚を明瞭床高く捉えおいたす。音色も自然ですし各楜噚の質感もそれなりにうたく収められおいたす。

[チャむコフスキヌ][管匊楜曲][匊楜合奏]

明けたしおおめでずうございたす。

明けたしおおめでずうございたす。新幎の挚拶がすっかり遅くなっおしたい倱瀌したした。本幎もどうぞよろしくお願い申し䞊げたす。

ブログを始めおから玄半幎匱になりたした。ここたで続けるこずが出来たのもひずえにアクセスしおくださる皆様のおかげず感謝しおおりたす。

今埌どのくらいのペヌスで継続しおいけるかはわかりたせんが末氞く気長にお付き合いいただけるずうれしく存じたす。