FC2ブログ

バッハブランデンブルク協奏曲党曲シュトリンツルムゞカ・フロレア

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
マレク・シュトリンツル指揮(Marek Stryncl)(Conductor)
ムゞカ・フロレア(Musica Florea)
Studio 1 of the Czech Radio, Prague, June 27-28, 2006(No.3-6), November 5-6, 2006(No.1-2)
SU 3942-2 (P)2008 SUPRAPHON MUSIC (C)CZECH RADIO (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower RecordsCzech Radio

チェコ攟送局のスタゞオでの録音のようです。若干残響を䌎っおいたすが盎接音を䞻䜓にすっきりず芋通しよく録っおいたす。ピリオド楜噚によるこの挔奏はかなりアグレッシブに攻めおきたすが鮮烈ずいうより爜やかに感じられるのはこの録音の良さに負うずころが倧きいのではないかず思いたす。特に第䞉番以降の録音が良いです。第䞀番第二番は少し゜ロの捉え方が匱くノァむオリンなど䞋支えのない音でこの点は少し残念です。

挔奏は第䞀番ではホルンが前面に出おきおブむブむず鳎らす掻躍が楜しく匊楜噚による第䞉番第六番は音を短めに切り快速テンポでリズムを匷調する攻めの挔奏第二番はトランペットの実力にあわせたのかやや抑えめ第四番第五番は速めのテンポの爜やかさが印象的です。愛聎盀候補ずなりたした。

ずころでこの挔奏Czech Radioで党曲がMP3もしくはFLACで無料ダりンロヌド出来たすなんずいう倪っ腹でも私は知らずにCDを買っちゃいたした。埌悔はしおいたせんが。。MP3は192kbpsでもう少し高いビットレヌトにしお欲しいずころですがFLACはもっずレヌトが高く高音質が期埅できたす。ご興味があれば聎いおみおください。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲ゞョセフィン・ノァン・リヌア

cover picture

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
ゞョセフィン・ノァン・リヌア(Josephine van Lier)(Cello)
Holy Trinity Catholic Church, Spruce Grove, July 2009
VANLIER2010-01 (P)(C)2010 Josephine van Lier (茞入盀)
奜録音床★★★★★★☆
参考url: 公匏WebサむトCD Baby

「CD詊聎蚘」におコメントした内容を転茉したす。

なんず4皮類のチェロを䜿い分けお挔奏されおいたす。コンテンポラリヌずバロック2皮さらにカヌボン・ファむバヌ補のチェロが䜿われおいたす。第五番はバロック・チェロですがおたけずしお他の二皮類の楜噚での挔奏も収録されおいたす。 CD 1枚に組曲2぀ず぀なので4枚組です(^^;

第䞀番 コンテンポラリヌ・チェロ1870幎フランス補A=440Hz
第二番 バロック・チェロ2007幎アメリカ補A=415Hz
第䞉番 カヌボン・ファむバヌ・チェロ2005幎アメリカ補A=440Hz
第四番 コンテンポラリヌ・チェロ1870幎フランス補A=440Hz
第五番 バロック・チェロ2007幎アメリカ補A=415Hz
第六番 ノィオロンチェロ・ピッコロ(五匊)2008幎アメリカ補A=415
付録第五番 コンテンポラリヌ・チェロ1870幎フランス補A=440Hz
付録第五番 カヌボン・ファむバヌ・チェロ2005幎アメリカ補A=440Hz
※第五番はscordaturaチュヌニング第䞀匊をA→Gに

挔奏はゆったりずしおいおさらに倧きく緩急を぀けおいたす。どの舞曲もリズミカルな感じではありたせん。しかし自然な呌吞感の範囲なので違和感は倧きくありたせん。技術的にキレのある方ではありたせんが特にゆっくりした舞曲でのしっずりずした節回しが良いです。第六番のSarabandeなど感動的です。

楜噚の違いに関しおはコンテンポラリヌ・チェロよりもバロック・チェロの方がこの人の挔奏スタむルには適合しおいるずいう感じです。先入芳で聎いおしたっおいるずころはありたすがカヌボンファむバヌ・チェロは基音成分が匱く音に深みがないように思いたす。

録音は教䌚で行われおいたす公匏Webサむトに録音颚景が茉っおいたす。意図的かもしれたせんがカヌボンファむバヌ・チェロの録音だけ残響が倚く䞍鮮明です。その他の楜噚の録音は残響を取り蟌み぀぀も盎接音もそこそこ捉えおいお楜噚の質感もわかりたす。しかしせっかくいく぀もの楜噚を遣っおいるのですからその違いを鮮明に出すためにももう少しマむク䜍眮を接近させお盎接音比率を䞊げ明瞭感ず音色の自然さを確保しお欲しかったず思いたす。

マヌラヌ亀響曲第䞀番ブヌレヌズシカゎ亀響楜団

cover picture

マヌラヌ亀響曲第䞀番ニ長調「巚人」
ピ゚ヌル・ブヌレヌズ指揮(Pierre Boulez)(Conductor)
シカゎ亀響楜団(Chicago Symphony Orchestra)
1998幎5月 ã‚·ã‚«ã‚Ž
POCG-10142(459 610-2) (P)1998 Deutsche Grammophon GmbH, Hamburg (囜内盀)
発売元ポリドヌル株匏䌚瀟
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

私はマヌラヌは今たでほずんど聎いおきたせんでした。CDも2, 3枚しか持っおいなかった気がしたす。䜕ずなく避けおきたのですがちょっず聎いおみようずいう気になったのでずいうこずで今回は録音に぀いおのみコメントしたす。

残響はあたり感じられたせん。ダむナミックレンゞ呚波数垯域ずもに非垞に倧きいのが特城です。垯域は特に䜎域偎の䌞びがすごく感じられたす。残響が抑えられおいるためかドラむな印象で䜎域もこれだけ䌞びおいるにもかかわらず締たっおいおブヌミヌな感じは党くありたせん。

ダむナミックレンゞが広いので平均レベルが若干䜎く抑えられおいお少しれネラルオヌディオ向きではないかなず思いたすしそれぞれの楜噚の質感にもう少し生々しさが欲しいかなずは思いたすがそれ以倖の䞍満はほずんどなくオヌケストラの録音ずしおはたずたず良いずいう印象です。

あずヘッドホンで聎くず少し䜍盞が操䜜されおいるような感じがしたした。蚱容範囲ですが。

タグ: [亀響曲] 

チャむコフスキヌ亀響曲第五番むンバル東京郜亀響楜団

cover picture

チャむコフスキヌ亀響曲第五番ホ短調䜜品64
゚リアフ・むンバル指揮(Eliahu Inbal)(Conductor)
東京郜亀響楜団(Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra)
2009幎3月29日 東京・サントリヌホヌルにおラむノ収録
EXTON OVCL-00407 (P)(C)2009 Octavia Records Inc. (囜内盀)
奜録音床★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

コンサヌトのラむノ収録です。このディスクは優秀録音ずしおいく぀かの雑誌で芋かけたした。チャむコフスキヌの亀響曲第五番は奜きな曲なのでこれは是非聎いおみなければずいうこずで手に入れたした。ここでは録音に぀いおのみ觊れたす。

それで聎いおみた第䞀印象は「なんだかさえない぀たらない録音だなぁ党然面癜くない」ずいう感じであたり良い印象ではありたせんでした。気を取り盎しお䜕床も聎いおいるうちに倚分倧型の立掟な高玚システムで聎けば収録されたホヌルのような音堎が再珟するのかもしれないず思い始めたした。

収録されおいる音自䜓のクオリティもそんなに悪くありたせんしオヌケストラが発する音ず共にホヌル音響も含めお䜙さず密床高く詰め蟌たれおいるずいう感じは確かにしたす。そしおそれを立掟な高玚倧型オヌディオシステムで再生するずいかにもホヌルで聎いおいるかのような錯芚に陥るこずが出来る。こういう点が評䟡されたのではないかず思いたす。

しかし私からするずこれは優秀録音かもしれたせんが奜録音ではありたせん。私が普段䜿っおいるいわゆるれネラルオヌディオ機噚で聎くずなんだかごちゃごちゃしおいお肝心な音楜がちっずも聎こえおこないのです。こう聎こえおしたうのは音楜的に重芁な音から重芁でない音たで取捚遞択するこずなく党郚詰め蟌たれおいるからではないかず思うのです。

「奜録音に぀いお考える(1)  録音」の゚ントリにも曞きたしたが私の考える奜録音はメディアずいう限られた倧きさの噚に音楜の゚ッセンスだけが目䞀杯詰め蟌たれおいるずいうむメヌゞです。そのためには単にその堎の音堎を捉えるのではなく音楜的に重芁な音をピックアップしお録っおいくずいう姿勢が必芁になっおきたす。ラむノ録音であっおも音楜の゚ッセンスを抜出しおメディアに詰め蟌む努力を惜したないで欲しいず思いたす。

ずいうかそもそも録音する偎がそういうれネラルオヌディオを盞手にしないポリシヌなら䜕を蚀っおも無駄ですがクラシック業界を支えおいる音楜ファンの倚くはれネラルオヌディオだず思うんですけどね。

P.S. “れネラルオヌディオ”っおいう蚀葉はもはや死語でしたっけ

タグ: [亀響曲] 

ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲党集オラむオン四重奏団

cover picture

ベヌトヌノェン初期匊楜四重奏曲集 Op.18
December 2007 & January 2008 at LeFrak Concert Hall, Queens College, New York
KIC-CD-7682 (P)(C)2009 E1 Music (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考url: HMV OnlineiconAmazon.co.jp

cover picture

ベヌトヌノェン䞭期匊楜四重奏曲集 Op.59, Op.74, Op.95
LeFrak Concert Hall, Queens College, Flushing, New York
KIC-CD-7681 (P)(C)2007 KOCH International Classics (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考url: HMV OnlineiconAmazon.co.jp

cover picture

ベヌトヌノェン埌期匊楜四重奏曲集 Op.127, Op.130, Op.131, Op.132, Op.133, Op.135
June 2006 - November 2007 at LeFrak Concert Hall, Queens College, Flushing, New York
KIC-CD-7683 (P)(C)2008 KOCH Entertainment LP (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考url: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records

オラむオン四重奏団(Orion String Quartet)
公匏Webサむト

オラむオン四重奏団はアメリカの団䜓。ノァむオリンの2人は兄匟で曲によっお1stず2ndが入れ替わりたす。倧フヌガOp.133はOp.130のCavatinaずFinaleの間に挿入されおいたす。

挔奏はストレヌトで癖がなくダむナミックで掚進力がありたす。アンサンブルも芋事技術的にも盞圓優れおいるず思いたす。深みのある衚珟ではないかもしれたせんがこの匕き締たった掻力みなぎる音楜はずおも魅力的です。ラズモフスキヌ第䞉番の終楜章など思わず手に汗握っお興奮しおしたいたした(^^;

でたた録音もなかなか良奜です。わずかに響きを䌎い぀぀も盎接音䞻䜓にクリアに自然な音色で楜噚音を捉えおいたす。すっきりずしおいお芋通しもたずたずです。これならほが䞍満は感じず音楜に集䞭できたす。

挔奏も録音も良くこれは圓たりでした。匊楜四重奏に限らずクラシックの録音ではこの録音のような「すっきり感」のあるものが少ないのは残念なこずです。

なお初期匊楜四重奏曲(→HMV Onlineicon)も発売され党集ずしお完結しおいたすのでもし手に入ればたたレポヌトしたいず思っおいたす。

(蚘2010/02/04)


初期を远加したした。初期も䞭期・埌期同様のキレの良い躍動感溢れる奜挔奏でした。

録音も同様に玠晎らしいです。䞭期・埌期も改めお聎き盎しおみおこの録音の良さを再認識したした。ちょっずおたけの感はありたすが党お五぀星ずしたした。党集ずしお最も奜きなセットの䞀぀ずなりめでたく[愛聎盀]の仲間入りをしたした。

(蚘2010/02/24)

バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第二番ペッテリ・むヌノォネン

cover picture

バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第二番
ペッテリ・むヌノォネン(Petteri Iivonen)(Violin)
05787 (C)2009 Yarlung Records (茞入盀) (※MP3ダりンロヌド賌入)
奜録音床★★★★☆
参考url: CD Baby, Linn Records

挔奏に぀いおは「CD詊聎蚘」におコメントしおいたすのでそちらをご参照ください。

録音ですがどのような環境䞋で録音されたのかわかりたせんが残響がほずんどなく明瞭感のずおもよいすっきりした録音です。音色もたずたず自然です。やや楜噚音のずらえ方が匱く䞭䜎域が垌薄でボディ感の乏しいやや質感を倱った音に感じられるのが少し残念です。ずはいえそれでもこの録音はなかなかいいです。
むヌノォネン氏はフィンランドのノァむオリニストのようです。名前の日本語衚蚘は党く自信がありたせん。

今回はCD Babyからこの曲だけをダりンロヌド賌入したした。Windowsの゚クスプロヌラのプロパティで芋るず256kbpsiTunesにむンポヌトしおプロパティを芋るず180kbps(VBR)ず出おいたした。ファむルサむズず時間から蚈算するず玄180kbpsになりたす。゚ンコヌド歪みはほずんど気になりたせんでしたがMP3ならせめお256kbpsか320kbpsの固定ビットレヌトにしお欲しかったずころです。Linn Recordsからもダりンロヌド賌入できるようでこちらはクオリティを遞べたすこちらにすれば良かった。

バッハブランデンブルク協奏曲党曲ゎヌルドベルクオランダ宀内管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
シモン・ゎヌルドベルク指揮(Szymon Goldberg)(Conductor)
オランダ宀内管匊楜団(Netherlands Chamber Orchestra)
1958幎4月(No.1-3)7月(No.4-6)
UCCD-4207/8 (P)1961/63 Decca Music Group Limited (囜内盀)
発売・販売元ナニバヌサル・ミュヌゞック合同䌚瀟
奜録音床★★★★★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

これも最初にお断りしおおきたすが1958幎の録音ですのでオヌディオクオリティはやはり幎代盞応でマスタヌテヌプの劣化による歪み粗さが感じられるのは吊めたせん「音源が叀いために䞀郚お聎き苊しい箇所がありたす。」ずいう泚意曞きもありたす。

しかしこの録音にはそのクオリティの悪さを忘れさせるくらい魅力のある音の捉え方をしおいたす。マむクがおそらく各楜噚の近くに配されおいおそれぞれの音を分離良く明瞭に捉えおいたす。小现工なく生録っぜく録っおいるずいう感じです。そのため極めお明瞭でか぀ニュアンス質感もしっかりず感じられ各パヌトの動きもそれぞれきちんず聎こえおきたす。

党曲の䞭では第五番第六番が特に良いです。クオリティが良くないずはいえ高域もそれなりに出おいるのでこもった感じもなく十分鑑賞に堪えるず思いたす。

挔奏の方ですが旧䞖代に属する厳栌仕様か぀ちょっずおっずり系です。昚今の颯爜ずした流動感ある挔奏ずは趣が党く異なり遅めのテンポできっちりずしおいたす。これがたた実に味わい深い。技術的にも珟代のキレのある挔奏に慣れた耳には若干甘いずいうかあたり䞊手くないずいうのが正盎なずころですが時代を考えるずこんなものかなずも思いたすしこの挔奏においおはあたり欠点になっおいたせん。

なお第二番ず第四番はフルヌトが䜿われおいたす。

バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第二番第䞉番マリヌ・カンタグリル

cover picture

バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第二番
バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第䞉番
マリヌ・カンタグリル(Marie Cantagrill)(Violin)
Recorded at the Saint-Serge Church, Angers, France
Art & Musique Ref. AB1/1 (P)(C)2009 ABP Musique Classique Productions (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考url: 公匏Webサむトamazon.de

挔奏に぀いおは「CD詊聎蚘」におコメントしおいたすのでそちらをご参照ください。

録音ですが教䌚での録音なので残響はかなり取り蟌たれおいたすが盎接音も倧切にされおいるためこれだけの残響の量の割にはたずたずかなず思いたす。もちろん私の奜きな録音の仕方ではありたせんが。

チャむコフスキヌ埌期亀響曲集ゲルギ゚フりィヌン・フィル

cover picture

チャむコフスキヌ埌期亀響曲集
第四番 (2002幎10月17-21日 りィヌンムゞヌクフェラむンザヌル)(ラむノ)
第五番 (1998幎7月 ザルツブルグ祝祭倧劇堎)(ラむノ)
第六番 (2004幎9月2-4日 りィヌンムゞヌクフェラむンザヌル)(ラむノ)
ワレリヌ・ゲルギ゚フ(Valéry Gergiev)(Conductor)
りィヌン・フィルハヌモニヌ管匊楜団(Wiener Philharmoniker)
奜録音床★★★
参考url: HMV Onlineicon

党おラむノ収録ですが第五番だけ挔奏埌に拍手が入っおいたす。この埌期亀響曲集はHMV Onlineiconでは酷評が䞊び評刀が良くありたせん。これを芋おから聎いおいるのでいくらか先入芳の圱響を受けおいるのは吊めたせんが確かにあんたり面癜くないずいいたすか぀たらないずいう印象です。倚少の粗はあるもののすっきりず匕き締め぀぀も時に爆発的に盛り䞊げる決しお悪くないず思うのですがなぜ぀たらないず思っおしたうのか䜕床聎いおも私自身玍埗いきたせん。

それで今のずころの私の結論。党くの私芋ですがこれは録音が悪いに違いないこの挔奏は録音の悪さに殺されおいるです。

残響過倚でもなく明瞭感が極端に悪いわけでもないのでこれも悩みたした。うたく蚀い衚せないのですがスケヌル感に乏しいずいうか生気が党く捉えられおいないずいうかずにかくそんな感じです。いくら実挔が良くおもそれを掻かすも殺すもパッケヌゞ化の善し悪し次第だずいうこずでしょうか。

しかしここたで曞いおやっぱりぱっず聎いた感じでは録音はそれほど悪くないので䞊蚘の考えが本圓に合っおいるのか自信がなくなっおきたしたこんなレビュヌですみたせん。

タグ: [亀響曲] 

ハむドン亀響曲第45番「告別」二重協奏曲他ショルツベルリン宀内管匊楜団

cover picture

ハむドンノァむオリンずチェンバロのための二重協奏曲 ヘ長調
モヌツァルトディノェルティメント ニ長調 K.136
モヌツァルトアむネ・クラむネ・ナハトムゞヌク K.525
ハむドン亀響曲第45番嬰ヘ短調「告別」
カトリヌン・ショルツ(Katrin Scholz)(Violin & Director)
ベルリン宀内管匊楜団(Kammerorchester Berlin)
Jesus-Christus-Kirche, Berlin-Dahlem, 9 & 10.03.2003, 01.06.2003
BERLIN Classics 0017692BC (P)(C)2004 edel records GmbH (茞入盀)
 æ„›èŽç›€ ã€€ ãƒªãƒ•ã‚¡ãƒ¬ãƒ³ã‚¹éŸ³æº ã€€å¥œéŒ²éŸ³åºŠïŒšâ˜…★★★☆
参考url: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records

どういうコンセプトの遞曲なのかいたいちよくわかりたせんが二重協奏曲は曲自䜓の魅力が少し乏しい気がしたす。協奏曲以倖の3曲は超有名曲ですね。挔奏は快掻で歯切れ良さアンサンブルの芋通しの良さが玠晎らしいです。小線成の特長モダン楜噚の特長が芋事に発揮された掗緎された珟代的な挔奏だず思いたす。匊楜噚のスピッカヌトの揃いアクセントずその抜き方など絶劙です。倧倉気に入りたした。この団䜓の挔奏をもっず聎いおみたくなりたす。

録音ですが教䌚での録音ずいうこずで残響が結構取り蟌たれおいるのですがそれにもかかわらず明瞭感音色ぞの圱響はミニマムでヌケも良く音の透明感も損なわれずほずんど文句ありたせん。楜噚の質感もよく捉えおいたす。残響を倚く取り蟌んだ録音ずしおはたさに理想的ず蚀えるず思いたす。教䌚での録音残響を肯定する぀もりはありたせんが残響を取り蟌むならこんな颚にしお欲しいずいう奜䟋です。

kammerorchester_berlin_katrin_scholz.jpg
Kammerorchester Berlin, Katrin Scholz

ドノォルザヌク亀響曲第九番「新䞖界より」他アンチェルチェコ・フィルハヌモニヌ管匊楜団

cover picture

ドノォルザヌク亀響曲第9番ホ短調「新䞖界より」䜜品95 B.178
ドノォルザヌク序曲「自然の王囜で」䜜品91 B.168
ドノォルザヌク序曲「謝肉祭」䜜品92 B.169
カレン・アンチェル指揮(Karel Ancerl)(Conductor)
チェコ・フィルハヌモニヌ管匊楜団(Czech Philharmonic Orchestra)
1961幎12月6日(亀響曲)11月17日(序曲)プラハ芞術家の家ルドルフィヌム
COCO-70499 (P)1962/63 SUPRAPHON (囜内盀)
発売元コロムビアミュヌゞック゚ンタヌテむンメント株匏䌚瀟
奜録音床★★★★★
参考url: HMV Onlineicon

このCDは録音がすごく気に入りたした 残響も倚く残響時間も長いのであたり私ずしおは奜たしく思わないはずなのですがそれぞれの楜噚の音が分離良く明瞭に聎こえおきたすし質感もうたく捉えおいお残響の圱響がほずんど感じられないからだず思いたす。そしお音楜の゚ッセンスがすごく巧みに詰め蟌たれおいお音楜ずしおの情報量がずおも倚いず感じられるのです。

正盎なずころホヌルで聎いおいるような自然な音堎感たずたりはあたりないかもしれたせん。しかし最近の自然な音堎重芖の録音よりもはるかに音楜の゚ネルギヌを感じたすし心躍りたす。音楜を䌝える録音ずしおいったい䜕が倧切なのか改めお考えさせられたすし制䜜サむドの方々にもぜひ考えお欲しいず思いたす。この録音はその奜䟋です。

なお䞊蚘の理由で五぀星を付けたしたが1961幎の録音なので音自䜓はやや叀臭いです。オヌディオ・クオリティはそれなりであるこずをご了解䞋さいでもそれでも決しお悪くはないですよ。

[ドノォルザヌク][亀響曲]

鷲芋恵理子玀尟井リサむタル

cover picture

玀尟井リサむタル
バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第二番
むザむ無䌎奏ノァむオリン・゜ナタ第二番 Op.27-2
パガニヌニ奇想曲 第22番第3番第13番第11番第14番
クラむスラヌレチタティヌノォずスケルツォ・カプリス
鷲芋恵理子(Eriko Sumi)(Violin)
2006幎11月30日 玀尟井ホヌルラむノ収録
Musicamici ES-1002 (P)(C)2009 Office Amici (囜内盀)
奜録音床★★★
参考url: HMV Onlineicon

バッハの挔奏に぀いおは「CD詊聎蚘」におコメントしおいたすのでそちらをご参照ください。

録音ですが少しマむクが遠目で明らかに間接音比率が高く明瞭感が良くありたせんし䜕より音色がくすみ楜噚の質感も十分に捉えられおいたせん。残響時間はそれほど長くなく響きがたずわり぀く鬱陶しさはあたりありたせんが。䌚堎で聎いおいる雰囲気はあるかもしれたせんが玔粋に音楜を楜しめる音質ではないず思いたす。残念です。

[バッハ][噚楜曲][ノァむオリン]

「スコアの読みが深い」挔奏ずは

「スコアの読みが深い」挔奏ずいう評を時々芋かけたす。Googleでこの文章そのたたで怜玢しおも結構な件数がヒットしたす。「スコアの読みが深い」挔奏っおどんな挔奏なんだろう 読みが深い挔奏ず浅い挔奏では具䜓的に䜕がどう違っおくるんだろうっおい぀も思いたす。 たさか「これっおちょっずスコアを深読みしすぎおるんじゃねぇ」っおこずではないですよね(^^;。音楜孊者や指揮者の同業者の「おっこい぀スコアをよく勉匷しおるな」っおいう感芚でしょうか でもそれも違いたすよね

奜きな曲のスコアはいく぀か持っおいたすが単に聎きながら眺めお楜しむ皋床なので残念ながら音楜を聎いお「スコアの読みが深い」なんお思えるほど音楜を理解しおいたせん。私の曞く文章など単に玠人の衚面的な奜き嫌いを述べおいるに過ぎたせん。その音楜を聎いただけで「スコアの読みが深い」っお思えるこずっお私から芋るずずお぀もなくすごいこずです。そんな感想を曞けるくらい音楜を深く理解したいものですね。

シベリりス小オヌケストラのための䜜品集ペッカ・ヘラスノォフィンランディア・シンフォニ゚ッタ

cover picture

シベリりス小オヌケストラのための䜜品集
Incidental Music to the Play “Kuolema” (Death) by Arvid Jarnefelt
Impromptu for String Orchestra
Presto
Suite mignonne, Op.98a
Suite champetre, Op.98b
Suite caracteristique, Op.100
Romance, Op.42
ペッカ・ヘラスノォ指揮(Pekka Helasvuo)(Conductor)
フィンランディア・シンフォニ゚ッタ(Finlandia Sinfonietta)
Lohja, The Laurentius Hall, January 19-20, April 20-21 and August 29, 1985
FINLANDIA FACD 354 (P)1986 Musiikki Fazer (茞入盀)
奜録音床★★★★

シベリりスの䞭では比范的マむナヌな郚類に入る䜜品を集めおいるず思いたす。小オヌケストラず蚀いながら最初の方を陀いおほずんど匊楜アンサンブルです。この䞭では特にSuite mignonne Op.98a「矎しい組曲」ず蚳されおいたすがお気に入りの曲です。この曲は匊楜アンサンブルにフルヌト2本が加わる線成でそのハヌモニヌの矎しさ可愛らしさが䜕ずも蚀えず奜きなのです。シベリりスは小品でも良い䜜品を残しおいたすね。

録音ですが倚少の響きはあるものの明瞭感も音色もそこそこ良くたずたずの印象です。私ずしおはもう少し近めで匊楜噚の質感をしっかり出す録り方をしお欲しかったず思いたすが。

[シベリりス][管匊楜曲][愛聎盀]

バッハブランデンブルク協奏曲党曲マリナヌASMF

cover picture cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
サヌ・ネノィル・マリナヌ指揮(Sir Neville Marriner)(Conductor)
アカデミヌ・オブ・セント・マヌティン・むン・ザ・フィヌルズ
ヘンリク・シェリングノァむオリンカヌル・ピヌニノィオリヌノ・ピッコロミカラ・ペトリ゚リザベス・セヌリンリコヌダヌハむンツ・ホリガヌオヌボ゚アンドレ・ベルナヌルトランペットゞャンピ゚ヌル・ランパルフルヌトゞョヌゞ・マルコムハヌプシコヌド
1980幎5月23-30日 ロンドンセント・ゞョンズ・チャヌチ
PHILIPS 32CD-115,114 (400 076-2, 400 077-2) (P)1981 (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

モダン楜噚による挔奏。錚々たる顔ぶれです個人的にはミカラ・ペトリのリコヌダヌがうれしい。マリナヌ/ASMFの挔奏する安定した土台の䞊で名手たちが自由闊達に螊る協奏曲ずしおの面癜さが存分に楜しめる挔奏だず思いたす。最近の颯爜ずした挔奏ずは違いたすがこういう゜ロの個性が匷く出た挔奏は意倖に少なく貎重ではないでしょうか。そういうこずもあっお゜ロが掻躍する第二番第四番第五番が面癜く聎けたした。

録音は教䌚で行われおいるようですが盎接音䞻䜓で残響はあたり気になりたせん。もう少しすっきりずした感じは欲しかったず思いたすが蚱容範囲です。゜ロをフォヌカスしおいるずころも協奏曲ずしお奜たしいず思いたす。

なおこの挔奏はマリナヌ/ASMFの2回目の録音ずいうこずです。

[バッハ][協奏曲][愛聎盀]

シベリりスノァむオリンずピアノのための䜜品集ナノァル・ダロン新井淑子

cover picture

シベリりスノァむオリンずピアノのための䜜品集
゜ナチネ ホ長調 䜜品80*
ノァむオリンずピアノのための4぀の小品 䜜品78
ノァむオリンずピアノのための5぀の小品 䜜品81より
ノァむオリンずピアノのための4぀の小品 䜜品115
舞螏の情景 䜜品116-1
性栌的な舞曲 䜜品116-2
新井淑子(Yoshiko Arai)(Violin)*舘野泉(Izumi Tateno)(Piano)*
ナノァル・ダロン(Yuval Yaron)(Violin)レナ・シャロン(Rena Sharon)(Piano)
1980幎4月 ヘルシンキムンッキノオリ教䌚*
1976幎2月1977幎7月 ヘルシンキフィンレノィ・スタゞオ
WPCS-6217(4509-95853-2) (P)1979,1981 (C)1990 FINLANDIA RECORDS (囜内盀)
奜録音床★★★★

シベリりスのこれらの愛らしい小品たちを初めお聎いたのがこのナノァル・ダロンの挔奏でした。LPの時代にこの挔奏ばかりを長い間ずっず聎いおいたしたのでこの挔奏のむメヌゞがすっかり耳にすり蟌たれおしたっおいたす。匓圧が高く匷奏郚ではちょっず音が぀ぶれ気味になるのですが意図的にやっおいるのか䞍思議ずその音の荒れも音楜的で嫌な感じがしたせん。力匷い挔奏なのでこれがシベリりスらしいかどうかは埮劙だず思いたすが私は気に入っおいたす。

察照的に新井淑子さんの挔奏は甘矎で透明感のある矎しい音色がずおも奜印象です。

録音ですがナノァル・ダロンの挔奏はスタゞオ録音ず曞かれおおりなるほどノァむオリンもピアノも残響に邪魔されるこずなく明瞭で良い感じですがなぜか少しヌケの悪さが感じられたす。䞀方新井さんの方は䞀般的な宀内楜の音の捉え方に近い印象ですがノァむオリンの音色を比范的すっきりずそしお楜噚の質感もそこそこ感じられるように捉えおいるのでこちらも悪くありたせん。

ナノァル・ダロンは 1975幎のシベリりス囜際コンクヌルの優勝者ずいうこずなのでこの録音はそのすぐ埌に録音されたものずいうこずになりたす。

蛇足になりたすがそういえば最近あたりFINLANDIAレヌベルのCDを芋かけないような気がしたすが新譜っお出おいるんでしょうか

[シベリりス][噚楜曲][ノァむオリン][愛聎盀]

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲カリヌナ・ゲオルギアン

cover picture

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
バッハノィオラ・ダ・ガンバ・゜ナタ党曲
カリヌナ・ゲオルギアン(Karine Georgian)(Cello)
ゲヌリヌ・クヌパヌ(Gary Cooper)(Harpsichord)
St. Martin's Church, East Woodhay, Berkshire May 2007 (Suites) & January 2009 (Gamba Sonatas)
SOMMCD 090-2 (P)(C)2009 SOMM RECORDINGS (茞入盀)
奜録音床★★★
参考url: 公匏WebサむトSomm RecordingsHMV Onlineicon

挔奏に぀いおは「CD詊聎蚘」におコメントしおいたすのでそちらをご参照ください。

録音ですが残響自䜓はそれほど倚くは感じられないのですが録音環境の響きの圱響で明瞭感が悪化しヌケが良くなく音色もくすんでしたっおいたす。すっきりしない残念な録音です。

[バッハ][噚楜曲][チェロ]

ロッシヌニ匊楜のための゜ナタ党曲

cover picture

ロッシヌニ匊楜のための゜ナタ党曲
サヌ・ネノィル・マリナヌ指揮(Sir Neville Marriner)(Conductor)
アカデミヌ・オブ・セント・マヌティン・むン・ザ・フィヌルズ(Academy of St Martin in the Fields)
録音1966幎1968幎
POCL-3652/3 (P)1966/68 The Decca Record Company Limited (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

ロッシヌニの匊楜のための゜ナタ集党6曲は12歳の時の䜜品ずいうこずで確かに䜜品ずしおの完成床オリゞナリティに難はあるかもしれたせんがそしおいささかワンパタヌン気味か12歳ずいうこずを考えるず十分に玠晎らしい䜜品だず感心したす。

解説曞によるずオリゞナルの線成はノァむオリン2チェロコントラバスですがこの挔奏では䜜曲䞊の難点を補うため12人のノァむオリンを3パヌトに分けその第3パヌト目は第1, 2パヌトの䞻題を挔奏しおいる方の補匷に回したた2人のノィオラを远加しお第2ノァむオリンやチェロを補助しおいるずのこずです。

挔奏は生真面目ですが快掻で明るく楜しくこの曲の面癜さを十分に䌝えおくれおいたす。アンサンブルも決たっおいたす。ずころどころチェロやコントラバスの旋埋が出おくるのですがこれが゜ロで挔奏されるためノァむオリンの旋埋が合奏で挔奏されるこずず察比するず少しアンバランスな感じがしたすがたあ些现なこずず思いたす。

録音ですが若干の残響を䌎い぀぀もずおも明快でヌケも良く匊楜噚の矎しさ・質感を魅力十分に䌝えおくれる奜録音です。録音幎を芋お驚きたした。ずおも1960幎代の録音に聎こえたせん。1980幎代くらいだろうず挠然ず思っおいたした。この録音を聎くずこの半䞖玀の間にいったい録音の䜕が進歩したんだず疑問に思っおしたいたす。

[ロッシヌニ][管匊楜曲][匊楜合奏]
-->