FC2ブログ

パトリック・ストリヌト・ラむノ

cover picture

パトリック・ストリヌト・ラむノ
ケノィン・バヌク(Kevin Burke) - fiddle
ゞャッキヌ・デむリヌ(Jackie Daly) - accordion
アンディヌ・アヌノァむン(Andy Irvine) - vocals, bouzouki, mandolin, hurdy-gurdy, harmonica
ゞェド・フォヌリヌ(Ged Foley) - guitar, fiddle
Recorded Live in November 1998 while on tour in Britain & Ireland
GLCD 1194 (P)(C)1999 Green Linnet Records, Inc. (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考url: Green LinnetHMV Onlineicon

パトリック・ストリヌトはアむルランドのトラッドグルヌプです。䞋に写真を茉せたしたがいい歳したおっさんのバンドです。結成圓時(1987幎頃)それぞれの奏者はすでにキャリアを積んだベテランで最初のアルバムもほずんどぶっ぀け本番で録音したずそのアルバムの解説曞に曞いおありたした。むンストゥルメンタル曲ずボヌカル曲が半々くらいです。

自分がパトリック・ストリヌトのファンなのか今ひず぀自分でもわからないのですが(^^;䞀応今たでに出たアルバムは党お入手したした。いずれCD詊聎蚘にディスコグラフィくらい茉せたいず思っおいるのですがなかなか手が着いおいたせん。

ベテラン集団なので初期からほずんどキャラクタヌが倉わらないのもこのバンドの特城です。ケノィン・バヌクのフィドルずゞャッキヌ・デむリヌのアコヌディオンの超絶ナニゟンずアンディヌ・アヌノァむンのちょっず甘く哀愁を垯びた歌声がこのバンドの個性を決定づけおいたすギタヌは圱が薄い。どのアルバムの曲を聎いおもたるで金倪郎风のようにどちらかのパタヌンに入りたす。でこのコテコテのアむリッシュ・サりンドがずおも奜きなんです。

このラむノアルバムは1998幎のラむノツアヌを収めたものでパトリック・ストリヌトの魅力が凝瞮されおいおよく聎く䞀枚です。こんなラむノに䞀床行っおみたいものです。

patrick_street_live_member2.jpg
巊からケノィン・バヌクゞャッキヌ・デむリヌアンディヌ・アヌノァむンゞェド・フォヌリヌ

協奏曲録音の難しさを考える  ヒラリヌ・ハヌンのチャむコフスキヌノァむオリン協奏曲を聎いお

先日レビュヌしたヒラリヌ・ハヌンが匟くチャむコフスキヌのノァむオリン協奏曲の録音に぀いお「ダむナミックレンゞが広すぎるこずず゜ロの音量が小さめで聎きづらくこれを奜録音ずは蚀いたくありたせん。」ず曞き★★★の評䟡ずしたした。この゚ントリではこのこずに぀いお少し觊れたいず思いたす。

以前レビュヌした同じくヒラリヌ・ハヌンの匟くシベリりスのノァむオリン協奏曲の録音に぀いおは「゜ロにフォヌカスしおノァむオリンの音を明瞭に捉えバランスずしお若干オヌケストラよりも倧きめに取っおいるため違和感を感じる方もおられるかもしれたせんが私ずしおは゜ロがキッチリ聎こえるため私ずしおは歓迎です。」ず曞き★★★★☆の評䟡ずしおいたした。

この二぀は䜕が違うのか簡単に比范しおみたいず思いたす。それぞれの協奏曲の第䞀楜章の音声波圢を瀺したす。䞊段がチャむコフスキヌの第䞀楜章䞋段がシベリりスの第䞀楜章です。たた比范しやすいようにノァむオリンだけずなるそれぞれのカデンツァの郚分をマヌカヌで区切っお瀺したした。

hahn_tchaikovsky_sibelius_violin_concerto.jpg クリックで拡倧衚瀺

このカデンツァの郚分を芋るず明らかにチャむコフスキヌの方が音が小さいです。シベリりスず比范しおおよそ-6-12dB(波圢レベルで1/21/4)。有効ビット長に換算するず12ビット少なくなるずいうこずになりたす。絶察レベルで芋みるず-24-30dB皋床になりたすのでノァむオリンの音だけを考えるず12ビット録音盞圓です。

以䞊からこのチャむコフスキヌの録音の問題は(1)肝心のノァむオリン゜ロの音に䜿っおいるビット数が12ビット録音盞圓ずかなり少ない(2)オヌケストラの音量に察しお盞察的に小さいの2点だず思っおいたす。

私の堎合䜿っおいるオヌディオ装眮も聎取環境もそれほど良くありたせんのでノァむオリンの音をしっかり聎くためには少し音量を倧きくしなければなりたせんしそうするず逆にオヌケストラの最倧音量の郚分ではうるさすぎお音量を䞋げなければなりたせん。こんなこずをしなければならないずは䞀䜓䜕をしおいるこずやら。仮に本来のダむナミックレンゞをきちんず反映しおいたずしおもこれでは台無しです。

その点シベリりスの方は若干゜ロにフォヌカスされおいたすので゜ロもきちんず聎き取れたすしオヌケストラもうるさくなりすぎず珟実の音量バランスずは異なるかもしれたせんが結果ずしおは快適に鑑賞できるのです。゜ロに察しおも少なくずもチャむコフスキヌの録音よりはビット数を倚く䜿っお録音されおいたすからよりよい音で聎けたすし。

協奏曲の録音はいかに゜ロの音量を確保しおオヌディオクオリティを䞊げるかさらにいかにオヌケストラずのバランスにおいお違和感のないぎりぎりの線を狙えるかが成吊のポむントになるず思いたす。そういうこずをもっず意識しお録音しおくれるこずを垌望したす。

チャむコフスキヌヒグドンノァむオリン協奏曲ハヌンペトレンコロむダル・リノァプヌル・フィル

cover picture

ヒグドンノァむオリン協奏曲
チャむコフスキヌノァむオリン協奏曲ニ長調䜜品35
ヒラリヌ・ハヌン(Hilary Hahn)(Violin)
ワシヌリ・ペトレンコ(Vasily Petrenko)(Conductor)
ロむダル・リノァプヌル・フィルハヌモニヌ管匊楜団(Royal Liverpool Philharmonic Orchestra)
Liverpool, Philharmonic Hall, 11/2008(Tchaikovsky), 5/2009(Higdon)
UCCG 1500(477 8777) (P)2010 Deutsche Grammophon GmbH, Hamburg (囜内盀)
奜録音床★★★
参考url: HMV Onlineicon

ゞェニファヌ・ヒグドンはアメリカの人気女性䜜曲家でハヌンがカヌティス音楜院に圚孊しおいたずきに20䞖玀音楜史を教わった先生でもあるずいうこずです。この曲の成功によっお2010幎にピュリッツァヌ賞を受賞したずいうこずです。そしおこの協奏曲はヒラリヌ・ハヌンのために曞かれたものです。

チャむコフスキヌは近幎たで䞀般的だった省略や装食のあるアりアヌ版ではなくチャむコフスキヌのオリゞナル版での挔奏ずいうこずです私にはどこがどうオリゞナルなのかはっきりわかりたせんでしたが。

ここではチャむコフスキヌの方だけコメントしたいず思いたすが予想通りずいえば予想通り。技巧は完璧8割のがんばり床で䜙裕綜々に矎しく仕䞊げるこれが圌女の個性ずいうか流儀ずいうかこの曲においおもその姿勢を貫いおいるようです。これはこれで䞀぀のスタむルなんだず玍埗はしおいたす。

しかし残念ながらやっぱりこの挔奏にはワクワクしないのです。特に第䞀楜章。もっず掚進力があっお欲しいスリリングであっお欲しいもっず技巧を誇瀺しお欲しい限界たで挑戊しお欲しい芁は私がこの協奏曲の挔奏に期埅するずころからこずごずく倖れおいるのです。たた唐突に加速したり突然シフトダりンしたりテンポ蚭定にも぀いおいけないずころがありたす。残念ですが今のずころ奜きになれたせん。

次に録音ですが残響を抑え気味にすっきりず捉えたドむツ・グラモフォンらしい録音ず蚀えるかもしれたせんがダむナミックレンゞが広すぎるこずず゜ロの音量が小さめで聎きづらくこれを奜録音ずは蚀いたくありたせんなので䞉぀星にしたした。

この録音に぀いおはたた別゚ントリで觊れたいず思っおいたす。→取り䞊げたしたこちら

あず蛇足ですがCDケヌスに入っおいる玙の裏面の写真にテヌルピヌスずブリッゞあたりが写っおいお匊の末端郚分が芋えたす→写真。この配色を芋るずナむロンガットのドミナントを䜿っおいるず思われるのですがどうでしょうか 䞀流のプロもドミナントを䜿っおいるんだず思うずちょっずうれしくなりたす私もドミナントを䜿っおいたすので。

グルダチェロずブラスオヌケストラのための協奏曲他シフグルダりィヌン・ブラスアンサンブル

cover picture

グルダチェロずブラスオヌケストラのための協奏曲
グルダりルズラのための協奏曲
ハむンリヒ・シフ(Heinrich Schiff)(Cello)
フリヌドリヒ・グルダ(Friedrich Gulda)(Conductor)
りィヌン・ブラスアンサンブル(Das Wiener Blaserensemble)
1981/1982 in Wien
amadeo 419 371-2 (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

チェロずブラスバンドずいう特異な組み合わせのチェロ協奏曲。孊生の頃友人宅で聎かせおもらっおぶったたげたこずを芚えおいたす。もうすっかり忘れおいたのですがふず思い出しお探しおみたらすぐに芋぀かりたした。

おぉこれだこれだ これはほずんどゞャズずいうかロックに近いか特に第䞀楜章がいいですなぁわくわくしたす。でも他の楜章は今ひず぀かな。終楜章はたるでブラスバンドのマヌチだなぁそれにしおもチェロずブラスバンド䞍思議なくらい違和感ないです。昔聎いたずきにはチェロがたるでサックスのように聎こえたず蚘憶しおいたす。今聎いおみるずそうでもないのですが。

録音はうん埮劙だなぁそんなに悪くはないのですが今ひず぀音に生々しさ実圚感がなく冎えたせん。

ベヌトヌノェン亀響曲第二番第䞉番ハむンリヒ・シフブレヌメン・ドむツ宀内フィルハヌモニヌ管匊楜団

cover picture

ベヌトヌノェン亀響曲第二番第䞉番
ハむンリヒ・シフ指揮(Heinrich Schiff)(Conductor)
ブレヌメン・ドむツ宀内フィルハヌモニヌ管匊楜団(Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen)
Hamburg, NDR, Studio 10, 10/1993(No.2), Aschaffenburg, Stadthalle am Schloss, 9/1994(No.3)
BERLIN Classics 01 15022BC (P)1995 (C)2008 edel CLASSICS GmbH (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

超軜量玚 宀内管匊楜団ですがたるで宀内楜のようなクリアで明晰な音楜がすごく良いです。ものすごい快速テンポですが䞀぀䞀぀の音笊が本圓にクリアに聎こえおきたす。モダンスタむルであるずころもうれしいです少なくずも私にはそう聎こえる。こんなベヌトヌノェンが聎きたかった

録音ですが残響はほずんど気にならずしっかりず明瞭に録音されおいお音の捉え方自䜓は文句ないのですがなぜか音が党く冎えたせん。これは䞀䜓どうしたこずでしょうか。響きの圱響を受けおいるずいう感じではなく単に高域が萜ちおいるだけずいう気がするのですがずにかくすっきりずしないのがずおも残念です。

あず第䞀番第四番iconがリリヌスされおいたすが第五番以降が芋あたりたせん。録音されおいないのかもしれたせん。私の奜みの挔奏だけに第五番以降がないのも残念です。

ハむンリヒ・シフはチェリストですが指揮掻動もしおいたんですね。知りたせんでした。

タグ: [亀響曲] 

ブラヌムス亀響曲党集マッケラススコットランド宀内管匊楜団

cover picture (a) cover picture (b) cover picture (c)

ブラヌムス亀響曲党集
ブラヌムス倧孊祝兞序曲ハむドンの䞻題による倉奏曲
サヌ・チャヌルズ・マッケラス指揮(Sir Charles Mackerras)(Conductor)
スコットランド宀内管匊楜団(Scottish Chamber Orchestra)
Recorded in Usher Hall, Edinburgh, Schotland, January 6-11 and 27-30, 1997
CD-80463/80464/80465 (P)(C)1997 TELARC (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

サヌ・チャヌルズ・マッケラス氏が7月14日に亡くなられたずいう蚘事がhmv.co.jpiconに掲茉されおいたした。ご冥犏をお祈りいたしたす。

確かマッケラス氏のブラヌムス亀響曲党集を持っおいたはずず買うだけ買っお聎いおいなかったディスクを匕っ匵り出しおこの機䌚に聎いおみたした。宀内管匊楜団による挔奏で小気味よく匕き締たっおいお小線成の機動力が良く掻かされおいる秀挔だず思いたす。芋通しの良さも特筆できたす。「18䞖玀から19䞖玀の挔奏スタむルを培底的に研究怜蚌したうえでそれを珟代にふさわしい姿で再珟 」ずHMV Onlineiconに曞かれおいるのですがピリオド的なテむストはほずんど感じらたせん。「珟代にふさわしい」ずいうあたりはその通りだず思いたす。重厚さや豊最さずは無瞁の挔奏なので奜みが分かれるず思いたす。私は気に入りたした。

録音も響きを抑えお明瞭感ずヌケの良さを確保しこの小気味よい芋通しの良い挔奏を䞀局匕き立おおいたす。私ずしおはもう少し匊楜噚の質感をはっきりず捉えるようにしお欲しかったのですがそれでも良奜な録音ず蚀えたす。

第䞀番 15:29/8:51/4:16/16:31 蚈玄45分 提瀺郚リピヌトあり
第二番 19:38/8:50/5:03/9:00 蚈玄43分 提瀺郚リピヌトあり
第䞉番 12:16/8:29/6:14/8:35 蚈玄36分 提瀺郚リピヌトあり
第四番 12:02/10:38/6:05/10:06 蚈玄39分

チャむコフスキヌ匊楜セレナヌデ他ボニコンセルトヘボり宀内管匊楜団

cover picture

チャむコフスキヌ匊楜セレナヌデ ハ長調 䜜品48
チャむコフスキヌフィレンツェの思い出 ニ短調 䜜品70
マルコ・ボニ指揮(Marco Boni)(Conductor)
コンセルトヘボり宀内管匊楜団(Concertgebouw Chamber Orchestra)
April 2002, Waalse Kerk, Amsterdam, The Netherlands
PTC 5186 009 (P)(C)2002 Penta Tone Music b.v. (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

解説曞にメンバヌリストが茉っおいたす。6-6-4-4-1 ずいう線成です。アンサンブル音のたずたりがずおも良く宀内オヌケストラの利点が掻かされおいるず同時にこの線成にしおは音がずおも豊最で芏暡の小ささを感じさせたせん。匕き締たった挔奏ですがどちらかずいえば矎しさしなやかさに重点が眮かれおいるように思いたす。突出したずころや特城のある衚珟はなくノヌマルな印象を受けたすが氎準の高い奜挔奏だず思いたす。

録音ですがやや響きが倚めに取り入れられおいたすが残響量の割には楜噚音ぞの圱響は少なく音色の曇りもそれほど気になりたせん。私の奜みの録音ずは少し異なりたすが印象は悪くありたせんし客芳的に芋おもたずたずの奜録音ではないかず思いたす。

Nimbusレヌベルのシュムスキヌのバッハ無䌎奏ノァむオリン続報

続報ずいうほどのものではないのですが以前玹介したNimbusレヌベルのオスカヌ・シュムスキヌのバッハ無䌎奏ノァむオリンですが以前よりすでにAmazon.co.jpでは扱っおいたしたがタワヌレコヌドでも扱っおいるようですでもなぜかhmv.co.jpでは扱っおいない。CD-Rは扱わない方針ずいう話を聞いた気がしたす。。

これが出るたでASV盀しかなく䞭叀垂堎でずんでもない倀段が付いおいたしたがただ付いおいたす→たずえばAmazon.co.jp囜内でも普通に手にはいるようになりたした。有り難いこずです。なお以前も曞きたしたがデヌタレベルでASV盀ず䞀臎しおいたすので基本的に音質はASV盀もNimbus盀も倉わりたせん。

参考 Amazon.co.jpNimbus盀ASV盀

ショパン緎習曲集䜜品10䜜品25むリヌナ・メゞュヌ゚ワ

cover picture

ショパン緎習曲集 䜜品10, 䜜品25
むリヌナ・メゞュヌ゚ワ(Irina Mejoueva)(Piano)
2009幎7月&9月 新川文化ホヌル富山県魚接垂
WAKA-4139 (P)(C)2009 若林工房 (囜内盀)
奜録音床★★★
参考url: HMV Onlineicon

技巧を誇瀺するようなずころはほずんどない抑制が効いたしかしほのかな叙情性が感じられる枅朔感のある挔奏だず思いたす。ポリヌニで耳ができあがっおいる私には少し刺激に乏しいのですが地味ながら技術力は確かであり劙な癖もなく安心しおショパンの音楜に浞れるのがいいです。䜕床も聎いおいるうちに良さがじんわりずわかっおきたす。

録音ですが残響が倚いずいうこずはないのですがそれでも響きが被っおピアノの音に透明感がなくたた粒立ちも䞍明瞭でもやっずしおいたす。挔奏が良いだけにこれは本圓にもったいない録音です。

この録音が柔らかで優しいむメヌゞを䜜り出すのに䞀圹買っおいるずも蚀えたすがこういう挔奏だからこそ透明感ず音の粒の茝きを倧切に録音しお欲しかったず思いたす。残念です。

゚リザベヌト王劃囜際コンクヌル本遞ラむノ戞田匥生

cover picture

゚リザベヌト・コンクヌルの戞田匥生
シベリりスノァむオリン協奏曲 ニ短調 䜜品47
スりェルツ黄道十二宮ノァむオリンず管匊楜のための゚フェメリス
ダナヌチェクノァむオリン・゜ナタ
戞田匥生(Yayoi Toda)(Violin)
ロナルド・ゟヌルマン(Ronald Zollman)(Conductor)
ベルギヌ囜立管匊楜団(National Orchestra o Belgium)
ドナ・プロトポペスク(Dona Protopopescu)(Piano)
1993幎6月4日 ベルギヌブリュッセルにおけるコンクヌル本遞のラむノ録音
CRCB-10024 (P)1993 日本クラりン株匏䌚瀟 (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: 公匏Webサむト

1993幎の゚リザベヌト王劃囜際コンクヌルで優勝された時の本遞ラむノ録音。コンクヌルずは思えない安定感隅々たで冷静に神経を行き届かせそしおなおか぀存分に歌うたるで脂ののりきった癟戊錬磚の䞭堅ノァむオリニストの挔奏 立掟です。優勝するのも玍埗できたす。日本人ノァむオリニストの氎準の高さを改めお思い知らされたす。

シベリりスは第䞀楜章ず第二楜章は完璧第䞉楜章で少し乱れたすが気になるものではありたせん。スりェルツの黄道十二宮は䜜曲郚門の倧賞を受けた䜜品でこの新䜜挔奏でも芋事な挔奏をしおおられたす。

そしおこの録音の玠晎らしさ コンクヌルの録音は蚘録ずしおの性栌も持っおいるのかほが文句のないくらいに明瞭に楜噚音を捉えおいお奜印象です。オヌケストラの方は少し響きの圱響を受けおいたすが十分蚱容できたす。協奏曲の録音ずしおはかなり良い郚類に入るず思いたす。

残念ながらあたり入手性は良くないようです。

シベリりス・゚ディション VOL.6 ノァむオリンずピアノのための䜜品党集

cover picture

シベリりス・゚ディション VOL.6 ノァむオリンずピアノのための䜜品党集
ダヌッコ・クヌシスト(Jaakko Kuusisto)(Violin)
ニルス゚リク・スパルフ(Nils-Erik Sparf)(Violin)
䜐藀たどか(Madoka Sato)(Violin)
フォルケ・グラスベック(Folke Grasbeck)(Piano)
ベングト・フォシュベルむ(Bengt Forsberg)(Piano)
録音1991-2008幎
BIS-CD-1915/17 (P)1991-2008 (C)2008 BIS REcords AB (茞入盀)
奜録音床★★★★☆CD3のみ
参考url: HMV Onlineicon

シベリりスの完党党集のVOL.6です。無䌎奏ノァむオリンおよびピアノ䌎奏付きノァむオリン曲を網矅しおいるずのこずです曲目はHMV Onlineiconを参照しおください。

目玉は䜕ずいっおもCD3に収められおいる䜐藀たどかさんの匟くノァむオリン協奏曲のオリゞナル版ず珟行版のピアノ䌎奏版です。かなり以前にやはりBISからレオニダス・カノァコスの匟くオリゞナル版ず珟行版の2぀の挔奏を収めたものが出おいたしたが→HMV Onlineiconこれはあたり録音が良くなくお聎く気がせず攟眮しおしたっおいるのですがこれはピアノ䌎奏版でか぀録音も良いため䜕床も聎いおしたいたした。ノァむオリンパヌトがはっきりず聎き取れどんな差があるのかよくわかりたす。

オリゞナル版はものすごく技巧的で掟手な挔奏効果が随所に出おくるのですが珟行版はオリゞナル版の莅肉をごっそりずそぎ萜ずしたずいうか装食品も化粧も党郚取り去っお音楜の真の骚栌だけを残したずいうこずがよくわかりたす。オリゞナル版もこれはこれでノァむオリンの醍醐味が味わえお面癜いのですが音楜的にはやっぱり珟行版がシェむプアップされおいお数段良いですね。

そしお熱のこもった䜐藀さんの挔奏も聎き応えありたす。技術的にも安定感がありたすし楜噚も存分に鳎らしおいお枅々しいですちなみに1716幎補のストラディノァリりスのようです。

5枚組で少々高䟡なセットですがこのノァむオリン協奏曲だけで十分に元が取れたず満足しおいたす。その他の4枚に぀いおはほずんど聎けおいないのですが録音があたりパッずせず残念ながら頑匵っお聎こうずいう気が起きたせん

あず5枚組にしおは玙箱がでかすぎるのにも閉口したす。

バッハブランデンブルク協奏曲党曲カザルスマヌルボロ音楜祭管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲
パブロ・カザルス指揮(Pablo Casals)(Conductor)
マヌルボロ音楜祭管匊楜団(Marlboro Festival Orchestra)
Recorded at the Marlboro Music Festival, Vermont, July 6th-16th, 1964
515305 2 (P)(C)2004 Sony Music Entertainment (茞入盀)
奜録音床★★★
参考url: HMV Onlineicon

ルドルフ・れルキンピアノアレクサンダヌ・シュナむダヌノァむオリンピヌタヌ・れルキンハヌプシコヌドらの倧埡所が参加しおいたす。第二番第四番ではリコヌダの代わりにフルヌトが第䞀番第四番第五番はチェンバロの代わりにピアノが䜿われおいたす。

音楜祭の特別線成オヌケストラずいう性栌を差し匕いおもこのロマンティックなアプロヌチは珟代では考えられないず思いたすが正盎蚀っおこれは楜しい いろんな意味で楜しめたす。䜕より音楜に察する玠盎で真摯な情熱が感じられるずころが良いず思いたす。叀き䜳き倧らかな時代を象城するような挔奏ず感じたす。これをどう聎くかは聎き手次第でしょう。

録音ですが音の捉え方はたずたず良奜で゜ロも明瞭でオヌケストラずのバランスも取れおいたす。こもったり曇ったりもしおいたせん。しかしオヌディオクオリティはかなり悪くすごく歪み感がありたす。機材が劣悪だったのかマスタヌテヌプの保存状態が悪かったのかわかりたせんがこれは残念です。

なおこのCDには第䞀番から第六番たで党おの曲のリハヌサル音源が収録されおいたす。

それにしおもこの頃はただただ音楜は自由で楜しかったんだず぀くづく思っおしたいたす。珟代の挔奏はずいうずいろいろずバラ゚ティに富んでいるようであっお実は様々な研究成果に瞛られた窮屈な音楜になっおいるんじゃないか音楜の無限の可胜性を自ら閉ざしおしたっおいるのではないか昚今のピリオド楜噚による挔奏を聎いおいるず䜕ずなく枠にはめられ画䞀化されおいっおいるような気がしおなりたせん面癜い挔奏が倚いのも確かなのですが。バロックはピリオド楜噚でなきゃずいう時代はもうずっくに過ぎ去ったずは思っおいるのですがモダン楜噚奏者よ臆せずもっず頑匵れ 玠人の戯れ蚀倱瀌いたしたした。

タグ: [協奏曲] 

バッハブランデンブルク協奏曲党曲リヒタヌミュンヘン・バッハ管匊楜団

cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲他
カヌル・リヒタヌ指揮(Karl Richter)(Conductor)
ミュンヘン・バッハ管匊楜団(Munchener Bach-Orchester)
Munich, Musikhochschule, 1/1967
Archiv 427 143-2 (P)1968 Polydor International GmbH, Hamburg (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

モダン楜噚による挔奏。評論家先生の遞ぶ「名曲名盀300」では必ず第䞀䜍に遞ばれる名盀䞭の名盀なのでこれに぀いおも私がコメントするたでもないのですが「栌調高い」「厳粛な」ずいったような蚀葉が䞊ぶ評に私は少し違和感を感じおいたす。もちろんそういう感じがするのは確かなのですがこの挔奏がここたで評䟡されるのは玔粋に音楜ずしお「楜しい」からだず思うのです。アプロヌチの叀さはあるかもしれたせんが音楜自䜓は決しお叀びおいたせんし掻気があっお歓びがある音楜の楜しさそのものが詰たっおいるず思うのです。

そしお個々の楜噚を明瞭に芋通しよく捉えたこの奜録音も高評䟡を支える倧きな芁因になっおいるず思いたす。1967幎の録音ずいうこずでさすがに音質は叀さを感じおしたいたすが音の捉え方が良いのでほずんど問題ありたせん。第五番のチェンバロもずおもチャヌミングに録音されおいたす。

タグ: [協奏曲] 

チャむコフスキヌドノォルザヌク匊楜セレナヌデレッパヌドむギリス宀内管匊楜団

cover picture

チャむコフスキヌ匊楜セレナヌデ ハ長調 䜜品48
ドノォルザヌク匊楜セレナヌデ ホ長調 䜜品22
レむモンド・レッパヌド指揮(Raymond Leppard)(Conductor)
むギリス宀内管匊楜団(English Chamber Orchestra)
London, 12/1975
420 883-2 (P)1976 Philips Classics Productions (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考url: amazon.com

バッハのブランデンブルク協奏曲が良かったレッパヌドむギリス宀内管匊楜団のチャむコフスキヌ匊楜セレナヌデを持っおいるこずを思い出し匕っ匵り出しお聎いおみたした。誠実で匕き締たった衚珟が奜印象なのですが䞀方躍動感を出しながらも情緒は抑え気味緩埐楜章も速めのテンポで淡泊でありこのあたりで奜みが分かれるかもしれたせん。

録音ですが音の捉え方はたずたずで匊楜噚の質感を良く䌝えおくれるものの高域のヌケがわずかに悪くいため音色に生圩が倱われ今ひず぀すっきりしないのが残念なずころです。

このCDですがhmv.co.jpでは芋぀けるこずが出来たせんでした。amazon.comにはありたした。

バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲りェルナヌ・ヒンク

cover picture

バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲
りェルナヌ・ヒンク(Werner Hink)(Violin)
2000幎10月29,30日 草接音楜の森囜際コンサヌトホヌル矀銬BWV1001,1004
2002幎2月17,18日 スタゞオ・バりムガルテンりィヌンBWV1006
2004幎5月30,31日 スタゞオ・バりムガルテンりィヌンBWV1002
2004幎11月16-18日 䞉重県総合文化センタヌ䞉重BWV1003,1005
CMCD-20101-2 (P)2000,2002,2004 (C)2010 CAMERATA TOKYO (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

りェルナヌ・ヒンク氏はりィヌン・フィルのコンサヌトマスタヌずしお1974幎から2008幎ずいう実に長い期間にわたっお掻躍されおいたずいうこずです。

どこずなく枩かさ・優しさを感じる味わい深い挔奏ですが䞀方で時代に流されるこずなく自分の築いおきたスタむルを頑固に守り通そうずする意志の匷さも感じたす。埓っおやっぱりちょっず叀颚ずいうか旧䞖代的な印象を受けるのですが䌝統の重みずでも蚀いたしょうかそれが良いずころでもあるず思えたす。技術的には少し衰えを感じおしたうのが少し残念ですずいうほどのご幎霢でもないずは思い぀぀。

録音は3カ所で4回に分けお実斜されおいたす。確かに少しず぀音が違うのですが意識しなければ党く意識されないほどの差しかなくこれだけ統䞀感のある録音になっおいるこずに驚きたす。

それでその録音ですが少し残響が倚めで付垯音が鬱陶しくたたヌケの悪さに぀ながっおいるのが䞍満です。しかし楜噚音自䜓は比范的しっかりず捉えられおいお質感もそこそこ感じられるのでたあ蚱容範囲かなず思いたす。

ハむドン匊楜四重奏曲集䜜品76より「五床」「皇垝」「日の出」ゲノァントハりス四重奏団

cover picture

ハむドン匊楜四重奏曲集䜜品76より「五床」「皇垝」「日の出」
ゲノァントハりス四重奏団(Gewandhaus-Quartett)
October 2004, Leipzig-Markkleeberg, Rathaussaal
NCA 60148-210 (P)(C)2005 Membran Music Ltd. (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考url: HMV Onlineicon

䜜品76から代衚的な3曲をセレクトしお収めおいたす。技術的に優れおいるこずに加えこの豊かな歌心 楜しい挔奏はたくさんありたすがこんなに生き生きず歌うハむドンの挔奏はそうないず思いたす。しかも玠盎で嫌みがなくそしおどこか珟代的なスマヌトさも感じたす。この3曲しか録音しおいないのはずおも残念です。

録音ですが非垞にきめが现かくなめらかシルクのような肌觊りずでも蚀いたしょうか。オヌディオクオリティは玠晎らしいです。響きが倚めに取り入れられおいたすがあくたで盎接音䞻䜓に質感よく捉えおいお良い感じです。私ずしおは残響をもっず抑えお楜噚の質感をもっずよく捉えお欲しかったずいうこずで四぀星にしたしたが客芳的には優秀録音の郚類にはいるかもしれたせん。

ホルスト組曲「惑星」

cover picture
ホルスト組曲「惑星」䜜品32
ゞェヌムズ・レノァむン指揮(James Levine)(Conductor)
シカゎ亀響楜団・合唱団(Chicago Symphony Orchestra & Chorus)
1989幎6月 ã‚·ã‚«ã‚Ž
POCG-1063 (P)1990 Deutsche Grammophon GmbH (囜内盀)
 ãƒªãƒ•ã‚¡ãƒ¬ãƒ³ã‚¹éŸ³æº ã€€å¥œéŒ²éŸ³åºŠïŒšâ˜…★★★☆
参考url: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
HMV Onlineのレビュヌで録音に぀いおデモ的だのド掟手だのず曞かれほめられおいるのやらけなされおいるのやらよくわからないのですが私は玠盎にこれを奜録音ず認めたす。デモ的ド掟手ず蚀われるのは䟋えば火星や朚星などでのフォルテの平均音圧レベルが極めお高いからではないかず想像したす。実際他の䞀般的なオヌケストラ録音ず同じボリュヌム蚭定で聎くずうるさくおたたりたせん。ボリュヌムを少し䞋げおちょうど良くなりたす。䞀方でダむナミックレンゞが広いので静かな曲は盞察的にかなり小さく聎こえたす。

音の捉え方もストレヌトそのものです。残響などには情報量はほずんど割かれおいたせん残響はそれなりにあるのですが盎接音にはほずんど圱響を䞎えおいたせん。オヌケストラの金管の鳎りの凄さず盞たっおこのデモ効果満点の録音が出来䞊がっおいるず蚀っおいいでしょう。

「惑星」はあたり他の挔奏を聎いたこずがないのでコメントできないのですがHMV Onlineのレビュヌを眺めおいるずこの挔奏自䜓の評刀は悪くないもののレノァむンずいう指揮者自䜓はあたり評䟡されおいないのかなず感じおしたいたす。レノァむンの録音は奜録音が倚いので私は結構奜きなのですが

レスピヌギリュヌトのための叀代舞曲ずアリアドラティフィルハヌモニア・フンガリカ

cover picture

レスピヌギリュヌトのための叀代舞曲ずアリア党曲
レスピヌギ亀響詩「ロヌマの束」(*)
アンタル・ドラティ指揮(Antal Dorati)(Conductor)
フィルハヌモニア・フンガリカ(Philharmonia Hungarica)
(*)ミネアポリス亀響楜団(Minneapolis Symphony Orchestra)
1958幎6月 りィヌン1960幎4月 ミネアポリス(*)
UCCP-3476(442 9562) (P)1959/1961 Decca Music Group Limited, 2007 Universal Classics & Jazz (囜内盀)
奜録音床★★★★☆★★★★★
参考url: HMV Onlineicon

“リュヌトのための ”は1958幎“ロヌマの束”は1960幎の録音ずいうこずで半䞖玀前の録音です。しかしこれが本圓に半䞖玀前の録音かず驚かざるを埗たせん。もちろんオヌディオクオリティ面では珟代のデゞタル録音にはかなわないのですがこの明瞭感自然さ質感ヌケの良さの前にそんなこずは党く意識に䞊っおきたせん。これぞ私にずっおの奜録音の兞型の䞀぀であるず蚀えたす。

なんでこれが奜録音ず疑問を持たれるかもしれたせん。確かにノスタルゞヌを感じさせるような叀颚な音質挔出誇匵䞍自然さがみられるこずは吊めたせん。しかしここには巧みに抜出された音楜の゚ッセンスが目䞀杯に詰め蟌たれおいるのです。オヌディオ的にどうか云々の前に音楜がどう収められおいるかの方が音楜を楜しむ䞊ではるかに重芁だず思うのです。そしおこの録音は間違いなく楜しいのです。最近の録音はこういうこずを軜芖しすぎおいないでしょうかずいうこずを感じたす。

挔奏ですがノヌマルですがちょっず旧䞖代的でほのがのした感じが奜印象ですリュヌトのための 。フィルハヌモニア・フンガリカはあたり䞊手な団䜓ずは思えないのですがこの挔奏ではそれもそれ皋気になりたせん。

ブラヌムスの亀響曲党集やチャむコフスキヌの亀響曲党集も良かったのですがこれも良かったです。

バッハブランデンブルク協奏曲党曲レッパヌドむギリス宀内管匊楜団

cover picture cover picture

バッハブランデンブルク協奏曲党曲他
レむモンド・レッパヌド指揮(Raymond Leppard)(Conductor)
むギリス宀内管匊楜団(English Chamber Orchestra)
録音デヌタ蚘茉なし
442 386-2/442 387-2 (P)1975 Philips Classics Productions (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

モダン楜噚による挔奏。第二番第四番はリコヌダが䜿われおいたす。この録音はなかなか玠晎らしいです。私がむメヌゞするフィリップスの奜録音の兞型です。すっきりずしお芋通しが良く各楜噚の分離質感音色どれをずっおも党く䞍満がありたせん。䜕よりサりンドが綺麗で爜やかなこずに惹かれたす。同じフィリップスのミカラ・ペトリのリコヌダヌ協奏曲集に通じるずころがありたす。録音デヌタの蚘茉がないのですが1975幎頃぀たり35幎も前の録音ですが党く色耪せおいたせんクオリティは珟代の録音には及ばないのは仕方ないずころですが。

最近のピリオド楜噚の楜しい挔奏を聎いおからだずやっぱり生真面目だなぁずいう印象をどうしおも持っおしたうのですが旧䞖代的でない快掻か぀端正な奜挔奏であるこずは間違いなく録音も良いモダン楜噚の挔奏の䞀぀ずしおお薊めに倀するず思いたす。愛聎盀候補がたた䞀぀増えたした。

[バッハ][協奏曲]

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲マリオ・ブルネロ

cover picture

バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
マリオ・ブルネロ(Mario Brunello)(Cello)
Auditorium Santa Cecilia - Perugia 2009
EGEA SCA 156 (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考url: HMV Onlineicon

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

ブルネロ氏2回目の党集。遊び心がちりばめられおいおたるでバッハず戯れおいるようです。これは挔奏䌚で倚くの聎衆に聎かせるような感じの挔奏ではありたせん。自分の楜しみのために匟いおいるあるいは友人ずずもに音楜を楜しむ頑匵らずに玔粋に音楜を楜しむそんな颚に私には聎こえたす。こういうアプロヌチは宀内楜の原点だず思いたす。

この挔奏ではリズムをいび぀に厩したりピチカヌトを織り亀ぜたりいろいろずやっおいたす。そのためリズムを身䜓で感じたり呌吞を共にしたりするこずが難しく私にずっおはちょっず぀らい挔奏です。面癜いずいうこずは頭でわかっおいおもそれを玠盎に楜しめない自分にもどかしさを感じるのですがうヌんこればかりはどうにもなりたせん。

『録音に際しお遞んだ目暙は聎く事が挔奏者の行為ず感觊にずっおかわるがごずくそしお動きや呌吞を感じられるほど「近い」音でした。』 解説曞にこう曞かれおいたす。たさにその通りの録音です。教䌚の瀌拝堂での録音ですが残響感が少なく盎接音を間近で捉えたハむファむ調の録音で極めお明瞭感が高く音色も自然楜噚の質感もしっかりず感じられたす。距離感も適切で挔奏の雰囲気にもぎったりず合っおいたす。今時こんな録音には滅倚に出䌚えたせん。満点です
-->