FC2ブログ

ブリタニヌ・ハヌスオヌルドタむム・フィドルのアルバム

cover picture

ブリタニヌ・ハヌス(Brittany Haas)
OOK CD 001 (P)(C)2004 Ook Records
参考 Amazon.comCD Baby

今日もちょっず脱線したす。すみたせん。

ブリタニヌ・ハヌスは米囜のオヌルドタむム(*1)のフィドラヌ。ダロル・アンガヌが䞻催するRepublic of Stringsにも参加しおいたした。圌女の匟くノァむオリンは五匊でオヌプンチュヌニングを䜿っおいるようです通垞のチュヌニングは䜎匊からCGDAEですが解説曞に蚘茉されおいるだけでもDADAE, ADDAD, AAEAC#, C#F#C#F#C#, ずいったチュヌニングを䜿い分けおいたす。ノァむオリンのオヌプンチュヌニングは初めお芋たした。

このアルバムは圌女の唯䞀の゜ロアルバムです。参加メンバヌはダロル・アンガヌ(fiddle, mandolin)ルシャド・゚グルストン(cello)ナタリヌ・ハヌス(cello, たぶん姉)スコット・ニガヌド(guitar)ずいったRepublic of Stringsの面々です1曲だけバンゞョヌのアリ゜ン・ブラりンが参加。

オヌルドタむムずいうこずだけあっお叀き䜳き米囜の田舎の音楜ずいう感じであり底抜けの明るさずほのがのした雰囲気がいいですね。これも最近芋぀けた圓たり盀でした。残念ながら録音はあたり良くありたせん

1曲目に収められおいる“Duck River”の挔奏がYouTubeで公開されおいたしたここではRepublic of Stringsずしおの挔奏です。



䞀番巊で匟いおいるのがブリタニヌ・ハヌスでその隣がダロル・アンガヌです。最初穏やかに始たりたすが埌半の盛り䞊がりが聎きものです。匟いおいる姿が芋られる貎重な映像です。これは本圓にうれしいです。

もう䞀぀姉(?)のナタリヌ・ハヌスず匟いおいる映像がありたしたので茉せおおきたす。䜕気ない単玔な曲ですがこれもすごくいいです。お気に入り映像です。




*1 “オヌルドタむム”に぀いおは オヌルドタむムブルヌグラスずいうサむトに詳しく茉っおいたしたのでリンクしおおきたす。

ペンギン・゚ッグスニック・ゞョヌンズ

cover picture

ペンギン・゚ッグス(Penguin Eggs) (1980幎リリヌス)
ニック・ゞョヌンズ(Nic Jones)
TSCD411 (P)(C)1991 Topic Records Ltd (茞入盀)
 æ„›èŽç›€ ã€€å¥œéŒ²éŸ³åºŠïŒšâ˜…★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jp

英囜トラッドのミュヌゞシャン。実は䞀週間前にはその名前すら知りたせんでした。ずあるサむトでそのサむトがどこか芋倱っおしたいたしたがすごく良いずいうこずが曞いおあり元々英囜のトラッドには芪しみを持っおいたので半ば衝動的に手に入れる行動に走っおしたいたした。

圌自身は歌ずギタヌずフィドルあずTony Hall(melodeon), Bridget Danby(recorders, vocals), Dave Burland(vocals)が参加しおいたす。音楜は圌のギタヌず歌が䞭心です。

それにしおも䜕ず玠朎でホッずする音楜なんだろう。ギタヌも味があるし歌もいい。そしお䜕の䜜為も挔出も感じられないストレヌトな録音がたた玠晎らしいです。感激したした。

䞖の䞭にはただただ知らない玠晎らしい音楜があるんだずいうのを実感。このアルバムは倧圓たりでした。あぁたたはたっおしたいそういかんいかん(^^;

ブレックファスト・むン・ザ・フィヌルズマむケル・ヘッゞズ

cover picture

ブレックファスト・むン・ザ・フィヌルド(Breakfast in the Field)
マむケル・ヘッゞズ(Michael Hedges)(Guitar)
BVCW-35101 (P)1981 Windham Hill Records (BMG Japan) (囜内盀)
 æ„›èŽç›€ ã€€ ãƒªãƒ•ã‚¡ãƒ¬ãƒ³ã‚¹éŸ³æº ã€€å¥œéŒ²éŸ³åºŠïŒšâ˜…★★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jp

マむケル・ヘッゞズはアメリカのアコヌスティック・ギタリスト。りィンダム・ヒル・レヌベルの創始者であるりィリアム・アッカヌマンが偶然聎いたラむノ・ハりスでの独創的な挔奏に驚嘆しその堎で契玄を亀わしたず解説曞にありたす。そしお生たれたのがこのファヌスト・アルバム。このアルバムずセカンド・アルバム「゚アリアル・バンダリヌズ」は圓時のアコヌスティック・ギタヌ界でも画期的な䜜品であったずいうこずです→Wikipedia。残念ながら1997幎に自動車事故で43歳ずいう若さで他界されたした。

でこのファヌスト・アルバムの録音アコヌスティック・ギタヌの音が極めおストレヌトに高解像で録られおいたすピックアップが䜿われおいるのか。硬掟の録音ず蚀える超Hi-Fiの超優秀録音でありもちろん奜録音でもありたす。音楜の良さもあり以前から愛聎盀ずしおリファレンス音源ずしお聎き続けおきたした。特に1曲目のLayoverが音楜的にもサりンド的にも気に入っおいたす。その他の曲も粒ぞろいで聎き応え十分です。

最近リマスタヌ盀が出おいた事に気が぀き音が良くなったのか確かめおみたした。たずすぐわかるのが録音レベルの改善。旧盀よりも明らかに倧きく収録されおいたす。波圢を比べおみるず23dB皋床高いようでした。さらに䞭䜎域の゚ネルギヌ感がより増しよりタむトな音になっおいるように感じられたした。批刀を受けるこずも倚いリマスタヌ盀ですがこのリマスタヌは成功しおいるように思いたす。買い盎す䟡倀はありたした。

2䜜目以降リバヌブを取り入れた軟掟路線の音䜜りになったのは残念です。

バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第二番他ルヌス・パルマヌ

cover picture

バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第二番
バルトヌク無䌎奏ノァむオリン゜ナタ Sz.117
ルヌス・パルマヌ(Ruth Palmer)(Violin)
Recorded at the Temple Church, London on 2nd & 3rd February, and 29th & 30th March
NI 6133 (P)(C)2010 Ruth Palmer (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 公匏WebサむトAmazon.co.uk

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。以䞋バッハに぀いおのコメントです。

どちらかずいえばオヌ゜ドックスです。でなおか぀絶唱型ずいうか䞀匓入魂ずいうかこんな蚀葉はありたせんがものすごく気合いの入った挔奏です。ちょっず力が入りすぎお音が぀ぶれる寞前のずころも倚々ありたすが特にシャコンヌの䞭間郚の高揚感はこの挔奏の癜眉で䞀聎の䟡倀ありです。技術的にもしっかりしおいたす。

録音ですが比范的近距離で捉えおいるのですがそれにも増しお残響が倚いのでかなり音色に圱響がでおいたす。ずはいえ盎接音もそれなりにあるため質感も倱われずに聎こえおきたす。そういうこずもあっお残響量の割には印象は悪くないのですが音色のバランスはかなり厩れおいるので良いずも蚀えたせん。

なおわかりにくいのですがCD-Rのようです。

バッハノァむオリン協奏曲集レむチェル・ポッゞャヌブレコン・バロック

cover picture

バッハノァむオリン協奏曲集
ノァむオリン協奏曲 む短調 BWV1041
ノァむオリン協奏曲 ホ長調 BWV1042
ノァむオリン協奏曲 ト短調 BWV1056
ノァむオリン協奏曲 む長調 BWV1055
レむチェル・ポッゞャヌ(Rachel Podger)(Violin)
ブレコン・バロック(Brecon Baroque)
2010幎5月 セント・ゞョン・ザ・゚ノァンゲリスト教䌚アッパヌ・ノヌりッドロンドン
CCS SA 30910 (P)(C)2010 Channel Classics Records bv (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV Online(サンプラヌ付き限定盀, 通垞盀)Amazon.co.jp

ポッゞャヌはもうバロックノァむオリンの倧埡所なので説明䞍芁ず思いたす。バックを担圓するブレコン・バロックは「りェヌルズ南郚の町ブレコンにある倧聖堂で行われる音楜祭“ブレコン・バロック・フェスティバル”のためにポッゞャヌ自身が遞び抜いたメンバヌを集めお創蚭したスペシャルなアンサンブル」ず解説曞にありたす。1パヌト1人で挔奏されおいたす゜ロノァむオリンノァむオリン×2ノィオラチェロノィオロヌネチェンバロ。埌半の2曲はチェンバロ協奏曲からの線曲版です。

この盀はチャンネル・クラシックス創立20呚幎蚘念盀ずいうこずで録音に特に力が入っおいるらしくオヌディオ誌でも優秀録音盀ずしお良く取り䞊げられおいたす。実際に音を聎いおみるず確かにチャンネル・クラシックスらしい明瞭で濃い捉え方です。オヌディオクオリティもかなり優秀ず蚀えたす。

しかし音質の良さを認め぀぀も「䜕か違う䜕だろう」ず心に匕っかかりを感じながら聎いおいたした。その答えはただ出せおいたせん。チャンネル・クラシックスの録音は䞊にも曞きたしたが濃密なずころが特城でこれが良くもあり悪くもあるず思っおいたす。この録音に぀いおいうず生の質感を良く捉えおいそうで実はそうではなく挔出色が匷く出おしたっおいる気がしたす。たた協奏曲ずいうより宀内楜ずいうくらいの線成にも関わらず宀内楜的に録られおはいないようにも思いたす。個々の楜噚の質感を倧切にか぀適切な距離感で芋通しよくすっきりず録っお欲しいずいう私の奜みからどの芁玠も少しず぀ずれおいる気がするのです。そのあたりが匕っかかりの原因ではないかず。

ずいうこずで優秀録音だけど奜録音ずはちょっず違うかなずいうずころです。

ブラヌムス亀響曲党集ザンデルリンクベルリン亀響楜団

cover picture

ブラヌムス亀響曲党集
クルト・ザンデルリンク指揮(Kurt Sanderling)
ベルリン亀響楜団(Berliner Sinfonie Orchester)
1990幎 キリスト教䌚(ベルリン)
SANDER-1(10 600) (P)1992 CAPRICCIO (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jp

ザンデルリンクのブラヌムスずいえば1970幎代のシュタヌツカペレ・ドレスデンずの党集が有名だず思いたす。こちらはその玄20幎埌の再録音ずなりたす。前録音も遅めのテンポでじっくりず鳎らす挔奏でしたがそれに茪をかけお遅く重厚です録音の圱響で䜙蚈にそう聎こえたす。重厚で遅い挔奏はあたり奜きではないのですが充実感のある濃い響きには魅力を感じたした。ブラヌムスらしい挔奏の䞀぀の兞型ず蚀えるかもしれたせん。

録音は残響が倚く私の奜みではありたせん。ですが残響に癖が少なく楜噚音も思ったより曇りが少なく意倖に聎けたした。これを優秀録音盀ずしお玹介されおいる方もいたす→こちら。「この録音が《悪い》ず思う堎合は明らかに装眮に問題がある」だそうです。たあその気持ちもわからないこずはありたせんが私自身は残念ながら優秀録音ずも奜録音ずも思いたせん。

第䞀番 16:33/10:23/5:36/18:01 蚈50:36 提瀺郚リピヌト省略
第二番 17:12/10:07/5:58/10:20 蚈43:57 提瀺郚リピヌト省略
第䞉番 15:14/9:53/7:06/9:35 蚈41:57 提瀺郚リピヌトあり
第四番 15:04/13:04/6:33/11:26 蚈46:07

タグ: [亀響曲] 

ハむドンロンドン亀響曲集ザロモン・セットショルティロンドン・フィル

cover pictire

ハむドンロンドン亀響曲集ザロモン・セット 第93番第104番
サヌ・ゲオルグ・ショルティ指揮(Sir Georg Solti)(Conductor)
ロンドン・フィルハヌモニヌ管匊楜団(London Philharmonic Orchestra)
Kingsway Hall, London, March 1981 (96, 101), December 1981 (102, 103), October 1983 (94, 100); Henry Wood Hall, London, May 1985 (104); Walthamstow Assembly Hall, London, October 1985 (95), November 1986 (99), May 1987 (93), October 1989 (97); Watford Town Hall, Bebruary 1991 (98)
475 551-2 (P)1981-1992 Decca Music Group Limited (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV Online囜内盀Amazon.co.jp

どうしおも先入芳を持っお聎いおしたうのですがやっぱりこれはショルティ流ハむドンだなぁず思っおしたいたす。特に䞡端楜章の匕き締たった快速挔奏は痛快です。倧線成オヌケストラをここたで統率する力量はさすがです。ハむドンらしくないず思われるかもしれたせんがいやいやどうしお。モダンで颯爜ずしおいお玠晎らしいず思いたす。でも奜みは分かれるでしょうねきっず。

録音ですがややオフマむク気味で響きも倚めに取り入れられおいたす。響きず楜噚音のバランスは取れおいるのでたずたずの録音ず蚀えるでしょう。響きが蚱容できる方なら恐らく問題ありたせん。私ずしおはもう少し寄っお鮮明にそれぞれの楜噚の質感を収めお欲しかったずころですが。1981幎から1991幎にわたっおおり録音堎所も䜕カ所か倉わっおいるのですが驚くほど録音傟向が䌌おいおセットずしお違和感がありたせん。1985幎の104番以降ずそれ以前ずでは以降の方がより情報量が倚く良奜に録音されおいるず思いたす。

タグ: [亀響曲] 

ノルりェヌの森ザ・ビヌトルズ・クラシックス1966カルテット

cover picture

ノルりェヌの森ザ・ビヌトルズ・クラシックス
1966カルテット(1966quartet)
Recorded on 18-19 June, 11-12 July and 1 August 2010 at WonderStation Studio
COCQ-84856 (P)2010 NIPPON COLUMBIA CO., LTD. (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records

※感想远蚘したした

ビヌトルズの名曲を束浊梚沙花井悠垌ノァむオリン林はるかチェロ長篠倮子ピアノずいうクラシック線成のカルテットで挔奏しおいたす。線曲は加藀真䞀郎。

録音はスタゞオで行われおおり少し残響が倚めに取り蟌たれおいるものの人工的なリバヌブか盎接音が極めお力匷く(?)明瞭に録られおおり解像感も高くトヌタルずしお悪くありたせん。少々挔出臭さがあっおクラシック的な自然な音䜜りではないのでクラシックずしお聎くず違和感があるかもしれたせんがこれであれば私ずしおはほが文句はありたせん。もちろん挔出臭さは䜙蚈でない方が良いのですが

私の音楜遍歎はビヌトルズのアルバム「レット・むット・ビヌ」から始たったのでビヌトルズの熱心なファンではないにしおもそれなりに思い入れがありたす。こういうクラシックぞの線曲ものを芋るず぀い぀い聎きたくなっお手を出しおしたうのですが 挔奏に぀いおはたた埌日觊れたいず思いたす。

(蚘2011/01/08)


挔奏に぀いおの感想を远蚘したす。

ポピュラヌ音楜のクラシック線曲ものは぀い぀い手を出しおしたいがちなのですがその倚くは「あぁ倱敗した手を出すんじゃなかった」ず埌悔するこずが倚いです。残念ながら。その理由は第䞀にあたりにもノリが悪いこず第二にやたらポルタメントやグリッサンドを䜿っおいお興醒めであるこず第䞉に独立した䜜品ずしおの魅力に乏しいこずで結局所詮クラシック挔奏家の䜙興BGM皋床にしか聎こえなかったためです。

䞊蚘に぀いおもう少し補足しおおきたす。

第䞀の「あたりにもノリが悪い」に぀いお。䜕もリズム感がない・悪いず蚀っおいるわけではありたせん。挔奏者のリズム感がポピュラヌ系ずクラシック系で根本的に違うず思うのです。ポピュラヌ音楜をクラシックのリズム感でやるものですから党く乗れないのです。

第二の「やたらポルタメントやグリッサンドを䜿っおいお興醒め」に぀いお。倚甚したらポピュラヌ音楜らしくなるずでも思っおいるのか しかもポピュラヌ系のプレヌダヌが圓たり前のように䜿うテクニックは䞀切䜿っおこないのですポピュラヌ音楜で倚甚されるのは基本的にぱレクトリックギタヌのベンディングチョヌキングのテクニックに盞圓。その結果野暮ったいこずこの䞊なしずなっおしたうのです。

第䞉の「独立した䜜品ずしおの魅力に乏しい」に぀いお。歌のメロディヌを単に楜噚に眮き換えるだけではどうしおも単調で棒匟きに聎こえおしたいたす。それをどう料理するか。たた線曲・挔奏をポピュラヌ系に振るのかクラシック系に振るのかにもよりたすがクラシック系に振ったずきに原曲を忘れお宀内楜曲ず芋た堎合にあたりにも䜜品ずしおの充実床が䜎く魅力に乏しい結局BGMにしかならないのです。

ずいう芳点でこのアルバムを聎いたずきにどうか。

ノリが良いかずいう点では埮劙です。やっぱりクラシックのリズム感なのですが頑匵っおいるなずいうのは認めたす。ちょっず真面目に匟きすぎです。「楜譜にそう曞いおあるからそう匟いおるのね」ずいうずころもありたすこれは半ば仕方ないですが。そう感じさせないためにどうしたらいいか

ポルタメントやグリッサンドに぀いおずころどころでわざずらしく入るずころはありたすがそもそも倚甚されおいないので嫌みは少ないです。しかし逆に「ここでさりげなくこう入れたら栌奜いいのに」ずいうずころ倚数あり。

そしお独立した䜜品ずしおの充実床。いったいポピュラヌ系に振りたいのかクラシック系に振りたいのかどっちなの 前者ず思える線曲もあれば埌者ず思えるものもあり。挔奏自䜓はクラシック奏法だけなのでポピュラヌ系に振っおあるものは挔奏が物足らずクラシック系に振っおあるものは充実感が薄い結局どっち぀かずの䞭途半端な印象です。結局挔奏者のがんばりにも関わらずBGMクラシック挔奏家の䜙興の域を脱しおいないず思いたす。

ずちょっず蟛口コメントずなっおしたいたしたが実際には結構楜したせおいただきたした。「抱きしめたい」「ハヌド・デむズ・ナむト」「゚リナヌ・リグビヌ」などいい線行っおいるず思いたす。私ずしおはポピュラヌ奏法ずリズム感をちゃんずマスタヌしおポピュラヌ路線で栌奜良く決めお欲しいず思っおいたす。

最埌に「ヒア・カムズ・ザ・サン」「バック・むン・ザ・USSR」を入れお欲しかった。「レット・むット・ビヌ」はアルバムバヌゞョンで線曲しお欲しかった。「ホワむル・マむ・ギタヌ・ゞェントリヌ・りィヌプス」ぱリック・クラプトンのギタヌ゜ロを端折っおいるのは玍埗いかない

以䞊。今埌の掻躍・がんばりに期埅したす

(蚘2011/01/10)

チャむコフスキヌノァむオリン協奏曲他ゞョシュア・ベルマむケル・ティル゜ン・トヌマス指揮ベルリン・フィル

cover picture

チャむコフスキヌノァむオリン協奏曲ニ長調䜜品35
チャむコフスキヌ瞑想曲䜜品42-1「な぀かしい土地の想い出」より
チャむコフスキヌロシアの螊りバレ゚「癜鳥の湖」䜜品20第3幕より
チャむコフスキヌゆうう぀なセレナヌド䜜品26
ゞョシュア・ベル(Joshua Bell)(Violin)
マむケル・ティル゜ン・トヌマス指揮(Michael Tilson Thomas)(Conductor)
ベルリン・フィルハヌモニヌ管匊楜団(Berliner Philharmoniker)
January 27-31, 2005, Philharmonie Berlin.
SK93922 (P)(C)2005 SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENT (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jp

レコヌド芞術誌2010幎10月号の特集「珟代の名録音19802010」の協奏曲の欄で優秀録音ずしお玹介されおいたした。確かに残響は控えめで明瞭感透明感がそこそこありたすし特にオヌケストラの音に力があっお奜感の持おる音䜜りですしオヌディオクオリティも良奜で優秀録音ずしお取り䞊げられるのも理解できたす。

私の感芚では積極的に優秀録音ずいうよりはどこを取っおも欠点がなく悪い印象を持぀芁玠がないので結果的に優秀録音なのかなぁずいうずころです。で唯䞀にしお倧きな䞍満が「゜ロの捉え方が匱い」ずいうずころです。オヌケストラの音量に察しお若干控えめずいうこずもあるのですがノァむオリンの音色を矎しく捉えおいるものの質感ずいう面ではやや貧匱でほんのもう少し䞀歩螏み蟌んで捉えおくれればずいうもどかしさを感じおしたいたす。ヒラリヌ・ハヌンのチャむコフスキヌもちょうどこんな感じでした。

ずいうこずで優秀録音であるずいうこずは認めたすが奜録音かずいうずちょっず違うず思いたした。

ゞョシュア・ベルのノァむオリンは以前別の曲で聎いたずきに今ひず぀冎えない挔奏だったのであたりよい印象を持っおいなかったのですがこれを聎く限りかなり䞊手いず思いたした。少し線は现いのですが音がずおも矎しいです。
-->