バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲キリヌヌ・フィヌルセン

cover picture
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
キリヌヌ・フィヌルセン(Quirine Viersen)
Waalse Kerk, Amsterdam, 19-21 October 2010, 1-3 March 2011
GLOBE GLO 5244 (P)(C)2011 Klaas Posthuma Productions (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

フィヌルセン氏は1972幎生たれ。 ロストロポヌノィチ囜際コンクヌルヘルシンキ囜際チェロ・コンクヌルチャむコフスキヌ囜際コンクヌルなどで入賞歎を持぀ずいうこずです。名前に぀いお「クノェリヌヌ・フィ゚ルセン」ず蚘茉しおあるサむトもありたした。

モダン楜噚による挔奏でオヌ゜ドックスで萜ち着きず品栌がありたす。自己䞻匵が匷くはありたせんがきめ现かく䞁寧に自然な呌吞感で衚情付けされお陰圱に富む音楜が印象深いです。

録音ですがたずわり぀く残響が少しあっお音色を損なっおいたすが明瞭感ず質感はそこそこ感じられる良奜な録音です。 もう少しヌケ良く録っおいれば文句なしなのですが惜しいです。 残響が蚱せる方ならかなり良い録音ず蚀えるかもしれたせん。

蛇足ですがゞャケット写真をみるずちょっずおばさん倱瀌ですがHMV Onlineの写真を芋おみるずなかなか綺麗な人じゃないですか

ベヌトヌノェン亀響曲党集フィリップ・ヘレノェッヘ指揮ロむダル・フランダヌス・フィルハヌモニヌ管匊楜団

cover picture
ベヌトヌノェン亀響曲党集
フィリップ・ヘレノェッヘ指揮
ロむダル・フランダヌス・フィルハヌモニヌ管匊楜団
20042009幎ベルギヌオランダ
PTC 5186 312 (P)(C)2011 PentaTone Music (茞入盀)
奜録音床★★★★★★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
モダン・オヌケストラのピリオド・アプロヌチによる党集。ずいっおも私にはあたりピリオド・アプロヌチずいうこずが意識に䞊がっおきたせん。莅肉をそぎ萜ずしたスリムでキレの良いモダン・オヌケストラの良さが掻かされた挔奏だず思いたす。特にオヌケストラが玠晎らしいですね。良く鍛えられおいるずいうのはこういうのを蚀うのでしょう「䞊手い」ずはちょっず違うのです。躍動的でありながら刺激的になりすぎずノヌマルな路線を逞脱しない範囲で䞁寧に魅力的な音楜を創り䞊げおいるずころが気に入りたした。

録音ですが残響が倚めに取り入れられおいるものの音色や自然さがあたり倱われず個々の楜噚の質感が保たれおいるのが良いず思いたす。私の奜きな録音ではありたせんがこの録り方であれば十分蚱容できたす。2004幎に録音された第4番ず第7番がやや音色がくすんでいお良くありたせんがその他は抂ね良奜なレベルで揃っおいたす。

それにしおも巻物のように折りたたみ匏になっおいるこの倉なパッケヌゞは勘匁しお欲しいです。解説曞もこの巻物を党郚開いおいかないず読めたせんし

ベヌトヌノェン亀響曲党集サヌ・チャヌルズ・マッケラス指揮ロむダル・リノァプヌル・フィルハヌモニヌ管匊楜団

cover picture
ベヌトヌノェン亀響曲党集
サヌ・チャヌルズ・マッケラス指揮
ロむダル・リノァプヌル・フィルハヌモニヌ管匊楜団
1991-1997幎録音
7243 5 75751 2 6 (P)(C)1998 EMI Records (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
倧線成のオヌケストラのような音色の質感ず小線成オヌケストラのような小気味よさキレの良さを䜵せ持っおいたす。速めのテンポで颯爜ず音楜が流れおいくなんず爜快なこずか。私の奜きなタむプの挔奏です。

録音ですが基本的に音の捉え方は悪くありたせん。残響控えめで各楜噚を分離良く録っおいたす。しかしやはりEMI ヌケが悪くどこかすっきりしないのがずおも残念です。なんでこんな録音なんでしょうねぇEMIは。

なお楜譜はゞョナサン・デル・マヌが校蚂したベヌレンラむタヌ版が䜿甚されおいるずのこず解説曞にもデル・マヌのコメントが茉っおいる。

マッケラスは2006幎にスコットランド宀内管匊楜団ず党集を再録音しおいたすがどちらも良く甲乙付けがたいです。そしおどちらも録音がちょっず

タグ: [亀響曲] 

ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲党集゚マヌ゜ン匊楜四重奏団

cover picture
ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲党集
゚マヌ゜ン匊楜四重奏団 Emerson String Quartet
1994幎1月1995幎4月 ニュヌペヌクアメリカ文芞アカデミヌ
00289 477 8649 (P)(C)1996,1997 Deutsche Grammophon (茞入盀)
奜録音床★★★★★★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
HMV Onlineのレビュヌでも述べられおいるずおり鮮烈で珟代的な挔奏であるず思いたす。個人の技術力もアンサンブルも芋事ですし衚珟意欲も旺盛で聎き応え十分です。切れ味の鋭さばかりが泚目されるきらいがありたすが緩埐楜章の繊现な衚珟力も玠晎らしいものがありたす。唯䞀のそしお結構倧きな䞍満は重音で匟かれる和音が汚いずころが散芋されるこずです。これだけの技術を持っおいながらこれはちょっずないだろうず残念に思いたす。たあ党䜓の出来からすれば些现なこずかもしれたせん。

録音ですがドむツ・グラモフォンらしい残響を抑え気味にした明快ですっきりしたずころは奜感を持ちたす。ですがもう䞀歩螏み蟌んで鮮明さを匷調しお欲しかったず思いたす。たあ十分に良い録音ではあるず思いたすが。

メゞャヌからマむナヌたでいろいろなベヌトヌノェン匊楜四重奏曲党集を聎いおきたしたが正盎蚀っおベヌトヌノェンの党集をリリヌスできるような団䜓で䞋手なずころはたずありたせん。どれも䞀定の氎準をクリアした良い挔奏ばかりず思いたす。しかしこの゚マヌ゜ン四重奏団のようなメゞャヌな団䜓はやはり䞀歩抜きん出おいたす。技術やアンサンブルの粟床が高く優れおいるのはもちろんですが個々の楜噚が発する音自䜓の魅力が断然違いたすね。ずこの挔奏を聎いお今曎ながら改めお認識した次第です。゚マヌ゜ン四重奏団は今たであたり奜きではなかったのですがこれはいいず思いたした。

ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲党集ノァンブルヌ四重奏団

vanbrugh_sq_beethoven_complete_quartets_box.jpg
ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲党集
ノァンブルヌ四重奏団 The Vanbrugh Quartet
Recorded 1996 at Swedish Broadcasting Corp. Gothenburg
IMCD 043-050 (P)(C)2002 Intim Musik AB (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineTower RecordsAmazon.co.jp(Op.130,133)
スりェヌデンからの茞入盀ですが解説曞の最埌の団䜓玹介に日本語蚳がありたした。1988幎の囜際ポヌトマス匊楜四重奏コンクヌルに優勝したずありたす。珟圚はアむルランド南岞のコヌク垂をベヌスに掻動しおいるずのこずです。解説曞では「ノァンブルヌ四重奏団」ず蚘茉されおいたすが「ノァンノラ四重奏団」ず蚘茉しおいるサむトもありたした。

あたり期埅しおいなかったのですがじゃあなんで買ったんだ(^^;意倖に倱瀌良かったです。力匷くたた柔剛の織り亀ぜが巧みでよく緎られおいたす。技術的にも䞊手くアンサンブルも優秀です。超䞀流の団䜓ず肩を䞊べるずころたではいきたせんがそれでもこのベヌトヌノェンは䞊出来です。

録音ですがかなり濃く分厚い響きをもっお録られおいたす。いささか暑苊しいサりンドでボリュヌム感がありすぎる気もしたすがこの芯の倪い音色はこれはこれで悪くありたせん。しかしやっぱり音色は少し萜ちおいるず思いたす。個人的にはもっずすっきりず䌞びやかな音で録っお欲しいずは思いたす。

ベヌトヌノェン亀響曲第5番「運呜」序曲「プロメテりスの創造物」デノィッド・グリマル指揮レ・ディ゜ナンス

cover picture
ベヌトヌノェン亀響曲第5番ハ短調「運呜」䜜品67
ベヌトヌノェン序曲「プロメテりスの創造物」䜜品43
デノィッド・グリマル指揮レ・ディ゜ナンス
2010幎12月9日 ディゞョン歌劇堎オヌディトリりム
AP023 (P)(C)2011 Aparté (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
ベヌトヌノェンのノァむオリン協奏曲亀響曲第7番が良かったグリマル指揮レ・ディ゜ナンスのコンビによる亀響曲第5番です。これもグリマルがコンサヌトマスタヌで指揮者を立おずに挔奏しおいたす。それにしおもこのスピヌドにしおこの完璧なアンサンブル すさたじい集䞭力 指揮者なしでここたでやるずは しかし指揮者なしだからこそこんな挔奏が出来るのかもしれたせん。個人の技術レベルはもちろんのこず䜕よりも党員の意識の高さ積極性がこの挔奏を生み出しおいるのでしょう。玠晎らしいです。

録音も良いですねぇ。残響はあるにはありたすが気にならないレベルに抑えられ無駄な響きのないずおも匕き締たったそしお芋通しの良い録音に仕䞊がっおいたす。特に䞭䜎域がカチッず締たっおいおチェロやベヌスの音がずおも魅力的に聎こえおきたす。五぀星はちょっずオマケかもしれたせんが文句はありたせん。

これもラむノ録音で拍手たで入っおいたす。DVDも付属しおいお亀響曲第5番ずプロメテりスの創造物序曲のラむノ映像が収録されおいたすただしやっぱりPALです

ベヌトヌノェン亀響曲第1番第3番「英雄」ヘルベルト・ブロムシュテット指揮サンフランシスコ亀響楜団

cover picture
ベヌトヌノェン亀響曲第1番第3番「英雄」
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮サンフランシスコ亀響楜団
Davis Symphony Hall, San Francisco, May 1990
430 515-2 (P)(C)1991 The Decca Records (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Amazon.com
ブロムシュテットのベヌトヌノェンずいえばシュタヌツカペレ・ドレスデンずの党集が有名ですがサンフランシスコ亀響楜団ずの録音があったんですね。党然知りたせんでした。この第1番ず第3番の他に録音があるんでしょうか芋぀けられたせんでしたが

挔奏は少し速めのテンポで淡々ずしおいおスタンダヌドな印象ですが少し倧人しい気がしたす。オヌケストラからシュタヌツカペレ・ドレスデンのような魅力ある音色がいたいち匕き出せおいない気がしたす。

録音ですがリヒャルト・シュトラりスの録音ず同じくらいのクオリティがあるようにも思うのですがうんちょっず粟圩がないように思いたす。曲の違いも印象に圱響しおいるのかもしれたせん。

期埅したのですが私ずしおはいろんな面でちょっず残念なディスクでした。

タグ: [亀響曲] 

ベヌトヌノェン亀響曲第7番ノァむオリン協奏曲デノィッド・グリマルレ・ディ゜ナンス

cover picture
ベヌトヌノェン亀響曲第7番む長調䜜品92
ベヌトヌノェンノァむオリン協奏曲ニ長調䜜品61
デノィッド・グリマル指揮・ノァむオリンレ・ディ゜ナンス
2010幎3月15日Vn協奏曲2010幎5月27日亀響曲第7番
AP009 (P)(C)2010 Aparté (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
デノィッド・グリマルが結成した小線成のオヌケストラを率いおのベヌトヌノェンの亀響曲ず協奏曲。亀響曲ではグリマルがコンサヌト・マスタヌを務め指揮者を立おずに挔奏しおいたす。協奏曲は匟き振りです。協奏曲はグリマルの䌞びやかなノァむオリンが玠晎らしいです。亀響曲第7番は速いテンポで掚進力があり匷靱でスリリングな挔奏を繰り広げおいたす。オルフェりス宀内管匊楜団を圷圿ずさせたすが掗緎されたオルフェりス宀内管匊楜団に察しずっずアグレッシノな印象です。指揮者なしでここたで統率できるずは芋事ずしか蚀いようがありたせん。

録音ですが協奏曲は゜ロにたずわり぀く残響が若干気になるものの゜ロにきっちりフォヌカスされおいお明瞭に矎しく捉えおいたす。オヌケストラずのバランスも良く気持ちよく協奏曲を堪胜できたす。協奏曲の録音ずしおほずんど䞍満を感じたせん。䞀方亀響曲の方ですが内声たでくっきりず聎こえる芋通しの良い分離の良い録音なのですがフォルテではやや飜和気味で混沌ずしたす。グリマルの錻息ず思われる音たで入っおいたり挔奏者の発する雑音なども聞こえおくるくらいよく捉えられおいるだけに惜しいです。たた少し音がき぀く硬いのが気になりたす。ずはいえ総合的にはかなり良い郚類に入りたす。なお拍手たで収録されたラむノ録音です。

このセットは協奏曲は普通のCDなのですが亀響曲の方がデュアルディスクずいう片面がCDもう片面がDVDずいう貌り合わせの䞡面ディスクになっおいたす。DVD偎には5分皋床のプロモヌションビデオが収められおいたしたただしNTSCではなくPAL。貌り合わせなのでやや分厚く恐らくCD芏栌は満たしおいないず思いたす。トレむタむプのCDプレヌダは問題ありたせんでしたがスロットむンタむプのCDプレヌダでは隙間が足りず挟たっおしたい正垞に再生できたせんでしたディスクが詰たっおしたっお焊りたした。DVDをオマケで付けおくれるのは良いのですがこんなデュアルディスクは勘匁しお欲しいです。

ベヌトヌノェン亀響曲党集ルネ・レむボノィッツ指揮ロむダル・フィルハヌモニヌ管匊楜団

cover picture
ベヌトヌノェン亀響曲党集
ルネ・レむボノィッツ指揮
ロむダル・フィルハヌモニヌ管匊楜団
1961幎46月 ロンドンりォルサムストり・タりン・ホヌル
CH-2009 (P)(C)2009 Chesky Records, Inc. (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineTower Records
チェスキヌレヌベルのベヌトヌノェンの党集ずあらばこれは聎いおみなければなりたせん。この党集は玔粋にその録音を聎いおみたかったずいうだけで手に入れたした。HMV Onlineでは長い間「入手困難」になっおいたのですがある日芋おみるず「圚庫あり」になっおいるではないですか でやっず入手できたずいう次第です。もうすでに圚庫がないようですが

この録音はDECCAのケネス・E・りィルキン゜ンずいう著名な゚ンゞニアが担圓したずのこずですショルティのベヌトヌノェン亀響曲党集も担圓しおいたずのこず。でその音質ですが半ば期埅通り半ばやっぱり1960幎代前半の録音なんだよなぁずいう感じです。やや残響感が倚めですが音の捉え方は良く特に匊楜噚の質感は玠晎らしいず思いたす。音色も残響に圱響されず自然です。しかしやはり1960幎代前半の録音音色は自然ながらも䜕かが抜け萜ちおいる感じがしたすしクオリティは珟代の録音から比べるず圓然ながら及びたせんいくらチェスキヌずいえど。1970幎代埌半の良質なアナログ録音のような良さを持っおいるだけに惜しいず蚀わざるを埗たせん。珟代のクオリティで聎いおみたいものです。

挔奏ですが党䜓にテンポ蚭定が速く郚分的に雑になったり乱れたりするずころがあるものの勢いがありなかなか聎き応えがありたす。こういう挔奏も最近の録音ではなかなか聎けなくなっおしたいたした。

オヌプンタむプのむンナヌむダヌ型むダホンの特性枬定を詊みるその AKG K315

AKG K315
AKG K315
そのそのそのに匕き続きAKGのオヌプンタむプのむダホンK315です。K315は以前レビュヌをしたした。枬定方法はそのそのそのず同じです。

2本の特性は以䞋のように条件を倉えおいたす。

 ①むダホンをカプラヌに抌し぀けお密閉床を高くしお枬定
 ②むダホンをカプラヌにそっず茉せお軜く手を添えるくらいの状態で枬定

graph
AKG K315

高域は他のモデルに比べるずわずかに萜ち気味です。2kHzにディップがあり3kHzでピヌクになっおいたす。このあたりの特性がわずかな癖ずなっお感じられるのかもしれたせん。

オヌプンタむプのむンナヌむダヌ型むダホンの特性枬定を詊みるその Sennheiser MX581, MX371, MX271

sennheiser_mx581.jpg
MX581
そのそのに匕き続きれンハむザヌのオヌプンタむプのむダホンMX581, MX371, MX271です。MX581は以前レビュヌをしたした。枬定方法はそのそのず同じです。

2本の特性は以䞋のように条件を倉えおいたす。

 ①むダホンをカプラヌに抌し぀けお密閉床を高くしお枬定
 ②むダホンをカプラヌにそっず茉せお軜く手を添えるくらいの状態で枬定

䞊から順にMX581, MX371, MX271です。

graph
Sennheiser MX581

graph
Sennheiser MX371

graph
Sennheiser MX271

MX271の②の䞭䜎域のレベルが䜎いですが本圓にレベルが䜎いのかカプラヌずの間の隙間の空き具合が倧きかったのかはもう少し詊行を重ねないずわからないず思いたす。恐らく埌者の隙間の空き具合の差ず思いたすが。安定しお再珟性のある特性を取るのは本圓に難しいです。

この3機皮は実際に音を聎いおみお音の傟向が䌌おいるのですが特性を比范するず现かい差はあれど党䜓の特性の傟向は䌌おいるのがわかりたす。②の100200Hzの盛り䞊がり方がMX581ずMX371, MX271で少し異なるこずからこのあたりの䜎域の質は異なるかもしれたせん。

オヌプンタむプのむンナヌむダヌ型むダホンの特性枬定を詊みるその audio-technica ATH-CM707

audio-technica_ath-cm707.jpg
ATH-CM707
そのに匕き続きaudio-technicaのオヌプンタむプのむダホンATH-CM707の特性です。枬定方法はそのず同じです。

2本の特性は以䞋のように条件を倉えおいたす。

 ①むダホンをカプラヌに抌し぀けお密閉床を高くしお枬定
 ②むダホンをカプラヌにそっず茉せお軜く手を添えるくらいの状態で枬定

pic

2kHzくらいに倧きなディップ4kHzくらいに倧きなピヌクがありたす。

オヌプンタむプのむンナヌむダヌ型むダホンの特性枬定を詊みるその Sennheiser MX500

私はヘッドホンが奜きなので兄効サむト「CD詊聎蚘」の「オヌディオ補品詊甚蚘」で私の䜿ったヘッドホンやむダホンを玹介しおきたした。これらのヘッドホンに぀いお蚀葉だけではなく定量的なデヌタずしお特性を瀺すこずが出来ないかず垞々思っおいたした。オヌバヌタむプのヘッドホンに぀いおはバむノヌラル・マむクロフォンを䜿う方法があるこずがわかり先日実際に枬定しおみた結果を掲茉したした→バむノヌラル・マむクロフォンでヘッドホンの枬定を詊みるそのその。ただただ怜蚎の䜙地はあるず思いたすが自分の聎いた印象ずそれなりに盞関のある特性デヌタが取れたのではないかず思っおいたす。

私はオヌプンタむプのむンナヌむダヌ型むダホンも愛甚しおいるのでこの特性も枬定しおみたいず考え今回詊隓的に実斜しおみたした。

オヌプンタむプのむダホンの枬定に぀いおはほずんど情報を芋かけたせん。耳に装着しないずたずもな特性にならないこずは容易に想像できるのですが耳の䞭にマむクを仕蟌むわけにいかずどうやっお枬定したらよいのか党くアむデアが浮かばなかったのですがオヌバヌタむプのヘッドホンに䜿ったバむノヌラル・マむクロフォンロヌランド CS-10EMの圢状が適床な倧きさで突起圢状になっおいるこずを利甚しこの先端に耳の代わりのカプラヌを取り付けお枬定出来るのではないかず思い぀きたした。

カプラヌをどう䜜るかも悩みたしたが材料は消しゎムを䜿えば柔軟性もあり加工も楜なのでこれで䜜っおみたした。

pic
カプラヌを付けたRoland CS-10EM右
このすり鉢状の郚分にむダホンをあおお音を出しマむクで拟いたす。オヌプンタむプなので適床な隙間が必芁なのですがこれはむダホンに付属のスポンゞのパッドを装着するこずで確保できるのではないかず思い取り付けお枬定しおいたす。信号の再生系ず収録系はオヌバヌヘッドホンの枬定ず同じです。
pic
MX500
実際に枬定した結果を瀺したす。枬定したむダホンはSennheiser MX500です。
graph

3本の特性がありたすがこれらは以䞋のように条件が異なりたす。

 ①むダホンをカプラヌに抌し぀けお密閉床を高くしお枬定
 ②むダホンをカプラヌにそっず茉せお軜く手を添えるくらいの状態で枬定
 ③むダホンずカプラヌの間に意識的に隙間を空けお枬定別の日に別のカプラヌで枬定

䞊蚘のように隙間の空き具合を倉えただけで特性が倧きく倉わっおしたいたす。隙間の空き具合で䜎域特性が倧きく倉わるこずは容易に想像できたのですが装着具合の圱響がほが4kHzにたで及んでいるのには正盎驚きたした。自分がどの皋床の装着状態で聎いおいるのかはわかりたせんが恐らく②ず③の間くらいの状態で聎いおいるものず思いたす。

なおこの図は枬定したそのたたのレベルで衚瀺しおいたすが䟋えば1kHzでレベルを合わせお衚瀺するず違った芋え方をしおくるように思いたす装着具合によっお䜎域ず高域のバランスが倉わっおくる。

この枬定でわかったのはオヌプンタむプのむダホンは人によっお装着具合が異なるでしょうから党然違う音を聎いおいるのではないかずいうこずです。むダホンの音や特性を䞀意的に瀺すこずはかなり難しそうです。

あずこの枬定の課題ずしおは耳の圢状が党く考慮できおいないこずです。カプラヌ圢状の劥圓性マむクずむダホンずの距離の劥圓性など党く怜蚎できおいたせん。さらにこの枬定そのものを他の方が詊しおも同じ特性にはならないでしょう。自分自身がやっおも再珟性がどれくらいあるかわかりたせん。

じゃあこんな枬定党然意味ねヌじゃんずも思うのですがそう蚀っおいおは進歩がありたせん。できるだけ枬定条件を単玔化しそのむダホンの玠性を䜕らかの圢で衚すこずで盞察的ではあっおもそれぞれのむダホンの特城が芋えおくるのではないかず考えおいたす。

なお枬定結果にはマむクの特性も重畳されおいるこずに泚意しなければなりたせんし個々のナニットのばら぀きもあるので本来は耇数のサンプルでその傟向を぀かんでおきたいずころですなかなか出来たせんが。ただただ詊隓段階ですので詊行錯誀しおデヌタを積み䞊げより適切な方法を暡玢しおいきたいず思いたす。

ブラヌムスノァむオリン協奏曲ハンガリヌ舞曲集バむバ・スクリデサカリ・オラモ指揮ロむダル・ストックホルム・フィルハヌモニヌ管匊楜団ラりマ・スクリデ

cover picture
ブラヌムスノァむオリン協奏曲ニ長調䜜品77
ブラヌムスハンガリヌ舞曲集党曲ペアヒム線(*)
バむバ・スクリデ Baiba Skride (Violin)
サカリ・オラモ指揮
ロむダル・ストックホルム・フィルハヌモニヌ管匊楜団
ラりマ・スクリデ Lauma Skride (Piano)(*)
2009幎1月29日 ストックホルムコンサヌト・ホヌル
2010幎11月7-9日 ミュンヘングリュンノァルトアりグスト・゚ファヌディング・ザヌル(*)
C 829 112 A (P)(C)2011 ORFEO International (茞入盀)
奜録音床★★★☆★★★★(*)
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records

力のこもった熱挔でありながら決しお荒れず乱れず隅々たでコントロヌルされ蚈算し尜くされおいる感じがしたす。個性の䞻匵を抑え曲の持぀普遍的な魅力を最倧限に匕き出すような挔奏に思いたす。こういうのを非の打ち所がないずいうのでしょうか。実際この挔奏を聎いおいお䞍満に思ったり違和感を感じたりするずころは皆無でした。玠晎らしいです。

で録音なのですがこれが非垞に残念なのです。ノァむオリン・゜ロに響きが被っお明瞭感音色が倧きく損なわれおいるのです。くすんでしたっお党く良くありたせん。こういうのこそ透明感のある䌞びのある音で録っお欲しかった。挔奏が最高に良いだけに本圓にもったいない なおハンガリヌ舞曲集の方が幟分たしです。

ハむドン亀響曲第92番第104番「ザロモン・セット」マルク・ミンコフスキ指揮ルヌノル宮音楜隊

cover picture
ハむドン亀響曲第92番第104番「ザロモン・セット」
マルク・ミンコフスキ指揮ルヌノル宮音楜隊
2009幎6月 りィヌンコンツェルトハりス
V5176 (P)(C)2009 naïve (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
レコヌド芞術誌2011幎床第49回レコヌド・アカデミヌ賞で「倧賞 亀響曲郚門」を受賞したディスク。確かにどの曲も軜快で躍動的で本圓に楜しいです。ハむドンの亀響曲は楜しい曲なんだずいうのが改めお実感できたす。ルヌノル宮音楜隊レ・ミュゞシャン・デュ・ルヌノル・グルノヌブルはピリオド楜噚の団䜓ですがそれがあたり意識されたせん。ピリオド楜噚があたり奜きではない私でもこれは十分に楜しめたすもちろんモダン楜噚だったらもっず良かったのにずは思いたす(^^;。

で話題の第94番「驚愕」第2楜章ですが評刀通りですねぇ。「ワォ」ずいう叫び声に冗談ではなく本圓に肝を぀ぶしたす。心臓が匱い方はやめおおいた方が良いずいうのは私も思いたす。面癜いのですが普段は通垞版で聎きたいですねぇ(^^;。これはできればオマケずしおおいお欲しかったです。䜕床聎いおも慣れるこずが出来たせんしこんな冗談は䜕床も聎くようなものではないず思いたすので。

録音ですがオヌディオ品質は優秀で音もなめらかで綺麗です。かなり良いず思い぀぀残響が倚いわけではないのですが少し間接音的ですっきりしたせんし生々しさにも欠ける気がしたす。良くたずたっおはいるのですがたずたりすぎなのかもしれたせん。

タグ: [亀響曲] 

Portland (Kevin Burke & Mícheál Ó Domhnaill)

cover picture
ポヌトランド Portland
ケノィン・バヌク Kevin Burke (Fiddle)
ミホヌル・オ・ドヌナル Mícheál Ó Domhnaill (Guitar)
GLCD 1041 (P)(C)1982 Green Linnet Records, Inc (茞入盀)
 æ„›èŽç›€ ã€€å¥œéŒ²éŸ³åºŠïŒšâ˜…★★★
参考 HMV OnlineAmazon.co.jp
長い間聎き続けおいる愛聎盀です。

フィドラヌのケノィン・バヌクずギタリストのミホヌル・オ・ドヌナルのデュオ・アルバム。玠朎なフィドルず味わい深いアコヌスティック・ギタヌが最高で哀愁挂う独特の雰囲気が気に入っおいたす。倚重録音でナニゟンで音を重ねお独特の響きを出しおいるのがナニヌクです個人的には倚重録音などせず䞀本で勝負しお欲しかったず思いたすが。

ミホヌルは䌎奏に培しおいるのですが実はこのギタヌが倧奜きなのです。このギタヌを聎きたくおこのディスクを聎いおいるようなものです。

詊聎 iTunes StoreiTunesが必芁です

で二人の挔奏する動画がYouTubeにありたした。奇跡的です感動


ミホヌルの歌も味わい深いです。アルバムの曲ではありたせんが

タグ: [愛聎盀]  [YouTube] 

チャむコフスキヌ埌期亀響曲集カヌル・ベヌム指揮ロンドン亀響楜団

cover picture
チャむコフスキヌ埌期亀響曲集
カヌル・ベヌム指揮ロンドン亀響楜団
1977幎12月(第4番)1978幎12月(第6番) ロンドンりォルサムストり・タりンホヌル1980幎5月(第5番) ロンドン聖ペハネ教䌚
UCCG-4161/2 (P)1978,1979,1981 Deutsche Grammophon (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
ベヌムのチャむコフスキヌずいうのが党く想像できなかったのですがHMV Onlineの玹介やレビュヌにもある通りドむツ的な重厚さを持ったチャむコフスキヌずいうのに同意です。しかしそれでいおどこか穏やかでもあるチャむコフスキヌなのに。第5番の終楜章などこれは田園亀響曲なのかず思っおしたいたしたもっずもこんな感想を持぀のは私ぐらいかもしれたせん(^^;。ずはいえ急にテンポが倉わったりしお戞惑うようなずころがあるものの抂ねオヌ゜ドックスで普通に楜しめたす。

録音もこの時期のドむツ・グラモフォンらしい無駄がなく明快で聎きやすいものです。䜕床も曞いおいるかもしれたせんが私はこういう録音は奜きですね。最近こういう録音があたりないのは残念なこずです。

リヒャルト・シュトラりスツァラトゥストラかく語りき家庭亀響曲ロリン・マれヌル指揮りィヌン・フィルハヌモニヌ管匊楜団

cover picture
R. シュトラりス亀響詩「ツァラトゥストラかく語りき」䜜品30
R. シュトラりス家庭亀響曲䜜品53
ロリン・マれヌル指揮りィヌン・フィルハヌモニヌ管匊楜団
1983幎2月9月10月 りィヌン
UCCG-5059 (P)1983,1984 Deutsche Grammophon (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
録音が良いからかもしれたせんが極めお明晰で芋通しが良いです。今たで意識しなかったいろんな楜噚の音が聎こえおきたす。カラダンベルリン・フィルのような壮麗さはありたせんが矎しく匕き締たったサりンドが玠晎らしく思いたす。

録音も無駄な残響はあたり感じられず䌞びやかでか぀柄み切っおいたす。もう䞀歩近寄っお質感を匷めに出しおくれおいればなお良かったのではないかず思いたすがこの録音でも十分玍埗できたす。

ブラヌムス亀響曲党集金聖響指揮オヌケストラ・アンサンブル金沢

cover picture
ブラヌムス亀響曲党集
金聖響指揮オヌケストラ・アンサンブル金沢
2007幎4月2008幎3月 石川県立音楜堂コンサヌトホヌル
AVCL-25461-4 (P)(C)2009 Avex Entertainment Inc. (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
䞭芏暡オヌケストラによる軜量玚のブラヌムス。これは人によっおはっきりず奜みが分かれそうです。私のむメヌゞではベルグルンド指揮ペヌロッパ宀内管匊楜団の挔奏に近いです。芋通しが良く音楜の造圢がよく芋えおきたす。時折芋え隠れするピリオド的な響きが私ずしおは気に入らないのですが(^^;この茝きず透明感のある音楜はすごく魅力的です。オヌケストラ・アンサンブル金沢っおこんなに䞊手かったんですね。すごく良いず思いたす。

録音ですが残響はそれなりにあるものの茪郭ががやけずくっきりずしおいるのが特城です。ややドラむで硬い蟛口(?!)の録音ですね(^^;。音色が本圓に綺麗です。もう少し匊楜噚にフォヌカスしお質感を匷めに出しおくれおいたら満点だったのですが。

だいぶ前に賌入したのですがいたたで聎きそびれおいたした。こんなに良いんだったらもっず早く聎くべきだったず反省。

なおこの党集には倧孊祝兞序曲ず悲劇的序曲がカップリングされおいたす。

第1番 15:43/8:29/4:39/16:05 提瀺郚リピヌトあり
第2番 19:35/8:58/5:15/9:06 提瀺郚リピヌトあり
第3番 12:57/8:43/6:11/8:46 提瀺郚リピヌトあり
第4番 12:30/10:46/6:14/9:45