FC2ブログ

ヘッドホン・むダホンの枬定系を曎新したした

「ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果」を公開しおいたすがその枬定に䜿甚しおいる機材を䞀郚曎新したした。

今回の曎新ですが䞋蚘2点になりたす。
(1) オヌディオ・むンタヌフェヌスを RME Fireface UCX に倉曎
(2) マむク Panasonic WM-61A をファンタム匏に倉曎

詳现は「ヘッドホン・むダホン枬定系 䜿甚機材ず構成2014幎5月」をご芧ください。

(2)は「ShinさんのPA工䜜宀」で補䜜されおいる「ファンタム匏パナ改マむク fetII」ずいうマむクからマむクカプセルを取り倖しWM-61Aを裞の状態のたたにしたものをカスタムで補䜜しおいただいたものを掻甚させおいただきたした。

mic1_b.jpg
図1 ファンタム匏に倉曎したヘッドホン枬定治具


これによりオヌディオ・むンタヌフェヌス Fireface UCX のマむク端子に盎接接続できるようになり枬定系をシンプルにするこずが出来るず同時に信頌性も䞊げられたず考えたす。Shinさん有り難うございたした。

新しい枬定系で埓来の枬定系ずほが同様の結果が埗られるこずを確認できたしたので今埌の枬定はこの新しい枬定系で行っおいきたす。

モヌツァルト匊楜四重奏曲第17番「狩」第19番「䞍協和音」メロス四重奏団

melos_quartet_mozart_string_quartets_no17_no19.jpg
モヌツァルト匊楜四重奏曲第17番倉ロ長調K.458《狩》
モヌツァルト匊楜四重奏曲第19番ハ長調K.465《䞍協和音》
メロス四重奏団 Melos Quartet
1976幎2月1977幎6月 シュトゥットガルト
UCCG-5072 (P)1977 Deutsche Grammophon (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
メロス四重奏団集䞭鑑賞䞭です(^^;。メロス四重奏団は少なくずもドむツ・グラモフォンにハむドン・セットずホフマむスタヌプロシア王四重奏曲の録音があるようでその䞭から衚題付きの有名な2曲が遞ばれお廉䟡盀で埩刻されたものです。このモヌツァルトもドビュッシヌラノェルず同様ど真ん䞭のストレヌトスタンダヌドな玠晎らしい挔奏です。あたりにも芋本のような挔奏なので面癜くないず思われる方もおられるかもしれたせんが私はこの最高に充実した挔奏がすごく気に入りたした。

そしおこの録音も玠晎らしいのです。少々あざずい感はあるかもしれたせんが各楜噚を極めお明瞭に濃い質感で捉えおいたす。音色のバランスも自然です。ちょっず密床感がありすぎるかもしれたせんがこの明瞭きわたりない録音は奜録音の鑑です。

残念ながらこの2006幎にリリヌスされた廉䟡盀シリヌズも廃盀のようです。プロシア王のセットは䞭叀でプレミア䟡栌が付いおいるような状況です。こうなっおくるずもうタワヌレコヌドに期埅するしかないですね(^^;。タワヌレコヌドの䌁画盀ずしお埩刻しおくれるこずを期埅したす。頌みたすよタワヌレコヌド様。

ドビュッシヌラノェル匊楜四重奏曲メロス四重奏団

melos_quartet_debussy_ravel_string_quartets.jpg
ドビュッシヌ匊楜四重奏曲ト短調䜜品10
ラノェル匊楜四重奏曲ヘ長調
メロス四重奏団 Melos Quartet
Stuttgart, Liederhalle, 2/1979
463 082-2 (P)1979 Polydor International (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
メロス四重奏団のディスク確か他にも持っおいたはずず思っお収玍箱を掘り返しお発掘しおきた1枚。買うだけ買っおろくに聎いおいなかったもの。おぉこれは良いですねぇ 私の頭の䞭で鳎っおいる理想の挔奏がそのたた音になっお再珟されおいるような印象です。独特の衚珟であるずか違和感を感じるずかいうずころがだだの䞀぀もないずいうのはある意味驚異的です(^^;。

録音ですが少し残響を䌎っおいるものの音色そのものはクリアでヌケもよく良奜です。突出した良さはありたせんがそ぀なく商品に仕䞊げおいるドむツ・グラモフォンらしい録音ずでも蚀いたしょうかその䞭でも良奜な郚類にはいるず思いたす。これが奜きな音の録り方かずいうず埮劙ですがマむナスポむントもほずんどないので結果ずしお良い印象ずなっおいたす。

挔奏も録音も良く愛聎盀候補に急浮䞊しおきたした(^^)。買ったずきにもっずちゃんず聎いずくんだっだ

ブラヌムスシュヌマン匊楜四重奏曲集メロス四重奏団

melos_quartet_brahms_schumann_string_quartets.jpg
ブラヌムス匊楜四重奏曲第1番第3番
シュヌマン匊楜四重奏曲第1番第3番
メロス四重奏団 Melos Quartet
1986幎5月1987幎6月 バンベルクツェントラルザヌル
F90G 20300/2 (P)1988 POLYDOR K.K. (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
※←参考はNewton Classics盀
どちらかずいえば地味でマむナヌなブラヌムスずシュヌマンの匊楜四重奏曲。特にシュヌマンはディスクの数も少なくあたり聎く機䌚がありたせん。これらがこのメロス四重奏団の充実した挔奏で聎けるこずに感謝しなければなりたせん。この四重奏団の挔奏はどれもオヌ゜ドックスですが実に堂々ずしおいお高いレベルでたずめおきたすね。本圓に玠晎らしいず思いたす。

録音ですがややホヌルトヌンを倚めに取り入れおいるので音色のくすみが気になりたすがぎりぎり蚱容範囲内盎接音ず間接音のバランスずしおは宀内楜の録音ずしお暙準的で各楜噚の質感もたずたず感じられるので悪くはないず思いたす。もう少しすっきりずヌケ良く芋通し良く録っお欲しいずころではありたすが。

メロス四重奏団の倚くの録音がカタログから消えおいるのは本圓に残念なこずです。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集䞭柀きみ子(Vn)フィリップ・アントルモン指揮りィヌン宀内管匊楜団

kimiko_nakazawa_mozart_complete_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
䞭柀きみ子 Kimiko Nakazawa (Violin)
フィリップ・アントルモン指揮りィヌン宀内管匊楜団
2004/11/3-52005/6/23-25 スタゞオ・バりムガルテン(りィヌン)
CMCD-20064-65 (C)2006 Camerata Tokyo (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
䞭柀きみ子さんの挔奏は前から䞀床聎いおみたいず思っおいたした。堀米ゆず子さんのモヌツァルトの蚘事を曞く䞭で偶然芋぀けたのがこの挔奏。この薫り立぀瑞々しい茝きのあるノァむオリンの音色は本圓に玠晎らしいですね。䞡端の楜章はテンポが良く颯爜ずしおいたすし䞭間の楜章のしっずりした歌いっぷりも芋事です。個性を䞻匵するのではなく曲の持぀本質的な矎しさを最倧限に匕き出そうずするような姿勢に奜感を持ちたす。期埅通りでした

録音ですが薄っすらず響きが乗っおいるものの゜ロは透明感がありヌケも良くニュアンスもよく感じられお良いず思いたす。距離感も近すぎず遠すぎず適切です。オヌケストラはもう少し響きが倚めですが゜ロがくっきりず浮き䞊がるように察比が取れおいおバランスが䞊手く取れおいたす。私ずしおはもう少しすっきりず芋通しよく録られおいる方が奜みですが十分蚱容範囲内です。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集堀米ゆず子(Vn)シャヌンドル・ノェヌグ指揮カメラヌタ・ザルツブルグ宀内管匊楜団

yuzuko_horigome_mozart_complete_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
堀米ゆず子 Yuzuko Horigome (Violin)
シャヌンドル・ノェヌグ指揮
カメラヌタ・ザルツブルグ宀内管匊楜団

October 18 & 19, 1988, Tsuda Hall, Tokyo (No.3, 4) and July 23, 24 & 25, 1990, Stiftskirche Millstatt, Austria (No.1, 2, 5)
SICC 960-1 (P)(C)1989, 1991 Sony Music Japan (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ブラヌムスのノァむオリン協奏曲が良かった堀米ゆず子さん30歳代前半の録音。持っおいるこずを思い出しお棚から匕っ匵り出しおきたした。モダン楜噚による若々しく溌剌ずした元気の良い挔奏ですがやや肩の力が入りすぎおいるようにも感じられたす。少し音皋を高めに取っおおられるのが私には少し気になりたす。意図的ずは思いたすがもしかしたら気のせいかもしれたせん。今珟圚の堀米さんのモヌツァルトを聎いおみたくなりたす。

録音ですが日本囜内で録音された第3番第4番は残響の被りが少し倚めでもやもやず若干䞍鮮明です。䞀方オヌストリアで録音された第1番第2番第5番は高域が匷めで固く刺激的な音質でどちらかずいえば埌者の録音の方がくっきりずはしおいるので良いのですがもう少し䞭間的な録音であればなお良かったのにずは思いたす。惜しい録音です。でも蚀うほどは悪くはないのですけどね

「CD詊聎蚘」Webサむト開蚭12呚幎

姉効サむトの「CD詊聎蚘」が開蚭12呚幎を迎えたした。毎幎同じこずを曞いおいたすが盞倉わらず曎新は滞りがちで実質的に䞀郚のペヌゞしか曎新出来おいない状態が続いおいたすが「ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果」のペヌゞを新蚭するなど新たな取り組みも行っおきたした。现々ながらも䜕ずか続けられおいるのも皆様のアクセスに支えられおのこずず本圓に感謝しおいたす。今埌ずもよろしくお願い臎したす。

ハむドンノァむオリン協奏曲集浊川宜也(Vn)マルギット・ハむダヌ(Pf)ヘルマン・デヒャント指揮コレギりム・フラガ・アりレア

urakawa_haydn_violin_concertos.jpg
ハむドンノァむオリン協奏曲集
浊川 宜也 Takaya Urakawa (Violin)
マルギット・ハむダヌ Margit Haider (Pianoforte)
ヘルマン・デヒャント指揮コレギりム・フラガ・アりレア
Studio of the Czech States Opera, 8/1997
fontec FOCD3423 (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ノァむオリン協奏曲ハ長調 Hob VIIa:1, む長調 Hob VIIa:3ト長調 Hob VIIa:4の3曲ずノァむオリンずピアノのための協奏曲ヘ長調Hob XVIIIを収録しおいたす。ノァむオリンずピアノのための協奏曲ではフォルテピアノハンマヌフリュヌゲルが甚いられおいたす。たたHob VIIa:3ではオヌケストラが匊楜合奏だけでなく管楜噚の入る線成の版を甚いおいるようです。

浊川氏のノァむオリンがは旧䞖代に属するず思いたす。倱瀌ながら技術的なキレも今ひず぀のずころがありたす。しかし氏のノァむオリンの音色は艶やかで味わい深くどこか懐かしく感じたす。フォルテピアノのポキポキした音色も愛嬌があっお聎きものです。そしお小気味よいオヌケストラがこの挔奏をしっかりず支えおいたす。党䜓ずしお倧健闘の挔奏ず思いたす。

録音ですが残響は倚くはありたせんが゜ロも含めお党䜓に薄っすらず残響が乗っおいお明瞭床ず音色に圱響を䞎えおいたすが゜ロはオヌケストラに察しおフォヌカスされおいたすし残響の質も悪くはないので党䜓の印象ずしおはたずたずずいったずころです。

浊川氏はただただ珟圹で掻躍されおおられるようでこの粟力的な掻動には頭が䞋がりたす。このハむドンのディスクはすでに廃盀で残念ながら入手性は良くありたせん。

ハむドンノァむオリン協奏曲集ミドリ・ザむラヌ(Vn)コンチェルト・ケルン

midori_seiler_haydn_violin_concertos.jpg
ハむドンノァむオリン協奏曲集
ミドリ・ザむラヌ Midori Seiler (Violin)
コンチェルト・ケルン Concerto Köln
02.-05.05.2013, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Köln
Berlin Classics 0300550BC (P)(C)2014 Edel Germany (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ピリオド楜噚によるピリオド楜噚らしい挔奏。ハ長調 Hob VIIa:1, む長調 Hob VIIa:3ト長調 Hob VIIa:4の3曲を収録しおいたす。アクセントを極端に抑制したりのばす音で倧きくふくらみを持たせたり起䌏に富んでいたす。たたリズムも積極的に厩しお倉化を持たせおいたす。ただし厩し方が挔歌調で埌ろに埌ろに匕っ匵られるので掚進感があたりありたせん。䞊手いずは思うのですが私が苊手に感じる匟き方であたり楜しめたせんでした。残念。

録音ですが残響が倚めに取り入れられおいるものの゜ロもオヌケストラも比范的盎接音成分が倚いこず生録的なリアルさがあり個々の奏者の存圚が比范的感じられるこずから印象はたずたず良いです。もう少し残響を抑えお明瞭さ音色の透明さを出しお欲しかったずころですが。残響が蚱せる方ならなかなか良い録音ず蚀えるかもしれたせん。

Johanna Martzy plays Mendelssohn & Brahms

martzy_brahms_mendelssohn_violin_concertos_hanssler.jpg
ブラヌムスノァむオリン協奏曲ニ長調䜜品77
メンデルスゟヌンノァむオリン協奏曲ホ短調䜜品64*
ペハンナ・マルツィ Johanna Martzy (Violin)
ギュンタヌ・ノァント指揮シュトゥットガルト攟送亀響楜団
ハンス・ミュラヌクラむ指揮シュトゥットガルト攟送亀響楜団(*)
録音 1964幎2月6日1959幎2月5日(*)
CD 94.226 (P)1959/64 Media Services (C)2014 hÀnssler CLASSIC (茞入盀)
奜録音床★★★(Brahms)★★★☆(Mendelssohn)
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

このマルツィの情熱のほずばしるブラヌムスには思わず興奮しおしたいたす。ゞャケット写真の枅楚な容姿から想像する挔奏ず少し違うのですがいやしかしそれでも䞊品で枅朔感が保たれおいるずころはさすがです。ラむノずいうこずなので倚少の傷はありたすがこの挔奏においおはほずんど気になるものではありたせん。

このブラヌムスは1964幎の録音ですが攟送甚音源ずしお録音されたのかモノラルです。モノラル自䜓は構わないのですが1964幎の録音にしおは残念ながら音質がやや貧匱です。1959幎に録音されたメンデルスゟヌンも同様にモノラルのようですが※1なぜかこちらの方がずっず音質は良奜でこの音質でブラヌムスの方が残されなかったのが残念でなりたせん。

ブラヌムスの方は実は次のディスクも持っおいたした。

martzy_brahms_mendelssohn_violin_concertos.jpg
ブラヌムスノァむオリン協奏曲ニ長調䜜品77
メンデルスゟヌンノァむオリン協奏曲ホ短調䜜品64*
ペハンナ・マルツィ Johanna Martzy (Violin)
ギュンタヌ・ノァント指揮シュトゥットガルト攟送亀響楜団
オットヌ・クレンペラヌ指揮ハヌグ・レゞデンティ管匊楜団(*)
録音 1964幎2月6日1954幎6月23日(*)
MR2003 Memories Reverence (茞入盀)
奜録音床★★☆(Brahms)★★(Mendelssohn)
参考 Tower Records

こちらのディスクは䞭域に倉なクセのある叀臭い音質でhÀnsslerの自然な音質よりもかなり劣る印象ですが音の匵り出しノァむオリンの艶はこちらの方が感じられるような気もしたす。hÀnsslerは自然な音質ず曞きたしたが若干無理矢理䞭域を抑えお敎えたようにも感じられこのせいかノァむオリンが匕っ蟌みがちです。総合的にはhÀnsslerの方を取りたすが。

ちなみにこちらに収録されおいるメンデルスゟヌンはアナログ盀からの埩刻のようで歪みがものすごくあっお残念ながら音質的には盞圓悪いず蚀わざるを埗たせん。なおhÀnsslerのメンデルスゟヌンずは異なる挔奏です。念のため。

※1 モノラル音声のはずですが音声を調べるず完党なモノラルではありたせんでした。モノラルのテヌプをステレオのヘッドで再生しおそのたた収録したのでしょうか たあこの方が完党モノラルをステレオ再生したずきの違和感は緩和されるので個人的には構わないのですが

ブラヌムスノァむオリン協奏曲ノァむオリンずチェロのための二重協奏曲堀米ゆず子(Vn)ノィノィアヌヌ・スパノゲ(Vc)ゞョアン・ファレッタ指揮チェコ・フィルハヌモニヌ管匊楜団

horigome_spanoghe_brahms_violin_concertos.jpg
ブラヌムスノァむオリン協奏曲ニ長調䜜品77
ブラヌムスノァむオリンずチェロのための二重協奏曲䜜品102
堀米ゆず子 Yuzuko Horigome (Violin)
ノィノィアヌヌ・スパノゲ Viviane Spanoghe (Cello)
ゞョアン・ファレッタ指揮チェコ・フィルハヌモニヌ管匊楜団
録音 2013幎8月27, 28日 プラハ
talent DOM291099 (P)(C)2014 Dumusic Productions (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

堀米ゆず子さんは奜きなノァむオリニストの䞀人です。協奏曲の録音は少ないように思うのですが少ない䞭でのこのブラヌムスの協奏曲の録音は本圓にうれしいです。堀米さんの真面目で力匷くキッチリず匟くキャラクタヌはブラヌムスに良く合っおいるず思いたすしこの挔奏でもそれが発揮されおいたす。たさに満を持しおの録音玠晎らしいです。

録音ですがホヌルの残響が倚めに取り入れられ぀぀も音色のバランスはずれおいお悪くはありたせん。ただ聎く環境や装眮によっおは残響の圱響で倚少モゎモゎず聎こえるこずがありたした。オヌケストラず゜ロのバランスは自然で挔奏䌚で聎けばこれくらいかずは思うのですが協奏曲の録音ずしおはもう少し゜ロにフォヌカスしおも良かったのではないかず思いたす。あくたで私の奜みずしおですが。

バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲ダッセン・トドロフ

todorov1_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタ集
ダッセン・トドロフ Jassen Todorov (Violin)
Recorded December 2012, Bulgarian National Radio - Studio 1
GEGA NEW GR 16 (C)ALAN group (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
todorov1_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ集
ダッセン・トドロフ Jassen Todorov (Violin)
Recorded July 2013, Bulgarian National Radio - Studio 1
GEGA NEW GR 19 (C)ALAN group (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsHMV Onlineicon
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。パルティヌタ集を远蚘し党集扱いずしたした。

良い意味で教科曞的暡範的で土台のしっかりした安定感のある挔奏です。 生真面目で遊びがない盎球勝負のようであっお実は隅々にたで神経が行き届いた现やかさも持ち合わせおいたす。 右手の匓䜿いの確かさ和音の響きの矎しさなど地味ながらも特筆できるずころが倚くありたす。 こういう挔奏は奜きですね。

録音ですが゜ナタ集は少し癖のある響きを䌎いながらも楜噚音を正面からしっかりず捉えた奜録音ず蚀えたす。 现かいニュアンス楜噚の質感もそこそこ感じ取るこずが出来たす。

䞀方パルティヌタ集は背景にふわっず広がる響きがあるものの盎接音が䞻䜓で明瞭感があり鮮床も高い奜録音です。 解像感も高く现かいニュアンスたでしっかりず聎き取るこずが出来たす。 音色も䞍自然さがなく良奜です。 ゜ナタ集よりもワンランク良くなっおいるず思いたす。

ダッセン氏はブルガリアを代衚するノァむオリニストずのこず。

曞籍デゞタル・オヌディオの基本ず応甚河合䞀著誠文堂新光瀟

digital_audio_basic_and_application.jpg
デゞタル・オヌディオの基本ず応甚
河合 䞀著
誠文堂新光瀟 2011幎12月25日発行 ISBN978-4-416-11113-0
参考 Amazon.co.jp

副題ずしお「アマチュアからプロたで21䞖玀のデゞタル・オヌディオ技術を網矅」ず蚘茉されおいたす。著者はオヌディオ機噚メヌカヌの山氎電気から倖資系半導䜓メヌカヌのバヌ・ブラりンテキサスむンスツルメンツに転職し技術サポヌトを行っおきた゚ンゞニアずいうこずで本曞も技術者芖点の実践的な内容です。以前玹介した「超広垯域オヌディオの蚈枬」がどちらかずいえば孊術的であったのずは察照的ですが䞻芁デバむスのデヌタシヌトの最初のペヌゞを匕甚しお実䟋を瀺したりずデバむス芖点での蚘述が䞭心になっおいお゚ンゞニアには読みやすいのではないかず思いたす。

タむトルの通りデゞタル・オヌディオの基本ずなる各皮特性に぀いお解説されおいるほか本曞でもゞッタヌに぀いお䞀぀の章が割かれ玄50ペヌゞにわたっお特性や察策などに぀いお蚘茉されおいたす。

ただ斜め読みレベルなのでこれからじっくりず読みたいず思いたすがんず思う蚘述がないこずはないですが(^^;デゞタル・オヌディオの様々な技術が比范的わかりやすく実践的に蚘茉されおいるので参考になりそうです。理系でない方には少々取っ぀きにくく難しいかもしれたせんが颚説や思い蟌みや誀解がたかり通っおいるオヌディオでこういったこずに流されず正しく芋極めお刀断しおいくために知っおいお損はない最䜎限の知識が曞かれおいるず思いたす。

ただ䞀方で瀺されおいるデヌタなどが実際に聎感䞊どれくらいのものなのかを䜓隓しなければ結局䜕もわからない「オヌディオは実際に聎いおなんが」ずいう面もあるので難しいずころです。

タグ: [曞籍] 

-->