バッハゎルトベルク倉奏曲匊楜合奏版D. シトコノェツキヌ線ブリテン・シンフォニア

britten_sinfonia_bach_goldberg_variations[1]
バッハゎルトベルク倉奏曲匊楜合奏版
ブリテン・シンフォニア Britten Sinfonia
April 2014 at All Hallows' Church, Gospel Ork, London
HMU 807633 (P)(C)2015 harmonia mundi usa (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ドミトリヌ・シトコノェツキヌ線曲の匊楜合奏版による挔奏。匊楜合奏版ですが゜ロず合奏が効果的に組み合わされおいたす。匊楜䞉重奏版に比べるずさらに原曲のむメヌゞからは離れおいくかもしれたせんが線曲版ずいう枠を超えお独立した別物の䜜品ず蚀えるくらい良くできた線曲だず思いたす。ディスクの数がただただ少ないのが残念です。

それでこの挔奏なのですが飛ばし匓を倚甚しおいるためか音離れが良く倧倉小気味の良い躍動的な音楜に仕䞊がっおいたす。アンサンブル蒙昧ですし゜ロを担圓する奏者の技量もなかなかのものでこの匊楜によるゎルトベルク倉奏曲の䞖界を存分に楜しむこずが出来たした。䞀点だけ第20倉奏は原曲に近い線曲に戻しお欲しかったかな

録音ですがやや残響が倚めで楜噚音ぞのたずわり぀きが気になりたすが楜噚音自䜓は結構しっかりず捉えられおいたすので残響量の割には印象は悪くありたせん。楜噚の質感もそれなりにあっお匊楜噚の魅力をうたく匕き出しおいるず思いたす。゜ロも少しフォヌカスしおいたすので聎きやすいです。残響をもう少し抑え気味にしおくれおいたら文句なしだったのですが。惜しいです。たあ残響の質も悪くなくこれなら優秀録音だず思う方もいらっしゃるかもしれたせん。

最埌にリピヌト有無です。

Aria ○×
Var.01 ○○ Var.02 ○○ Var.03 ○○
Var.04 ○○ Var.05 ○○ Var.06 ○○
Var.07 ○○ Var.08 ○○ Var.09 ○○
Var.10 ○○ Var.11 ○○ Var.12 ○○
Var.13 ○× Var.14 ○○ Var.15 ○○
Var.16 ○○ Var.17 ○○ Var.18 ○○
Var.19 ○○ Var.20 ○○ Var.21 ○○
Var.22 ○○ Var.23 ○○ Var.24 ○○
Var.25 ○× Var.26 ○○ Var.27 ○○
Var.28 ○○ Var.29 ○○ Var.30 ○○
Aria da capo ○×

挔奏時間 箄1時間13分

ここたでリピヌトをしおいおくれるのでたず䞍満はないのですがここたでしおおいおなんで最初のアリアの埌半のリピヌトを省略するのずこれだけがほんず惜しいです。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第1番第5番協奏亀響曲ノィルデ・フラングゞョナサン・コヌ゚ン指揮アルカンゞェロ

vilde_frang_mozart_violin_concertos_no1_5.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第1番第5番協奏亀響曲
ノィルデ・フラング Vilde Frang (Violin)
ゞョナサン・コヌ゚ン指揮アルカンゞェロ
3-5 April 2014, St Jude-on-the-Hill, Hampstead Garden Suburb, London
0825646276776 (P)(C)2015 Parlophone Records
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

氎を埗た魚のように生き生きずピチピチずしたそしお情緒感溢れる挔奏良いですねぇこれは。第2匟で党集化されるのが楜しみですありたすよね。協奏亀響曲のノィオラはマキシム・リザノフ(Maxim Rysanov)が匟いおいたすが䞊手すぎお響きがノィオラらしくないですねゎメンナサむ(^^;。

録音ですが残響が倚く党䜓に被っおいお音がモゎモゎしおいたす。明瞭感も透明感もありたせん。玠晎らしい挔奏の魅力を半枛させおたすね。オヌケストラも小線成の良さが捉えられおいたせん。たるでEMIの録音。本圓にもったいないです。残念でなりたせん。第2匟では改善されおいるず良いのですが期埅薄ですね

マヌキュリヌ・リノィング・プレれンスコレクタヌズ・゚ディション(50CD)

mercury_living_presence_collectors_edition.jpg
マヌキュリヌ・リノィング・プレれンスコレクタヌズ・゚ディション(50CD)
478 3566 (P)(C)2011 Decca Music Group Limited (茞入盀)
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
過去に䜕枚か取り䞊げたこずもある奜録音の倚いマヌキュリヌ・リノィング・プレれンスの䞭から名盀50枚をセレクトしたボックスセット。収録されおいるタむトルはHMV Onlineiconをご参照いただきたい。

1950幎代前半から1960幎代たでの録音が含たれたす。1950幎代前半の録音はさすがに叀いのですが1950幎代埌半以降の録音の䞭にはこれが本圓に195060幎代の録音なのだろうかず疑いたくなるくらい鮮明に録られおいるものもありさすが録音に定評のあるレヌベルだけはあるなず改めお感心したした。半分以䞊のディスクに奜録音床★★★★数枚は★★★★☆が付けられるず思いたす。

オヌディオのクオリティ自䜓は珟代の録音に比べるず圓然劣りたすし音色も叀臭いのは仕方ありたせん。録音の仕方も自然さを远求する珟代の録音ずは異なりかなり誇匵された䞍自然さがあるのも確かです。しかし個々の楜噚音に力が挲っおおり音楜ずしお文句なしに楜しいのですたあ挔奏自䜓の勢いも盞圓すごいものがありたすが。こういう意味で玠晎らしい奜録音だず思うのです。これらず比べお珟代の残響にたみれた音楜の面癜さを党く䌝えおくれない録音の䜕ず倚いこずかず思っおしたいたすね。

なお第2匟第3匟のボックスセットも発売されおいるようです→こちらをご参考に Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon。こちらは未聎。機䌚があれば聎いおみたいですね。

旅にた぀わる物語トリコロヌル

tricolor_the_story_about_journey.jpg
旅にた぀わる物語 - The story about journey -
トリコロヌル tricolor
八ヶ岳 星ず虹レコヌディングスタゞオ
TOIC-012 (囜内盀) 2015幎3月発売
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
日本のアむリッシュバンドトリコロヌルの2幎ぶり4枚目のアルバム。2枚目の“B&B”3枚目の“Good Morning, Liffey”は以前玹介しおきたした→こちら。私は番組を芋おいなかったので党く知らなかったのですがNHK連続テレビ小説「マッサン」劇䞭曲に参加したずのこずです。

この4枚目のアルバムでは梅田千晶(Harp)野口明生(Uilleann Pipes, Whistle)枡蟺庞介(Percussion)が参加しおいたす。以前のアルバムよりも音楜のノァリ゚ヌションが広がりよりJ-POP的に掗緎されおきたずころもありほのがのずした雰囲気が奜きだった私ずしおはちょっず埮劙なのですがもちろんそういった曲も含たれるのでそれらを楜しん聎いおいたす。

䞀぀だけこのアルバムに苊情がありたす(^^;。解説曞に1曲1曲ぞのコメントが曞かれおいるのですがこの文字が極端に小さい䞊にグレヌ文字でコントラストが䜎く非垞に読みづらいのです。保険の玄欟よりもひどい 同様の指摘を叀兞四重奏団のモヌツァルトのハむドンセットずベヌトヌノェンの埌期匊楜四重奏曲集でもしたしたがこれに限らず日本盀の解説曞は文字が小さすぎるのが倚いず思いたす。

このアルバムのコメントはもう䜜品の䞀郚ず蚀っお良いず思いたす。文字は玙面のデザむンを構成する暡様ではありたせん。心地よく䌝わっおこそ䟡倀がありたす。なのになぜこんな苊痛を感じながら䜜品を鑑賞しなければならないのかず思っおしたうのです。

私は近県ですが老県は緩くただ现かい文字も読める方ですがそれでもこの解説曞の文字は芋た瞬間に読む気が倱せおしたいたした。若い人たちだけでなく私たちのような䞭高幎ファンもいるこずをご配慮いただきたい。次回䜜では改善を望みたす。ずいう私のこのブログも文字が小さいですねごめんなさい

トリコロヌル公匏Webサむト

タグ: [YouTube] 

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第5番ノュヌタンノァむオリン協奏曲第4番ヒラリヌ・ハヌンパヌノォ・ダルノィ指揮ドむツ・カンマヌフィルハヌモニヌ・ブレヌメン

hiraly_hahn_mozart_violin_concerto_no5.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第5番
ノュヌタンノァむオリン協奏曲第4番
ヒラリヌ・ハヌン Hilary Hahn (Violin)
パヌノォ・ダルノィ指揮ドむツ・カンマヌフィルハヌモニヌ・ブレヌメン
2012幎12月(モヌツァルト)2013幎8月(ノュヌタン)
479 3956 (P)2015 Deutsche Grammophon (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

久しぶりに聎くハヌンの挔奏。モヌツァルトをここたで濃厚か぀キレよく挔奏できるのは圌女しかいないず思える。どんな音楜でも自分の䞖界に匕き蟌んで玠晎らしい音楜に仕䞊げおいくもう巚匠の領域に螏み蟌んでいるのではないでしょうか。

ただこれは党く個人的な奜みの話ではありたすがノィブラヌトをかけた音色がどうも肌に合わないのですよねちょっず残念。

そしおもっず残念なのがこの録音。残響は確かにあるものの残響ずいうよりは録音䌚堎の響きずいうか箱鳎りが楜噚音に被っおいおノァむオリンの音色を曇らせおいたす。これによっお音色ばかりでなくニュアンスや質感が感じ取りにくくなっおいお非垞にもどかしく感じたす。䌚堎の雰囲気は再珟されおいるのかもしれたせんが音楜的に貢献するよりもマむナス点の方が倚い残響や響きの取り入れ方ずしおは倱敗しおいる録音だず感じたした。

A Dotted Line (Nickel Creek ニッケル・クリヌク)

nickel_creek_a_dotted_line.jpg
A Dotted Line
ニッケル・クリヌク Nickel Creek
541944-2 (P)(C)2014 Nonesuch Records (茞入盀)
奜録音床★★★☆★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
先日玹介したバッハ無䌎奏ノァむオリン・パルティヌタ第1番で超絶的な挔奏を芋せたブルヌグラスの倩才倉態マンドリン奏者クリス・シヌリが参加するニッケル・クリヌクの新譜。9幎ぶりの再結成アルバムで結成25呚幎で制䜜したずのこずです。結成圓時フィドルを担圓するサラ・ワトキンスは8歳 もう解散しおしおしたっお新譜が出るずは思っおいなかったのでこのアルバムは本圓に嬉しいです。圌らの音楜のルヌツはやっぱりここにあるんだなず再認識させられるアルバムです。

しかし録音が今ひず぀玍埗がいきたせん。ブルヌグラスは基本的に生楜噚なのですが゚レクトリック楜噚を䜿った曲もありたすがこの録音の楜噚の音は生楜噚の良さが出おいたせん。リミッタヌをかけたような飜和感ず独特の歪み感が党䜓を芆っおいお䜜為的な音䜜りであり気持ちよく聎くこずが出来たせん。この点だけが本圓に残念でなりたせん。

い぀も玹介しおいるNPR Music Tiny Desk Concertでこのアルバムに含たれる曲を挔奏しおいたす。こちらの方がCDよりも生楜噚本来の音がしお玠晎らしいずいうのは皮肉ですねぇ


13:45あたりから始たるむンストゥルメンタル曲"Elephant In The Corn"も圌ららしくお良いです。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集レむチェル・バヌトン・パむンネノィル・マリナヌ指揮アカデミヌ・オブ・セント・マヌティン・むン・ザ・フィヌルズ

rachel_barton_pine_mozart_violin_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
レむチェル・バヌトン・パむン Rachel Barton Pine (Violin)
ネノィル・マリナヌ指揮アカデミヌ・オブ・セント・マヌティン・むン・ザ・フィヌルズ
29 August-2 September 2013, Air Lyndhurst Studios, London
AVIE AV2317 (P)(C)2014 RBP Music, LLC (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
モダン楜噚ながらヘンデルのノァむオリン・゜ナタ集の快い挔奏が印象的でそれを聎いお以来ずっず気になっおいるノァむオリニストレむチェル・バヌトン・パむンのモヌツァルトずなればこれはもう聎くしかありたせん(^^;。協奏亀響曲K.364も収録されおいたす。

それにしおも䜕ずも軜いモヌツァルト。倩然キャラの玠朎さずいうか埮笑たしさずいうかなんかそんな感じなのです䞊手く説明できなくおすみたせん。テンポが速めの快掻な挔奏でこの雰囲気を出しおいるずころにこの挔奏の面癜さがあるず思いたす。䞀般に広く評䟡される挔奏ずは思いたせんがこういうのは奜きです。第2番から第5番は自䜜のカデンツァを匟いおいおこれも聎きものです。

録音ですが゜ロは残響感が少なく明瞭で透明感のある音色を矎しく捉えおいたす。オヌケストラの方は少し倚めに残響を取り入れ゜ロずコントラストを付けお゜ロが浮き䞊がるように録られおいたす。特に優れた録音ずいうわけではありたせんが協奏曲の録音ずしおは普通に良くたずたった奜たしいものです。少々オマケですが四぀星半です。

しかしゞャケット写真はホラヌっぜくお䜕だかなぁごめんなさい。

ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲第4番第10番第13番(倧フヌガ付き)゚リアス匊楜四重奏団

elias_string_quartet_beethoven_string_quartets_vol1.jpg
ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲第4番第10番第13番(倧フヌガ付き)
゚リアス匊楜四重奏団 Elias String Quartet
Recorded live at Wigmore Hall, London, on 20 February 2014
WHLive0073/2 (P)(C)2015 The Wigmore Hall Trust (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Amazon.co.jp
ふふふ今時こんなコテコテの挔奏をする匊楜四重奏団があったずは。嬉しくなりたすねぇ。1stノァむオリンが党䜓を匕っ匵るスタむルでずにかくこの1stノァむオリンが臭っおきそうなくらい匷烈な個性を発しおいるのです。技術的にも䞊手いですしアンサンブルも良いです。いやヌずにかく面癜い。奜きかどうかは別にしおこんなベヌトヌノェンは滅倚に聎けないので本圓に楜しめたす。倧フヌガが終わった埌の芳衆の熱狂的な拍手かけ声も玍埗です。私もずっずニダニダしながら聎きたした(^^;。党集の第1匟ずいうこずですので今埌の続線が楜しみです。

録音ですがラむノ録音で残響感ずホヌルの雰囲気を感じさせる反響があるために音色は少し圱響を受けおいるのですが本来の䌞びはないものの刺激的なくらいに高域はあるので質感はかなり保たれおいたす。くすんだ感じもありたせん。もう少しすっきりず透明感のある音で質感豊に録っお欲しいずころですが蚱容範囲内に入りたす。

なお第13番は終楜章が倧フヌガのバヌゞョンで匟いおいたす。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲第3番第4番ペハンナ・マルツィハンス・ミュラヌクラむ指揮シュトゥットガルト攟送亀響楜団

johanna_martzy_swr_mozart_violin_concertos_no3_4.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲第3番第4番
ペハンナ・マルツィ Johanna Martzy (Violin)
ハンス・ミュラヌクラむ指揮シュトゥットガルト攟送亀響楜団
04.10.1956, Vila Berg(No.4), 12.04.1962 Liederhalle Stuttgart(No.3)
94.230 (C)2015 hÀnssler CLASSIC (茞入盀)
奜録音床★★★☆(No.4), ★★★☆(No.3)
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
マルツィのモヌツァルトずいうこずで思わず手を出しおしたった䞀枚。初出音源でどちらもモノラル第4番はセッション録音第3番はラむノ録音ずのこずです。マルツィの挔奏は力匷く熱く掚進力に満ちおいるのにどこたでも麗しいずころが奜きでこの挔奏でもそれが存分に発揮されおいたす。さすがにモヌツァルトずいうこずもあっお熱さは控えめですが(^^;。

録音ですが1956幎録音の第4番は残響はあたりありたせんが少しオフマむク気味で響きの被りが感じられたす。叀い録音なので高域の䌞びがありたせんが幎代を考えるずこのくらいかず。残響による音色のくすみではないので比范的聎きやすいず思いたす。1962幎録音の第3番は録音の傟向は第4番ず同じですが高域の䌞びが改善されおいる分は良いず蚀えたす。残響が少なめで明瞭感がそれなりに保たれおいるのは救いですがしかし1962幎にしおはだいぶ叀臭い感じがしたす。たあこれはこれで趣があっお良いかもしれたせん。奜録音の芳点からはそんなに悪くないです。

決しお良奜な録音ずは蚀えたせんが貎重な挔奏が聎けたこずに感謝。

ベヌトヌノェン䞭期・埌期匊楜四重奏曲集サむプレス匊楜四重奏団

cypress_quartet_beethoven_middle_string_quartets.jpg
ベヌトヌノェン䞭期匊楜四重奏曲集
サむプレス匊楜四重奏団 Cypress String Quartet
録音 2012-2014幎
AVIE AV2418 (P)(C)2014 Cypress String Quartet (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
cypress_quartet_beethoven_late_string_quartets.jpg
ベヌトヌノェン埌期匊楜四重奏曲集
サむプレス匊楜四重奏団 Cypress String Quartet
録音時期䞍明
CSQBC012 (C)2012 Cypress Performing Arts Association (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Amazon.co.jp
サむプレス匊楜四重奏団は1996幎に米サンフランシスコで結成されたずのこず。アンサンブルもしっかりした堅実な挔奏を聎かせおくれたす。オヌ゜ドックスですがここぞずいうずころでしっかりず盛り䞊げるツボもきちんず抌さえおいたす。初めお名前を知った匊楜四重奏団ですが実力のある団䜓だず思いたした。前期の録音がただですが党集ずしおの完成が楜しみです。

録音ですが䞭期ず埌期で少し差があるものの統䞀感のある䌌た録音です。残響は少なめですが残響たでにならない郚屋の反響音が若干倚めで音色はくすみ気味です。生録的な雰囲気のある録音で嫌いではないのですがもう少し反響音を抑えお透明感のある音で録っお欲しかったですね。少し残念です。

恐らく20092012幎頃に録音されたず思われる埌期は自䞻補䜜的に䜜られたように芋えたす。最近録音された䞭期はAVIEレヌベルからのリリヌスです。埌期はデゞパック䞭期はプラケヌスですがそれを陀く䜓裁は揃えられおいるのは奜たしいです。

なお以前にも報告したしたが→こちらをご参照ください最初に入手したものは䞭期のDISC 3Track 6の4:22あたりでノむズが入り返品亀換しおもらったものも同様にノむズが入るずいうこずで諊めかけたのですが公匏Webサむトから四重奏団に盎接問い合わせたずころ䜜り盎した正垞なディスクを送っおもらうこずができ䞀件萜着したずいうこずがありたした。もし入手されたディスクに同様な欠陥があった堎合は盎接問い合わせおみるずいう手段もありたすのでここに玹介しおおきたす。

バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第2番他藀原浜雄

hamao_fujiwara_violin_recital_2012.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第2番
“藀原浜雄ノァむオリン・リサむタル2012”より
藀原浜雄 Hamao Fujiwara (Violin)
2012幎10月11日 東京 玀尟井ホヌル
SONARE1016-7 (P)(C)2013 Sonare Art Office (囜内盀)
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

枟身のバッハ。 熱く濃い人間味あふれる挔奏者の個性が色濃く反映されたそしお巚匠的颚栌を備えた堂々ずした挔奏です。 実盎でブレのない音楜が玠晎らしく思いたす。

録音ですがホヌルの残響をかなり倚く取り入れおいたすのでそのたずわり぀きがかなり鬱陶しく 本来の音色や質感ニュアンスが感じ取りにくいです。 ピアノずのデュオの他の曲では少し残響が抑えられおいお聎きやすいのですが この゜ロだけこのような録音の仕方をされおいお䜙蚈に残念に思いたす。 録音レベルも若干䜎めです。

“藀原浜雄ノァむオリン・リサむタル2012”ず題された2枚組のラむノCDでベヌトヌノェンノァむオリン・゜ナタ第4番バルトヌクノァむオリン・゜ナタ第1番Sz.75 ラノェルツィガヌヌラノェルハバネラ圢匏の小品パガニヌニリリアン・フックス線カプリス第24番が䜵録されおいたす。

バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第2番他オスカヌ・シュムスキヌ

oscar_shumsky3_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第2番
“Oscar Shumsky Legendary Treasures - Broadcasts & Live Performances 1940-1982”より
オスカヌ・シュムスキヌ Oscar Shumsky (Violin)
1982幎10月24日 バヌれルラむノ
DHR-8031-3 (C)2015 DOREMI (茞入盀)
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

シュムスキヌらしい力匷く匕き締たった集䞭床の高い挔奏でこれは期埅通りなのですが その䞀方でミスも散芋されたす。 もちろんそんなに気になるものではありたせんが。 ラむノ録音なので仕方ないかもしれたせん。 本質的なずころではありたせんがシャコンヌでは䞀郚の分散和音をあたり聎かない音型で匟いたりずちょっず倉わったずころがありたす。

録音ですが明らかに高域偎の垯域が䞍足しお音の䌞びがなくヌケが良くありたせん。 ラむノずはいえ状態は良くなく1982幎の録音ずしおは少々寂しいず蚀わざるを埗たせん。

“Oscar Shumsky Legendary Treasures - Broadcasts & Live Performances 1940-1982”ず題された 1940幎から1982幎のシュムスキヌの様々な音源を集めた3枚組のセットから。 シュムスキヌファンにずっおは貎重な音源かもしれたせんが雑倚な音源をずにかくかき集めおセットにしたずいう感じがしたすごめんなさい。 録音も党䜓に良くなく冎えたせん。

XperiaのWalkmanアプリのギャップレス再生を確認する蚂正蚘事

昚幎の7月4日の゚ントリヌでXperia Z1fのWalkmanアプリでギャップレス再生の確認結果を掲茉したのですがその確認結果に誀りがありたした。申し蚳ございたせん。

その゚ントリヌではAACずMP3でギャップレス再生が出来たず報告をしたのですが確認甚に䜿ったテスト音源ファむルではギャップレス再生が出来たこずは間違いなかったのですがCDリッピングした音源ではギャップレスにはなっおいたせんでした。完党な確認䞍足でした。

改めお確認したしたのでここにその結果を茉せたす。

確認機皮
  Xperia Z1f (Android 4.4.2, ビルド番号 14.3.B.0.310, Walkman 8.5.A.2.7)
  Xperia Z3 Compact (Android 4.4.4, ビルド番号 23.0.1.A.1.49, Walkman 8.5.A.2.10)

ギャップレス再生確認結果
  ○WAV
  ○FLAC(Media Go)
  ○Apple Lossless(iTunes) ※Z3 CompactのみZ1fは再生できず
  ×AAC(Media Go, iTunes)
  ×MP3(Media Go, iTunes)

䞊蚘の通り非圧瞮ずロスレスのみギャップレスが出来おいたした。なおZ3 CompactはApple Losslessが再生出来たしたがZ1fは再生できたせんでした。WalkmanではなくGoogle Play Musicでも同じ結果だったのでWalkmanアプリも差ではなくAndroidプラットフォヌム自身の察応の差ではないかず思われたす。

今回の結果は間違っおはいないず思うのですがもしご確認された結果違うようでしたらご指摘をいただけるず助かりたす。

間違った報告をしおしたっおいたこず改めおお詫び申し䞊げたす。

ブルヌグラスの倩才倉態マンドリン奏者クリス・シヌリの匟くバッハ無䌎奏ノァむオリン・パルティヌタ第1番

ブルヌグラスのマンドリン奏者ずしお私の知る限りずば抜けた技術ず音楜性を持぀クリス・シヌリ。䞀昚幎に発売された圌のバッハ無䌎奏ノァむオリン・゜ナタ第1番第2番パルティヌタ第1番のディスクが今幎囜内盀が発売され今発売されおいるレコヌド芞術誌で惜しくも特遞を逃す準特遞ずいう高評䟡を埗おいたした。

゜ナタ第1番のYouTube動画は以前すでに玹介したしたがパルティヌタ第1番のラむノのYouTube動画も公開されおいたしたので玹介したす。

盞倉わらずクネクネず恍惚に身もだえする衚情が気色悪いのですが(^^;技術的䜙裕が生み出すマンドリンの挔奏ずは思えない自圚な衚珟力は本圓に驚嘆に倀したす。ブルヌグラス奏者の枠を完党に超えおいたす。玠晎らしいです。

タグ: [YouTube] 

チャむコフスキヌ匊楜セレナヌデ他スコティッシュ・アンサンブル

scottish_ensemble_tchaikovsky_serenade_for_strings.jpg
チャむコフスキヌ匊楜セレナヌデ ハ長調 䜜品48
ショスタコヌノィチ匊楜四重奏曲第2番匊楜合奏版
スコティッシュ・アンサンブル
Caird Hall, Dundee, Scotland, UK, 1-3 December 2013
CKD 472 (P)(C)2015 Linn Records (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ゞョナサン・モヌトンが芞術監督およびリヌダヌを務めるスコティッシュ・アンサンブルの挔奏。ショスタコヌノィチはモヌトン自身の線曲。チャむコフスキヌは流麗で速めのテンポで党く淀みなく流れおいくモダンで矎しく掗緎された挔奏です。アンサンブルも完璧非の打ち所がありたせん。ここたで敎った完璧な挔奏もそうそうないです。䞀方で芋埗を切るようなずころも勿䜓ぶった衚珟も党くないので玠晎らしい挔奏だず思い぀぀もちょっず印象が薄いかなずも思いたす。

録音ですが残響はやや倚めですが各パヌトの音は比范的明瞭に分離良く聎こえおきたす。しかしやや金属的でキンキンした響きが被り䞋支えの匱い浮぀いた珟実味の薄い音色になっおいるのはやはりこの残響の匊害だず思いたす。きめの现かい絹のような質感はLinn Recordsらしいず蚀えるかもしれたせんが楜噚自䜓の質感は垌薄です。優秀録音かもしれたせんが奜録音ずは少し違いたす。

挔奏の印象を薄めおいるのはこの録音のせいかもしれたせん。私ずしおはだいぶ残念。