FC2ブログ

バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲ワンチ・ホワン

wanchi_huang_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲
ワンチ・ホワン Wanchi Huang (Violin)
June 4, 5, and July 15, 2013 at WFMT Studios, Chicago
CRC 3419/3420 (P)(C)2015 Centaur Records (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Amazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music
「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

モダン楜噚による挔奏。 こんな曞き方をしお本圓に申し蚳ないのですがお䞖蟞にも䞊手いずは蚀えたせん。 砎綻こそしおいないもののフヌガなどの難しい楜章ではたどたどしさが拭えたせん。 安党運転に培しお楜譜を正確になぞりその䞭で粟䞀杯の衚珟を詊みる 誠実さの感じられる埮笑たしい挔奏なので奜感は持おるのですが やはり技術面での䞍満は倧きく残っおしたいたす。 音皋はそんなに悪くないのでそれでかなり救われおいるずは思いたす。

録音ですが残響は背景にふわっず広がる皋床であり盎接音を䞻䜓に録られおいたす。 距離感も適床で音色も自然高域の䌞びもありたす。 生々しさもあり楜噚の質感もニュアンスもしっかりず聎き取れたす。 たずたずの奜録音ず蚀えたす。 時々音像がフラフラず移動したり質が若干萜ちるように感じるずころがありたすが気になるほどではありたせん。 オヌディオ的なクオリティもたずたず良奜です。

挔奏に若干の難はあるものの結構楜しく聎くこずができたした。 録音が良奜だからだず思いたす。 鑑賞する䞊で「良い録音」であるこずはずおも倧切ですね。

バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲パノェル・シュポルツル

pavel_sporcl_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲
パノェル・シュポルツル Pavel Å porcl (Violin)
2015幎4月16-18日5月20-22日6月15-17日 プラハチェコ兄匟団犏音教䌚
SU 4186-2 (P)2015 Supraphon (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

モダン楜噚による挔奏。 ブルヌに塗装されたノァむオリンでどんな挔奏を聎かせおくれるのかず興味接々で聎きたしたが 至極真っ圓正統掟の立掟な挔奏でした。 技術レベルも高く敎然ず隅々たでコントロヌルが行き届いおいたすし 和音の響きの透明な矎しさなども特筆できたす。 倧きな特城はありたせんが秀挔だず思いたす。

録音ですが残響が倚めでしかも楜噚音に被っお音色をくすたせおいたす。 楜噚の質感はそれなりに感じられるのでぎりぎり蚱容範囲ずいうずころです。 残響が気にならない方には問題ないかもしれたせんが 私ずしおはあたり良い印象ではありたせん。 スプラフォンは比范的奜みの録音が倚いレヌベルなので期埅しおいたのですがこの録音は少し残念に思いたす。

シュポルツル氏は「チェコが誇る奇才ノァむオリニスト」ずのこず。 クラシックのみならず民族音楜なども挔奏するそうです。 個人的にはその倚様な音楜性を生かしたバッハが聎きたかったかなず

バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲五嶋みどり

midori2_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲
五嶋みどり MIDORI (Violin)
2013幎8月13日-17日 WDRフンクハりスクラりス・フォン・ビスマルク・ザヌルケルンドむツ
ONYX 4123 (P)2015 WDR (C)2015 PM Classics Ltd. (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

この達芳した挔奏いきなりその境地に行っおしたわれたしたか 人間的な枩かさ謙虚で優しさに溢れた音楜。 真摯でありながら䜕事にもずらわれず自由に音楜ず戯れるそんな喜びが滲み出おいたす。 技術的にはもちろん完璧ながらそれが前面に出おこない柔らかなタッチがこの挔奏を印象づけおいたす。

ノァむオリンずいう楜噚は本圓に難しいず思いたす。 どんな手緎れであっおもその難しさからどうしおも音楜に「歪み」が生じたす。 名手はそれを完璧な技巧で研ぎ柄たされた挔奏で乗り越え消し去ろうずしたす。 しかし圌女はそれを遙かに通り越しさらにその䞊のステヌゞでの音楜衚珟を詊みようずしおいるように思えたす。 ノァむオリンずいう楜噚の制玄から解攟されたこのような音楜は滅倚に聎けるものではないず感じたす。

圌女は2005幎に゜ナタ第2番を録音しおいたすがそれは静寂の䞭に静かに鳎り響く内向的な挔奏でした。 どちらかずいえば寒色系。 しかし今回の挔奏は暖色系に思いたす。 2005幎の録音の延長線䞊で突き詰められた挔奏を想像しおいたので 最初聎いたずきは「あれっあれっ」ず戞惑い肩すかしを食らった感があったのですが 䜕床も聎くうちにこの挔奏にどんどん惹き぀けられたした。 2005幎にあの路線で党集を残しおくれおいたらずいう思いは残るものの 今ここにこの玠晎らしい挔奏に巡り䌚えたこずを本圓にうれしく思いたす。

録音ですがやや残響は倚めで楜噚音ぞの被りが気になるものの 玠盎に捉えおいおニュアンスも聎き取るこずができるので良奜ずたでは蚀わないたでもたずたずずいうずころです。 空調なのか䜎域の雑音レベルがかなり高く聎く装眮や環境によっおはかなり気になりたす。 もう少し配慮が欲しかったずころです。

解説曞には“Artist's note”ずしお五嶋みどりさん自身による文章が3カ囜語で茉せられおいたす。 党くの蛇足ですが日本人ノァむオリニストなのですからオリゞナルの解説曞に日本語も茉せお欲しかった

「CD詊聎蚘」の䞀郚をスマヌトフォン察応したした。

姉効サむトの「CD詊聎蚘」は2002幎の開蚭でPCでの衚瀺しか考えおいなかったためスマヌトフォンではずおも読みづらい状態です。この状況を改善したいず思ったのですがもはや過去にさかのがっお蚘事のメンテナンスをするのは工数的に到底困難なためトップペヌゞずバッハ無䌎奏ノァむオリン無䌎奏チェロに限りたた2015幎の蚘事からに限っおスマヌトフォンでも芋やすくなるようにレスポンシブ察応の新ペヌゞを起こしたした。味も玠っ気もないペヌゞですがスマヌトフォンでも倚少読みやすくたた軜くなったのではないかず思いたす。

旧ペヌゞも曎新は続ける予定ですがメンテナンス工数は増える䞀方で奜きでやっおいるこずずはいえだんだん぀らくなっおきおいるのも正盎なずころです。いろいろず䞍備が生じおくるずは思いたすが倧目にみおやっおください(^^;。

テレマン無䌎奏ノァむオリンのための12のファンタゞアピヌタヌ・シェパヌド・スケアノェズ

peter_sheppard_skaerved_telemann_fantasies.jpg
テレマン無䌎奏ノァむオリンのための12のファンタゞア
ピヌタヌ・シェパヌド・スケアノェズ Peter Sheppard SkÊrved (Violin)
Recorded at the Church of St. John the Baptist, Aldbury, Hartfordshire, England, on 13th and 21st November 2013
Athene ath 23203 (P)(C)2015 Divine Art Ltd. (茞入盀)
奜録音床★★★★★
参考 Amazon.co.jpApple Music

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。同ペヌゞのほが9幎ぶりの曎新です(^^)。

バロック・ノァむオリンによる挔奏ですが奏法的にはそれほどバロック的ではありたせん。 わざずかどうかはわかりたせんがリズムの厩しがたどたどしく音楜に乗るこずができたせん。 䞋手ずたでは蚀いたせんがキレが良くなく玠盎に音楜を楜しむこずができたせん。

録音ですがわずかに残響感があるものの背埌にふわっず広がる皋床であり 盎接音が支配的できわめお明瞭高域の䌞びも申し分なく 楜噚の質感がストレヌトに䌝わっおくる奜録音です。 少しき぀めに聎こえるかもしれたせんが私にはこれくらいがちょうど良いです。 録音の音のキレが抜矀なだけに挔奏のキレが良くないのが残念でなりたせん。

本ディスクには“12 Fantasies for Flute, TWV40:2-13”のノァむオリンによる挔奏も収録されおいたす2枚組です。 たた本ディスクのタむトルが“THE GREAT VIOLINS volume 1: Andrea Amati, 1570”ずいうこずで か぀おの名噚で無䌎奏ノァむオリンの䜜品を録音するプロゞェクトの第1匟なのかもしれたせん。

スケアノェズ氏は先日玹介したタルティヌニ30の小さな゜ナタ集も録音しおいたす。

シベリりス亀響曲第2番他小林研䞀郎指揮チェコ・フィルハヌモニヌ管匊楜団

ken-ichiro_kobayashi_czech_po_sibelius_symphony_no2.jpg
シベリりス亀響曲第2番ニ長調䜜品43
シベリりス亀響詩「トゥオネラの癜鳥」䜜品22-2
シベリりス亀響詩「フィンランディア」䜜品26
小林研䞀郎指揮チェコ・フィルハヌモニヌ管匊楜団
1995幎2月2225日 プラハ「芞術家の家」ドノォルザヌク・ホヌル
PCCL-00277 (P)(C)1995 Pony Canyon (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

この挔奏はすごく牧歌的で南欧の枩暖な田園地垯を思い起こさせたす。ゆったりずそしお蕩々ず流れる匊楜噚の旋埋がドラマティックです。こんなシベリりスもなかな良いかもしれないず思いたすね。

録音ですが䜎域の豊かな響きの支えの䞊に䞭高域が綺麗に乗りスケヌルの倧きな音響を構成しおいたす。残響が倚めなのですが個々の楜噚が埋もれるこずなく質感豊に録られおいるので印象は悪くありたせん。個人的にはもう少し残響を抌さえおすっきりした録音にしおほしかったずは思いたすがこの録音が䞊蚘のような枩かさに぀ながっおいるずも蚀えるず思いたすのでたあ良しずするかずいうずころです。客芳的には優秀な方ではないかず思いたす。

ポニヌキャニオンからリリヌスされおいた本ディスクは今はEXTONからSACDでリリヌスされおいるようです。

タグ: [亀響曲] 

メンデルスゟヌン匊楜のための亀響曲党集ミヒャ゚ル・ホヌフシュテッタヌ指揮シュトゥットガルト宀内管匊楜団

michael_hofstetter_stuttgarter_kammerorchester_mendelssohn_complete_string_symphonies.jpg
メンデルスゟヌン匊楜のための亀響曲党集
ミヒャ゚ル・ホヌフシュテッタヌ指揮シュトゥットガルト宀内管匊楜団
2007幎9月,11月, 2008幎3月,9月,11月 シュトゥットガルト・ボヌトナング・リヌダヌクランツハレ
C 763 093 D (P)(C)2009 ORFEO International Music (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

この匊楜のための亀響曲はメンデルスゟヌンが12歳から14歳にかけお䜜曲した䜜品で第1番から第6番は挔奏時間がだいたい10分皋床の小曲ですが第7番以降は20分を越え第11番に至っおは40分近くずいう倧䜜です。䞭孊生くらいの少幎が曞いた䜜品ですが充実した立掟な曲集ですね。

少し前にアヒム・フィヌドラヌ指揮ルツェルン祝祭匊楜合奏団の党集を取り䞊げたしたがこれも同時期にメンデルスゟヌン生誕200幎蚘念ずしおリリヌスされたもののようです。宀内管匊楜団の比范的小線成の挔奏ながら小線成ずは思えないシンフォニックでスケヌルの倧きな響きを出しおいたす。そしお音楜が生き生きず躍動感にあふれおいるのが玠晎らしいです。オヌケストラも䞊手く完成床が高い党集だず思いたす。

録音ですがかなり残響が倚いのですが盎接音成分の比率がそこそこあるために音の曇りは少なく匊楜噚の魅力を十分に䌝えおくれる録音だず思いたす。もしかしたらむコラむゞングで少し高域を持ち䞊げお音色のくすみを緩和しおいるかもしれたせん。そんなように聎こえたす。私にずっおはやはり残響が倚すぎたす。ただ倚くの方には受け入れられる録音かもしれたせん。

シベリりス亀響曲党集他レナヌド・バヌンスタむン指揮ニュヌペヌク・フィルハヌモニック

bernstein_sibelius_remastered_edition_the_symphonies.jpg
シベリりス亀響曲党集他
レナヌド・バヌンスタむン指揮ニュヌペヌク・フィルハヌモニック
録音 19601967幎
88875026142 (P)(C)2015 Sony Music Entertainment (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

1960幎代およそ50幎前にバヌンスタむンがニュヌペヌク・フィルず録音したシベリりスのリマスタヌ盀です。収録曲は䞋蚘の通りです。

シベリりス亀響曲党集
シベリりス亀響詩「ルオンノタル」䜜品70
シベリりスポヒョラの嚘 䜜品49
シベリりスフィンランディア 䜜品26
シベリりス悲しきワルツ 䜜品44
シベリりストゥオネラの癜鳥 䜜品22-3
シベリりスノァむオリン協奏曲ニ短調 䜜品47 (*1)
ブルッフノァむオリン協奏曲第1番ト短調 䜜品26 (*2)
グリヌグペヌル・ギュント第1組曲第2組曲

*1 ゞノ・フランチェスカッティ(Vn)
*2 トヌマス・ゞッパヌズ指揮ゞノ・フランチェスカッティ(Vn)

亀響曲のみのコメントですがずおも力匷いダむナミックなシベリりスです。近幎の倚くの挔奏ず比べるず随分ず趣が異なりたす。シベリりス独特の情緒感は垌薄で指揮者の個性オヌケストラの個性が際立った挔奏ず蚀えるずは思いたすがこういう衚珟の仕方がごく普通だった時代の挔奏ずいう颚に私は受け取りたした。挔奏スタむルの歎史を感じたすね。この䞭では特に第6番が特城的で䞡端楜章の萜ち着きのない速いテンポに面食らいたすがちょっず他では聎けない挔奏で結構楜しめたした。

録音ですが残響は控えめで各々の楜噚を明瞭に分離感よく捉えたドラむな奜録音なのですが音色が叀臭く硬質でバランスが厩れおキンキンずやや耳障りでありたた少々歪みっぜく粗いのも欠点です。誇匵された音䜜りも時代を感じされる芁因になっおいたすが聎き取りやすく挔出感もあたりないため印象は悪くないのですが。惜しいです。

タグ: [亀響曲] 

ノィノァルディ協奏曲集「四季」他ダニ゚ル・れペック(匟き振り)ドむツ・カンマヌフィルハヌモニヌ・ブレヌメン

daniel_sepec_dkb_vivaldi_the_four_seasons.jpg
ノィノァルディ協奏曲集「四季」
ノィノァルディトリオ・゜ナタ䜜品1-12「ラ・フォリア」
ダニ゚ル・れペック Daniel Sepec (Violin & Direction)
ドむツ・カンマヌフィルハヌモニヌ・ブレヌメン
Die Kammerphilharmonie, Bremen, March 6-9 2010 and March 8-9 2011
COV 21112 (P)(C)2011 Coviello Classics (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

以前から䜕床も取り䞊げさせおいただいおいる音工房Zのメヌルマガゞンで玹介されおいたディスクです。ディスクの玹介をされおいる方ず良い録音の考え方が同じなのかどうかは定かではありたせんが結果ずしお遞ばれおいるディスクは私の奜みにも合うものが倚いず感じたす。

ダニ゚ル・れペックはドむツ・カンマヌフィルハヌモニヌ・ブレヌメンのコンサヌトマスタヌを務めたたアルカント・カルテットのメンバヌずしおも掻躍しおいるずのこずです。参考に挙げたTower RecordsやHMV Onlineのディスク玹介にもありたすがこの曲に添えられた゜ネットを倧きく意識させる倧胆な衚珟がされおいたす。こういったナニヌクな挔奏は今や珍しくはないず思いたすがただただ衚珟の可胜性はあるんだずいうこずに感心させられたす。

ちなみに線成は゜ロを含め匊楜噚が5-4-3-2-1ハヌプシコヌド/オルガンリュヌト/ギタヌハヌプが加わりたす。モダン楜噚によるキレの良い珟代的な挔奏ですがリュヌトやハヌプが独特の叀雅な雰囲気を醞し出しおいるのが面癜いず思いたす。

さお録音ですが残響は䞭䜎域䞭心に少し倚めに取り入れられおいたすがブヌミヌになるこずなくスッず綺麗に枛衰するため被りによる悪圱響が少なくさらに盎接音䞻䜓に録られおいるので曇るこずなく楜噚本来の響きが矎しく届きたす。雰囲気も自然で挔出感が少ないのも良いず思いたす。オヌディオ品質も良奜で優秀録音ず蚀えるでしょう。
-->