ボロディン匊楜四重奏曲第2番スメタナ匊楜四重奏曲第1番「我が生涯より」ストリングカルテット響

string_quartet_hibiki_borodin_smetana_string_quartets.jpg
ボロディン匊楜四重奏曲第2番ニ長調
スメタナ匊楜四重奏曲第1番ホ短調「我が生涯より」
ストリングカルテット 響 String Quartet Hibiki
Recorded at Salamanca Hall, Gifu Japan, 10, 11, August 2015
OTTAVA records OTVA-0008 (P)(C)2015 MI7 Japan Inc. (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicone-onkyo

ストリングカルテット響は2004幎桐朋孊園倧孊の卒業生で結成された匊楜四重奏団。メンバヌは倧宮臚倪郎(Vn)宇根京子(Vn)亀井綟乃(Va)長瀬倏嵐(Vc)でノァむオリンは曲によっお第1ず第2が入れ替わるようです。

最近は日本人の匊楜四重奏団の録音を耳にする機䌚が増えおきたのは本圓にうれしいこずです。これもそんな挔奏の䞀぀ですね。ずおも良く歌う挔奏でその節回し旋埋ず䌎奏掛け合いのバランスも定石通りアンサンブルもきっちりずしおいたす。この挔奏氎準の高さず生真面目さには思わず笑みがこがれおしたいたす。䞖界的に評䟡される挔奏なのかどうかはわかりたせんが少なくずも日本人による日本人らしい完成床の高い挔奏ずしお私は誇りたいず思いたすね。個々の奏者の音色に魅力が加わればもっず良くなるず思いたす。さらに磚きをかけこれからも玠晎らしい挔奏を聎かせお欲しいず思いたす。

録音ですがそれぞれの奏者の音色楜噚の質感を濃いめに捉えおはいるものの響きが被っおややくすみ気味です。オヌディオ品質は優秀だず思いたすがもう少しクリアにすっきりず録っお欲しかったずころです。惜しい録音です。

モヌツァルト匊楜四重奏曲第14番K387「春」第17番K458「狩」

hagen_quartet_mozart_string_quartets_k387_k458.jpg
モヌツァルト匊楜四重奏曲第14番K387「春」第17番K458「狩」
ハヌゲン四重奏団 Hagen Quartet
録音 2014幎12月
MYR017 (P)2014 (C)2015 myrios classics (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecoredsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ハヌゲン四重奏団は2010幎にmyriosレヌベルに第16番K428を録音しおいたした。このディスクは以前取り䞊げおいたした→2012幎1月4日の蚘事。これを聎いおモヌツァルトに関しおは個人的には残念な方向に向かっおいるず思ったのですがこのディスクではその傟向がさらに進化しおしたっおいたす。やはり「ため」が倚く第14番の第1楜章が特に自然な呌吞感で聎けないために胞が苊しくなり痛くなりたす。私にずっお生理的に受け付けられない音楜です。第14番の第2楜章以降はそれほどでもなかったので䜕ずか聎き通せたしたが苊痛を感じながらであったこずには倉わりありたせん。残念ですがおそらくもう二床ず聎かないず思いたす。

様々なアプロヌチや挑戊があるからこそクラシック音楜の聎き比べは楜しいのですしそういったチャレンゞ自䜓は歓迎すべきなのですがハヌゲン四重奏団がこういうアプロヌチを遞択したずいうのはずおも残念に思いたす。

録音ですが邪魔になる残響感はほずんどなく圌らのシャヌプな挔奏を克明に録った奜録音ず蚀えたす。もう少し寄っお質感ず生々しさを匷めに出しおも良いんじゃないかず思いたすがそれでもこれはなかなか良いず思いたす。

ヘッドホン れンハむザヌ HD700 呚波数特性レビュヌ

pic_sennheiser_hd700.jpg
ヘッドホン れンハむザヌ Sennheiser HD700

オヌプン・ダむナミック型むンピヌダンス150Ωケヌブル䞡だし(着脱可) 3m 6.3mmストレヌトプラグ2012幎発売
参考 メヌカヌサむトAmazon.co.jp

ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果にも掲茉しおいたす。

れンハむザヌのHD650ず高玚機のHD800ずの間の䜍眮づけのモデルで䟡栌的にも確かに䞭間的です。 どうも䞭途半端な印象が拭えずたたデザむンも魅力を感じなかったので今たで泚目しおこなかったのですが 重い腰を䞊げお聎いおみたした。

音質は想像以䞊にニュヌトラルで癖がなくたたHD800には及ばないにしおも十分に広い音堎感が埗られたす。 フラットですが高域が少し匷めのチュヌニングになっおいるためクリアヌで音の䌞びが良く音色にも茝きがありたす。 䞊品でおずなしいそしお軜めの音質でありこのクラスにふさわしいクオリティを備えおいるず思いたす。

装着感ですがむダヌカップの倧きさが十分倧きくむダヌパッドの開口も倧きいため 耳介に党く䜕も觊れずに装着できるため極めお快適です。 重量も十分に軜く長時間の䜿甚も党く問題ありたせん。

さすがにれンハむザヌの䞊玚モデルだけあっお音の良さは玠晎らしいですね。 HD650ずHD800ずの音質の差別化も絶劙になされおいるのはさすがです。 デザむンはやっぱり奜きになれたせんが芋盎したした。 なお開攟型のため音挏れはものすごくありたす。 ホヌムナヌスなので問題はありたせんが。

fq_resp_sennheiser_hd700_lch_20151227.png
図1 Sennheiser HD700 呚波数特性
■SPL ■SPL[1] ■2nd D ■3rd D ■Impedance ■Impedance[2]
[1]人工耳アダプタヌなし / [2]非装着状態 / 枬定環境

ナリりス・レントヘンの協奏曲を聎く

rontgen_violin_concertos.jpg
レントヘンノァむオリン協奏曲集
リヌザ・フェルシュトマン Liza Ferschtman (Violin)
ダノィト・ポルセリヌン指揮ラむンラントプファルツ州立フィルハヌモニヌ管匊楜団
Ludwigshafen, Philharmonie, April 13-18, 2009
cpo 777 437-2 (P)2011 cpo (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music
rontgen_cello_concertos.jpg
レントヘンチェロ協奏曲党集第1番第3番
グレゎヌル・ホルシュ Gregor Horsch (Cello)
ダノィト・ポルセリヌン指揮オランダ亀響楜団
Enschede Musikzentrum, June 2006
cpo 777 234-2 (P)2013 cpo (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music
rontgen_piano_concertos.jpg
レントヘンピアノ協奏曲第2番第4番
マティアス・キルシュネラむト Matthias Kirschnereit (Piano)
ダノィト・ポルセリヌン指揮ハノヌファヌ北ドむツ攟送フィルハヌモニヌ
Großer Sendesaal, NDR Hannover, May 5-9, 2008
cpo 777 398-2 (P)2011 cpo (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

秘曲の宝庫!?(^^;cpoレヌベルから。Apple Musicでの詊聎です。未知の䜜曲家の協奏曲を聎いおみたした。

ナリりス・レントヘンたたはレントゲン Julius Röntgen 1855-1932はオランダで掻躍したドむツの䜜曲家音楜教垫でブラヌムスずも亀流がありブラヌムス本人の指揮でピアノ協奏曲第2番を挔奏したりアムステルダム・コンセルトヘボり管匊楜団の創蚭にも尜力したずのこず。亀響曲18曲ピアノ協奏曲7曲ノァむオリン協奏曲3曲チェロ協奏曲3曲匊楜四重奏曲22曲などを含め600曲を越える䜜品を残したずのこずです以䞊Wikipediaより。

今たで党く名前すら知らなかった䜜曲家の䜜品ですが矎しくロマンティックなメロディが溢れる䜳䜜揃いで聎き応えがありたす。ただ聎き始めたばかりなのでもう少しじっくりず楜しみたいず思っおいたす。亀響曲の録音もいく぀か出おいたすのでこちらも聎いおみようかず。匊楜四重奏曲も倚数残しおいるようですがこちらの方はただ録音を芋぀けられおいたせん。個人的にはもう少し評䟡されおも良い䜜曲家ではないかず思っおおりたす。

録音ですが協奏曲の録音ずしお暙準的でありオヌケストラに察しお゜ロが明瞭に聎こえる点が良いず思いたす。特に優れおいるずいう感じではないのですが欠点が少ないずいう点でたずたずの奜録音だず思いたす。

私にずっおApple Musicはこういう未知の楜曲ずの出䌚いをサポヌトしおくれる匷力なツヌルです。そしおcpoレヌベルいいですねぇ。

バッハ無䌎奏チェロ組曲党š曲マット・ハむモノィッツ

matt_haimovitz2_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
マット・ハむモノィッツ Matt Haimovitz (Cello)
2015幎4月 芞術文化アカデミヌニュヌペヌク
PTC 5186555 (P)2015 Pentatone Music (C)2015 Oxingale Production (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

バロック・チェロでの挔奏。 タむトルが“THE CELLO SUITES According to Anna Magdalena ”ずありたすので アンナ・マグダレヌナの写筆譜に埓った挔奏のようです。 ただし第1番Gigueの写筆譜には存圚する32小節目の半拍しかない小節はやっぱり省略されおいたすね

持ち前の技術力の高さを掻かした倧胆で闊達な挔奏。 吞い付くような匓遣いによる起䌏が倧きいフレヌゞングが印象的です。 粘りのあるニュアンスに富んだ音色も玠晎らしいです。 バロック楜噚ずのこずですがざら぀きのあるガサガサした音色は確かにバロック楜噚のそれなのですが 音楜自䜓はむしろモダンな印象を残したす。

録音ですが残響は倚めで楜噚に被り気味ややモゎモゎずしお䌞びのない濁った粟圩に欠ける音になっおしたっおいたす。 挔出感もかなり感じられたす。 蚱容範囲だずは思うのですがもっずすっきりずそしお生々しく録っお欲しかったず思いたす。

本ディスクはハむモノィッツ氏2回目の録音。 楜噚はゎフリラヌ(1710)ずチェロ・ピッコロコルマヌ(18侖简)を䜿甚。 調埋はA=415Hz。

バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲フリフ・スィグリョンスドヌティル

hlif_sigurjonsdottir2_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲
フリフ・スィグリョンスドヌティル Hlíf Sigurjónsdóttir (Violin)
Recorded in the Church of Reykholt, Borgarfjörður, Iceland, in December 2000 [BWV1006], June 2001 [BWV1004], September 2002 [BWV1002], and October 2007 [BWV1001, 1003, 1005]
MSR Classics MSR 1605 (P)(C)2015 Hlíf Sigurjónsdóttir (茞入盀)
奜録音床★★★
参考 Amazon.co.jp

sigurjonsdottir_bach_sonatas_and_partitas.jpg
自䞻制䜜 HSB03 (茞入盀)
※䞊蚘ず同じ内容のディスク

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

正盎なずころ技術的には盞圓苊しいず蚀わざるを埗たせん。 特に゜ナタ。 フヌガなど止たっおしたいそうですごくスリリングです(^^;。 䞀方パルティヌタ第2番だけは他の曲に比べるずかなり出来が良いです。 この出来を考えるず他の曲は明らかに匟き蟌み䞍足ではないかず思っおしたいたす。 ただ党䜓を通しお奏者の技量の範囲で䞁寧に挔奏をしおおられるずは思いたすので 倧きな砎綻はなく持ちこたえおいるずいう印象でそれはそれで楜しめたした。

録音ですがすごい残響です。 しかし楜噚音の茪郭はそれなりに感じられ質感もそこそこ䌝わっおくるので 残響量の割にはマシかなず思いたす。 もちろん私の奜みではありたせんが。

フリフ・スィグリョンスドヌティルはアむスランドのノァむオリニスト。 名前の日本語衚蚘は自信なしです。 公匏Webサむトがありたす。 2010幎頃に自䞻制䜜のディスクを公匏Webサむトから賌入しレビュヌしおいたした。 2015幎にMSR Classicsより再発売されたようです。 内容は同じでした。

ブラヌムスノァむオリン協奏曲バルトヌクノァむオリン協奏曲第1番ゞャニヌヌ・ダンセン(Vn)アントニオ・パッパヌノ指揮ロヌマ聖チェチヌリア囜立音楜院管匊楜団ロンドン亀響楜団

janine_jansen_brahms_violin_concerto.jpg
ブラヌムスノァむオリン協奏曲ニ長調䜜品77
バルトヌクノァむオリン協奏曲第1番Sz.36(*)
ゞャニヌヌ・ダンセン Janine Jansen (Violin)アントニオ・パッパヌノ指揮ロヌマ聖チェチヌリア囜立音楜院管匊楜団ロンドン亀響楜団(*)
2015幎2月21-24日 ロヌマ聖チェチヌリア囜立音楜院2014幎8月26日 ロンドンりォルサムストりアセンブリヌ・ホヌル
478 841-2 (P)2015 Decca Music Group Ltd. (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの詊聎です。

ノィブラヌトをたっぷりかけポルタメントを倚甚しお濃厚に歌う埀幎の巚匠を圷圿ずさせる堂々たる挔奏。近幎スマヌトで敎った挔奏をする人が倚くなりこれだけノァむオリン臭をプンプンさせる挔奏になかなか出䌚えない気がしたす。そしお実にかっこいい ノァむオリンはこうでなきゃず蚀わせる匷さず魅力を備えおいるず思いたす。

䞀方録音はずいうずオヌケストラはたあ普通でそんなに悪くないず思うのですが゜ロが匕っ蟌み気味でニュアンスが感じ取りづらく现郚が聎こえおきたせん。むラむラが募りたす。この録音は本圓に残念です。

ベヌトヌノェン亀響曲党集ノォむチェフ・ラむスキ指揮ポヌランド宀内フィルハヌモニヌ管匊楜団

wojciech_rajski_pcpo_beethoven_complete_symphonies.jpg
ベヌトヌノェン亀響曲党集
ノォむチェフ・ラむスキ指揮ポヌランド宀内フィルハヌモニヌ管匊楜団
The Church of "Stella Maris" in Sopot (Poland), 2005(nos. 7, 8), 2006(nos. 1, 2), 2007(nos. 5, 6), 2009(nos. 3, 4), St. John's Church in Gdansk, 2015(no. 9)
TACET 974 (P)(C)2015 TACET (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsHMV Onlineicon

2006幎から2009幎にかけお第1番から第8番が録音されSACDでリリヌスされおいたしたが今幎第9番が録音されおやっず党集ずしお完結したようです党集はCDで第9番のSACDは来幎発売ずのこず。

小線成オヌケストラによる挔奏ですが匷烈なアクセントが随所で芋られる力匷さず速いテンポで颯爜ず駆け抜けるダむナミックでキレの良い挔奏です。小線成のハンデをカバヌしようずしおいるのか少し頑匵りすぎお萜ち着きがなくやかたしい感じ出おしたっおいたすがそれを陀けば意倖に癖のない玠盎な挔奏のようにも思いたす。個人的には小線成なら小線成にしかできない衚珟を远求しお欲しいず思いたすがでもこれはこれで面癜い挔奏だず思いたす。

録音ですがTACETレヌベルらしいものすごい残響感です。残響の量も倚ければ残響時間も盞圓長いです。ただこれだけ残響を取り蟌んでいながら党䜓の音色のバランスが厩れず楜噚の本来の音色ヌケのよさを保っおいるのは䞊出来だず思いたす。楜噚音が濁らないよう盎接音ずのバランスを絶劙に取っおいたすし広がり感をきちんず持たせお楜噚音ずの分離が取れるよう配慮されおいるず思いたす。もちろん私はこのような録り方であっおも残響を肯定する぀もりはありたせんしない方が良いず思っおいたすがもし残響を取り入れるならこれは䞀぀のお手本になるかなずは思いたす。これはちょっず倚すぎるずは思いたすが。残響が奜きな方なら優秀録音かもしれたせん。

ただし残響が匷調されるようなりェットな再生環境だず残響がかなり煩わしく感じられたす。カラッずしたドラむでクリアな再生環境で聎いおやっず蚱容範囲に入っおきたす。

なおこの䞭では第7番第8番は少し質が萜ちたす。あずは倚少のばら぀きはあるもののほが統䞀感がありたす。

タグ: [亀響曲] 

シュヌベルトアルペゞョヌネ・゜ナタフランクチェロ・゜ナタストラノィンスキヌむタリア組曲タチアナ・ノァシリ゚ノァ(Vc)パスカル・ゎダヌル(P)

tatjana_vassljeva_schubert_frank_stravinsky.jpg
シュヌベルトアルペゞョヌネ・゜ナタ む短調 D821
フランクチェロ・゜ナタ む長調
ストラノィンスキヌむタリア組曲
タチアナ・ノァシリ゚ノァ Tatjana Vassiljeva (Cello)
パスカル・ゎダヌル Pascal Godart (Piano)
2003幎12月 パリ
4761279 (P)2004 Accord (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの詊聎です。

ハむドンのチェロ協奏曲の䞊品で矎しい音色の挔奏が良かったノァシリ゚ノァが2003幎に録音しおいたアルバム。フランクはノァむオリン・゜ナタの線曲です。やはりここでも持ち前の矎音を掻かした枅楚な挔奏を聎かせおくれたす。挔奏もさるこずながら音色自䜓に魅力があるずいうのは玠晎らしいこずだず再認識をさせおくれたすね。

録音ですが残響を控えめにノァシリ゚ノァの矎しい音色を色づけなく明瞭に綺麗に質感豊かに録っおいたす。距離感も適切でごく自然なずころが奜たしいです。残響に邪魔されずチェロの音色を堪胜できるのがうれしいですね。地味ですが奜録音です。

モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集ダノィド・グリマル(Vn)レ・ディ゜ナンス

david_grimal_les_dissonances_mozart_the_5_concertos.jpg
モヌツァルトノァむオリン協奏曲党集
ダノィド・グリマル David Grimal (Violin)
レ・ディ゜ナンス Les Dissonances
2014幎3月1日 パリシテ・ド・ラ・ミュゞヌク
LD006 (P)2015 Les Dissonances (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの詊聎です。→気に入りたしたので結局ディスクを賌入したした

先日玹介したブラヌムスのノァむオリン協奏曲ず同時期に発売されたディスクで同じく拍手のはいるラむノ録音です。やはり高い技術力を瞊暪無尜に掻かした独特の節回しでキレが良くスピヌディで刺激的な音楜を展開しおいたす。透明感ず茝きのある音色もずおも魅力的です。ワクワクする挔奏ですね。玠晎らしいです。オヌケストラもこの奔攟ずも蚀える゜ロにピッタリず驚くほどよく合わせおいたす。

そしおこの録音も玠晎らしいです。残響は控えめでオヌケストラも゜ロも明瞭で抜けの良さも申し分ありたせん。オヌケストラは芋通しが良く゜ロはさらにフォヌカスされおオヌケストラからくっきり浮き䞊がっおいたす。匓が匊から離れる瞬間たで些现にニュアンスが䌝わっおきたす。䜎域はあたり匷調されおおらずで少し腰高で高域の刺激が匷いようにも思いたすがこのクリアな音色は本圓に魅力的です。ブラヌムスのノァむオリン協奏曲の録音ずは党く別物です。

挔奏も録音も玠晎らしい痛快な党集でした。

ハむドンチェロ協奏曲ショパンアルカンチェロ・゜ナタ他タチアナ・ノァシリ゚ノァ(Vc)

tatjana_vassiljeva_coffret_2_cd_haydn_chopin_alkan.jpg
タチアナ・ノァシリ゚ノァ・セットハむドンショパンアルカン
タチアナ・ノァシリ゚ノァ Tatjana Vassiljeva (Cello)
MIR 288 (C)2015 MIRARE (茞入盀)
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

これは䞋蚘の既発売の2぀のディスクを単に1぀のボックス入れおセットにしたものです。2015幎12月珟圚の䟡栌で1,600円を切っおいたすのでかなりお買い埗ですね(^^。聎きたかったのはハむドンのチェロ協奏曲なのですがこちらのセットの方が1枚買うより安かったのでこれを遞んだ次第です。

tatjana_vassiljeva_chopin_alkan_cello_sonata.jpg
ショパンチェロ・゜ナタ ト短調 䜜品65
ショパン序奏ず華麗なるポロネヌズ ハ長調 䜜品3
アルカン挔奏䌚甚゜ナタ ホ長調 䜜品47
タチアナ・ノァシリ゚ノァ Tatjana Vassiljeva (Cello)
ゞャンフレデリック・ヌヌブルゞェ Jean-Frederic Neuburger (Piano)
Enregistrement réalisé par Cécile Lenoir en septembre 2009
MIR 107 (C)2010 MIRARE (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
tatjana_vassiljeva_haydn_cello_concertos.jpg
ハむドンチェロ協奏曲第1番ハ長調 Hob.VIIb-1
ハむドンチェロ協奏曲第2番ニ長調 Hob.VIIb-2
モヌツァルト亀響曲第29番む長調 K.201
タチアナ・ノァシリ゚ノァ Tatjana Vassiljeva (Cello)
オヌギュスタン・デュメむ指揮ワロニヌ王立宀内管匊楜団
Enregistré Salle Colonne à Paris les 10, 11, et 12 novembre 2012
MIR 220 (C)2013 MIRARE (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ノァシリ゚ノァは1977幎生たれのロシア出身のチェリスト。数々の囜際コンクヌルでの入賞歎があり2001幎のロストロポヌノィチ囜際チェロ・コンクヌルでは優勝もしおいるずのこずです。すでにバッハ無䌎奏チェロ組曲も録音しおおり玠晎らしい挔奏を聎かせおくれたしたレビュヌはこちら。

この人のチェロの音色は本圓に雑味がなくお矎しいです。チェロでこのような音色を出せる人は本圓に限られおいるように思いたす。ハむドンの協奏曲はこの矎音を掻かしたニュアンス豊かで気品ある䞊質の音楜を聎かせおくれたす。䞊品すぎおむンパクトには欠けたすが圌女の堎合はそれで良いのです(^^。

チェロ゜ナタの方はあたり聎かない曲なのでこの機䌚に楜したせおもらおうず思っおいたす。

録音ですが残響は少し倚めですがオヌケストラはふわっずした響きを䌎い぀぀も音色が倧きく損なわれるこずなく聎こえおきたすのでたずたず良奜゜ロは少し残響の被りによる音色のくすみが気になりたす。協奏曲なのでもう少しオヌケストラずのコントラストをはっきりさせお䞀段明瞭にしお欲しいずころです。せっかくの矎音が損なわれおいお少々残念です。

R. シュトラりスドン・ファン死ず倉容ティル・オむレンシュピヌゲルの愉快ないたずらマンフレヌト・ホヌネック指揮ピッツバヌグ亀響楜団

honeck_pso_r_strauss_tone_poems.jpg
R. シュトラりス亀響詩「ドン・ファン」䜜品20
R. シュトラりス亀響詩「死ず浄化」䜜品24
R. シュトラりス亀響詩「ティル・オむレンシュピヌゲルの愉快ないたずら」䜜品28
マンフレヌト・ホヌネック指揮ピッツバヌグ亀響楜団
2012幎6月8-10日 ピッツバヌグハむンツ・ホヌル
FR707SACD (P)2013 Reference Recordings (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

ホヌネック指揮ピッツバヌグ亀響楜団のディスクをもう䞀぀。挔奏ず録音の傟向は先に取り䞊げたドノォルザヌク亀響曲第8番ず同じです。ゎヌゞャスなサりンドで芋事に本領が発揮されおいたす。理屈抜きに楜しめたす(^^。

タグ: [管匊楜曲] 

ドノォルザヌク亀響曲第8番ダナヌチェク「むェヌヌファ」組曲マンフレヌト・ホヌネック指揮ピッツバヌグ亀響楜団

honeck_pso_dvorak_symphony_no8.jpg
ドノォルザヌク亀響曲第8番ト長調䜜品88
ダナヌチェク「むェヌヌファ」組曲
マンフレヌト・ホヌネック指揮ピッツバヌグ亀響楜団
2014幎12月5-7日 ピッツバヌグハむンツ・ホヌル
FR710SACD (P)2014 Reference Recordings (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsHMV OnlineiconApple Music

先入芳で聎いおはいけないず思い぀぀スラブ的でもなく「むギリス」的でもなくこれはやはりアメリカ的ドノォルザヌクだず思う。先日取り䞊げたベヌトヌノェン亀響曲第5番第7番ず䌌たアプロヌチですがもう少し自由さず「遊び」があるように思いたす。奜き嫌いが分かれそうな挔奏ですね。私は結構奜きな方です。

録音ですがベヌトヌノェン亀響曲第5番第7番で感じたやり過ぎ感はなくぎりぎりのずころで䞊手くバランスを取っおいるず思いたす。残響はやはり倚くしかもワンテンポ遅れおやっおくる感じも同じ密床感詰め蟌み感はあるのですが逆に飜和感はなく音色を少しドラむな方向に振っおいるため比范的聎きやすく仕䞊がっおいたす。挔出感もあたりないのは良いず思いたす。私の奜みからするずもっずすっきりず録っお欲しいずころなのですがこれならたずたずですし優秀録音ず評䟡される方もいらっしゃるでしょう。

ブラヌムスノァむオリン協奏曲亀響曲第4番ダノィド・グリマル(Vn)レ・ディ゜ナンス

grimal_les_dissonances_brahms_violin_concerto_symphony_4.jpg
ブラヌムスノァむオリン協奏曲ニ長調䜜品77
ブラヌムス亀響曲第4番ホ短調䜜品98
ダノィド・グリマル(Violin)レ・ディ゜ナンス
2012幎10月27日(Op.77)2013幎2月12日(Op.98)
LD004 (P)2014 Les Dissonances (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの詊聎です。

ダノィド・グリマル率いるレ・ディ゜ナンスのディスクは今たでにベヌトヌノェンのノァむオリン協奏曲亀響曲第7番亀響曲第5番「運呜」他を取り䞊げおきたしたがどちらも玠晎らしい挔奏でした。このディスクも最埌に拍手の入るラむノ録音ですがこの拍手を聎いお初めおあぁこれはラむノだったのかず認識するくらい完成床の高い挔奏です。グリマルの゜ロは技術力がないず出来ない独特のクヌルな節回しが特城で透明で矎しい音色なのですが色気のない犁欲的な印象も受けたす。䞀長䞀短ずいったずころでしょうか。カデンツァはペアヒム版ではなくおそらく自䜜ではないかず思いたす。

そしお期埅以䞊に良かったのが亀響曲第4番。コンパクトにキリッず締たった芋通しの良い宀内楜的な印象さえ受ける挔奏です。倧線成のオヌケストラの豊最で深い響きはありたせんのでこんなのブラヌムスじゃないず思われる方もきっず倚いのではないかず思いたすが私はこんなのが奜きですね。ベルグルンド指揮ペヌロッパ宀内管匊楜団のむメヌゞに近いず思いたす。これは是非党集録音を期埅したいずころです。

さお録音ですが残響が少し倚めでノァむオリン協奏曲は特に゜ロが少し遠めなために響きの圱響を受けおくすみがちです。これが自然なバランスずいえばそうなのかもしれたせんが少なくずも゜ロはもう少しくっきりず質感豊かに録っお欲しかったずころです。オヌケストラも個々の匊楜噚奏者の音色が感じられそうな録り方をしおいるのは良いのですがやはり響きが被っお音色を損ないクリアさに欠けるのが惜しいです。

それにしおもノァむオリン協奏曲ず亀響曲第4番1枚のディスクに収たるんだず感心したした。およそ79分でぎりぎりですが。

ベヌトヌノェンノァむオリン・゜ナタ党集ルノヌ・カプ゜ン(Vn)フランク・ブラレむ(P)

renaud_capucon_beethoven_complete_violin_sonatas.jpg
ベヌトヌノェンノァむオリン・゜ナタ党集
ルノヌ・カプ゜ン Renaud Capuçon (Violin)
フランク・ブラレむ Frank Braley (Piano)
2009幎9月16-20日 スむスラ・ショヌドフォンルヌル・ブルヌテアトル・サル・ド・ミュゞヌク
9996420010 (P)2010 EMI Records/Virgin Classics (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

モダン楜噚らしい珟代的でスマヌトな挔奏ですね。力匷くアクセントも効いおいたすし明るく歌心にも溢れ生き生きず喜びに満ちおいるのが玠晎らしいです。音色も矎しくこの奏者の矎質が最倧限掻かされおいたす。過剰な挔出や違和感を芚える衚珟は䞀切なしシンプルか぀自然で玠盎に音楜を受け入れられたす。

録音ですが少し残響感があり楜噚音に被りが感じられるものの音色の矎しさは保たれおおり楜噚の質感ニュアンスも豊かに感じられたす。きめの现かさ高域の䌞びもありたずたず良奜な録音ず蚀えるず思いたす。満足する録音ではありたせんがたあ玍埗はできるかなず。

この党集最近聎いた䞭では最も気に入りたした。長く付き合えそうな気がしたす。愛聎盀候補になりたした。

ブラヌムスノァむオリン協奏曲匊楜五重奏曲匊楜合奏版アンティ゚・ノァむトハヌスカメラヌタ・ベルン

weithaas_camerata_bern_brahms_violin_concerto_string_quintet_op111.jpg
ブラヌムスノァむオリン協奏曲ニ長調䜜品77
ブラヌムス匊楜五重奏曲第2番ト長調䜜品111匊楜合奏版
アンティ゚・ノァむトハヌス(Voilin)カメラヌタ・ベルン
2014幎12月 ベルンカゞノ(Op.77)チュヌリッヒ攟送スタゞオ(Op.111)
4260085533282 (P)2015 Decca Music Group Ltd. (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの詊聎です。

ノァむトハヌスはアルカント四重奏団の第1ノァむオリン奏者で1962幎に蚭立された匊楜オヌケストラのカメラヌタ・ベルンの音楜監督も務めおいるずのこずです。ノァむトハヌスのノァむオリンはずおもクヌルな印象があるのですが抜矀の技術のキレで奏でられるきめ现やかなフレヌゞングに力匷く情熱的な衚珟が加わり協奏曲ずしおずおも魅力的な音楜に仕䞊がっおいたす。

カップリングの匊楜五重奏曲第2番はノァむトハヌスずカメラヌタ・ベルンのコントラバス奏者ケヌティ・シュトむリによる匊楜合奏版ずのこずで小線成の匊楜オヌケストラの緻密なアンサンブルず小線成ずは思えないスケヌル感が玠晎らしい秀挔です。ノァむオリン協奏曲が目的で聎いたこのアルバムですがこれは思わぬ掘り出し物です。

さお録音ですが残響感はそれほどないもののマむク䜍眮が遠いのか党䜓に響きが被っお音色をくすたせおいるのですがそれでも䞍思議なこずに音は綺麗な印象を保っおいたす。しかし゜ロオヌケストラずも䞋支えの垌薄でどこずなく浮぀いた音であり楜噚のずらえ方も匱く゜ロはオヌケストラず同化しお聎き取りづらく欲求䞍満が募る音䜜りです。少なくずも゜ロはもう少しボディ感・実䜓感のある音で録っお欲しいずころです。挔奏が玠晎らしいだけにこの録音はすごく惜しいず思いたす。

これに察しお匊楜五重奏曲の方はオヌケストラを豊最に濃く捉えおいおやや残響は倚めですがこちらの方がわずかながら良い印象です。匊楜合奏の録音ずしおたずたずだず思いたす。

ベヌトヌノェン亀響曲第5番「運呜」第7番マンフレヌト・ホヌネック指揮ピッツバヌグ亀響楜団

honeck_pso_beethoven_symphonies_no5_no7.jpg
ベヌトヌノェン亀響曲第5番「運呜」第7番
マンフレヌト・ホヌネック指揮ピッツバヌグ亀響楜団
2014幎12月5-7日 ピッツバヌグハむンツ・ホヌル
FR718SACD (P)2015 Reference Recordings (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

これは凄たじくパワフルで痛快なベヌトヌノェンですねぇ。しかもオヌケストラが培底的に鍛え䞊げられおいお党く乱れたせん。「ため」のない疟走するリズム感気持ちよいほどの頭拍の揃いも玠晎らしいです第7番の最初の1音がこんなにビシッず決たった挔奏を初めお聎きたした。そしおなんかすごく隒々しいです(^^;録音のせいかもしれたせんが。深みや味わいずはだいぶ遠い挔奏ですがずにかく元気が出たす。

さお優秀録音で有名ずいうReference Recordingsの録音なのですがこの録音はずにかく密床感がものすごくありたす。盎接音成分はキレがあるので良いのですが䞭䜎域に偏った残響の゚ネルギヌ感もものすごいです。ブヌミヌではないのですがワンテンポ遅れお残響がブワッずくる感じです。やや人工的な響きです。

そしお再生装眮によっおは䜎域の飜和による歪み感があったりコンプレッサヌを匷くかけたような感じ音が぀ぶれお荒れるように聎こえる堎合がありたした。この録音は再生装眮を遞ぶ気がしたす。やかたしく聎こえるのはこういったこずが原因になっおいるようにも思いたす。私ずしおはもう少し敎理された芋通しの良いすっきりした音響が奜きなのでこれはちょっず音を無理に詰め蟌みすぎおいる感じがしお疲れたすね。

タグ: [亀響曲]