ベヌトヌノェン亀響曲党集荘厳ミサ曲序曲集「NHK亀響楜団ベヌトヌノェン生誕200幎蚘念ツィクルス1970」からりォルフガング・サノァリッシュ指揮NHK亀響楜団

wolfgang_sawallisch_nhkso_beethoven_symphonies.jpg
ベヌトヌノェン亀響曲党集荘厳ミサ曲序曲集
ノォルフガング・サノァリッシュ指揮NHK亀響楜団
1970幎4月15日5月13日 東京文化䌚通
KKC2127 (P)2018 King International (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

1970幎4月14日から玄1ヶ月間かけお行われた「NHK亀響楜団ベヌトヌノェン生誕200幎蚘念ツィクルス1970」から。曲の始たりでちょっずずっこけるずころがいく぀かあるのですが始たっおしたうず熱い挔奏が繰り広げられおグむグむず匕き蟌たれおいきたす。圓時のNHK亀響楜団の挔奏の様匏や技術氎準を垣間芋るこずが出来るずいう点でも興味深く聎かせおいただきたした。こういう挔奏を聎くず珟代の挔奏は良くも悪くも随分ず倉わったのだなず実感したす。

録音ですがこれはあくたで想像ですがメディアでの発売を想定した録音ではなく蚘録のために残しおおいた録音ではないかず思いたす。指揮者の䞊方の倩吊りマむクのみのような生録的な音質です。本圓にそうなのかどうかはわかりたせんが良くも悪くもワンポむント録音的な特城があるように思いたす。

残響感はあるものの比范的控え目なのでその点での鬱陶しさはあたりありたせんがホヌルステヌゞの響きの癖がそのたた録音に入り蟌んでいるのである意味リアルですが今ひず぀すっきりずしたせん。䜎域は必芁十分ですが高域の䌞びがなくナロヌレンゞです。党䜓のたずたりは良いのですが個々の楜噚の質感が垌薄でもどかしさを感じるのもワンポむント録音的です。

挔奏䌚の蚘録ずしお残されおいたものを掘り起こした音源ず思いたすのでこういった欠点は仕方ないずころですね。玔粋にベヌトヌノェンの音楜を楜しみたいず思うず䞍満が残る録音ですが貎重な歎史的録音ずしお楜しむ分には十分に蚱せる氎準にはなっおいるず思いたす。

タグ: [亀響曲] 

Jethro Tull - The String Quartets

jethro_tull_the_string_quartets.jpg
Jethro Tull - The String Quartets
ゞェスロ・タル Jethro Tull
ADA 5053.825747 (P)(C)2017 BMG (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicone-onkyoApple Music

ゞェスロ・タルは1967幎に結成され2011幎頃たで掻動しおいたむギリスのロックバンド。その䞭心メンバヌであったむアン・アンダヌ゜ン(Ian Anderson)ず2007幎から参加しおいるゞョン・オハラ(John O'Hara)がバンドの楜曲を匊楜四重奏に線曲しお制䜜されたアルバム。匊楜四重奏はアむルランドのカルドゥッチ四重奏団が担圓むアン・アンダヌ゜ンはノォヌカルフルヌトマンドリンゞョン・オハラはピアノチェレスタで参加線曲オヌケストレヌションず蚘茉されおいるはゞョン・オハラが担圓したずのこず。

むアン・アンダヌ゜ンはバンドでもフルヌトを担圓ロックでフルヌトずは珍しいず思うのですがむギリスのトラッドをルヌツずしおいるのか䞍思議ず違和感がありたせん。プログレッシブ・ロックのゞャンルに入るらしいのですが私の印象はトラッドのロック版でパトリック・ストリヌトを想起させるような楜曲もあり芪しみを持ちたした。私は党くこのバンドの存圚を知りたせんでしたがむギリスでは結構有名なバンドのようですね。

ロックの匊楜四重奏曲ぞの線曲ですが線曲はどちらかずいえばクラシカルなのですが玠盎でありトラッドに回垰しおいったずいうような趣もありたたケむト・ブッシュ的な䞍思議な雰囲気もあっお面癜いず思いたした。䞋手にロック・テむストを出そうずしおいないずころも良いですね。

録音は教䌚で行われたようですが盎接音が䞻䜓で響きは適床に抑えられおおり明瞭で聎きやすく仕䞊がっおいたす。ポピュラヌ音楜の録音のやり方が持ち蟌たれおいるのだず思いたす。でもこの音䜜りなら教䌚ではなくスタゞオで録っおも良いんじゃないかなずは思いたすけどね。

ショパン緎習曲集䜜品1025他ノァレンティヌナ・リシッツァ

valentina_lisitsa_chopin_etudes.jpg
ショパン緎習曲集䜜品1025
シュヌマン亀響的緎習曲䜜品13
ノァレンティヌナ・リシッツァ Valentina Lisitsa (Piano)
Reitstadel, Neumarkt, Germany, 18-21 June 2014
478 7697 (P)(C)2014 Decca Music Group (茞入盀)
奜録音床★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicone-onkyoApple Music

ショパンの緎習曲のみのコメントです。

このアグレッシブな挔奏は圧巻。特に䜜品10。尋垞ではないスピヌドで突っ走りながらも现かく衚情を付ける䜙裕を芋せおいるのは立掟です。䜜品25はやや抑え気味でより豊かな衚珟に泚力されおいたすが䜜品10を聎いたあずだず少し拍子抜けしたす。ただはやり党䜓ずしお攻めすぎおいる感じがあるので奜き嫌いははっきり出そうです。曲間がやや短めで次々ず次の曲に進みラむノを聎いおいるような感芚に陥るのも面癜いず思いたした。

録音ですが少し残響が倚めで音像も少し遠いため明瞭感も良くありたせんし音色もかなり濁っおいたす。现かい音がくっきりず聞こえおこないのでむラむラしたす。こういう挔奏は现郚たでキッチリ聞こえおこないず面癜くありたせん。録音で盞圓損しおいるず思いたす。残念です。

なおこのディスク収録時間が玄85分で持っおいるディスクの䞭でおそらく最長です。最埌たできちんず再生できるのか心配でしたが倧䞈倫でした。

最埌に䜜品10-4の動画が公開されおいたしたので茉せおおきたす。録音はこの動画の方がはるかに良くこの録音でディスクを䜜っおくれおいたら良かったのにず残念でなりたせんね。

ベヌトヌノェンの亀響曲党集ピアノ線曲版を2セット聎いおみたした

cyprien_katsaris_beethoven_liszt_symphonies_piano.jpg
ベヌトヌノェン亀響曲党集リスト線曲版をもずにしたカツァリス版
シプリアン・カツァリス Cyprien Katsaris (Piano)
録音 1981-89幎幎
2564608652 (P)1982 Teldec Classics (茞入盀)
奜録音床★★★★☆(第1番第5番)★★★★(第6番第9番)
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

konstantin_scherbakov_beethoven_liszt_symphonies_piano.jpg
ベヌトヌノェン亀響曲党集リスト線曲版
コンスタンティン・シチェルバコフ Konstantin Scherbakov (Piano)
8505219 (P)2006 Naxos (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

リスト線曲のベヌトヌノェン亀響曲ピアノ版ずいえばカツァリスの党集が有名でお聎きになった方も倚いず思いたす。恥ずかしながら私は今たで党く聎いたこずがなく今回が初めおです。この線曲版の党集がもう䞀぀あるこずもわかったのでこの機䌚に䞀緒に聎いおみたした。

カツァリスの党集はリスト線曲からさらにその埌のピアノ挔奏技術の進歩で可胜になったテクニックを぀ぎ蟌んだ独自の線曲を行っおいるずいうこずでずにかく可胜な限り音を詰め蟌んで掟手に鳎らしたくり絢爛なサりンドで躍動感のはじける音楜を䜜りあげおいたす。圌は本圓に゚ンタヌテナヌですな。

䞀方シチェルバコフの方はリスト線曲に忠実に埓っおいるのかカツァリスのあずに聎くずストむックで地味に聎こえおしたうのですが技術の確かさもあっおずおもくっきりず曲の構造が芋通しよく浮かび䞊がっおきたすしこれはこれでベヌトヌノェンらしくお良いんじゃないかず思いたした。

ピアノ線曲版ずいっおもアプロヌチが正反察でそれぞれ楜しく聎かせおいただきたした。

さお録音ですがカツァリスの方は第1番から第5番は残響が少なくピアノの音がダむレクトに届く感じがあっお良奜なのですが第6番以降は残響が倚く音色が曇り明瞭感が良くなく音の抜けが悪くなっおすっきりしたせん。せっかくのきらびやかな挔奏なのにこの録音はそれを損なっおいるず思いたす。もったいないです。

シチェルバコフの方は残響感はあたりないのですがわずかに被る響きのせいでやはり音色がくぐもっお硬くなり䌞びを倱いすっきりず音が抜けおいきたせん。たあそんなに悪くはないのですがちょっず響きの扱いが半端で損をしおいるず思いたす。

ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲集䜜品18よりNo.1-3アむブラヌ四重奏団

eybler_quartet_beethoven_string_quartet_op18_1-3.jpg
ベヌトヌノェン匊楜四重奏曲集䜜品18よりNo.1-3
アむブラヌ四重奏団 Eybler Quartet
2015幎6月29日-7月1日 グレン・グヌルド・スタゞオトロントカナダ
COR16164 (P)(C)2018 The Sixteen Productions (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

軜やかで小気味よくスピヌディヌに曲が進行しおいく枅々しい挔奏。巧いですしアンサンブルも優秀です。珟代的で排萜おたす。初期の䜜品はこういう挔奏が良いですね。

録音ですが少々残響感はあるもののし぀こくはなく盎接音もそれなりに感じられるこずから悪い印象はありたせん。せっかくのスタゞオ録音なのでもっず残響を抑えおキリッず録っお欲しいずころですがこれならたあ蚱せたす。

想定倖に良かったので倱瀌今埌の録音にも期埅したいず思いたす。

ショパン緎習曲集䜜品10253぀の新緎習曲ボリス・ベレゟフスキヌ

boris_berezovsky_chopin_etudes.jpg
ショパン緎習曲集䜜品10253぀の新緎習曲
ボリス・ベレゟフスキヌ Boris Berezovsky (Piano)
1991幎 ベルリン
WPCS-21077 (P)1991 Teldec Classics (C)2000 Warner Music Japan (囜内盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

技術的には申し分ありたせんね。巧いです。技巧の誇瀺を抑え気味にしお衚珟の远求に傟いおいるように思いたすそうでない曲もありたすが。しかしこれが奜きかずいうずちょっず埮劙です。私ずしおは技巧の誇瀺に走った挔奏の方が奜きかもしれないず思いながらこれを耇雑な思いで聎きたした(^^;。

録音ですが盎接音ず間接音のバランスはたずたずで響きで甘くなりすぎるこずなくドラむになりすぎるこずもありたせん。逆に蚀うずちょっず半端な感じもありたす。もう少しすっきり録っお欲しかったず思いたすね。ピアノ録音ずしおは普通に入るず思いたす。䞀般的には受け入れられる方ではないでしょうか。

バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲ゞョニヌ・ガンデルスマン

johnny_grandelsman_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲
ゞョニヌ・ガンデルスマン Johnny Gandelsman (Violin)
MSR Studios, NYC (January 4th-6th, 2015), Oktaven Studio, Mount Vernon (September 15th, 2017)
ICR010 (C)2017 In A Circle Records (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Amazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

うん技術的には結構巧いのですが匟き方がぶっきらがうずいうか愛想がないずいうか 现かく衚情付けしたりしようずいう気がないようです。 挔奏者がどのような思いでこの曲を挔奏しおいるのか私には党く䌝わっおきたせんでした。 これがこの挔奏者のスタむルであり個性なのだずは思うのですがちょっず損しおいるず思いたす。

録音ですがスタゞオでの録音のようなので残響はあたりありたせんが スタゞオ内の反響の圱響かスタゞオの響きの癖が音色に被っおいお今ひず぀冎えない音になっおしたっおいたす。 基本的には奜きな録音なのですがこのすっきりしない音色は惜しいずころです。

バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲アナ・ゲッケル

anna_gockel_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲
アナ・ゲッケル Anna Göckel (Violin)
Église du Bon Secours, Paris, in May 2017
FF003 (P)(C)2018 NoMadMusic (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconAmazon.frApple Music

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

端正で矎しい奜挔奏。 音色も䌞びやかで透明感があり爜やかな響きをもたらしおいお印象的です。 衚珟自䜓はオヌ゜ドックスで匷く䞻匵する挔奏ではありたせんが 気持ちよく聎ける良い挔奏でした。 技術的にも党く問題ありたせん。

録音ですが少し残響を䌎っおいお音色に圱響しおいるものの 音の抜けや䌞びは保たれおいたすし楜噚の質感やニュアンスも感じ取れるので 十分良奜ず蚀える録音です。

アナ・ゲッケルは1992幎生たれフランスのノァむオリニスト。

ディスクはただ日本では取り扱いがないようですがApple Music等のサヌビスで聎くこずが出来たす。

(蚘2018/02/17)



Tower RecordsHMV Onlineiconでも取り扱いが始たりたした5月20日発売予定。名前の日本語衚蚘を圓初「アンナ・ゎッケル」ずしおいたしたがこれらの衚蚘に合わせ「アナ・ゲッケル」に倉曎したした。

(蚘2018/04/15)

ショパン緎習曲集䜜品10253぀の新緎習曲若林顕

akira_wakabayashi_chopin_etudes.jpg
ショパン緎習曲集䜜品10253぀の新緎習曲
若林顕 Akira Wakabayashi (Piano)
2017幎5月22-24日6月28日8月28-29日12月21-22日 埌玉・富士芋垂民文化䌚通キラリふじみ
TRITON OVCT-00144 (P)(C)2018 Octavia Records Inc. (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ピアニストには党く疎い私の䞭では若林氏は「デュオ職人」ずいうむメヌゞだったのでごめんなさいこのショパンの緎習曲集のリリヌスはずおも意倖に思えたのですが実は゜ロ䜜品もたくさんリリヌスされおいたのですね倱瀌したした。ずいうこずもあっお興味接々で聎かせおいただきたした。

それでこの挔奏なのですがずおも䞁寧でキッチリず正確に匟かれおいるように思ったのですが䜕ずいうかずおも説明的ずいうか「ここはじ぀はこうなっおいおねこう匟くんですよ」ずいう蚀葉が聞こえおきそうな曲の構造が芋えおきそうなネタばらし的挔奏のように思えおそういう点で他の倚くの挔奏ずは随分ず違った印象を受けたした。こういうのもずおも良いず思いたした。

それで録音なのですが少し残響感があり響きのたずわり぀きが気になるものの音色自䜓は芯があっお矎しく䌞びがありこれはこれでたあアリかなず思いたした。私ずしおはやはりちょっずりェットな感じがするのでもう少しドラむに録っおくれた方が奜きなんですけどね。ちょっずオマケですが四぀星半ずしたした。倚くの人に受け入れられやすい録音だず思いたす。

名盀ポリヌニのショパン緎習曲集のハむレゟ版を聎いおみたした

pollini_chopin_etudes_flac.jpg
ショパン緎習曲集䜜品1025
マりリツィオ・ポリヌニ Maurizio Pollini (Piano)
1972幎1月5月 ミュンヘン
ファむルフォヌマット FLAC 96kHz/24bit
参考 e-onkyo

ポリヌニのショパン緎習曲集をこのブログで取り䞊げるのは3回目です→1回目2回目。私がクラシックに興味を持぀きっかけになったディスクなので思い入れがありたす。ハむレゟ版があるこずに気が付いたので叀い録音なので意味あるかなずは思い぀぀も買っお聎いおみたした。

結論から蚀いたすず埮劙です。CDず亀互に聎き比べおみおうん違う気もするなぁずいう皋床でありブラむンドテストしたらたずわからないず思いたした。あくたでも私の耳ず装眮ではずいうこずです。

だからずいっお買っお損したずは思っおいないずころが自分のバカなずころだなず正盎思いたす(^^;。

最埌にクレヌメルのバッハ無䌎奏ノァむオリンず同じようにCDず呚波数成分を比范しおみたした。「埮劙」ずいうのがこの図からもわかるず思いたす(^^;。ビット数の差に関しおも差があったずしおも元々埮劙ですのでこの図を出すこず自䜓ほずんど意味がないずは思いたしたがせっかく䜜ったので茉せたした(^^;。

pollini.png
図1 CD vs Hi-Res スペクトルのピヌクホヌルド倀
Chopin: Etude Op. 10 No. 1 in C major
■Hi-Res ■CD

この図の枬定はWaveSpectraを甚いハむレゟずCDの音源をそれぞれ再生し1曲分のピヌク倀をホヌルドした゚ンベロヌプを重ね曞きしたした。FFTのサむズはCDは4096サンプルハむレゟは96kHzサンプリングであるこずを考慮しお8192サンプルずしたした。

バッハ゜ナタずパルティヌタディッタ・ロヌマン Vcファッサン・ラスロ Organ

ditta_rohmann_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ゜ナタずパルティヌタ
ディッタ・ロヌマン Ditta Rohmann (Cello Piccolo)
ファッサン・ラスロ Laszlo Fassang (Organ)
23-26 August, 2016 Cegléd Lutheran Church
Hungaroton HCD 32796 (P)(C)2017 Fotexnet Kit (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

ディッタ・ロヌマンはバッハの無䌎奏チェロ組曲が倧倉良かったので泚目しおいるチェリストの䞀人です。

ディスクのタむトルが"Johann Sebastian Bach Sonatas & Partitas"なのですが収録曲は䞋蚘のようになっおいたす。

ノァむオリン・゜ナタ第3番ホ長調 BWV 1016
無䌎奏ノァむオリンのためのパルティヌタ第3番ホ長調 BWV 1006
無䌎奏フルヌトのためのパルティヌタ む短調 BWV 1013
ノァむオリン・゜ナタ第2番む長調 BWV 1015

これらの曲を5匊のチェロ・ピッコロで匟いおいたす。挔奏なのですがこれは録音のせいもあるずは思うのですが党䜓に発音が柔らかいために音の立ち䞊がりが若干遅めなのず頭拍に少し重めの溜めが眮かれるためリズム感が垌薄になり加えおやはり音の立ち䞊がりが遅いオルガンの䌎奏によっお混沌ずした感じになるずころもあり聎いおいお少し息苊しく感じおしたうずころがありたした。この人のチェロの音色は滑らかで透明感のある矎しい響きなのが奜きなのでこの挔奏はずおも惜しいず思いたした。

録音ですが䌎奏に教䌚のオルガンが䜿甚されおいるためかチェロも含めお教䌚の響きを掻かすような録り方ずなっおいるために盎接音がそこそこあるにも関わらず付垯音のために明瞭感が良くなく音色もくすんでしたっおいおもどかしさが募りたす。発音が䞍明瞭に聎こえおしたう䞀因になっおいるず思いたす。

フンガロトンの録音は比范的奜きな方なのですがこれはらしくないず思いたした。ホントに挔奏も録音も惜しいず思いたす。

蛇足ですがなしお二人しおロヌラヌスルヌGOGOなん

ショパン緎習曲集䜜品1025䌊藀恵

kei_itoh_chopin_etudes.jpg
ショパン緎習曲集䜜品1025
䌊藀恵 Kei Itoh (Piano)
14-16 Sep. 1990, YAMAHA Test Saal, Hamamatsu
FOCD3125 fontec (囜内盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

この人のテクニックは本圓に凄いですねぇ。積極果敢に攻める挔奏でここたで淀みなく䞀点の曇りもなく匟き切っおいるのは本圓に立掟です。衚珟はストレヌトで男性的であり情緒的なずころはあたりなく力で匷匕に突き進んでいく感はありたすがそれがこの挔奏の良いずころでもあり逆に物足りなく感じるずころでもあるかもしれたせん。私はこういうのは倧奜きです。

さお録音ですが残響は控え目で楜噚自䜓の響きをダむレクトに捉えた奜録音ず蚀えるず思いたす。少し高域の音色響きに癖がありきらびやかすぎるような気もしたすがたあ悪くはありたせん。䞍満はれロではありたせんがフォンテックずしおは良い方ではないでしょうか。

録音堎所が「ダマハ・テスト・ザヌル」ずあり楜噚もダマハ CF-IIIが䜿われおいるず曞かれおいたす。それにしおもテスト・ザヌルっお

ハむドン匊楜四重奏曲集䜜品64「第3トスト四重奏曲集」ドヌリック匊楜四重奏団

doric_string_quartet_haydn_string_quartets_op64.jpg
ハむドン匊楜四重奏曲集䜜品64「第3トスト四重奏曲集」
ドヌリック匊楜四重奏団 Doric String Quartet
2017幎5月5-7日,10月23-25日 ポットン・ホヌルサフォヌク
CHAN 10971 (P)(C)2018 Chandos Records Ltd. (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

゚ルデヌディ四重奏曲が良かったドヌリック匊楜四重奏団のハむドン・シリヌズのVol.3。語り口の巧さはこの曲集でも最倧限発揮されおたす。技術的にも申し分なくモダン楜噚の衚珟力を掻かしお自圚に挔奏しおいたすね。リピヌトも行っおいるようでこの点でも○です。

䞀方録音なのですが音質の傟向ずしおぱルデヌディ四重奏曲に近いものの若干遠めであり音像に立䜓感がなく平板に聎こえるため今ひず぀冎えたせん。前の録音が地味ながら良かっただけにこの録音は少々残念です。

挔奏は良かったので今埌の録音にも期埅したいです。録音は改善しお欲しいずころです。

ベヌトヌノェン亀響曲党集ペヌタヌ・シュタンゲル指揮タッシェン・フィルハヌモニヌ

taschenphilharmonie_beethoven_revisited.jpg
ベヌトヌノェン亀響曲党集
ペヌタヌ・シュタンゲル指揮タッシェン・フィルハヌモニヌ
2012幎2017幎 Munich/Pullach/Germany
ETP010 (P)(C)2017 Edition Taschenphilharmonie (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

タッシェン・フィルハヌモニヌは12名から20名で構成され「史䞊最少のオヌケストラ」ずも呌ばれおいるずのこずです。今たでにベヌトヌノェンの亀響曲を含めすでに䜕枚かリリヌスされおいおその䞀郚を以前取り䞊げおいたした→こちら。このずきのコメントで「匊楜噚の構成はノァむオリン3名ノィオラ2名チェロ2名コントラバス2名」ず曞いおいたすが䞋の写真を芋るずもう少し少ないのかもしれたせん。

それで挔奏なのですがやはり基本的には前のレビュヌの感想ず倉わりたせん。宀内楜の匊楜噚にオヌケストラの管楜噚が組み合わさるわけですからこのバランスの悪さどうにもなりたせん。管楜噚が鳎り出した途端に匊楜噚は蟛うじお゚ッゞが聎こえるだけでボディの鳎りは党く聎こえずもどかしさしか感じられたせんでした。この䞭では管楜噚の線成が比范的薄い第6番「田園」次いで第1番が䜕ずかギリギリ聎けるかなずは思いたしたがそれずお䞍満がなくなるわけではありたせん。小気味よいキレのある挔奏は倧倉魅力的だず思うんですけどね

録音ですが残響は少なめで締たりがあり音色ぞの圱響も少なく挔出感のない自然な音響で捉えられおいるのは奜感が持おたす。匊楜噚ず管楜噚のバランスの悪さは実際に聎いおもそういうバランスなのだろうなず思うのでそれ自䜓は悪くはないず思いたす。しかし音楜ずしお楜しむためには倚少のデフォルメを蚱しもう少し匊楜噚の比率を䞊げるべきです。意図的にそうしおいないのかなずは思いたすが。なお録音自䜓は悪くはないず思いたすので四぀少しオマケですが星半です。

ずいうこずでこれはこれで面癜く䟡倀ある詊みだず思いたすし䜕かしらの意図は達成されおいるのだず思いたす。しかし玔粋に音楜を楜しめるかずいうずやっぱり埮劙だず蚀わざるを埗たせん。

taschenphilharmonie.jpg
タッシェン・フィルハヌモニヌ

クレヌメルのバッハ無䌎奏ノァむオリン(1980幎)のハむレゟを聎いおみたら

kremer_bach_decca_cover.jpg
バッハ無䌎奏ノァむオリンのための゜ナタずパルティヌタ党曲
ギドン・クレヌメル Gidon Kremer (Violin)
1980幎2月,3月6月 オランダハヌレムルタヌ教䌚
ファむルフォヌマット FLAC 192kHz/24bit
参考 e-onkyo

e-onkyoの「バッハ生誕333幎蚘念 プラむスオフキャンペヌン」でクレヌメルのバッハ無䌎奏ノァむオリン(1980幎録音)が通垞3,680円のずころ2,070円になっおいたので愛聎盀ずいうこずもあり賌入しおみたした。それで早速聎いおみるず持っおいるCD→こちらずだいぶ印象が違ったため少し調べおみたした。

図1はWaveSpectraを甚いハむレゟずCDの音源をそれぞれ再生し1楜章分のピヌク倀をホヌルドした゚ンベロヌプを重ね曞きしたした。FFTのサむズはCDは4096サンプルハむレゟは192kHzサンプリングであるこずを考慮しお16384サンプルずしたした。

kremer.png
図1 CD vs Hi-Res スペクトルのピヌクホヌルド倀
パルティヌタ第2番 Gigue
■Hi-Res ■CD

音が違うはずです。可聎垯域の高域で結構なレベル差がありたす。この音の差はハむレゟずいうよりはマスタリング時のむコラむゞングの違いによる可聎垯域内の高域のレベル差が支配的でしょうね。たあCDの方はかなりマスタリングが叀そうなのでこれくらいの差は別におかしくないかずは思いたすが。私ずしおは高域のヌケが良くなりよりクリアに聎こえるようになったのでこのハむレゟのマスタリングは悪くないず思いたした。

なおハむレゟの方は玄35kHzたで音声の成分が䌞びおいたすがそれ以䞊はノむズシェヌピングによるノむズが顕著になっおいたすね。時間波圢でみるず図2のようになっおいたす。

wave_620.png
図2 CD vs Hi-Res 時間波圢䞊Hi-Res䞋CD
パルティヌタ第2番 Ciaccona冒頭

最初は無音なのですが䞊段のハむレゟの方はかなりノむズレベルが高く芋えたす。44.1kHzにダりンサンプリングするずこのノむズがかなり枛るためこれはノむズシェヌピングによる超高域ノむズの波圢ではないかず思いたす。この垯域は聎こえないのですが波圢でみるずちょっず気持ち悪いくらい入っおいるなず思いたすね

バッハ無䌎奏チェロ組曲党š曲クセニア・ダンコノィッチ

xenia_jankovic_bach_cello_suites.jpg
バッハ無䌎奏チェロ組曲党曲
クセニア・ダンコノィッチ Xenia Janković (Cello)
March 2006 at the Église Évangélique Saint-Marcel, Paris, France
MLS-CD-006/007 (P)(C)2015 Melism (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon MusicApple Music

「CD詊聎蚘」からの転茉蚘事です。

少し速めのテンポで淀みなく小気味よくそしお躍動的に匟むリズムが気持ちのよい奜挔奏。 深い響きの䜎音から艶やかな高音たで音色も矎しいです。 技術も確かで安心しお音楜に浞るこずが出来たす。 これはちょっずした掘り出し物でした。

録音ですが少し残響が倚めで楜噚音ぞのたずわり぀きが気になりたすが ボディ感たっぷりにしっかりず質感をもっお捉えおいるのは良いず思いたす。 䞍満はあるもののチェロの録音ずしおはただ良い方ではないかず思いたす。

ダンコノィッチはセルビア出身のチェリストずのこずで 1981幎にはガスパル・カ サド囜際コンクヌルに優勝したずのこずです。 珟圚はデトモルト音楜倧孊の教授ずのこずです。他にはハむドンのチェロ協奏曲の録音などがあり以前取り䞊げおいたした。

モヌツァルト匊楜四重奏曲集「ハむドン・セット」アりリン四重奏団

auryn_quartet_mozart_haydn_quartets.jpg
モヌツァルト匊楜四重奏曲集「ハむドン・セット」
アりリン四重奏団 Auryn Quartet
2017幎2月-4月 ドむツノッパタヌルむンマヌ゚ル教䌚
TACET 972 (P)(C)2018 TACET (茞入盀)
奜録音床★★★★
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

アりリン四重奏団のモヌツァルトずいえば今井信子さんが加わっお録音された匊楜五重奏曲党集がありたした。圌らの音楜はたいぞん気品があり栌調高くそしお情緒豊かなのが特長だず思っおいたすがこのモヌツァルトでは心地よい「緩さ」があるのが良いず思いたした。

そしおこの挔奏楜譜で逐䞀確認したわけではありたせんがおそらくすべおのリピヌトを実行されおいるのではないかず思いたす。終わりかず思ったらリピヌトされおおぉずちょっずうれしい瞬間が時々やっおきたす。リピヌト省略が䞀般的になっおいお省略しおいないディスクの方が少数なんだろうなずいうこずを改めお認識したした。なので挔奏時間はかなり長く1曲あたり32分40分匱ありたす。これを冗長ず思われる方もいるず思いたす。そのような方にはこのディスクはあたりお勧めしたせん。

さお録音なのですが少し残響が倚めであり音色がくすみ明瞭感がやや萜ちおいたす。このあたりやっぱりTACETだなず思いたす。あたり私の奜みの録音ではありたせん。ちょっず残念です。

ヘッドホン Sony MDR-1AM2 呚波数特性

pic_sony_mdr-1am2.jpg
ヘッドホン ゜ニヌ Sony MDR-1AM2

密閉・ダむナミック型むンピヌダンス26Ωケヌブル片だし(着脱可)1.2m 3.5mm マむク付き4極L字プラグ1.2m 4.4mm 5極L字バランス察応プラグ付属 2018幎発売
参考 メヌカヌサむトAmazon.co.jp

ヘッドホン・むダホン 呚波数特性 枬定結果にも掲茉しおいたす。

゜ニヌの密閉型オヌバヌヘッドヘッドホンの代衚機皮のリニュヌアルモデルです。 品番からするずMDR-1Aの埌継の䜍眮づけだず思いたすが 盞圓倉わった印象を受けたす。

たず重量も装着感も盞圓軜くなっお数段良くなった印象です。 ただしその代償ずしおモノずしお倀段なりの質感ずいう意味で少し埮劙な感じです。

そしお音質ですがMDR-1Aは正盎ちょっず䜎音が重い印象があったのが このモデルでは䜎音はもちろん出おいるのですが匕き締められ欠点であった重さがなくなりたした。 さらに特城的なのは高域でかなり出おいるのですがシャリヌンずいうような軜い振動板の独特の響きがあるように思いたした。 振動板の存圚を意識しおしたうような鳎り方なのでちょっずこれはやり過ぎじゃないのず思うくらいです。

高域の出方に特城があるためやかたしい曲では刺激的すぎお耳が痛くなりがちです。 䞀方少し曇りがちの録音が倚いクラシックではそういった音源でも比范的綺麗に気持ちよく聎かせおくれるので 私ずしおはこれはクラシック向きだなず思っおいたす。

MDR-1Aの埌継機皮ずは思えない軜量玚チュヌニングで䞀般りケするのかなずは思いたすが 迫力を求めず小さめの音量で楜しむならば結構良いのではないかず思いたした。


sony_mdr-1am2_frequency_response_lch_20180325.png
図1 Sony MDR-1AM2 呚波数特性 (Left Channel)
■SPL ■2nd D ■3rd D ■Impedance
枬定環境 / Input 0.127Vrms(1mW)


sony_mdr-1am2_frequency_response_rch_20180325.png
図2 Sony MDR-1AM2 呚波数特性 (Right Channel)
■SPL ■2nd D ■3rd D ■Impedance
枬定環境 / Input 0.127Vrms(1mW)

ブラヌムス亀響曲党集ロビン・ティチアヌティ指揮スコットランド宀内管匊楜団

Brahms The Symphonies - sleeve
ブラヌムス亀響曲党集
ロビン・ティチアヌティ指揮スコットランド宀内管匊楜団
Usher Hall, Edinburgh, on 15–29 May 2017
CKD 601 (P)(C)2017 Linn Records (茞入盀)
奜録音床★★★★☆
参考 Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconLinn Records

ディスクの発売が少しず぀遅れおいるようで圓初3月の予定が2018幎4月1日時点で4月10日の発売に延びおいたす。e-onkyoにもただ出おいたせん。私は埅ちきれずにLinn Recordsから盎接ダりンロヌド賌入したした。こちらから賌入するずちゃんずPDFのブックレットも付属しおいたす。䟛絊元からPDFが出おいるのですからe-onkyoもブックレットのダりンロヌドが出来るように察応しおほしいものです。

ティチアヌティスコットランド宀内管匊楜団の挔奏はシュヌマンの亀響曲党集を取り䞊げおいたしたがこれも同様にいわゆる「キレッキレ」の挔奏でちょっず極端すぎるきらいはあるもののこのような小線成で小気味の良い芋通しの良い挔奏は基本的に奜きなのでワクワクしながら聎きたした。ただしこれは嫌いな人も倚いだろうなず思いたす。しかしあろうこずか第1番第2番の第1楜章の提瀺郚のリピヌトがどちらも省略されおいるのです第3番はリピヌトあり。奜きな挔奏なのにこれだけでずおも残念な気持ちになりたす。

録音ですが残響はほどほどであり䜎域の締たり高域の䌞びもそこそこあっお芋通しも良く良奜な録音です。オヌディオ品質も高い点はさすがLinn Recordsです。しかしあえお䞍満を蚀うずこれはLinn Recordsに共通の特城だず思うのですが音は綺麗なのですが珟実感に乏しく過床に加工された䜜り物のような感じがしたす。挔奏者の存圚が垌薄で楜噚の質感もあたり感じられないのです。これも惜しい点ですね。