FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲全集(ウィリアム・スタインバーグ指揮/ピッツバーグ交響楽団) Deutsche Grammophon盤とSt-Laurent Studio盤

william_steinberg_pittsburgh_so_beethoven_the_symphonies_box.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ウィリアム・スタインバーグ指揮/ピッツバーグ交響楽団
1962-1966年 ピッツバーグ,ソルジャーズ&セイラーズ・メモリアル・ホール
483 8344 (P)2020 Deutsche Grammophon (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

william_steinberg_pittsburgh_so_beethoven_complete_symphonies_st-laurent_studio.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ウィリアム・スタインバーグ指揮/ピッツバーグ交響楽団
1961-1965年 ピッツバーグ,軍人会館
YS332403 St-Laurent Studio (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

スタインバーグ指揮/ピッツバーグ交響楽団のベートーヴェン交響曲全集のDeutsche Grammophonからの復刻です。以前St-Laurent Studioというレーベルからリリースされていました。所有しているはずなのですが,見当たらず(最近こんなのばっかり...(^^;)。このSt-Laurent Studio盤はLPからの板起こしですが,今回のDG盤はマスターもしくはマスターに近い音源からの復刻と思われます(オリジナルは35mmマグネティックフィルムとのこと)。

St-Laurent Studio盤はリッピングした音源はあったので今回のDG盤と聴き比べて見ました。St-Laurent Studio盤は板起こしとはいえそこそこ音質的には健闘していると思いますが,やはり今回のDG盤の方が格段に音質は良くなっていると思います。1960年代の録音としてどうかというと,音の伸びや帯域感ではやはり時代を感じずにはいられないのは仕方ありませんが,この時代ならもう少し頑張って欲しかったな,という感じの音質で,あまり良くはありません。曲ごとの音質のばらつきも少し大きめです。

演奏は質実剛健というか,引き締まった硬派な演奏だなと思いました。良いと思います。もう少し録音が良かったらなと少々残念です。

なお,DG盤とSt-Laurent Studio盤の録音年が少し食い違っています。DG盤は第4番(1962年),第8番・第9番(1966年)に対し,St-Laurent Studio盤は第4番(1961年),第8番・第9番(1962年)となっていました。聴いた限りは同じ演奏と思われます。どちらが正しいかは...

タグ: [交響曲] 

ブラームス:弦楽四重奏曲全集,ピアノ五重奏曲(ベルチャ四重奏団,ティル・フェルナー)

belcea_quartet_brahms_string_quartets.jpg
ブラームス:弦楽四重奏曲全集,ピアノ五重奏曲
ベルチャ四重奏団 Belcea Quartet
ティル・フェルナー Till Fellner (Piano)
16-17 November 2014(No.1), 6-7 March 2015(No.2), 16-17 May 2015(No.3), 21-22 December 2015(Piano Quintet), Aldeburgh Music, Britten Studio, Snape (United Kingdom)
ALPHA 248 (P)(C)2015 ALPHA CLASSICS (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

このディスク,以前一度検討して購入を見合わせていました。レコード芸術誌の2020年5月号の特集「新時代の名曲名盤500」で1位に選出されていて,Apple Musicで試聴してみて良かったので購入することにしました。

演奏ですが,個々の奏者の奏でる音が大変魅力的で,その絡み合いの結果生み出されるドラマティックな音楽にとても惹きつけられます。技術的にも上手いですし,キレも抜群,アンサンブルも隙がありません。さすが前述の通り1位に選出されるだけのことはあります。

そして録音ですが,残響感というか録音会場の響きの付帯音が少し多めですが,それぞれの楽器の質感はしっかり濃いめに捉えられていて好感が持てます。ただ,演出感も強めなため,現実感の薄い作り物という感じがしてしまうのが惜しいところです。とはいえ,弦楽四重奏曲の録音としてまずまずの好録音と思います。

これは買って正解でした。

ブラームス:交響曲第2番(ピエール・モントゥー指揮/ロンドン交響楽団) タワレコ盤と豪エロクエンス盤

pierre_monteux_lso_brahms_symphony_no2_1962_tower_records.jpg
ブラームス:交響曲第2番,大学祝典序曲,悲劇的序曲
ピエール・モントゥー指揮/ロンドン交響楽団
1962年11月29日-12月1日 ロンドン
PROC-2137 (P)(C)2018 Universal Music (国内盤)
好録音度:★★★★★
参考: Tower Records *Tower Records Vintage SA-CD Collection Vol.10

pierre_monteux_lso_brahms_symphony_no2_1962.jpg
ブラームス:交響曲第2番,悲劇的序曲,大学祝典序曲
ピエール・モントゥー指揮/ロンドン交響楽団
録音 1962年11月 ロンドン
480 8911 (P)(C)1965 (C)2016 Universal Music Australia (輸入盤)
好録音度:★★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

豪エロクエンスシリーズのディスクは依然取り上げていました(→こちら)。録音についてのコメントは前回のコメントを参照いただきたいのですが,その際も五つ星の好録音としていました。1962年という古い録音であることを念頭に置いて読んでいただきたいのですが,それでも改めて聴いてみてもその評価は変わりません。

そして,タワーレコードの企画盤の方ですが,2018年の最新マスタリング音源使用ということで,これがどのように改善されているのか,とても興味深かったので,購入して聴いてみました。

その結果ですが...豪エロクエンスシリーズでも不満なく十分だったのですが,タワレコ盤の方は,鮮明さというか鮮度がさらに改善されているように思いました。ただし,一方でややカサカサした乾いた質感も強調されていて,ちょっと過補正気味か?とも思いました。もちろんタワレコ盤がある意味良くなっていることは間違いないのですが,バランス的に,聴く機器や環境によって評価が変わるかもしれません。

古い録音のリマスタリングの難しさを感じた一枚でした。

それにしても改めて聴き直してみて,古い録音ですが,全く不満なくストレスなく音楽を堪能出来る素晴らしい録音だなと思いました。昨今の録音は,クオリティこそ高いけど音楽として全然面白く聴こえないものが多いのはなぜなんだろうと思ってしまいます。いやほんとに。

■購入ディスクメモ(2020年8月) その2

最近購入したディスクのメモです。



joe_hisaishi_future_orchestra_classics_brahms_symphony_no1.jpg
ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68
久石譲指揮/フューチャー・オーケストラ・クラシックス
2020年2月12-13日 東京オペラシティ・コンサートホール(ライヴ収録)
OVCL-00733 (P)(C)2020 Octavia Records Inc. (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

ベートーヴェンの交響曲全集では第4番,第6番を単売せず全集化するという,単売のディスクを購入してきたファンの気持ちを踏みにじる暴挙を行った彼ら(記事はこちら)←まだ根に持っているちっちゃい自分(^^;。二度と買うものかと心に誓ったのにまた買ってしまいました。悲しい。



mari_iwamoto_string_quartet_beethoven_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲集
巌本真理弦楽四重奏団
放送日 1962年~1971年 ニッポン放送「新日鉄コンサート」録音
KKC 2524/5 (P)2020 NIPPON BROADCASTING SYSTEM (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ニッポン放送「新日鉄コンサート」録音(当時「フジセイテツ・コンサート」)からのCD化。収録曲は下記の通りです。

弦楽四重奏曲第1番ヘ長調作品18の1 (1970年)
弦楽四重奏曲第3番ニ長調作品18の3 (1971年)
弦楽四重奏曲第11番ヘ短調作品95「セリオーソ」(1068年)
弦楽四重奏曲第8番ホ短調作品59の2「ラズモフスキー第2番」(1962年)
弦楽四重奏曲第13番変ロ長調作品130より第5楽章カヴァティーナ (1968年)
弦楽四重奏曲第16番作品135 (1971年)

いずれもモノラル録音です。また第8番の第4楽章は放送時間の関係で一部カットされているとのことです。

また,同シリーズで,モーツァルト,メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲集,バルトークの弦楽四重奏曲全集が同時発売されています。



frank_peter_zimmermann_martin_melmchen_beethoven_violin_sonatas_1-4.jpg
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集 第1番~第4番
フランク・ペーター・ツィンマーマン Frank Peter Zimmermann (Violin)
マルティン・ヘルムヒェン Martin Helmchen (Piano)
September 2019 at the Siemens Villa, Berlin, Germany
BIS-2517 (P)(C)2020 BIS Records AB (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

全曲録音に向けての第一弾とのこと。ヘルムヒェンの弾くピアノが平行弦ピアノというのもちょっと興味深いです。楽しみです。

ゼンハイザーのヘッドセット SC 665 USB の記事

sennheiser_headset_sc_665_usb.jpg
Sennheiser SC 665 USB
参考: Amazon.co.jp

記事本文はこちら→TS note

記事の本文は兄弟サイトのTS noteの方に掲載しました。もしご興味がありましたらご参考にしていただければ幸いです。

今までオーディオやヘッドホンの話はこちらでしていましたが,今後はTS noteの方で載せようと思っています。こちらの方もよろしくお願い致します。

リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」,他(ワシリー・ペトレンコ指揮/オスロ・フィルハーモニー管弦楽団)

vasily_petrenko_oslo_po_rimsky-korsakov_scheherazade.jpg
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35,他
ワシリー・ペトレンコ指揮/オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
25-29 May 2019 Oslo Concert Hall
LWC1198 (P)(C)2020 Lawo Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

シェエラザードの他に,スペイン奇想曲作品34,ロシア復活祭序曲作品36が収録されています。今回は録音のみのコメントです。

同曲の録音は濃厚で絢爛な印象のものが多いと漠然と思っているのですが,それからすると,この録音はずいぶんと淡泊な印象を受けます。残響はそれなりにあるのですが,中低域の音の厚みが薄めなのが要因ではないかと思います。下支えがあまりないので物足りない感じがする一方で,見通しがよくスッキリしているところが良いと思いました。もう少し高域のヌケや生々しさがあると良かったとは思いますが。少々オマケですが四つ星半です。

書籍:グルーヴ! 「心地よい」演奏の秘密(山田陽一)

youichi_yamada_groove_kokochiyoi_ensou_no_himitsu.jpg
グルーヴ! 「心地よい」演奏の秘密
山田陽一 (編・聞き手)
春秋社
参考: Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

京都市立芸術大学教授の山田陽一氏が,「グルーヴ」について著名な10名の音楽家と対談した内容をまとめたものです。目次は次の通りです。

「音楽を造り込む」堀米ゆず子(ヴァイオリン)
「響きのかたちをイメージする」鈴木学(ヴィオラ)
「インテグラル(統合された)ヴルーヴ」上野真(ピアノ)
「みんな、ぼくの手のひらの上で踊ってる」池松宏(コントラバス)
「ティンパニは子音の響き」岡田全弘(ティンパニ)
「音楽で大切なのは遊びだ」池上亘(トロンボーン)
「ハーモニーがグルーヴを生む」吉田將(ファゴット)
「いい響きを作るには?」矢部達哉(ヴァイオリン)
「響きのあいだを人が繋ぐ」下野竜也(指揮)
「音楽を共有すること、繋がること」小曽根真(ピアノ)

音楽における「グルーヴ groove」とは何か,について,まえがきで次のように触れられています。

「グルーヴ」をごく簡潔に(それゆえ荒っぽく)表現するならば,「音楽演奏のプロセスにおいて現れ出るダイナミックで心地よい感覚」

私自身の「グルーヴ」は一種の「ノリ」と思っています。そして,この本の帯に書かれている「クラシック音楽に「グルーヴ」は存在するのか――?」については,私自身はクラシック音楽で「グルーヴ」を意識することはまずありません。まだ読み始めたばかりなのですが,この本の内容はもう少し大きな意味で「グルーヴ」を捉えているように思いました。そして,「グルーヴ」についてというよりは,それぞれの音楽家の方々が演奏にどういう思いを込めているのか,ということについて語られているのではないかと思いました。

日頃音楽を聴くときにあまりこういうことは意識しないので,いろいろと得るものがありそう,と興味深く読み進めているところです。

タグ: [書籍] 

■購入ディスクメモ(2020年8月) その1

最近購入したディスクのメモです。



giovanni_antonini_kammerorchester_basel_beethoven_the_9_symphonies.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ジョヴァンニ・アントニーニ指揮/バーゼル室内管弦楽団
2004å¹´-2016å¹´
19439737032 (P)(C)2020 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

12年をかけて完成された全集。今まで分売で発売されており,実はすでに取り上げていました(→こちらとこちら)。またやってしまいました...(^^;



georg_solti_r_strauss_ein_heldenleben_ein_alpensinfonie_etc.jpg
R. シュトラウス:管弦楽曲集
ゲオルグ・ショルティ指揮/シカゴ交響楽団/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/バイエルン放送交響楽団
1972å¹´-1979å¹´
PROC-2292/3 (P)(C)2020 Universal Music (国内盤)
参考: Tower Records *Tower Records Vintage SA-CD Collection Vol.24

タワーレコード企画盤。収録曲は下記の通りです。

交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」作品30 (1975年) (*)
交響詩「英雄の生涯」作品40 (1977,78年) (**)
アルプス交響曲 作品64 (1979年) (***)
交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」作品28 (1975年) (*)
交響詩「ドン・ファン」作品20 (1972年) (*)

(*)シカゴ交響楽団
(**)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(***)バイエルン放送交響楽団

同じ収録曲でDECCAから発売されていたディスクを以前取り上げていました(→こちら)。

「本国のオリジナル・アナログ・マスターより2020年最新リマスタリング」とのことで,愛聴盤なのでこれは聴くしかないと思い入手しました。



vasily_petrenko_oslo_po_rimsky-korsakov_scheherazade.jpg
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35,他
ワシリー・ペトレンコ指揮/オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
25-29 May 2019 Oslo Concert Hall
LWC1198 (P)(C)2020 Lawo Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

シェエラザードの他に,スペイン奇想曲作品34,ロシア復活祭序曲作品36が収録されています。Apple Musicで試聴して録音が好みのようだったので入手しました。



toshio_yanagisawa_balkan_co_tchaikovsky_dvorak_serenades.jpg
チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48
ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ ホ長調 作品22
柳澤寿男指揮/バルカン室内管弦楽団
2019年5月13-15日 長野県 軽井沢 大賀ホール
audite 20.045 (P)(C)2020 Ludger Böckenhoff (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

指揮者の柳澤寿男氏の公式Webサイトがあります。そこにバルカン室内管弦楽団について「日本人指揮者柳澤寿男が2007年にバルカン半島の民族共栄を願って設立したオーケストラ。」と説明されています。旧ユーゴスラヴィアという複雑な土地でどのような思いでこの室内管弦楽団を設立されたのか,私には本当のところを理解することは正直難しいのですが,まぁそういうことはさておき,この大好きな2曲を楽しみたいと思います。



atef_halim_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
アテフ・ハリム Atef Halim (Violin)
2020年1月15-16日,3月24-26日 笠懸野文化ホールPAL
AAA-010-011 (P)(C)2020 A&A art (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。アテフ・ハリムは父がエジプト人,母がフランス人,1993年より日本を活動の拠点としているヴァイオリニスト。録音およびマスタリングを音楽家でオーディオ評論家でもある生方三郎氏が担当しているというのも興味深いです。



maja_weber_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
マヤ・ウェーバー Maja Weber (Cello)
27-28 June & 1, 2, 8, 9 July 2019, Reformierte Kirche Marthalen, Switzerland
PROSP 0001 (P)(C)2019 Martin Korn Music Production (輸入盤)
参考: Tower Records,amazon music,HMV Onlineicon,Apple Music

蒐集盤。マヤ・ウェーバーはスイスのチェリストで,ストラディヴァリウス・カルテットのメンバー。使用楽器は1717年製「ボナミィ・ドブレー・スッジア」で,この楽器の貸与期間が1999年から2019年までの20年間,その最後の年に録音されたとのことです。



nmaurice_gendron_tr_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
モーリス・ジャンドロン Maurice Gendron (Cello)
1964年2月8日-12日 フランス
PROC-2294/5 (P)1964 (C)2020 Universal Music (国内盤)
参考: Tower Records *Tower Records Vintage SA-CD Collection Vol.24

蒐集盤。ジャンドロンの演奏は2003年にCD試聴記で取り上げていました(→こちら)。タワーレコード企画盤で2020年の最新リマスタリングとのことなので聴いてみることにしました。

-->