バッハ:ゴルトベルク変奏曲(弦楽四重奏版),グレン・グールド:弦楽四重奏曲作品1(カタリスト四重奏団)

catalyst_qquartet_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲(弦楽四重奏編曲版)
グレン・グールド:弦楽四重奏曲 作品1
カタリスト四重奏団 The Catalyst Quartet
録音データなし
ACD-71300 Azica Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconiTunes Store
ゴルトベルク変奏曲の弦楽編曲版は見つけると買ってしまいます。これは弦楽四重奏への編曲で,この四重奏団自身が編曲しているようです。シトコヴェツキー版は弦楽三重奏ですが,こちらはヴァイオリンがもう一本多いため,旋律の受け渡しがもっと自由に柔軟に細かい単位でされていて,オリジナルの鍵盤楽器や弦楽三重奏にはない効果を生み出していて興味深いです(少しやり過ぎ感もありますが)。

演奏も小気味よく淀みなくスピーディで,気持ちよく音楽が展開していきます。アンサンブルもしっかりしていますし個々の奏者の技術も優れています。全体のまとまりを重視しているのか,それぞれの奏者の主張は控えめで上品に仕上がっています。せっかくの弦楽四重奏版なので,もう少しぶつかり合いがあっても良いかと思うくらいです。

それにしても残念なのは,リピートが全て省略されていることです。塚谷水無子さんのディスクのレビューでも述べた通り,私にとっては致命的で,ゴルトベルク変奏曲を心から楽しむための最低限の要件を満たしません。本当に残念でなりません。

リピート表 - 演奏時間 約41分
Aria ××
Var.01 ×× Var.02 ×× Var.03 ××
Var.04 ×× Var.05 ×× Var.06 ××
Var.07 ×× Var.08 ×× Var.09 ××
Var.10 ×× Var.11 ×× Var.12 ××
Var.13 ×× Var.14 ×× Var.15 ××
Var.16 ×× Var.17 ×× Var.18 ××
Var.19 ×× Var.20 ×× Var.21 ××
Var.22 ×× Var.23 ×× Var.24 ××
Var.25 ×× Var.26 ×× Var.27 ××
Var.28 ×× Var.29 ×× Var.30 ××
Aria da capo ××

このディスクにはグレン・グールドの弦楽四重奏曲 作品1も収められていますが,残念ながらこれは興味が沸きませんでした。それよりもリピートをキッチリと行って欲しかったですね。

録音ですが,残響が少し多めに取り入れられていて,明瞭感と音色に影響しています。室内楽の録音としては標準的でそんなに悪くないと思いますが,もっとクリアに抜けよく録って欲しいですね。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する