Henry Purcell: Ayres for the Theatre (Peter Holman / The Parley of Instruments)

peter_holman_the_parley_of_instruments_purcell_ayres_for_the_theatre.jpg
Henry Purcell: Ayres for the Theatre
Peter Holman / The Parley of Instruments
6, 7 January 1986
CDA66212 (P)(C)Hyperion Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Amazon.co.jpHMV Onlineicon
今週のツィッターのタイムラインに「パーセル」がたくさん出てきたので久しぶりに聴きたくなって引っ張り出してきたディスク。恐らく私が持っている唯一のパーセルのディスク。最初に収録されているSuite from the play Abdelazar Z570(組曲「アブデラザール,もしくはムーア人の復讐」)は,だいぶ昔に弦楽合奏で演奏したことがあって,そのときによく聴いていた思い出深いディスクでもあります。Abdelazarは2曲目のロンドの主題がブリテンの青少年のための管弦楽入門に使われているのでご存じの方も多いと思います。

これは小編成のピリオド楽器での演奏で(1パート1楽器?),透明で輝きのある弦の響き,快活な楽しげな演奏が印象に残ります。この室内楽的な響きが気に入っています。私にとって古楽の雰囲気にどっぷり浸かりたいときに好適なディスクです。最近はあんまりそんな気分になるときは少ないですが(^^;。

録音はやや残響が多めですが,音色はあまり曇っていないためそれほど印象は悪くありません。ただ,少し遠めのマイクセッティングなのか,楽器の質感が感じ取りにくいのが残念に思います。

古いディスクなのですでに廃盤になっているようですが,ヘリオスレーベルで復刻されたようです(しかしこれもだいぶ前?)。

タグ: [管弦楽曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する