シベリウス:交響曲全集(オッコ・カム指揮/ラハティ交響楽団)

okko_kamu_lahti_so_sibelius_the_symphonies.jpg
シベリウス:交響曲全集
オッコ・カム指揮/ラハティ交響楽団
2012年~2014年 フィンランド,ラハティ,シベリウス・ホール
BIS-2076 (P)(C)2015 BIS Records (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

シベリウスの音楽を克明に描き出す,透明感のある素晴らしい演奏。オーケストラから最も美しい表現を引き出しすくい取って組み立てられた音楽。北欧的な情緒感がことさら強調されることはなく,シベリウスの純粋で普遍的な音楽だけが静かに響くように感じられます。特に第1番,第2番がこのように演奏されると全く印象が変わってきますね。ここにまた新たな名盤が生まれたのではないでしょうか。

そして録音ですが,残響は控えめであり,楽器の音は透明さを保って伝わってきます。楽器の質感は若干弱めで,どちらかといえば控えめにまとめられています。音楽を純粋にありのまま伝えようとする黒衣に徹した録音。欠点の少なさがこの録音の美点となっています。まずまずの好録音です。

BISのオーケストラ録音は今まであまり良い印象を持ったことがないのでこの全集を手に入れるかさんざん迷ったのですが,手に入れて大正解でした。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する