リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」(ムスティスラフ・ロストロポーヴィッチ指揮/パリ管弦楽団)

rostropovitch_orchestre_de_paris_r_korsakov_scheherasade.jpg
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」
ムスティスラフ・ロストロポーヴィッチ指揮/パリ管弦楽団
1974年7月 Salle Wagram, Paris
TOCE-7034 東芝EMI株式会社 (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

言わずと知れた名盤。少し前のNHKのらららクラシックで取り上げられていて久しぶりに聴きたくなり棚から引っ張り出してきました。アナログ盤の時代から愛聴してきたディスクで,この曲はこの演奏で耳が出来てしまっています(^^;。ドラマティックで怒濤のように展開していく壮大な音絵巻。油絵の具で塗りたくられたようなこの絢爛なコテコテ感がこの曲にピッタリで素晴らしいです。

そしてこのコテコテ感は録音に負うところも大きいと思います。それぞれの楽器を色濃く捉えているためです。ここに自然さはなく誇張された印象が強いのですが,舞台芸術を見ているような錯覚に陥る効果があって,これはこれで十分にアリだと思います。好録音と言えるか微妙ですが,EMIとしてはかなり良好な録音に入ると思いますし,残響まみれのくすんだ音質ではなく,この曲にふさわしい音質で録られたことを感謝したいですね。

タグ: [管弦楽曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する