バッハ:無伴奏チェロ組曲全š曲(マット・ハイモヴィッツ)

matt_haimovitz2_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
マット・ハイモヴィッツ Matt Haimovitz (Cello)
2015年4月 芸術文化アカデミー(ニューヨーク)
PTC 5186555 (P)2015 Pentatone Music (C)2015 Oxingale Production (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

CD試聴記」からの転載記事です。

バロック・チェロでの演奏。 タイトルが“THE CELLO SUITES According to Anna Magdalena ”とありますので, アンナ・マグダレーナの写筆譜に従った演奏のようです。 ただし,第1番Gigueの写筆譜には存在する32小節目の半拍しかない小節はやっぱり省略されていますね...

持ち前の技術力の高さを活かした大胆で闊達な演奏。 吸い付くような弓遣いによる起伏が大きいフレージングが印象的です。 粘りのあるニュアンスに富んだ音色も素晴らしいです。 バロック楽器とのことですが,ざらつきのあるガサガサした音色は確かにバロック楽器のそれなのですが, 音楽自体はむしろモダンな印象を残します。

録音ですが,残響は多めで楽器に被り気味,ややモゴモゴとして伸びのない,濁った精彩に欠ける音になってしまっています。 演出感もかなり感じられます。 許容範囲だとは思うのですが,もっとすっきりと,そして生々しく録って欲しかったと思います。

本ディスクはハイモヴィッツ氏2回目の録音。 楽器は,ゴフリラー(1710)とチェロ・ピッコロコルマー(18世紀)を使用。 調律はA=415Hz。

タグ: [器楽曲]  [チェロ] 

■ この記事へのコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.01.23 at 23:05 # [Edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.01.23 at 23:18 # [Edit]

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する