書籍:オーディオトランスデューサ工学 - マイクロホン,スピーカ,イヤホンの基本と現代技術 - (大賀寿郎著)

juro_ooga_audio_transducers_engineering.jpg
オーディオトランスデューサ工学
マイクロホン,スピーカ,イヤホンの基本と現代技術
日本音響学会編 音響テクノロジーシリーズ17
大賀寿郎(著)
コロナ社 2013年3月 ISBN978-4-339-01118-0
参考: Amazon.co.jpHMV Onlineiconコロナ社

【目次】
1. オーディオトランスデューサの基礎知識
2. 種々のオーディオトランスデューサ
3. トランスデューサの機械音響振動系と回路
4. 電気音響変換器の理論と定量化
5. 感度と周波数特性
6. トランスデューサの音場と音響放射
7. 音波の伝送
8. 音波の反射と回折
9. 多点送受音と指向性の制御
10. オーディオトランスデューサの設計技術
11. オーディオトランスデューサの測定
12. オーディオトランスデューサを用いる音響システム

本書は,マイクロホン,スピーカ,イヤホンといったオーディオトランスデューサ(電気音響変換器)に関する基本的な技術および音響工学の基礎を体系的に広く浅く学べる入門書です。エンジニアがこれらの技術的な内容を理解する取っかかりとしてなかなか上手くまとめられていると思います。理系でない方には少々専門的すぎるとは思いますし,書かれている数式まではなかなか理解できるものではありませんが,概念を把握したり基本原理をざっと理解するには良い書籍だと思いました。このあたりは枯れたローテクのアナログ技術ですが,奥深さを感じますね。

著者の大賀寿郎氏は,大学卒業後は日本電信電話公社や富士通の研究所に在籍された後,現在は,芝浦工業大学名誉教授,東京電機大学講師,日本音響学会代議員,電子情報通信学会フェロー,IEEE(米国電気電子学会) Fellowとのことで,この分野の権威ですね。

コロナ社の音響テクノロジーシリーズは興味をそそられる書籍が多くあります。以前紹介した超広帯域オーディオの計測もシリーズは違いますがコロナ社でした。機会があればまた読んでみたいと思います。

タグ: [書籍] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する