イヤホン Venture Electronics VE MONK+ を使ってみた!

Venture Electronics VE MONK+
開放型インナーイヤータイプ,インピーダンス64Ω,ケーブルY型1.2m OFC,ストレートプラグ
参考: Juice Barフジヤエービック(取扱店)

先日レビューしたVE ASURAに続いて,廉価版のVE MONK+を入手して聴いてみましたので,簡単にレビューします。価格はフジヤエービックで1,500円(税込)でした。VE ASURAが13,000円(税込)だったので,約1/10の値段です。

ve_monk_asura.jpg
左:VE MONK+   右:VE ASURA


外観は下の写真の通り,形状はVE ASURAと区別がつかないくらい似ています。同じ金型を使っているのではないかと思います。ハウジングの樹脂も価格差ほどの質感の差はありません。ケーブルも見た目はそれほど違いがありません。ASURAがいかに安っぽいかがわかりますね(^^;。

そして肝心の音質ですが,基本的な音質はASURAに似ていますが,中低域が弱く高域寄りのバランスであり,ヌケは良いものの,少し高域が強すぎる印象を受けました。付属の目の粗いイヤーパッド(スポンジ)を付けて密閉度を上げると,帯域のバランスは改善します。しかし,やはりASURAの中低域の密度感と解像感には及ばないです。とはいえ,価格差ほどの音質差があるわけでもなく,MONK+のコストパフォーマンスの高さはなかなかのものだと思います(逆にASURAはコストパフォーマンスが悪いと言えますね)。

ということで,音質は価格なりのところはありますが,それでもコストパフォーマンスに優れる良いモデルですね。このタイプのイヤホンとしてはお勧めできると思います。

タグ: [ヘッドホン] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する