ブラームス:交響曲全集(ワレリー・ゲルギエフ指揮/ロンドン交響楽団)

gergiev_lso_brahms_symphonies_no1_no2.jpg
ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68
ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73
ブラームス:悲劇的序曲,ハイドンの主題による変奏曲
ワレリー・ゲルギエフ指揮/ロンドン交響楽団
2012年9月,10月,12月 ロンドン,バービカン・ホール
LSO0733 (P)(C)2013 London Symphony Orchestra (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
gergiev_lso_brahms_symphonies_no3_no4.jpg
ブラームス:交響曲第3番ヘ長調作品90
ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98
ワレリー・ゲルギエフ指揮/ロンドン交響楽団
2012年12月11-19日 ロンドン,バービカン・ホール
LSO0737 (P)(C)2014 London Symphony Orchestra (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

う~ん,これは微妙ですねぇ。ライヴなのでオーケストラの多少の乱れは仕方がないにせよ,今ひとつ演奏に締まりがありません。オーケストラを掌握できていない感じです。さらに...こんな言い方で申し訳ないのですが...もっさりしていて推進力もありません。堂々とした演奏を目指したのかもしれませんが,成功しているように思えませんでした。なお,第1番~第3番の第1楽章の提示部のリピートはすべて実行されていました。

さて録音ですが,何かと評判の悪いLSO Liveのバービカン・ホールでの録音ですが,この録音も例外ではなく,やはり残響を抑えたデッドな録音です。私はLSO Liveのデッドな録音がどちらかといえば好みなのですが,残念ながらこの録音はその良さがあまり感じられませんでした。音色に精彩が感じられず,また,歪みっぽさがあるほか,左右の広がり感にも欠けモノラルっぽく聴こえます。良い点がありません。

演奏が冴えないと感じるのは,録音が良くないせいもあるかもしれません。いずれにしても,この全集は演奏・録音ともあまり良く思えませんでした。残念です。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する