FC2ブログ

ブラームス:交響曲全集(ハイティンク/ボストン交響楽団)

cover picture (a) cover picture (b) 
cover picture (c) cover picture (d)

ブラームス:交響曲全集
(a) 交響曲第一番,悲歌 (1994年4月) (UCCD-4315)
(b) 交響曲第二番,悲劇的序曲 (1990年3-4月) (UCCD-4316)
(c) 交響曲第三番,アルト・ラプソディ (1993年3月) (UCCD-4317)
(d) 交響曲第四番,ハイドンの主題による変奏曲 (1992年4-5月) (UCCD-4318)
ベルナルト・ハイティンク(Bernard Haitink)(Conductor)
ボストン交響楽団(Boston Symphony Orchestra)
録音場所:ボストン,シンフォニーホール
(P)1994,1996 Decca Music Group Limited, Universal Music LLC (国内盤)
好録音度:★★★★
参考url: HMV Online(第一番icon,第二番icon,第三番icon,第四番icon)

ゆるぎなさと風格を感じさせるスタンダード路線の見事な演奏です。テンポは比較的ゆっくりで落ち着いています。綿密に設計され,精緻に構築された建造物を思わせます。冒険するようなところはなく,決して足を踏み外すことなくきっちりと仕上げることに主眼が置かれているように思います。提示部のリピートは,第一番は省略,第二番,第三番は行っています。

録音は数年にわたっていますが,音質は統一感があります。残響がそれなりに取り込まれていますが,嫌な響きではなく音色の変化も少ないため,それほど悪い印象はありません。ただ,少し距離感があるり,やや質感に欠け,こぢんまりとまとまりすぎて実在感が薄いようにも思います。

これはハイティンク氏が今までに3回録音した全集のうちの2回目です(1回目はロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と(1970年代前半),3回目はロンドン交響楽団と(2003,04年))。機会があればこれらにも触れたいと思います。

[ブラームス][交響曲]

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->