ベートーヴェン:交響曲第4番,他(イシュトヴァン・ケルテス指揮/バンベルク交響楽団)

istvan_kertez_die_bamberger_symphoniker_beethoven_symphony_no4.jpg
ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調作品60
ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番作品72a
ベートーヴェン:「コリオラン」序曲作品62
ベートーヴェン:「エグモント」序曲作品84
イシュトヴァン・ケルテス指揮/バンベルク交響楽団
1960年頃(交響曲),1960年3月(序曲),バンベルク,クルトゥアラウム
COCQ-85342 (P)2017 NIPPON COLUMBIA CO., LTD. (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

先日取り上げたウィーンフィルとの新世界の少し前の1960年頃の録音とのことで,およそ31歳の録音です。オイロディスクの録音で2007年に発見されたオリジナル・マスターテープからの復刻盤とのことです。2010年に発売されたクレスト1000シリーズを原盤とした再発売商品とのことですが,今回のものはUHQCD仕様になっています。堂々とした正統派の演奏であり,メリハリを効かせた躍動感溢れる表現が素晴らしいと思います。

録音ですが,残響が少しあるものの,弦楽器を中心に据え,各楽器の音色を分離良く質感良く捉えていて好印象です。クオリティは時代相応ですが,良好な部類に入ると思います。交響曲が最も良く,エグモント序曲がわずかに明瞭感が良くなく少し落ちます。

なおこの演奏は,ほぼ1年前にタワーレコードがSACDハイブリッドで復刻盤を出していました(→Tower Records)。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する