FC2ブログ

チャイコフスキー,ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ(ウィーン弦楽ゾリステン)

cover picture

ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ ホ長調 作品22
チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48
ウィーン弦楽ゾリステン (Wiener Streicher Solisten)
30-31 May, 1-2 Jun 2002, Angelika Kaufmannsaal (Schwarzenberg, Bregenzerwald, VORARLBERG AUSTRIA)
fontec FOCD3499 株式会社フォンテック (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

解説書によると,ウィーン弦楽ゾリステンは1974年の結成で,ウィーン・フィルの首席奏者を中心として構成されているということです。編成は3-3-2-2-1の11人構成で,同曲演奏のぎりぎりのミニマム編成というところでしょうか。アンサンブルの良さ,音の美しさはさすがです。このあたりにミニマム編成の良さが出ています。

しかし,たとえばヴァイオリンは弦楽合奏的に響くのですが,チェロは室内楽のように単独の楽器の音が聴こえてきたりして少しアンバランスな印象で,ミニマム編成の弱点も見えてしまいます。ヴィオラ・チェロをヴァイオリンと対等に増やすか,あるいは弦楽八重奏にして思いっきり室内楽的に振るか,そういったなにか一工夫が欲しいところです。

録音ですが,残響を控えめにして各楽器を明瞭度高く捉えています。音色も自然ですし,各楽器の質感もそれなりにうまく収められています。

[チャイコフスキー][管弦楽曲][弦楽合奏]

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->