FC2ブログ

モーツァルト:弦楽四重奏曲第16番,第19番「不協和音」,ディベルティメントK.136(ヴァン・カイック四重奏団)

quatuor_van_kuijk_mozart.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲第16番K.428,第19番「不協和音」K.465
モーツァルト:ディベルティメントニ長調K.136
ヴァン・カイック四重奏団 Quatuor Van Kuijk
ALPHA 246 (P)(C)2016 ALPHA CLASSICS (輸入盤)
好録音度:★★★★★
参考: Tower Records,HMV Onlineicon,Amazon.co.jp,e-onkyo

勢いがあり,躍動感に溢れるとともに,技術的にもキレがありコントロールも行き届いていて表情が細やかです。音楽の喜びを素直に表現した若々しいフレッシュな演奏だと思います。音色の美しさも特筆できます。惜しむらくは楽節の切れ目で恣意的な「ため」が入って呼吸が乱されることで,せっかく音楽に気持ちよく乗っていたのにここで「うっ」と息苦しくなってしまいます。これがなかったら最高なのに...本当にこれだけはクラシック音楽の大嫌いなところです。

録音ですが,わずかに残響感があるものの,それぞれの楽器を明瞭に,透明感のある伸びのある音で美しく捉えています。距離感も適度であり,各楽器の分離感もまずまず良好です。弦楽四重奏の録音として欠点がほとんど見あたりません。オーディオ的な品質も良好です。私としてはもう少し生々しさを出して欲しいかなとは思いますが,これでも十分に好録音です。

この団体は全く知らないのですが,演奏も録音も素晴らしいので,今後もこの調子で録音を続けていって欲しいですね。期待しています。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->