FC2ブログ

Sennheiser MX500をBluetoothレシーバー用に加工してみました

mx500_and_bt_receiver.jpg

オーディオ小ネタです(^^;。少し前に会社でSkype for Businessが導入され,PCでSkype会議に参加したり,内線電話をPCで受けたりすることも増えてきました。PCで使用するヘッドセットとしてBluetoothレシーバーとイヤホンを使っているのですが,レシーバーを胸元に付けるとイヤホンのケーブルが長すぎて鬱陶しいので長すぎるケーブルを巻き付けて短くする部品なども使ってみたのですが,それでも鬱陶しいことに変わりがありませんでした。そこで,古くなってVolume部分がダメになったSennheiserのMX500というイヤホンを加工してレシーバー用に仕立ててみました。

加工といってもケーブルを切ってM3プラグを付けるだけなのですが,半田付けが苦手な私にはこれが意外に難しい。しかもケーブルがリッツ線といって,ものすごく細いエナメル線を束ねたもので出来ているのでエナメルの被覆が邪魔をして半田がなかなか乗らず苦労しました。それで出来たのが上の写真です。ちょっと短すぎたかなと思いましたが,これくらいがちょうど良い長さでした。

最近はマイク付きのBluetoothヘッドホンが多いのでこんなことする必要は普通はないのですが,周囲の音が普通に入ってきて周囲の人の声も通話相手の声も両方がちゃんと聞こえるオープン型のイヤホンのものがあまりないので重宝しています。こういうのが普通に売ってたらいいんですけどね。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->