FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲全集(ヘルベルト・ブロムシュテット指揮/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団)

herbert_blomstedt_gewandhausorchester_leipzig_beethoven_the_complete_symphonies.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
May 2014(No. 8), December 2014 (No. 3), May 2015(No. 7), December 2015(Nos. 2 & 9), May 2016(No. 6), January 2017(No. 5), March 2017(Nos. 1 & 4), Gewandhaus zu Leipzig
ACC80322 (P)(C)2017 Accentus Music (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ブロムシュテットのベートーヴェン交響曲全集はご存じの通り,1975年から1980年にかけて録音されたシュターツカペレ・ドレスデンとの全集が名盤として有名ですね。これは2回目の全集となります。90歳に近い高齢で録音されたとはとても思えない颯爽としたテンポ感が気持ちの良い演奏です(楽譜に記されたメトロノームの速度に従っているとのことです)。表現は至極ナチュラルであり,普段私の頭の中で鳴っている音楽が目の前で音として再現されているというような,そんな感じがするのです。刺激的でも個性的でもないので印象に残りにくいと思うところはありますが,こういう普通にいい演奏は聴き飽きず長く付き合えそうな気がします。じっくり楽しみたいと思います。

一方録音なのですが,残響がやや多めで,いまいちモヤモヤとしてキレがなくシャキッとしません。音がダンプされて伸びも感じられません。もっとすっきりとクリアに録って欲しいところです。まあこれくらいであれば気にしない人は多いとは思いますが...私としては演奏が良いだけにこの録音は少々残念です。

蛇足ですが,交響曲第6番「田園」第4楽章のティンパニーがここだけやけにリアルなので思わずニヤッとしてしまいました。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->