ブラームス:交響曲全集(トーマス・ヘンゲルブロック指揮/NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団) *Blu-ray Disc

thomas_hengelbrock_ndr_elb_po_brahms_complete_symphonies_blu-ray.jpg
ブラームス:交響曲全集
トーマス・ヘンゲルブロック指揮/NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団
2016年5月22日 ハンブルク,ライスハレ
741104 C Major (輸入盤) Blu-ray Disc
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ヘンゲルブロック指揮/NDRエルプフィルのブラームスは,2017年1月にこけら落としが行われた新ホール「エルプフィルハーモニー・ハンブルク」でのセッション録音がリリースされていました(→こちら)。今回取り上げるこの全集は,それに先立つ2016年5月に旧本拠地であるライスハレで行われた,一夜でブラームスの交響曲全曲を演奏する「ブラームス・マラソン」の録画とのこと。これがBlu-ray Disc 1枚に映像で収められています。ライスハレは1908年にこけら落としされたホールとのことで,映像で観てもかなり歴史を感じる趣のあるホールです。昨今のクラシック専用ホールに比べるとやっぱりいささか窮屈で圧迫感があり映像栄えもしないですね(^^。

演奏はいずれも正統派の引き締まった造形の堂々としたもので聴き応え・見応えがあり,なかなか良いと思いました。一晩で演奏されたにしては最後まで集中力が持続されていたと思います。なお,第1番,第2番は第1楽章提示部のリピートが省略されていました。この点は少し残念に思います。

録音ですが,残響は控え目に抑えられ,直接音主体に楽器の質感を大事に録られているためまずまず良好というところですが,音質的にはやや粗さが感じられ,これが少々録音としての魅力を減じているように思います。録り方は悪くないと思うので,この粗さは少々惜しいところです。

前述した新しい本拠地での録音も全集になるようですが,第一弾の「録音」は全く私としては全く魅力を感じませんでした。新しいホールの響きを活かしたかったのかもしれませんが,録音がついていっていないように思いました。難しいものですね。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する