FC2ブログ

モーツァルト:弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」(アウリン四重奏団)

auryn_quartet_mozart_haydn_quartets.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」
アウリン四重奏団 Auryn Quartet
2017年2月-4月 ドイツ,ヴッパタール,インマヌエル教会
TACET 972 (P)(C)2018 TACET (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

アウリン四重奏団のモーツァルトといえば今井信子さんが加わって録音された弦楽五重奏曲全集がありました。彼らの音楽はたいへん気品があり,格調高くそして情緒豊かなのが特長だと思っていますが,このモーツァルトでは心地よい「緩さ」があるのが良いと思いました。

そしてこの演奏,楽譜で逐一確認したわけではありませんが,おそらくすべてのリピートを実行されているのではないかと思います。終わりかと思ったらリピートされておぉ!とちょっとうれしい瞬間が時々やってきます。リピート省略が一般的になっていて省略していないディスクの方が少数なんだろうなということを改めて認識しました。なので,演奏時間はかなり長く1曲あたり32分~40分弱あります。これを冗長と思われる方もいると思います。そのような方にはこのディスクはあまりお勧めしません。

さて録音なのですが,少し残響が多めであり,音色がくすみ,明瞭感がやや落ちています。このあたりやっぱりTACETだなと思います。あまり私の好みの録音ではありません。ちょっと残念です。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->