ショパン:練習曲集作品10,25,3つの新練習曲(ボリス・ベレゾフスキー)

boris_berezovsky_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集作品10,25,3つの新練習曲
ボリス・ベレゾフスキー Boris Berezovsky (Piano)
1991年 ベルリン
WPCS-21077 (P)1991 Teldec Classics (C)2000 Warner Music Japan (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

技術的には申し分ありませんね。巧いです。技巧の誇示を抑え気味にして表現の追求に傾いているように思います(そうでない曲もありますが)。しかしこれが好きかというとちょっと微妙です。私としては技巧の誇示に走った演奏の方が好きかもしれないと思いながらこれを複雑な思いで聴きました(^^;。

録音ですが,直接音と間接音のバランスはまずまずで,響きで甘くなりすぎることなく,ドライになりすぎることもありません。逆に言うとちょっと半端な感じもあります。もう少しすっきり録って欲しかったと思いますね。ピアノ録音としては普通に入ると思います。一般的には受け入れられる方ではないでしょうか。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する