個人輸入代行&転送サービスを使ってみました(その1)

米Amazon.comのマーケットプレイスで欲しいディスクを見つけたのですが,米国国内発送のみということで購入できず,マーケットプレイスのショップにメールで海外発送してもらえないかと掛け合ってみましたが,出来ませんというつれない返事でした。購入実績のある他のショップに買ってもらってそこからさらに買うというようなことも考えたのですが,そんなことを引き受けてくれるとも思えず,諦めかけていたのですが,何かサービスがあるに違いないと探してみたところ,いくつかのサービスを見つけ,そのうちの一つを今回使って見ることにしました。

ここまでしてディスクを入手したいということは普通あまりないと思いますが,ご参考ということでレポートしたいと思います。

使ってみたのはグッピング(Goopping)という個人輸入代行&転送サービスです。利用の流れは次のようになっています。

(1)グッピングに登録する
登録自体は無料で,年会費等もありません。登録すると,自分の名義の米国の住所が発行されます。このサービスではユタ州の住所が発行されました。この住所はグッピングの倉庫の住所+自分のID番号となっていて,ID番号で宛先を識別するようになっているようです。

(2)発行された住所を使って買い物をする
米Amazon.comで買い物をするときの送り先に(1)で発行された住所を指定します。受取人は自分の名前で良いようです。ここでは住所転記時にID番号を忘れないようにしなければなりません。

(3)商品の到着確認と転送手続き
商品がグッピングの倉庫に届くと,到着確認と転送手続きのメールが届き,それに従って手続きすると,日本に向けて発送してくれます。

現在は(2)まで進んでいて,グッピングの倉庫に到着するのを待っているところです。

費用
転送手数料 1,280円 + 国際送料 2,514円~ = 利用料金 3,794円~

送料次第で値段が変わります。最低料金が2,514円からということでちょっと高い気はしますが国際宅配便相当なのでしょうから仕方ありません。

私の場合,ディスク1枚買うのにいったいいくら払うねん!ですね...(^^; ということで,(3)の段階に来たらまたレポートしたいと思います。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する