FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲全集(山田一雄指揮/札幌交響楽団)

kazuo_yamada_sso_beethoven_9_symphonies.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
山田一雄指揮/札幌交響楽団(第1番のみ矢崎彦太郎指揮)
1989年~1991年 北海道厚生年金会館大ホール
TWCO-1001/5 (P)1991 FM HOKKAIDO BROADCASTING (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records

札幌交響楽団のベートーヴェンの交響曲全集といえば,2011年収録の尾高忠明指揮の全集がたいへん良かったので,これを見つけて迷わず入手しました。2011年からさかのぼること約20年,この20年の間に何が変わって何が変わらなかったのか,とても興味深く聴かせていただきました。少なくともこの20年の間の技術的な進歩は目を見張るものがある,ということを申し上げておきたいと思います。この全集の良さは理解するものの,やはり札幌交響楽団のファン向けの(貴重な歴史的)アイテムだなとは思いました(微妙な言い回しですみません)。

録音ですが,残響はあまりなく,生録的で演出感のない,ライヴの雰囲気を素直に伝えてくれる録音という点では好感を持つものの,録音技術という点ではあまり優れているとは言い難く,どちらかといえば記録用に残した録音という域を出ていません。まあこれは仕方がないかもしれません。

このディスク,当初はインディーズ系からリリースされていたそうですが,すぐに廃盤となっていたそうです。こういう貴重な記録の復刻をするなど,Tower Recordsさん,なかなかやりますなぁ。今後も様々な貴重な音源の復刻を期待します。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->