FC2ブログ

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム) and イーシャー・デモ 発売50周年記念盤 2018ステレオ・ミックス

the_beatles_white_album_and_esher_demos_2018_mix2_large.jpg
ザ・ビートルズ The Beatles (ホワイトアルバム) and イーシャー・デモ
発売50周年記念作品(3CD デラックス・エディション)
UICY-78857/9 (P)2018 (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo

発売50周年記念作品,ジャイルズ・マーティンによる2018ステレオ・ミックス,イーシャー・デモ27曲収録,という3枚組を購入しました。アナログ・ディスクや,CD6枚組のスーパー・デラックス・エディションなどもありますが,さすがにこれは高価すぎて手が出せません。昨年発売されたSgt. Pepper'sの50周年記念盤の第二弾という位置づけでしょうか。

ホワイトアルバムは,Sgt. Pepper'sの次に発売されたアルバムで,バラエティに富む内容で好きな曲も多いですが(変な曲も多いですが(^^;),4人がバラバラになり始め,4人全員で録音した楽曲も少なかったということで,少し淋しい複雑な思いで聴いていました。

私はこのホワイトアルバムを多分4回は買っています。アナログ時代のLP,最初にCD化されたとき,2009年のリマスター盤,そして今回の2018年ステレオ・ミックス。ファン心理を突いて同じ音源を何度も買わせる商法にまんまと引っかかっています(^^;。腹立たしい思いもありますが,仕方ありません。

今回はアルバム収録前にジョージ・ハリスンの自宅にメンバーが集まって録音した通称「イーシャー・デモ」というアコースティック・バージョンが付属しているということで,これを聴きたくて購入しました。一部は「アンソロジー3」に収録されていたということですが,今回は初出音源もあるようです。少し聴いてみましたが,気楽な独特の雰囲気が面白く,これは期待通り楽しめそうな内容でした。

しかし,驚いたのはメインの楽曲の方です。2009年のリマスターと比較して全く違う音作りになっていました。2009年のリマスターは,どちらかといえばオリジナルのサウンドの再現を重視したような音作りだったのに対し,今回のステレオ・ミックスは,最新の技術で今風のサウンドに仕立てられています。もう少し具体的に言うと,(1)古臭さを感じない音の鮮度の改善,(2)中低域の厚みの増加,(3)ヒスノイズの低減,(4)ヘッドホンでの再生を意識したと思われるステレオ感の改善,などでしょうか。全体の傾向として(1)と(2)が顕著ですが,例えば(4)については,“マーサ・マイ・ディア”という楽曲は,オリジナルでは最初のピアノが左チャンネルに偏りすぎてヘッドホンで聴くとかなり違和感があったのですが,今回のミックスではだいぶ違和感が緩和されているといったところでよくわかります。

オリジナルのイメージにこだわる方にはあまり歓迎されないかもしれませんが,そういう方は2009年のリマスター盤で十分なクオリティが確保されているので,そちらで楽しめば良く,今回のステレオ・ミックスはたとえば初めて聴く方にとってよりふさわしい音作りになっていると思いました。私はどちらかと言えば歓迎です。

ということで,このあと出てくることが容易に想像されるアビー・ロードやレット・イット・ビーの50周年記念盤もまんまと買わされてしまうのだろうなぁ...とちょっと複雑な気持ちになっております。

■ この記事へのコメント

一六四
アウトテイクでもビートルズ全員の演奏でも無いんですが…。
レコーディングの曰くを知って居る人には(笑)
https://youtu.be/mJ9TLmE9qsM
2018.11.12 at 00:04 #- URL [Edit]
𝕥𝕤𝕪𝟚𝟚𝟟 (@tsy227)
どうも。私は全く詳しくはないので...でもこれもやっぱりビートルズの作品には違いないのですよね。
2018.11.13 at 00:07 #- URL [Edit]
一六四
それは失礼しました。
この曲はホワイトアルバムの一曲に入って居ますが、ドラムがリンゴでは無くポールなんです!
事の顛末は此処を参照して下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BBU.S.S.R.
2018.11.14 at 00:24 #- URL [Edit]
𝕥𝕤𝕪𝟚𝟚𝟟 (@tsy227)
有り難うございます!知りませんでした。そうなんですね。wikipedeaも見てみます。
2018.11.15 at 05:39 #- URL [Edit]

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->