FC2ブログ

シベリウス:交響曲全集(パーヴォ・ヤルヴィ指揮/パリ管弦楽団)

paavo_jarvi_orchestre_de_paris_sibelius_symphonies_1-7.jpg
シベリウス:交響曲全集
パーヴォ・ヤルヴィ指揮/パリ管弦楽団
2012年10月(No.1), 2014年1月(Nos.6, 7) パリ,サル・プレイエル,2015年3月(No.2), 2015年9月(No.5), 2016年3月(Nos.3, 4) パリ,フィルハーモニー・ド・パリ
SICC 19027-9 (P)(C)2018 Sony Music Japan (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

う~ん... 私はいったいこの全集に何を期待してたんだろう... とちょっと頭を抱えています。演奏はどちらかといえばオーソドックスな印象でもちろん悪くはないと思っています。シベリウスにしてはちょっと色彩感がある感じがしますが,それ自体は別に悪いわけでもありません。でもなぜかこう心を掴まれるところがあんまりないのです。唯一第3番はコントラストのくっきりした今までにあまり聴いたことのないような表現が良かったと心に残りました。

録音がいまいち冴えないせいかもしれません。オーケストラの録音としては平均的な範囲には入るとは思うのですが,少し遠めでありこぢんまりとなんとなく全体がまとまりすぎているようにも思います。悪くはないと思います。でもなんか<録音として>つまらないのです。この演奏の良さを最大限に引き出す録音ではないように思います。

私としてはこのモヤモヤ感,録音のせいにしたい。

すでに聴かれた方も多いと思います。皆様はどんな感想をお持ちになられたでしょうか。

個人的には3番以降はドイツ・カンマーフィルで聴いてみたいです。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->