FC2ブログ

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(内田光子Piano/サイモン・ラトル指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)

mitsuko_uchida_simon_rattle_bpo_beethoven_piano_concertos_2.jpg
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集
内田光子 Mitsuko Uchida (Piano)
サイモン・ラトル指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
2010年2月4-20日 ベルリン,フィルハーモニー
KKC 9372/6 (P)(C)2018 Berlin Phil Media (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Berliner Philharmoniker Recordings

2010年2月に行われたベートーヴェン:ピアノ協奏曲全曲ツィクルスのライヴ録音。相変わらず大きすぎるパッケージに閉口するボックスセットですが...以下のものが入っています。

・CD 3枚
・Blu-ray Audio 2.0 PCM Stereo(48kHz/24bit)/5.0 DTS-HD MA(48kHz/24bit)
・Blu-ray Full HD 1080/60i, PCM Stereo/5.0 DTS-HD MA
・ハイレゾ・ダウンロード・コード(48kHz/24bit)

Berliner Philharmoniker Recordingsでダウンロード販売もされています。当初96kHz/24bitとの記載があったのですが,現在は48kHz/24bitと記載が修正されており,ダウンロード・コードで入手できるものと同じものであろうことがわかりました。

大オーケストラを相手に一歩も引かない強靱で立派なピアノを聴かせてくれますね。聴き応えあります。さすがです。

録音ですが,オーケストラは中低域の厚みがもの凄く重厚でスケールの大きなサウンドが特徴で,交響曲ならいざ知らず,協奏曲の録音でこのオーケストラの録り方はちょっとどうかなとは思いました。ピアノはオーケストラに対して自然なバランスで収録されていますが,やや残響が被り気味で明瞭感が良くなく,音の輪郭がはっきりしません。一般的には受け入れられる録音だとは思いますが,もう少しピアノにフォーカスしてくっきりと浮かび上がるように録って欲しかったなと思います。惜しいです。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->