FC2ブログ

チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番,弦楽録重奏曲「フィレンツェの思い出」(メッコーレ弦楽四重奏団)

meccore_sq_tchaikowski_string_quartet_no1.jpg
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番ニ長調作品11
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲楽章変ロ長調 op.post
チャイコフスキー:弦楽六重奏曲ニ短調「フィレンツェの思い出」作品70
メッコーレ弦楽四重奏団 Meccore String Quartet
01.05-05-05.2018, National Philharmonic Chamber Hall, Warsaw
MDG 903 2091-6 (P)(C)2018 MDG (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

メッコーレ弦楽四重奏団は2007年にポーランドの若手演奏家で結成された若い四重奏団とのことです。フィレンツェの思い出では,アルバン・ベルク四重奏団のイサベル・カリシウス(Va),ヴァレンティン・エルベン(Vc)が参加されているとのことです。

演奏は表情付けが丁寧で美しいですし,また,技術的なキレもあり,速く演奏されるところでも全く乱れず見事です。ロシア的な風情はあまりないかもしれませんが,チャイコフスキーであってもこういう洗練された演奏が好きですね。良いと思います。

録音ですが,残響は抑え気味で直接音主体に適切な距離感,適切な分離感,ステージ感で捉えていて好感が持てます。音色も自然,明瞭感,音の伸びもあり,弦楽四重奏の録音として良好です。突出はしていないにしてもバランスが取れた好録音です。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->