FC2ブログ

バッハ:ヴァイオリン協奏曲集(佐藤俊介 Vn/ゼフィラ・ヴァローヴァ指揮/イル・ポモ・ドーロ)

shunske_sato_bach_violin_concertos.jpg
バッハ:ヴァイオリン協奏曲集
佐藤俊介 Shunske Sato (Violin)
ゼフィラ・ヴァローヴァ指揮(+Vn)/イル・ポモ・ドーロ
12-18.II.2018, Lonigo, Italy
0190295633875 (P)(C)2018 Parlophone Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

収録曲は下記の通りです。

ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 BWV1041
ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV1042
2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV1043
ヴァイオリン協奏曲ト短調 BWV1056R(チェンバロ協奏曲第5番の編曲/reconst. Johann Nikolaus Forkel)

バックを務めるイル・ポモ・ドーロの編成はヴァイオリン3,ヴィオラ1,チェロ1,ベース1,チェンバロ1というミニマムな構成です。発音や装飾にバロック楽器独特のニュアンスは感じるものの,あまりそれを強調しない比較的ストレートな演奏のように思います。またソロが控えめで突出することがなく全体として均整が取れた室内楽的な印象も受けます。個人的には協奏曲としてもう少しソロが主張しても良いかなとは思いました。技術的な上手さ,キレの良さはさすがです。

録音ですが,残響が多めで残響時間もかなり長く,間接音の割合の高い録音のため,音色がかなり影響を受けてすっきりしませんし,やや暑苦しい感じがします。残響の質は悪くないと思うのですが,少し距離感もあって楽器の質感も感じ取りにくくなっていてもどかしいです。もう少し直接音比率を多くして音色に透明感とヌケの良さを持たせて欲しいところです。残念ながら私の好きな録音とはだいぶ距離がありました。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->