FC2ブログ

■購入ディスクメモ(2019年3月) その2

最近購入したディスクのメモです。



maria_joao_pires_complete_chamber_music_recordings_on_dg.jpg
DG室内楽録音全集 Complete Chamber Music Recordings on Deutsche Grammophon (12 CDs)
マリア・ジョアン・ピリス Maria João Pires (Piano)
00289 479 5964 (P)2016 Deutsche Grammophon (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

2月にDGソロ・レコーディング全集,3月初旬にDGピアノ協奏曲録音全集を買ったばかりでまだろくに聴けていないのに,結局これにも手を出してしまいました。ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイと組んだヴァイオリン・ソナタが多数収録されています。



isabelle_faust_bach_violin_concertos.jpg
バッハ:ヴァイオリン協奏曲集
イザベル・ファウスト Isabelle Faust (Violin)
ベルリン古楽アカデミー Akademie Für Alte Musik Berlin
2017年12月,2018年9月 テルデックス・スタジオ・ベルリン
HMM 902335.36 (P)(C)2019 harmonia mundi (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

2枚組で収録曲は下記の通りです。(HMV Onlineより引用)

ヴァイオリン協奏曲ニ短調 BWV 1052R
カンタータ第174番「われいと高き者を心を尽して愛しまつる」BWV 174よりシンフォニア
ヴァイオリン協奏曲ホ長調 BWV 1042
カンタータ第21番「わがうちに憂いは満ちぬ」 BWV 21よりシンフォニア
トリオ・ソナタ ハ長調 BWV 529
オーボエ,ヴァイオリンのための協奏曲ハ短調 BWV 1060R
管弦楽組曲第2番 BWV 1067 (ヴァイオリン独奏バージョン)
トリオ・ソナタ ニ短調 BWV 527
ヴァイオリン協奏曲ト短調 BWV 1056R
カンタータ第182番「天の王よ、汝を迎えまつらん」 BWV 182より第1曲ソナタ
ヴァイオリン協奏曲イ短調 BWV 1041
シンフォニア BWV 1045
2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV 1043

イザベル・ファウストは2000年に発売されたヘンスラー・レーベルのバッハ大全集にも参加されていて,ヴァイオリン協奏曲集と復元されたヴァイオリン協奏曲集のディスクが4月に再発売されるようです(ただしヴァイオリンはクリストフ・ポッペンが主です)(→HMV Onlineicon)。



cuarteto_casals_beethoven_revelations_vol2.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集Vol. 2
第2番,第10番,第8番,第9番,第15番
カザルス四重奏団 Cuarteto Casals
2018, Teldex Studio Berlin
HMM 902403.05 (P)2018 harmonia mundi musique (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

2020年のベートーヴェン生誕250年に向けて開始された全集録音の第二弾。「Revelations(啓示)」というアルバムタイトルが付けられています。第一弾はレビュー済みです。

解説書にはすでに第三弾が予告されていました。全集完結が待ち遠しいです。



alban_gerhardt_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
アルバン・ゲルハルト Alban Gerhardt (Cello)
2018年3月21日-25日 コンサート・ホール(ワイアストン・エステイト,イギリス)
CDA 68261/2 (P)(C)2019 Hyperion Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。アルバン・ゲルハルトは1969年ドイツ,ベルリン生まれ。ディスクの紹介では「ドイツ・チェロ界の新皇帝」とありました。ハイペリオン・レーベルとしては,スティーヴン・イッサーリスの名盤以来となるバッハ無伴奏チェロ組曲全集とのことです。楽しみです。



mauro_valli_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
ガブリエッリ:無伴奏チェロのための7つのリチェルカーレ
マウロ・ヴァッリ Mauro Valli (Cello)
2014-2017年 ノイミュンスター教会,チューリヒ,スイス
ARCANA A459 (P)2019 Mauro Valli/Outhere Music France (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。マウロ・ヴァッリはイタリア出身のチェリスト。「ボローニャのバッハ Bach in Bologna」というタイトルがつけられています。第4番でも5弦のチェロ・ピッコロを使用しているとのことです。

本アルバムにはガブリエッリのリチェルカーレも収録されており,「音楽史上最も早い時期の無伴奏チェロのための作例であるドメニコ・ガブリエッリのリチェルカーレと,バッハの無伴奏チェロ組曲を調性の関連に目を付けて並べました。」と記載があります。



artis_quartet_the_six_haydn_quartets.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」
アルティス四重奏団 Artis Quartet
Casino Baumgartner, Vienna, September 17-22, 1988, Abersee Church, September 4-7, 1989, September 1-19, 1990
参考: Tower Records,Amazon.co.jp

中古で入手しました。廃盤になって久しいようであまり情報がありません。



prazak_quartet_mozart_the_six_haydn_quartets.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」
プラジャーク四重奏団 Pražák Quartet Quartet
Bolzano, June 9/11, September 18/20, 1989
6829/31 (P)1989 NUOVA ERA

プラジャーク四重奏団は1974年の結成という歴史の古い四重奏団。現在まだ活動されているようですが,メンバーは一部交代されているようです。まだ若い時代の録音です。1989年のリリースのようで,情報がありませんでした。



prazak_quartet_mozart_haydn_quartets_2007_1.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」より第15番,第17番,第19番
プラジャーク四重奏団 Pražák Quartet Quartet
DOMOVINA STUDIO, PRAGUE, June 18-19, September 17, 2007
PRAGA DIGITALS PRD/DSD 250 242 (P)2007 AMC Paris (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

プラジャーク四重奏団の2回目の録音のようで,「'Haydn' Quartets (1)」というタイトルになっていますが,(2)は見つかりませんでした。(1)だけリリースして企画が終わってしまったのかもしれません。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->