FC2ブログ

ブラームス,リゲティ:ヴァイオリン協奏曲(アウグスティン・ハーデリッヒ Vn/ミゲル・アルト=ベドヤ指揮/ノルウェー放送管弦楽団)

augustin_hadelich_brahms_ligeti_violin_concertos.jpg
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77
リゲティ:ヴァイオリン協奏曲
アウグスティン・ハーデリッヒ Augustin Hadelich (Violin)
ミゲル・アルト=ベドヤ指揮/ノルウェー放送管弦楽団
2017年5月30日-6月2日, 2018年9月3-7日 NRK Radio Concert Hall, Oslo
0190295510459 (P)(C)2019 Warner Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

ハイドンのヴァイオリン協奏曲やテレマンのファンタジア,シベリウスのヴァイオリン協奏曲の印象がそこそこ良かったハーデリッヒのブラームス。力強く濃厚で艶やかなヴァイオリンの音色が大変魅力的です。両端の楽章も良いのですが,緩徐楽章が思いのほか美しく歌い上げていて感銘を受けました。往年の巨匠的スタイルはこの曲でも発揮されていてこれが功を奏していると思います。好き嫌いはあるかもしれませんが,これぞ協奏曲の醍醐味という感じで私は気に入りました。

録音ですが,ヴァイオリンは響きが被ってわずかな濁りを感じるものの許容範囲で音色や質感を的確に伝えてくれます。オーケストラは若干残響の影響がありますが悪くありません。ソロとオーケストラのバランスも自然です。特に良い点もない代わりに悪い点も少なく,協奏曲の録音としてそつがなくまとまっていると思います。好録音と言って良いと思います。

なお,リゲティは未聴です...

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->